« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月31日 (土)

庭の花 ドアップ集

Img_8083syuku

シラン  もう咲いていた! 

 ほんとに美しい   

 いっせいに花が咲きだすと、どの花をブログにのせるか迷ってしまう。

 数日前にやっと開花したのをのせても、数日すると、さらに開花が進んで、いっそう美しくて、再度のせたくもなる。

 あたしを先にのせて、、と花がせがむ!

 今日は、一枚ではなくたくさんアップしましょう。

キイチゴの花Img_8056syuku_1                                             

 昨年、落下して腰の骨折った桃の木の花Img_8073syuku_1                                                 

 花カイドウImg_8106syuku  先日はまだ一つは蕾だった                                            

ヤマブキの花Img_8096syuku                                                

モミジの葉

Img_8054syukusyou

木瓜の花Img_8107syuku                                                 

 こんなにたくさんの花をいちどにアップしてしまって、明日のブログに困らない?

 そうですね~

 まあね、、、、、明日のことを思いわずらうな。明日のことは明日自身が思い煩うであろう!(マタイ 6:34)

 しかし、ブログ文化にとってデジカメの存在は不可欠だな~

 特に、ナベショーのように、語彙、ボキャブラリーの乏しい者にとって、花の写真は、十二分に補ってくれる。

 明日から、文章無しの花の写真のみにしょうかなあ~

 昨日、山で採ってきた山菜と庭の野草のお好み天婦羅Img_8127syukusyou                         

 人参、蓮根、薩摩芋、、、ここまでは山菜ではない

 ドクダミ、雪ノ下、シラスと三つ葉のかき揚げ、シラスとワラビのかき揚げ

 野ブキの葉、タラの芽、、、、、、、堪能した

 天婦羅の大好きな義母、、、箸を伸ばして、大皿からどんどん自分の皿に運ぶ、まだ皿に有るのに、、

 フキの葉とワラビをごま油で炒めて、醤油、味醂、鰹の削り節で味をつけるImg_1969        

 これはめっちゃ美味しい!

 ワラビのねっとり感とフキの葉の風味、、初めて思いつきで作ったが、こんなに美味しいとは、、!!!

 今日のブログ写真は全部ドアップになった、、、ならばモンタもドアップでないと片手落ち!Img_1975

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

旬の料理 ワラビと若布の煮物

Img_7993syukusyou_1

花カイドウ

 昨年は根元をゾウムシに食われて、花おろか葉さえ満足に出なかった。

 枯れてしまうかと心配したが、今年は少々花芽を出した。

 毎年、ワラビを採る本命の場所へ行く。Img_7950syukusyoou                   

 山全体が山桜と新緑で覆われて、とても美しい。

 山の茶畑のある斜面にワラビはある。

 あった!あった!

 まだ、誰も採ってはいない。

 ワラビのほかにゼンマイ、野フキ、ミツバ、タラの芽を少しづつではあるが、収穫できた。

 かなり長くて、太いのばかり収穫できた。Img_7954syuku_4 Img_7960syuku_4                             

 今日の山菜の収穫はImg_8013syuku Img_8017syuku Img_8020syukusyou Img_8021syukusyouゼンマイ、ワラビ、タラの芽、野ブキ、三つ葉!          

 昨日採ったワラビのアクだしが終わっているので、我が家の定番のワラビの煮物Img_8033syuku、 若布とフキ、ワラビ、と油揚げ、、もう少しすると筍が加わる、、、

 羅臼昆布と鰹出汁、、醤油、酒、味醂、塩少々で味を整える

 木の芽を少し飾りに、、、

 子供の頃より、春の定番料理として毎年ワラビを採りに行って作る。

 それから、三つ葉がたっぷり入った蟹雑炊      

  蟹は、数ヶ月前に一袋300円少々、、ロシア産の足とハサミの半端、 まだ半分残ってた              

 足とハサミと胴体を熱湯で茹でて、身を全部取り出し、殻を煮立てて取ったスープ、昆布と鰹で出汁を取り、酒、醤油、塩、味醂で味を整える。 Img_8024syukus

 ご飯を入れて、蟹の身をどさっとほり込み、三つ葉をたっぷりのせて、溶いた卵をかける。

 蟹雑炊は、このたっぷり入った蟹の身と三つ葉が美味しい

 今日は暑かったので、汗びっしょり!

 もう、一品

 先日買った新しいグチ(イシモチ) 、三枚おろしにして、羅臼昆布で昆布絞めにしてあった。Img_8029syuku 

 グチは身が柔らかいが、昆布絞めにすることにより、身がしっかりと引き締まり、昆布の旨さがしみこんで、刺身よりも美味しい。

 タラの芽とフキの葉の天婦羅も揚げたかったが、義母がお腹を空かせて、もう待てなくて勝手に食べ始める。

 今日の料理は、ここで打ち止め!

 今日採ったワラビは、太くて長くて上物である。

 長さによって選り分けて、紐でくくって束にするImg_1962  

 重曹を振って、ひたひたまで熱湯を注いで、一昼夜静置する

 こうして、アクだしをする

 筍が出てないか、、山へ見に行ったが未だ出てなかった。

 ワラビの出始めより1週間か10日くらい、筍は遅れる、、

 まあ、セッカチに生らないで、自然に合わせて、

Img_1955 のんびりと行きましょう

 昼は寝て、夜も寝ているモンタかな!

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

ワラビのアク抜き

Img_7935syuku_1

カリンの花が咲き始めた

昨年はあまり実が生らなかったが、今年は木一杯に蕾が出来ている

堅い実で食べられないけれど、果実酒以外にもジャムにすると美味しい。

暖冬から一転して寒い日が続き、桜開花予報が狂ったと騒いでいる。

ナベショー時計に寄れば、暖かい南の日の当たる斜面には、3月21日のお彼岸の頃に最初のワラビが出始める。

しかるに、今年はかなり遅れていた。

何時もの場所へ行くと、やっと出始めたところであった。

収穫は以下のとおりImg_7937syuku                             

 まだ、走りの細くて短いのばかりではあるが、

まあ、、今の時期、こんなものか!

 後、2~3週間して、桧の植林跡などに生えて来るワラビは太くて50センチ~1mくらいのもある。

 長いわりには、下のほうまで柔らかい。

 昔、田舎ではワラビを桶の中に、きちっとそろえて隙間なく並べて、カマドの灰をかけて、その上からたっぷりの熱湯をかける

 重しして数日置くと、緑のアク汁が出る。

 これを取り出して水でよく洗い、料理に使った。

 今は灰がないので、プラスチックの桶の中に並べて、重曹を振りかけて、熱湯をたっぷりかける。Img_1947

 一昼夜置いてから、新しい水に変えて、少量の重曹を入れて、さらに放置する。

 ワラビの茎をかじってみて、苦くなくなるまで、数回、繰り返えす。

 アク抜きの終わったワラビは水と一緒にプラスチック容器に入れて、冷蔵庫に入れておくと保存できる。

 筍と若布、フキ、油揚げとワラビの煮物は我が家の定番、他にチラシ寿司、

 和え物、炊き込みご飯、味噌汁、卵とじ、、、数え切れずImg_1929syuku_1

 これも、今日の夕食には間に合わない!      

二回も更新したよ!  ゼンマイ、ワラビ、 ノブキ、筍、、、いよいよ忙しい季節が来たよ! 

 モンタ、、尻尾が邪魔だよ! 

 

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング                                                     

| | コメント (12) | トラックバック (0)

ゼンマイのアク抜き

Img_7914syuku

Img_7927 イカリソウ

花の形が船の錨そっくりなので、この名がついた。

丹波の故郷の裏山に群生してたのを、一株植えた。

一度植えておくと毎春に地面から新芽をだして、紫色の花が咲く

柔らかい若葉も美しい

乾燥させたものは漢方で淫羊カクといって、精液の分泌を促進する強壮剤として用いられる。

ここ数日、久しぶりに超忙しくて、ブログの更新が精一杯  やっと一段落して庭を見たらイカリソウが咲いていたのである。

山へ行ってゼンマイを採って来た

年々、放棄される茶園が増えて、山の岸が荒れて入り込めない。Img_7942syukusyou Img_1948

ゼンマイやワラビが採れる場所が少なくなる。

それでも、少しではあるがゼンマイが採れた。

 くるくる巻いた先っぽの綿を取り去ると美しい緑になる

 ゼンマイには赤い色と緑色のがある。

 赤いのが美味しいと教わったが、今日採れたのは、ほとんど緑である。

 このままでは強いアクのため、苦くて食べられない。

 ほとんどのプロといわれる方の料理の本に出ている食べ方では、

 この青いのを灰汁か重曹を入れた熱湯に入れて、火を止めて冷まして、水洗いをする

 それを煮物や和え物にする、、、と書いてある、、、、、が! 

 実際には、そんなに簡単に強烈な苦いアクが取れるものではない。

 さらに不味いことには、ゼンマイの表皮がズルズルになって、見るも無残になるのである。

 ナベショーが試行錯誤の上に到達した、ゼンマイの確実な処理方法をここに公開しましょう!

 青いつるつるした生のゼンマイを、数日間日に干してカラカラに乾燥させる。

 これを保存し、料理するときに、干したゼンマイを水に浸し、重曹を加える。

 そうすると、真っ赤なアク(ポリフェノール類)が出るので、幾度も水を変えて、重曹を入れる。

 こうして、赤い色が出なくなるまで繰り返す。

 このアクヌキしたゼンマイは、形が崩れずにしこしこと弾力性がある。

 これを油揚げなどと一緒に煮物にすると美味しい。

 今は、中国産のゼンマイがアクヌキされて、水と一緒に包装されて市販されている。

 さて、今日のゼンマイが食べられるようになるのは一週間後かな?Img_1930syuku

 モンタのかしこまった正面写真 何の証明書?

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

旧東海道 小夜の中山から日坂宿、さらに掛川へ

Img_7873syuku

Img_7872syukusyou 昨夜来の大雨に打たれて、すっかり濡れてしまったモクレン

モクレンというよりはコブシの花に近いような気がする

もう少し早く咲く、立派な白モクレンよりも、このように数日で散ってしまう弱々しい可憐なモクレンが好きである

青い空に白いモクレン、、、美しい

 今日は昨日の旧東海道の旅の続き、、、、

 小夜の中山の峠、広大な茶園が両側に拡がる一本道、、、Img_7759syukusyou_1 Img_7760syuku_1 広重の浮世絵に描かれている場所を通るImg_7772syuku

夜泣き石は、広重の浮世絵に描かれているように、元々はこの場所にあったらしい。

 急な坂を下って行くが、この場所も広重の浮世絵にあるImg_7773syukusyou_1

 もう直ぐ日坂宿である

 下り坂の民家のミツバツツジが美しいImg_7767syukusyou

 ついに日坂宿に着いた。

 どの家々にも旧屋号の看板がっかげてある。

 やっとお店を見つけてアンパンを買い、本陣跡で飢えを癒すことが出来た。

 13時40分、、、飴玉数個でよくぞ耐えたもの、、、

Img_syuku Img_7788                              

 宿場の古い宿がいくつか整備されて保存され、お寺も美しい。           

Img_7792syuku Img_7794syuku Img_7812syuku Img_7799syuku   

 Img_7813syuku 宿場のはずれの高札を過ぎると、旧東海道は終わり、国道1号線をひたすら掛川目指して歩くしかない

 JR掛川駅まで、どれくらいありますか、と聞くと 約10km、、

 2時間少々だな、、、、雨も降り出し風も出てきて最悪に、、、

 かなり足が疲れてきたが、とにかく国道1号線の歩道を歩き続ける

 16時過ぎ、、、おお!

Img_7826syuku  やっと来たぞ!

 この交差点を左折すれば掛川城、、、

 せっかく来たのだから、山之内一豊の掛川城も見物していくか!

 途中、バスにも乗らず、よくも歩いたもの、、

 金谷駅より掛川まで27000歩 約20KM 

Img_1933 17時閉館だったが、大急ぎで天守閣に登った

 急な階段は相当堪えた,,,

 かくして、旧東海道、金谷宿から小夜の中山、日坂宿、掛川へのウオーキングを終え、JR掛川より西焼津に無事帰りついた。

  「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

旧東海道 金谷宿から小夜の中山へ

Img_7672syuku

ヤブレカサかな?

 白い毛が無いのでモミジカサか、、、、

 ゲゲゲの鬼太郎に出てくるお化けを連想させる、、、、、もう野山はすっかり春ですね!

 今夕から天候が崩れて雨予報、、、

 脳梗塞の義母はショートステイ、妻とJR金谷駅で下車、旧東海道を金谷宿から間の宿、小夜の中山を越えて日坂の宿、そして掛川駅まで歩いた。

  金谷駅で下車し、旧東海道金谷坂石畳

  この近くにはカタクリの花が見れるところがあるが、またの機会に、、

 石畳の坂の途中、石畳茶屋Img_7605syukusyou_1 Img_7606syuku 素敵な庭園のある茶屋で、近いうちに来て是非食事をしたい。

 急な石畳の坂、金谷坂を上りきるとの大茶園の広がる平坦な牧の原台地Img_7612syuku Img_7621syuku_1

 この牧の原台地の中の道を行くと、諏訪原城の跡

 武田勝頼の家来の築づいた城、多くの空堀に幾重にも囲まれた壮大な城で、中には諏訪神社も祭られているImg_7627syuku Img_7630syukus Img_7651syuku Img_7646syuku   

 多くの堀で守られた三の丸、本丸のある端は牧の原台地の端っこで、断崖絶壁となっている。

 旧東海道菊川坂石畳を下り Img_7659syuku_1 間の宿を通りすぎると、いよいよ有名な小夜の中山であるImg_7673syuku    

 急な坂を登りきると、茶園が広がるなだらかな丘陵の尾根に旧東海道は続く

 Img_7705syuku 道の側には、昔に東海道を旅したいにしえの歌人達が詠んだ歌の碑がある。     

 やがて、久延寺、この寺は掛川城主の山之内一豊が奥州上杉攻めのために大阪から東進する徳川家康を、接待した寺として有名である。Img_7716syuku (大河ドラマでこの場面、やってたね)Img_7715syukusyou_1 Img_7712syukusyou

 また、境内には夜泣き石がある

 かわいそうな夜泣き石のお話、、、この説明文をアップしてお読みください。

 久延寺を後にし、旧東海道 小夜の中山を日坂の宿を目指してさらに歩く。

 金谷坂を越えた牧の原台地がはるか後方に見える

 素晴らしい展望を楽しみながら、、、Img_7707syukusyou_1 Img_7725syuku_1  Img_7745syuku Img_7752syuku                                 

 小夜の中山を歌った松雄芭蕉の句碑などもある、、、Img_7749syuku

 もうお昼をとっくに過ぎたのに、お弁当を持たずに来たのでお昼を取ることが出来ない。

 金谷駅から、ず~とお店が一つもないのである。

 あっても、土日のみ開業、、とある。

 山登りと異なり、何処かにあるだろうと安易に考えてたのが間違いであった。

 互いに互いのお昼への甘さを責め合いながら空腹を抱えて、さらに旧東海道の旅は続く、、、、、、 (続く、、) Img_1745                       

 モンタはかわいそうに、お留守番、、、

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月26日 (月)

暖かい春の青空!

Img_7572syukusyou_1

ヤマブキ

 山に生えていたヤマブキの枝を挿し木して庭に植えたら、どんどん増えて、離れた場所から新しい芽をだす。

 ヤマブキはやはり5枚花弁の一重が美しいね。

 黄色い花と黄緑色の葉の調和が美しい。

 「七重八重、花は咲けどもヤマブキの実の一つだに無きぞ悲しき」、、、の歌に詠まれた如く、一重の花しか種はできない。

 八重の花は、いづれも一重の花の雄しべが変化して花弁になっているので、実を結ぶことが無いのは理解できる。

 良く似た花にシロヤマブキがあるが、名前はヤマブキでも、全く別の花である。

 黄色いヤマブキと異なり、幹の高さは2mくらい、白い花びらは4枚、

 葉は向かい合っており、黒い実が熟す。Img_7580syukusyou_1

 白いモクレンの木、今年はたくさんの蕾をつけた。

 まるで、普通のモクレンと異なり、コブシのような一重の可憐な花が咲く

 苗木を植えてから、なかなか花が咲かなかったが、木も大きくなり、今年はたくさんの花が咲きそうである。

 なんとなく、ふわ~とした柔らかい感じの花である。

 やっと晴れた青空に咲く白いモクレンの花は美しい。

 曇り空が背景では、全く冴えないが、このような澄み切った青空を背景にして、美しく冴える花である。Img_7582syukusyou Img_7584syukusyou

 スモモの白い花ももう終わりかけて緑の葉が出始めた。

 モミジも新芽を吹き始めた。

 いずれも、青空が背景だと美しい。Img_7585syukyu Syukusyou_16                                  

 ペパーミントもどんどん増える

 ツルバラの植え込みに植えた小さな花達、こういうン花壇、寄せ植えは苦手なんだけど、、、Img_7600syukusyou

  朝の九時、昨日の新たに届いた蜜蜂の群れ、、

 もう既にどこかから花の花粉を集めて帰って来ている。

  足に黄色い花粉を集めてきた蜂が見えるでしょう。

  巣箱の位置を覚えて、さっそく仕事をしているのである。

 今夕のお料理 

 先周買った平鯖の素焼きの身と舞茸、里芋、人参の炊込ご飯に山椒の木の芽

 それにナメコと豆腐の味噌汁 出汁は羅臼昆布と鰹出汁、味噌は岡崎八丁味噌Img_7577syukusyou_3、、、庭のミツバを浮かす Img_7576syuku_3                     

 庭の周囲を巡回、見回りをするモンタImg_1888syukusyou_1

  外でいっぱい遊んだ夜は、静かに寝るようだ。

  「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

新しい蜜蜂が届いた!

Img_7514syukusyou

 庭のシャクナゲツツジが満開になりました。

 昨夜来の台風並みの風雨が、今朝になって止み、一気に暖かくなった。

 シャクナゲツツジの写真は、マクロ100で撮影しました。

 マクロの威力により背景が見事にぼかせましたが、花自身を柔らかい感じにするため、一見ピンボケのようですが、ソフトフィルターを使っています。

 同じ写真をソフトフィルターを使わなかったら、このようになります。Img_7523syukusyou            

 ソフトフィルターを使わなければ輪郭、細部がくっきりと写ります。

 女性のポートレートでは、良く使用するフィルターですが、皆さまはどちらで自分を写して欲しいですか?Img_7554syukusyou

 昨年末、2群いた蜜蜂の一つの群れをアクシデントで全滅させていた。

 一群のみでは心もとないので、もう一群を注文していた。

 今日午後蜜蜂の群れ一箱がクロネコ宅配便で届いた。

 この中には5枚の巣礎枠両側一杯の蜜蜂と女王蜂がいる。

 庭の置き場所において、1時間ほど静置して、蜂を落ち着かせた。Img_1878syuku Img_1879syuku            

 上蓋を開けて直ぐに、煙をかけたので、嫌がってほとんど巣枠の隙間の中に潜り込んでしまったが、

 上蓋には、びっしりと蜂で溢れている。

 今までのImg_1880syuku もう一つの箱はこんなに蜂が密ではない。

 輸送のために釘で固定された1巣脾枠の釘を抜き、

 一枚づつ引き上げて観察しながら、10枚入る大きい箱に移し変えていく

 いたいた、、、女王蜂

 女王を中心に放射状に蜂が並んでいる

 そのうち、女王の羽をハサミで切って、遠くへ飛んで逃げないようにしなければならない。

 5枚全部移し変え、新たな空の巣脾枠を加えて外側に給餌箱を置いた

Img_1882syuku_2 Img_1883syukusyou_2

 昨日から、輸送中のため、全く蜜が供給されていないのでImg_1896syukusyou 空腹のはず、、

 砂糖1Kgを溶かした水を供給して、蓋をして作業は終了!

 女王蜂が箱の中にいるので、今まで入っていた箱や蓋についている蜂は、ほっておいても、

 巣箱の中に吸い寄せられるように入っていく。

全部の蜂が巣箱に入ってから、しばらくすると、巣箱の前は多くの蜂で溢れ、箱の回り、周辺、上空は、蜂の乱舞い

 これは、蜂が新しい場所を記憶するための行動なのである。

 こうして巣箱の位置を記憶した働き蜂は花を求めて2~3km離れた場所へ飛んでいっても、帰ってくることが出来る。

 おや、、ありゃ~なんだ! 蜂の箱が増えたぞ? 

 それに箱の周りが、なんとも騒がしいぞ?

Img_1905syukusyou Img_1906syukusyou

 Img_1907syukusyou Img_1908syukus                                                         

 こりゃ~ どうもヤバイぜ~Img_1912syuku_1 Img_1918syukusyou_1   君子危うきに近寄らず!                  

 今年は、この二群の蜂をそれぞれ増やして、3~4群にしたいものだ!

Syukusyou_15  予想もしないようなアクシデント、病気、スズメバチの襲撃から守られますように、、、、  

 花と蜜の溢れる庭に、、、

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング                  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

サゴシの茶漬け

Img_6996syuku

畑の隅に桃らしき背丈1mくらいの木が生えている。

どうも桃らしいが、未だ小さいので花が咲くのは早いと思ってたら、たった一輪だけ咲いた。

今年は実が生るのは期待できないが、来年はたくさん花が咲き、、、さあどんな桃の実が生るだろうか?

単なる花桃だったらがっかり、、、

白菜、キャベツ、大根等が終わった後の畝を耕している

苦土石灰を蒔き、豚糞堆肥を蒔き、鍬で耕し、小石を取り除き、、、 一畝作るのに幾日もかかる

Img_7009syukusyou  やっと、キャベツとブロッコリー、サニーレタスの苗を植え、エンドウの種を蒔いた。

 夕方から雨が降ったので、丁度よかった

 お茶が始まる4月末までに、夏野菜の植え付けを終わらせねばならない。

 蜜蜂もこれから忙しくなる

Img_1775syuku  サワラ、、、1.5Kgある

 まだ、サゴシかな?

 新しくて、一本1000円

 これは美味しそう、、、

 刺身のお茶漬け、醤油/味醂漬け、、いいね~ 

Img_1776syuku_2 Img_1777syukusyou_2 Img_1780syukusyou_1    

二枚におろす、、、なんて料理しやすい魚なんだろう!

 魚を捌くのを練習するには、適した魚である。

 ぶつぶつ切り身にして、醤油と味醂に漬ける、、、これで冷蔵庫での保存 OK

 せっかくなので、皮ごと刺身に切って醤油に漬ける。

 先日、ブログのImg_1802syukusyou 岡山のあむせさまから教わったサワラのお茶漬け

 漬けにしたサワラの切り身を熱々ご飯の上に並べ、醤油を少々、、山葵、山椒の木の芽をのせて、熱い番茶をかける

 いや~ おいしいね~

 生鯖の茶漬けも美味しかったが、このサワラの茶漬けも、実に旨い

 金目鯛、鯵、イワシ、鰹、何でも醤油漬けにして、お茶漬けで食べるといけそうだね

 木の芽の代わりの青紫蘇でもよさそう、、

 ちょっと、これからはまりそう、、

Img_1867syukusyou モンタ、、今日はいい顔してるね!

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

ヨモギのお萩を作った!

Img_7028syukusyou

レンゲソウ 

 昔は田に栽培したが、化学肥料の普及と共に、あまり栽培されなくなった。Img_7041syukusyou

 今は養蜂家が農家に依頼して種をまいてもらったり、、、蜜蜂の春の蜜源として重要な花である。

 最近、蜜蜂の巣箱から、羽の縮れた蜂や小さくて発育不良の蜂が、巣門の前の地面を這っていたり、

巣の中から外に運ばれる死体を、毎朝見かけるようになった。

 最初、朝の寒さで凍死した蜂の死骸を運び出しているのだろうか、、、と想像していた。

 しかし昨年秋から、全国的に蜜蜂の幼虫に寄生するダニが多量に発生して、全滅した群れが多数あったため、新たな群れを購入するにも、注文殺到で無いらしい、、と言うのを聞いた。Img_1815syuku

 もしや、うちもダニ、、、と心配になりA先生に電話で聞くと、まさしくダニらしい。

 蜜蜂は清潔好きなので、巣の中に死骸を放置することは無い。

 外へ運び、つかんで遠くへ運ぶ。

 今日、さっそく、先生の工場へ行き、ダニ退治の薬をもらってきた。Img_1817syukusyou

 生まれる蜜蜂にダニが寄生して、奇形になる、

 酷くなると群れが全滅するらしい

 薬をいただいてきて、巣脾枠の間に装てんした。

 これで、チョット一安心!

 かなり 、蜂の密度が大きくなってきた。

 箱一杯に蜂があふれ出せば、必ず王台を作り、新女王を育てるから、旧女王と少しの仲間の蜂を別の箱に入れて分離し、二群に増やす予定である。

 蜜蜂の世話が終わった後、昨日夜から来ている二人の孫娘がと一緒に、ヨモギを摘んで、オハギを作った。Img_1824syuku Img_1825syuku

 重曹を加えて湯がくと 、こんなに鮮やかな緑に生る

これを、刺身包丁で小さく切って、炊き上がったもちごめご飯に入れてポンポンと突いてかき回して、出来上がり Img_1827syuku_1 Img_1828syuku_1 Img_1829syukusy_1 Img_1833syukusyou_1 Img_1832syuku_2

 丸めて、餡子を包んで、餡子で囲んで、、、

 きな粉つけて、、

 あまり大きくなりすぎないよう、、、

 出来上がり!!!

 

お昼のご馳走!!! Img_1835syukus_3 Img_1836syuku_4                                                                                     

Img_1759syuku  モンタも、うろちょろ、うろちょろ、、、疲れたよ!

  「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング                   

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

鯖の料理

Img_7006syukusyou

  ツルニチニチソウ と スノーフレーク(鈴蘭水仙)

 いづれも丈夫で繁殖力の強い、たくましい花

 目下、勢力争い、、

 魚を見に行く  あったよ でっかいマンボウが!Img_1766syuku  これ一匹1.560円 まさか?

でも確か一匹と書いてあるね~

 この座布団みたいなのが一匹1575円 だって! 

 こんなのもあるよ!Img_1767syuku  サゴシ、ハタ、黒鯛、、、 ハタ、Kg 4500円だから 2~3万円はするだろうね!

 一度、料理して鍋、刺身、煮つけ、で食べたいね

 サゴシも大きくて美味しそう!

 、、、、でナベショーが買ったのはこれ!Img_1764syuku    丸々太った平鯖! これだけ新鮮で脂肪ののったものはなかなか出ない!

 3本買った!

 塩して酢で絞めて鯖寿司、、、と言うのは毎度のことImg_1782syuku Img_1783syuju

 今日はオーソドックスに煮つけと焼き鯖に!

 まづ、二枚におろして、、、Img_1791syuku Img_1788syuku  卵、白子、肝と一緒にこってりと煮つけに、、、、  

軽く塩振って素焼きに、、、

 残念ながら皿に取り出すときに崩してしまった、、

 これを、このまま食べても美味しいし、身をほぐして炊き込みご飯に

でも、料理してみると、あまりの新鮮さと美味しそうなので、片身を皮ごと刺身に切って醤油に漬けて、お茶漬けに、、、Img_1787syuku Img_1801syuku

 山椒の木の芽と山葵に、熱々の番茶を注いで、、、こりこりと弾力があって、、、、うっまい!!

 これだけの鯖、滅多に食べられるものではない!

 Img_1794syuku

 頭も焼いて、身をほじりだす

 これが、またまた 旨いのである

 特に眼の回りの身、、美味しくて美味しくて、、

 これはお昼ご飯のおかずになった。

 鯖の煮つけ、、、脂肪ののりが少ない鯖はぱさぱさして美味しくないので、味噌煮にしないと食べられない、、

 しかし、このように太った鯖は、醤油、味醂、酒、砂糖でこってり煮るのが一番美味しい、、、

 味噌煮なんてとんでもない!

 もう2本ほど余分に買って、塩して酢で絞めておけばよかったな~ Img_1763_1

 外は風が冷たいけれど、家の中は窓越しに日光がさして暖かい

 モンタは、家の中で一番暖かい場所で昼寝をする

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

シデコブシの花

Img_6817syukus

シデコブシ

 まだ木々の葉が落ちたままの早春の山、コブシの白い花が咲きだすと、

里山にも遅い春が来たことを感じさせられる。

 コブシはモクレンの花を小さくしたような可憐な花、木全体が花で覆われる

 そのような素朴なコブシに代わり、シデコブシの園芸種は淡い紫色、何故か花びらがクチャクチャなままで開く

 蝶だってサナギから孵化するときの羽はクチャクチャだが、開くにつれて皺が伸びてしゃんとなる。

 蕾の中に詰め込まれた花弁が開いたときは皺が無くなる。

 しかし、このシデコブシくらいだろう

 クチャクチャの皺だらけなのは、、、、

 だから、開いた花をアップで撮っても、何とも締りのないクチャクチャの写真になってしまう、、、Img_6811syuku Img_6813syukusyou

 花の終わる最後まで、このままの形である

 これらのアップ写真をブログのトップに載せようか、どうしょうか、、と迷った挙句、結局は蕾からほんの少し開いたばかりの花のドアップでないのになったのである。

 しかも、皺を目立たなくするために、ソフトフィルターをかけて輪郭をぼかした。

 ソフトフィルターは花や女性のポートレートでしばしば使用する。

 女性のポートレートの場合、顔の小じわ、ソバカス、にきび、しみも全部ボケて目立たなくなり、

 顔の輪郭が柔らかくて優しくなり、実際以上に美しくなる魔法のフィルターである。

 今日は祭日、浜松に住む次男が嫁さんと一緒にイチゴ狩の帰りに寄ってくれた。

 久しぶりにランチを一緒に、、、

 最近、はまり込んでるニシンの酢漬け料理Img_6979syukusyou をつくる

 パスタの上に、畑の春菊、谷川のクレソン、ニシンの酢漬けと黒オリーブ、トマトが無かったのでイチゴを彩りに、、

 塩胡椒をさっとふりかけ、、

 その上にアチアチに熱したガーリックオイルをジュ~と注ぎかけた後、柚子ポン酢をかける

 かけすぎると酸っぱくなるので、ほどほどに、、、

 酢漬けニシンの冷製パスタでございます。Img_6984syuku_1

 畑の側に菜の花、、否、からし菜が咲いている

 蕾と花を摘んできた、、

 これは、口に入れて食べるとピリッと辛い味がする

 だから、カラシ菜という

 アブラ菜や大根、白菜、、、みな同じような花であるImg_1751syuku

  塩を振り、羅臼昆布をたくさん入れて、重しして、数時間、漬け込んで、美味しそうなお漬物が出来た

 待ちきれずに食する

 ぴりっとした辛みが美味しい、、

 でも、あまり一度にたくさん食べると胃によくないかな・・・?

  モンタ テレビの上で長々と横になるImg_1752  

 カメラを向けると目をつぶる

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

夫の自立とは?

Img_6785syukusyou

ムラサキケマン(紫華曼)

近くの道端の草むらの中にひっそりと咲いていた、、、、典型的な春の花!

この花、、、なんだか思い思いの方角向いて咲いてる

今日も10時頃から日が照ってきたが、やはり空気が冷たい

蜜蜂も暖かくなった昼前後は、活発に飛び交ってるが、午後3時頃になると、巣に戻り、静かになる。

今日も、畑のキャベツの跡一畝をやっと耕し終えた。Img_6944syuku

今週中にエンドウや春の野菜の種を蒔こう。

九条ネギが立派になった

葱坊主が出ないうちに、ネギたっぷりの牛肉のすき焼きでもしたいが、、、砂糖をたくさん使うから躊躇する、、、、、

長男のところは、孫達が春休みに生って、嫁さんが孫達連れて伊豆の実家へ里帰りした。

携帯メールで妻、「昨日から夕食何食べた?」

携帯メールで息子 「ラーメン、ホカ弁、、、、」

「可哀想、、、今晩 うちへ食べに来る、、?」ってメールしかけた妻に文句を一言!

「大体、そういうふうに甘やかすのはよろしくない!

自分自身の生命に関わる食、料理をおろそかにして、ラーメン、ホカ弁とは何事か!

もっとも大切なことを妻に依存して、将来、妻が倒れたり、先立たれた時、

いなくなった時、自分で料理出来なくて、自立した夫と言えるか?

そうでなくても、妻が忙しい時や、帰宅が遅くなる時は夫が料理すべきである。

この俺のように!」、、と。

自立できなくて妻に依存する夫、

自立できなくて親にいつまでも依存する大きな子供

最近、特に増加して、社会問題にさえなっている。

エジプト学の吉村作治先生の言葉を借りれば、

自立した男の必要条件は自分で料理できること、、、

まあ、、妻以上に上手になる必要はないが、、、、

妻は夫に先立たれても十数年、否数十年と生きるが、

妻に先立たれると料理の出来ない夫はどうしょうもないくらい頼りなく、

数年後には妻の後を追うことが多いという。

料理をするとは、自立していることと同義語である。

それとも、夫に料理をさせないのは、夫を長生きさせないための妻達の陰謀か?

きっとそうに違いない!!

今日はついついおしゃべりが過ぎたようで、、、、

今日の夕食料理(妻の、、、)

「ためしてガッテン」のレシピーの美味しいマーボー豆腐、

口の中がひーひー、こくがあり美味しくて暖まる

昨日と同じ、ニシンの酢漬け、畑の春菊、イチゴ、黒オリーブのサラダ、、、熱いガーリックオイルを注いで柚子ポン酢を少々かけた  Img_6962syukus_1 Img_6965syukusy_1 美味しいね!

Img_1728 モンタ、、ネヅミやトカゲを獲ることを忘れてはいけないよ!

「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

遅い霜は大敵!

Img_6898syukusyou

ネコヤナギ

 確かに、ネコの毛 オモチャだね!

 河川の堤防の防災のため、アメリカのニセアカシアを植えたら、急速に増えてきたため、在来のネコヤナギが絶滅するというImg_6885syukusyo

 今日は庭のツツジが開花した

 ツツジはシャクナゲと同じ種類なので、シャクナゲとの交配種が

園芸種として普及している

 このツツジもその類である。

ムラサキスモモがほぼ八分咲き、、少し蕾があるくらいが綺麗だね

Img_6879syukusyou_2 Img_6889syukuysou_2                            

 Img_6792syukusyou Img_6795syukusyou ハナニラには白いのと青いのとあるね!  サンシュウユはマンサクやトサミズキと同じ種類の木なのだろう。

明日の朝も冷えるらしい

最低気温3~4度、、、遅霜注意報が出ている、、Img_6904syukusyou_1

放射冷却といって、地表面が冷えて零度以下になって霜が降りる。

それで大規模な茶園では、扇風機をまわして大気をかき混ぜ、氷点下になるのを防いでいる

ナベショーの茶園の茶樹の新芽は、一番芽がかなり伸びてるがまだこれから、、、

 これが伸びて開きかてると霜に危ない 

 4月中旬の霜がもっともこわい

 一番芽が霜でやられると、次の二番芽が伸びて開くまで待たねばならない

 昨年、当地方は二度遅霜にやられて、一番芽も二番芽もやられた、、

 さて、今年はいかが?Img_6910syukusyou_1 Img_6914syukusyou                                      

 Img_6916syukusyou_1 茶園の近くの谷川の芹、、、かなり伸びかけている

 採ってきて茹でて胡麻和えにした。     

 柔らかくて、独特の風味があり、美味しい。

 5月頃までは柔らかいのが味わえるだろうか

 もうかなり前、生ニシンを買って、塩して酢で絞めて

 ビンの中に、ニンニクや月桂樹の葉っぱ、唐辛子を入れて酢漬けにしてあった。Img_6923syukusyou Img_6918syukusyou      

 レタス、トマト、ムラサキオリーブとニシンの酢漬けサラダ、、

 この上にガーリックオイルとゆづポン酢をかけると美味しい!!

 なんとなく、今晩の料理は和洋混在だな?

Img_1735 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

魚を買おう 福一焼津流通センターへ

Img_6826syukusyou

ナズナ

 春の七草の一つ、、実の形が三味線の三角形のバチに似てるので、ペンペン草とも言う

 故郷の田舎では、このペンペン草が生えているところを覚えていて、

 深く積もった雪を掘ってぺんぺん草の若い葉を採り、七草粥に入れた。

 前日の夕までに、葉を採っておかないと、七草粥の当日の朝に採ろうとしても、雪が硬く凍てついて掘り出せない。

 小さな花で目立たないし、見過ごすけれど、良く見れば可愛い花である。

 東名焼津IC横、何時も魚を買いに行く焼津の福一焼津流通センターは、ただ今店の改装中である。

 しかし、ちゃんと毎日営業をしながらの改装、、  

 お店の中に並んでいる魚の写真を撮ったのでブログにアップしましょうImg_1681 Img_1689 Img_1683 Img_1686

 魚以外に野菜も並んでいる

 鰹、生トンボ(ビンナガマグロ)、アンコウ、、こりゃ大きいよ!Img_1684 Img_1685               

 これらはいろんな貝類、、Img_1692 Img_1701  サザエ、ホタテ、バイガイ、赤貝、アワビ、ナガラミ、浅蜊、、、                                    

 北海道産の活き毛蟹、青森の養殖ホヤ  これらは安いよ!Img_1688 Img_1690           

 キンキ、、、これは高くて手が出ない   鯵、イワシならお手ごろ イワシ5匹350円なもの、、Img_1694 Img_1703

スルメ烏賊も安いし、中国産アンキモもお手ごろな値段Img_1702 Img_1699                     

養殖ものの鮎、冷凍の銀鮭、紅鮭は一本2000~3000円、、家で解凍して料理すれば、鮭料理のフルコースのお買い得!Img_1695 Img_1696 Img_1697 Img_1698                                             

 生マグロ、鰹、サーモンなどの切り身のブロックや解凍マグロのブロックも様々なサイズで並んでる

 本マグロ、南マグロ、バチマグロ、トンボマグロ、マグロの剥き身、、、、オオトロ、中トロ、赤身、、、

 写真に撮りきれないけれど、近海もの、遠洋もの、九州長崎から日本海、北海道、三陸、千葉房総、紀州、、、全国から集まって来た新鮮な魚が、発砲スチロールの箱に氷漬けで、ところ狭しと並ぶ

 プロの料理人、板前さん達、ナベショーのような魚好きのマニアが買いに来る

 魚一本包丁で捌けない人は来ない

 買う単位は丸っぽ一本のKgの量り売りか一箱売り、、、、

 ナベショーはついつい衝動買いをしてしまうから、財布に1000円だけ、、とか2000円だけ入れて買いに来るImg_6871syukusyou

 帰ってきて庭を見たら、ドクダミや雪ノ下が生えてたので、急に天婦羅にしたくなった

 雪ノ下、ツワブキ、ドクダミ、に生の桜海老

 ドクダミは天婦羅にすると、あの独特の臭みがあるものの、油と良くマッチングしてなかなか美味しいものである

  桜海老、雪ノ下、ドクダミ、ツワブキ、蓮根、イワシ、桜海老

Img_6877syukusyou  一通りをお皿に盛りつけた

 何時もたくさん揚げすぎてしまう、、

 今晩は、妻と義母は静岡の義母の家

 週一回は単身赴任生活と同じ、気楽に

 ご馳走作って、のんびり食べて、NHK大河ドラマ見て、夜更かしして、朝寝坊して、、、、

 サンデー毎日、会社は行かなくてもいいから、最高だね!

Img_1724_1  暖かい日の当たる窓辺、、、ソファーですやすや昼寝のモンタ 

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

孫娘の卒園祝い寿司パーテイー!

Img_6774syukusyou

アケビ  先日3月5日のブログにアップしたミツバアケビも美しいが、開花が始まった普通のアケビの花も美しいImg_6856syukusyou  

 絵になる花、美しさである。

 春の山菜として賞賛されるのはミツバアケビの新芽という

 隣家のI さん、 奥様がまだ50代だが、脳梗塞で寝たきりの在宅介護、、、

 24時間つききりの介護で気が休まることがないと、、、、

 Iさんが山からアケビの花を採って来て、庭のミツバアケビの花に花粉を交配させていた

 一週間に一度のデイケアー、もっと行ってくれるといいのだが、行くのを嫌がって、、、仕方が無い、、

 ショートステイ出来れば楽で心身共に休まるが、とてもとても、、それも出来ない

 今はつかの間の安らぎ、、やっと近くの山へ行ってアケビの花を採ってこれたという

 今日お昼は焼津に住む長男家族を招いてお寿司パーテイー

 保育園の下の孫娘の卒園祝いと上の孫娘の小学2年生への進級祝いである

 お寿司屋へ行って食べれば、一人分の支払いで豪華な美味しいお寿司が家で作れるぞ、、、、と思うと、ますます外で食べるのが馬鹿らしくなる、、、

 ロスで寿司握ってる次女が創作したオリジナル巻き寿司「レモンロール」、電話で教えてもらった。

  スダレにラップを敷き、ご飯と海苔を載せ、そう上にスパイシーツナを載せて巻くImg_1708 Img_1709 Img_1710

 これは、普通の巻き寿司の逆巻きである

 スパイシーツナはマグロの剥き身のコチジャン、マヨネーズ、刻みネギを混ぜたものである

 隠し味に醤油や塩胡椒、ごま油などを入れてはどうかな?

 ここまでは、何とか出来たぞ!

 ラップを広げて、巻いたご飯の上に、アボガド、レモン、青紫蘇、マグロ、サーモンを乗せて、ラップで包み、スダレで巻いて出来上がりImg_1711_1 Img_1713                                      

 どうだ!! 3本も作ったぞ!Img_6735syukusyou_1   

 そのうちの2本をラップのまま包丁で切り、再度スダレで形を整えて、ラップを外してお皿に盛りつける

 ガーリックオイルを上にかけて、山葵醤油でも、ポン酢でも、お好みでいただく

 これでいいのかな?

 お正月に次女が帰国して作ってくれたのは、こんなだったかな~?

  さて、キハダマグロのヅケとサーモン、先日からのコノシロで握り寿司をつくる。

 ツナスパイシーが余ったので、それを乗せた軍艦巻きも握った。Img_6739syukusyou

 コノシロの握りは難しいね。

 特大のコノシロなので、コノシロの美しい肌を生かそうとすると、身が厚くなって不細工な握りになってしまう、、、、

 そうか、、、 だから寿司職人は小さいコノシロを使うんだ!

 まあまあ、、、何とか格好だけは、美しく、食欲を誘う握り寿司になったぞ!

 次は コノシロの身を使ったチラシ寿司Img_6741syukusyou Img_6746syukusyou と お赤飯  

 脂肪ののった大きなコノシロなので、すっごく美味しい

 今週月曜日に2Kg、10匹、630円で買ったコノシロ、、大活躍で全部食べつくした、、骨までも、、、

 赤飯の小豆は、年末に丹波から妹が送ってくれた小田垣の小豆、、、大きくてしっかりして美味しい!Img_6742syukusyou_1

 お寿司を食べ終わった後はデザート!

 山で拾ったデコポンのジュースで作ったムースゼリーである

 上手に出来るようになったよ!

 完全にマスターしたね。

 これでナベショーが作れるケーキは唯一二つ

 アーモンドチョコレートクッキーの「貴婦人のキス」と このムースゼリーである。

孫達は居間に入って、テーブルに並んだお寿司とデザートを見て、ワ~! と大喜びの歓声!

「おじいちゃん こんな美味しいお寿司とデザート、、生まれて始めて食べるよ!」

おお! きちんと最高度のお世辞が言えるように、ちゃんとしつけてるな~

脳梗塞の義母、最近食欲が無くて、お粥しか食べなかったのに、だいすきなお寿司、、たくさん食べた。Img_6758syukuysou Img_6751syukusyou_1

好きなものはわかってて、食べられるんだ!

 二階のベランダからはるかどこかを眺めるモンタ、、、

 まず最初にブログを下まで下げて、モンタを見て、それから上に上げて花の写真を見て、長たらしい文書は飛ばして、終わりという読者の方がほとんど、、、

モンタが登場してないナベショーのブログなんて、、、と!

「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

楽しい仲間達!

Img_6689syukusyou_3

ユスランメ    

 花が終わると緑の葉が出てきて、小さな実がなり、やがて真っ赤な実が小枝にたわわに生る

 この実を摘んで、氷砂糖に漬けてシロップにする

 美しい深紅のユスランメジュースができる

 今日は青春18キップで静岡から東京往復

 2000円で往復できるとは有難い!

 13時に八重洲中央口、銀の鈴で待ち合わせる

 会社時代の親しい先輩、仲間達 千葉のOさん、Yさん、姫路から来たYさん、、とナベショーの4人Img_6724syuku

千葉のYさん、定年と同時に頭丸めて坊主頭に、、、

 現役時代の悪業、自覚症状があったのか?

 タイへ3週間旅行してきたという

 東京駅八重洲地下 「ビアレストラン ニュートウキョー」 へ

 姫路のYさんが定年と同時に、さいたま市の年老いたご両親が共に倒れたため、約3年間家族と離れて両親の介護、、、、たいへんな毎日、、、

 その時、月一度のショートステイの時に、Yさんの慰労会をしようと、、、、

 Oさんが我々に呼びかけて、最初は神田で集まってたが、

 介護してたYさんのご両親も相次いで亡くなられ、家族の住む姫路に晴れて帰還!

 今日はガーラ湯沢へスキーに行っての帰り

 ナベショーも定年になり静岡に帰ってからは、

 東京駅に時々集まり、真昼間の午後から「ニュートウキョウ」

 一番奥の隅のテーブルに陣とって、ビールを飲みながらワイワイとそれぞれ勝手にしゃべりまくって夕方解散

 Img_6717syuku Img_6719syukusy 13時から17時頃まで、、、、最初にとった料理を食べつくすと、後は一皿づつ取って4時間粘るImg_6721syuku  

 最初はビール大ジョッキ

 その後はレモンサワーを少しづつ、、

 何時も気がついたら美しく盛り付けられた料理もこの通り、、、

 おお、、もうこんな時間だ、、、夕方になってスーツのビジネスマンで店が混んできた

Img_6723syukusyou_1  不良老人達,、、少し居心地が悪くなってお開き、

 今度の集まりはナベショーの新茶が出来た頃かな、、、

 再び、東京から東海道線に乗り、熱海で乗り換えて静岡へは20時前に着いた。

 千葉のOさんから、みんなにお菓子のお土産をいただいた

 船橋の有名な老舗 みよし野 の和菓子Img_6730syukusyou

 自宅に着いて、美味しいお茶を淹れてお菓子をいただいた

 きんつば、、栗ようかん、、胡桃のお饅頭、、、

 こういうお菓子、大好き!

 本当は一つを半分に分けて妻といただくはず が、三つをそれぞれ二等分して、全部いただいてしまった。

 今日はひさしぶりの仲間達、楽しい一日であったImg_1677_1

 モンタ、、何故 目が青く写るのだろう?

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

定年後の田舎の生活!

Img_6678syukusy 

 スモモの花が咲いた

 ほぼ3部咲き

 毎年、小粒ながら赤紫色の実をたくさんつける

 昨年は、ジャムをたくさん作った。

美しいワインレッドのジャム、、、適度の甘酸っぱさ、、、今年もたくさん作りたい。

  このスモモの木も15年前に植えた苗、大きくなったが、

  そばのヤマモモのほうが、もっと大きな大木になり、日光の奪い合いをしている

 それほど大きくはないが、見事な株に育ったのが雪ヤナギImg_6673syuku_1

 フェンスを覆い被さるように越えて道路にまではみ出している

 もうすぐ、雪のように散ってしまい、後は緑の若葉が出てくる

 秋になると、ユキヤナギの紅葉も美しい

 冬には古い枝や幹を切って新しいのに更新する。

 朝夕の寒さはまだ続く

 暖かくなったり、急に寒くなったり、、

 蜜蜂にとっては良いことではない。Img_6669syukusyou      

 新しく生まれてくる蜂を寒さから守りきれずに、毎朝巣門の前に数匹の死骸がころがっている。

 それでも9時過ぎには、花蜜と花粉を集めるために、巣から飛び立っていく

 午後は3時過ぎには、冷えてくるので、早々と巣の中にこもってしまう。

 昨年、秋に生まれて冬越しした働き蜂達は、早春になると女王蜂に卵を産ませる

 孵ってくる幼虫を育て、未だ寒い外へ飛び出し、菜の花や梅、椿などから花粉や蜜を集める

 春になって新しい働き蜂が生まれてくると、やがて冬越しの蜂が死んでいく

 暖かくなり、春の花がどんどん咲き始めるにつれて、新しい蜂がどんどん増えていく

 桜、杏子、桃、蓮華や蜜柑の花が咲く春から初夏にかけて、蜜蜂の群れは膨れあがり、

 やがて、新しい女王を育てると、その誕生の前に古い女王は群れの半分を連れて分かれていく、、

 今日は地区の養蜂協会総会であった。

 私を含めて数人が新人であった。

 養蜂家の半数以上が70歳以上、、、

 でも、最近、会社定年後に趣味で養蜂を始める人が多くなったという

 会員の多くは農家の副業あるいは趣味の養蜂であった。

 漁業権と同じで、養蜂にも蜂場権があって、勝手に蜜蜂を飼うことは出来ない。

 新規の参入者は地区の養蜂協会の会員になって、既存の養蜂家に悪影響を及ばさなきよう、許可を得なければならないのである。

 また、蜜蜂は家畜であって、伝染病から守るため保険所からの検査を受け、行政の指導管理下におかれているのである。

 今日は、市の農林振興課の方や他の養蜂家の方たちともお知り合いになれた。

 ナベショーの定年退職2年目、地元のお茶と養蜂家、市の行政の方との

 楽しいお付き合いが少しづつ出来はじめた。Img_1659syukusyou Img_1656syuku Img_1667syukusyou_3

 畑の玉ネギ、、、少し元気が良すぎるのではなかろうか?

 肥料が効きすぎると、緑の葉ばかり成長して、玉が大きくならないという、、、、

 さて、どうなるでしょう???

 ネギと人参、ブロッコリーの脇芽、、を収穫

 畑で採れる野菜の範囲内で料理を作るから、野菜はほとんど買わなくて済む。

 魚は焼津で最も安くて新鮮なのを丸ごと買って料理して、頭も骨も徹底的に利用する、、

 お茶も蜂蜜も自給自足

 肉と卵だけは、今のところスーパーで買わねばならない、、、

 そのうち鶏を飼わねばならないかな~?

 まあ、生活費が浮く分で青春18キップの旅行を楽しめば、年金生活もリッチに楽しんで過ごせるもの、、、

 団塊世代の皆さま、、、田舎の生活はいかが?Img_1669

  猫や犬がいると、なお楽しいよ

  「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

寒くなったが、春いっぱい!

Img_6659syukusyou_2

スイセンの仲間かな?

 細長い緑の葉と茎はスイセンのようである

 真っ白な花弁の緑の紋、、、どの花も恥ずかしげに下を向いている

 何時も早春になると、庭の隅にいつの間にか顔を出し、可愛い花を咲かせる

 今朝の最低気温は0度、急に寒くはなったが、春になったことは間違いなし

 外はいろんな春を発見できる。Img_6562syukusyou Img_6579syuksuysou

花梨はピンクの蕾が正に開く寸前、モミジの若葉も秋の紅葉に劣らず美しいImg_6587syukusyou Img_6593syukusyou        

 金木犀の若葉、、、夕日に透けて美しい

 ヤマモモも真っ赤な実とは似つかない小さな花が枝の先端についているImg_6604syukusyou Img_6614syukusyou         

 畑に残された大根、ブロッコリー、、、それぞれアブラナ科の植物特有のよく似た花

これらの花と蕾、、、摘んできて和え物にすると美味しいImg_1655syukusyou

 先日料理した特大のコノシロ、10匹、、

 三枚におろすと、たくさんの骨のついたアラがでる 

 味醂、醤油に漬けて冷蔵庫に保存していた。

 妻が夕食料理にコロッケをたくさん揚げたので、その後にコノシロのアラを小麦粉つけて揚げた、、、、ボーンフライである

 義母は夕食が待てない

 「よそさんではこんなもの捨てるのに、面倒なことをする」と、妻はすこぶる不機嫌!

 こんな美味しいもの無いのにな~

 冷蔵庫に入れておいて、妻がいない時、少しづつボチボチ食べるか、、、Img_1644syukusyou

 モンタはほんとに可愛いね 

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

梅が島から八紘嶺登山

Img_6484syukuysou

山梨県 八紘嶺 からの赤石岳

 八紘嶺は静岡の安倍川上流梅が島温泉の登山口から登る標高1918mの山、山梨県との県境にある。

 近所に住むトヨタカローラ営業所長のSさんは火曜日が休日

 彼とは10数年前から一緒に登山を始めて、時々一緒に静岡の山々、南アルプスを登っているImg_6534

 朝6時にナベショーのRAV4で出発 梅が島線を安倍川に沿って走り、7時半に梅が島温泉に着く

 梅が島から安倍峠を越えて山梨に抜ける道路は通行禁止となっている

 温泉のすぐ上の取っ掛かりから急勾配の登山道を登る

 この山の稜線にそって、富士山や静岡方面、南アルプスへの展望が素晴らしい。Img_6410syukusyou

 気温は低く、登山道の両側は長い霜柱がザクザク、ニョキニョキである

 稜線にたどり着くと、尾根道は雪で覆われている。

 然し、アイゼンを装着するほどでもない。

 しばらく、素晴らしい展望をお楽しみください。                                                         

Img_6430syukusyou_1Img_6442syukusyou_1 Img_6448syukusyou Img_6443syukuysou_1                                                        

 冨士山がこのように見えるのは、冬しかなく、春になると霞みがかかってすっきりと見えない

 夏はもっと見えない。

 安倍川に沿って静岡市内方面の山並みのコントラストが美しい。

 写真に写っている安倍川に沿った身延山系の山々は標高1000~1800m、、

 人気が会って、東京、横浜方面からも多くの登山者が訪れる

 山の稜線に沿った尾根道は熊笹とぶなの木、6月頃はヤマツツジ、シロヤシロツツジ、紅ドウタンの満開で楽しむことが出来る

 Img_6455syukusyou 長~い尾根道をアップダウンするうちに、積雪も多くなり、道を外すと4~50センチの深さはあろうか、、 Img_6488syukusyou Img_6479syukusyou_3                                                    

 やっと頂上に着く  11時

 標高1917m 

 ガスボンベで湯を沸かし、カップラーメンを作る。  

 このボンベとコンロ、鍋一式は便利である

 ちょっとしたハイキング、ドライブにも持って行き、お汁粉を作ったり、美味しいお茶を淹れたり、山菜の天婦羅を作ったり、、、 

 木々の間から三角形にそびえる冨士山に次いで高い北岳の頂上が見える

 北岳をモデルにした小説、高村 薫の「マークスの山」を読んで以来、高村 薫 のファンとなる

 「リヴィエラを撃て」 「わが手に拳銃を」 「黄金を抱いて翔べ」 「レデイ・ジョーカー」 「照柿」

 などの作品、、、

 右の頂上が二つに分かれた山は2629mの笊が岳 麓から頂上まで急な直登、水場はなし、小屋も無し、テント泊、最も険しく危険で過酷な山として知られている

Img_6486syukuysou_2 Img_6475syukusyou

  

 12時過ぎに下山、、、16時過ぎの自宅に着いた。

 夕食は昨日のコノシロの酢絞めImg_1651syukusyou Img_1652syukusyou料理Img_1647syukusyou_1 とチカの空揚げ

  コノシロは大きくて脂がのってるので、今晩は酢で絞めて山葵醤油で食べる

 また、モズクと大根、春菊とコノシロの酢物にする

 コノシロ、、こんなに美味しい魚なのに、どうしてこんなに安いのだろう(1kgr 300円)

 昨日買ったワカサギに似たチカ お酒とニンニク、塩、少量の砂糖に漬けて、小麦粉と片栗粉の混ぜたのをまぶして空揚げにした。                      

 Img_6345syukusyou チカと意識して買って料理したのは始めてだが、ワカサギよりも美味しいような気がした。   チカ、、、これだけで500gr 420円    

  たくさんの空揚げが出来たので長男の家におすそ分けした。                      

  今日の山登りも良かったし、夕食の料理も美味しかったし、、、

  モンタは部屋の中の暖かいところへ移動する

  たとえば、お風呂の蓋の上とかエアコンの温風が来るソファーの上とか、、、

Img_6320    「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング                                                 

   

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

ヨメナの和え物

Img_6328syukusyou

 ムラサキスモモ が三分咲き

 スモモといっても真っ赤な小さなルビーのような実がなるが、たくさん生らないので小鳥がいつの間にか持って行く。Img_6333syukusyou Img_6387syukusyou

 今朝の外気温 6度 空は晴れ上がっていたが、冷たい風が吹き荒れた。

 ムラサキスモモは花が終わると木全体が濃いムラサキの葉で覆われる

 庭を歩くときは細心の注意!!Img_6356syukusyou Img_6359syukusyou

 右側は地面から顔出した芍薬、、、左はボタンの蕾

 昨年、花が終わってから、根元の周囲にお礼肥料をたっぷり施したためか、今年のボタンはたくさん蕾をつけている。Img_6369syukusyou Img_6372syukusyou

 Img_6370syukusyou 左はサクサタデ、、、野草のタデの中では花が最も大きくてピンク色、、、これがタデかと疑うくらい美しい

 たくさん増えて、昨夏は2m四方がサクラタデで占領された。

 右はコバノタツナミソウ(小葉の立波草)、、、ピンク色と青ムラサキの2種類が咲く

 これが野の花かと思うくらい美しい

 右は秋明菊、、、これは白い花が咲く     昔の一株がどんどん周辺に増えていくImg_6368syukusyou Img_6376syukusyou    

左の何だろう?

 何時から、この庭で咲き始めたのだろう?

 右はオオジシバリ(大地縛り)

 これも野草だが根がどんどん地表を這って増えていく。

 ナベショーの庭の一員として、立派に自分の場所を確保している。Img_6383

カワラナデシコ、、庭に咲くのだが、たくさんある家から小さな芽をもらってきた

 挿し芽をして 根が出たら、鉢に移し、それから庭に移す

 庭に野草、野の花をたくさん咲かせるのも楽しい

 また、ナベショーの雑木林里山風ガーデンには、野の花がよく似合う

 今日は田のあぜ道からヨメナ(ノコンギク ? )と蛍ブクロの新芽Img_6394syukusyou Img_6399syukusyou を摘んできた               

 茹でて胡麻和えに、、、

 ほのかな菊の香り

 こんなに美味しいのに、今は食べる人はほとんどいないのだろうな~

 今日は福一流通センターで新鮮でImg_6343syukusyou Img_6392syukusyou Img_6404syukusyou 大きなコノシロが安かったImg_6406syukusyou

 300円/Kg 2Kgも買ってしまった。

 三枚におろして塩を振って数日寝かして、酢で絞めて、お寿司や酢の物にする

 でも、あまりに大きく、脂ものってるので、 塩焼きに、、、

 小骨が多いが、こりゃ割り切り、、、骨がある箇所を知っておれば、食べるのにそれほど苦痛ではない

 実に美味しかった!!!Img_6309syukusyou            

 モンタは好きなところに、好きなときに、好きなものを味わう幸せな猫、

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

冬の寒さに戻ったが、、、

Img_6277syukusyou

 椿の花、、、、山茶花と同じく、写真に撮るには何とも難しい、、、、

 今まで、ピンクの侘び助椿が咲いたときも、真っ赤な侘び助も、

 たくさん写真を撮ったが、全部、駄目!

 大きい花の椿、、、これも開き過ぎてたり、花びらが痛んでいたり、、、、モデルになるのがほとんど無い

 雄しべにピントを合わせると、花びらがボケてしまう、、

 花びらにピント合わすと、雄しべがボケる、、、

 花びらも雄しべもピントが合うように、焦点深度を深くすると、バックの葉が写ってうるさくなる

 あれやこれや、、、、で、椿の写真は苦手なものの一つである

 比較的ましかな~ていう椿の花が一枚撮れたので、アップしてみます。

 急に寒さがぶり返して、2~3日前は霜が降りた。

 お茶園へ見に行ったら、まだ新芽が開いていなかったので、何とか助かった。

 3月下旬の霜だったら、危なかった、、、

 蜜蜂も寒い日中、巣から出て菜の花の蜜と花粉を集めているが、朝、巣の外を這っているのが10匹ほどいた。

 蜜蜂は死ぬ時は、巣の内部を汚さないように、みづから巣から出て外で死ぬ

 きっと、ここ数日の寒さで弱ったのか、昨秋からの越冬蜜蜂の寿命なのか、、、いづれかである。Img_6232syukusyou Img_6233syukusyou_1 Img_6272syukusyou

 大輪の西洋水仙が大きな美しい花を開き、庭の隅には可愛いムスカリが、いつの間にか咲いている

 寒さがぶり返しても、もう春は後戻りはしない。

 庭の花は震えながらも寒風の中で、咲いている。

 ムラサキスモモが咲き出したImg_6251syukusyou_1                      

 花は薄いピンク、

 寒ささえぶり返さなかったら、今日あたり満開になるのだが、寒さのせいで、3分咲きのまま、フリーズしてる

 花が終わると、濃いいムラサキ色の葉で覆われる

 夏には小さな赤い実をつけるが、たくさん生らないので、いつの間にか小鳥が持っていく

 今朝は昨夜の風と強い雨が残っていたが、午後には、すっきり晴れた

 でも、寒いね!Img_5840syukusyou

 モンタは外でも大あくびをする

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

ノカンゾウの酢味噌和え

Img_6263syukusyou

タイ釣草

 先日園芸店で買った花の一つ、タイ釣草を庭に植えておいたら、

 可愛い花を一個つけた

 花の名前は、釣竿にたくさんの釣れた鯛がぶら下がっている様を言うらしい。

 シーズンになると可愛い花がたくさんぶら下がるらしいが、

 まだ早春、最初のたった一個の花である。

 殺風景だったナベショーの雑木林里山風ガーデンもだんだん賑やかになってきた。Img_6210syukusyou

 ユキヤナギが満開

 フェンス越しに道路の上に垂れ下がっている

 毎年、古い枝を根元から切って新しい枝に更新しているが、どんどん大きな株になっていく

 根元近くには、種からの小さな苗が幾本も生える

 以前、それらを引いて、ポットに入れて、

 「ユキヤナギの苗 お好きな方はどうぞお持ち帰りください!」という張り紙

 直ぐに無くなったImg_6238syukusyou_1

 いくつかある木瓜

 薄赤い色のが丁度満開、、、これも毎年古い枝を根元から切って更新していかないと、ブッシュになってしまう

 長くて鋭い針があるだけに、やっかいである

 木瓜の向こうには黄色い土佐ミヅキが満開

 地面には白い日本水仙がどんどん増えてたくさんの花をつけたImg_6241syukusyou

 花が終わった後、根元にお礼肥料を少し施す

 そうしないと、年々葉は増えていくが、花が少なくなる

 中心の太い幹は梅の木,加賀白梅である

 毎年、たくさんの実をつけ、数十キロを収穫する。

 実は大きく、梅酒、梅干、梅ジュースなどに活躍している

 今年は暖冬のため、静岡は桜が17日に開花の予定らしい、、

 そんなに早いのか、、、と、、、しまった!Img_6293syukusyou_1 Img_6290syukusyou_1

 ノカンゾウの新芽を野に 採りに行くのを忘れている                    

 やはり道端のノカンゾウは大きくなりすぎていた

 それでも、少し根元から採ってきた。

 ノカンゾウは夏から秋にかけて百合のような花を次々と咲かせる

 日光キスゲや園芸種のヘメロカリスは同じ種類の花である。

 野草であるノカンゾウやヤブカンゾウの春の新芽は茹でて酢味噌和えにすると美味しいImg_6297syukusyou_1 Img_6302syukusyou

 母は戦争中に疎開した丹波の田舎で、野草のノカンゾウをずいぶん食べたという。

 酢味噌和えなら、同じく旬の蛍烏賊!

 スーパーへ行ったが、蛍烏賊が無い!

 このところ低気圧の通過で海が荒れて、漁ができなくて、入荷しないという、、、

 しょうがないので、同じく旬の駿河湾の新茹でシラス!

 ノカンゾウの酢味噌和え、、、根元のほうの柔らかい部分だけを使った

 少し堅いが、癖が無くて美味しく、茹でシラスと一緒に食べた

 右側は、谷川に生えているクレソンの刻んだのと茹でシラス、、、お醤油を少しかけていただく

 ピリットしたクレソンの風味とよく合う

 山葵の茎や葉と茹シラスも合うと思うImg_5841syukusyou_2

もうワラビも出てるかもしれないな~   

 久しぶりのモンタ君

 やはり、モンタが登場しないとね~

 モンタのいないナベショーのブログなんて、、、、

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

青春18キップの旅 川越の町

Img_6188syukusyou

川越 蔵の町並み

上福岡から川越へ

かって11年間も川越の近くに住んでいて、川越の街をあまり知らない

 小江戸と言われる川越で有名なのは喜多院と蔵の町並み

 観光案内所で小江戸めぐりコースの地図をもらい、まずは喜多院へ

 途中、川越のデパート「丸広百貨店」、ここには家族で良く買い物に来た。Img_6167syukusyou

 喜多院は家康の信任を得ていた天界僧正が第27代住職となり、幕府に厚い保護を受けた。

 喜多院が火災にあって焼けてしまったとき、江戸城にあった建物をこの喜多院に移設したという。

江戸城にあった三代将軍徳川家光の生まれた部屋、 乳母の春日野局の化粧部の間、書院、客殿などが移築された。

 

  将軍が使った雪隠(御トイレ)や湯殿、大奥で使われた葵のご紋の家具、長持ち、家光の使った食器なども見ることが出来る

 残念ながら内部の写真撮影が禁止されてるので、言葉だけ、、、、

 廊下から眺めることの出来る美しい日本庭園、、、Img_6169syukusyou Img_6170syukusyou Img_6172syukusyou

 丁度、梅の花が終わったところ、もう直ぐ桜、、、

 新緑の頃になると、さらに美しさが増し加わるだろう!

 喜多院で有名なのは境内にある五百羅漢

 538体のユーモラスな顔、姿勢、

 思わず噴出してしまう像である

Img_6176syukusyou Img_6177syukusyou_1

Img_6174syukusyou_1 Img_6175syukusyou

Img_6173syukusyou

 喜多院を後にして、是非見ていかねばならないのが、

蔵の町並み

 黒塗りの昔の蔵造りの建物が通りに面して立ち並ぶ

 残念ながら、道路の車の通行量が多く、観光客はひやひやしながら、歩道を歩き、道路を横切らねばならない、、、

 週末などは、混雑してたいへんらしい

 しかし、何よりも困ったのは、せっかくの美しい蔵の写真を撮ろうとしても、車が邪魔して写真にならないImg_6183syukusyou

Img_6181syukusyou_1

 観光資源として川越市が注目して、電柱だけは5~6年前に除去したそうである。

 車はバイパスを通し、歩行者天国にして、道路は石畳、もともっと観光客が来ると思うが、残念なことである。

 いまさら、いろいろ困難な問題が多いのであろう。

 昨年、訪れた滋賀県の長浜市ほどがめつくやれとは言わぬが、長浜は週末など、人、人、人で混雑し肩が触れ合うほどの観光客で溢れている。

 それに比べて、はるかに素晴らしい(長浜にはゴメンナサイ)これだけの観光資源、この蔵の街並、、、残念である。

 やはり、地方の町、長浜が観光客を呼ぶために、必死で頑張ってるということか、、、、

 川越が東京に近い豊かな市なのであろう。

 2万歩以上歩いた

 今日の宿泊、国民健康保険保養センターむさしの、、、タクシーで、、、

 「あのう、、、え~と 大きな池の側の~、保養センター 何と言ったけ~」

 「了解 OK  むさしの ね」

 運転手さん、、、よくわかってられる

 川越市の郊外、田園地帯の大きな沼 伊佐沼のほとり

 保谷の囲碁大会の会場、団体で結構お客は一杯だった。

 夕食はImg_6192syukusyou  春の旬の料理

 一つ一つが繊細で美しくなかなかセンスが良い

 薄味であるが お味が素晴らしい

 ナベショーもこの一年、少しは舌が鋭敏になり、微妙な美味しさがわかるようになってきたと思うが、、、

 この料理は美味しいし、美しい、、

 調理場に顔を覗き、若い板前さんに「チョット教えて欲しいのだけれど、、」と声をかけた。

 彼は緊張した顔でテーブルにやってきた。

 料理の味付けやタレ、食材について質問をして、ほんとに美味しいお料理でした、、、と!

 後で、支配人がやってきたので、「

 「なかなか良い腕の料理人さんですね!

 こんな美味しい、素敵な和食、久しぶりですよ!

 こう言っちゃ悪いけど、保養所でこれほどの美味しい料理が食べられるとは思いませんでした。

 難を言えば、魚の焼き物か、山菜の天婦羅など、ちょっとボリュームのある料理が一品あれば、お腹になるかも、、、我々はこれで十分満足ですが、若い人にはチョット少ないかな、、、、」

 「料理の本も出してられる厳しい料理人の下で修行したそうです。

 若いけれど、いいセンスをしています

 お客様からそんなに言ってくださると喜ぶでしょう」

 翌朝のチェックアウト 支配人「お客様の言葉を伝えたら、本人がとても喜んでおりました、、、」と!

 西部新宿線で所沢下車、池袋線で狭山ヶ丘、、30年ぶり、妻と私の古い友人達10数人が集まってくれた。

 同窓会のように親しく交わり、持ち寄りの料理でもてなしてくれた。

 当時、みんな30歳台だったのに60歳前後の年齢、、でもすぐに昔の顔に戻った。

 東京 15:33→熱海17:06 17:09→静岡18:36→ 西焼津 18:54

 2泊3日の春の青春18キップの旅 無事家に帰りついた。

 アメリカ ロスの次女から電話

 ブログ二日も更新されてなかったので、また木から落ちて腰の骨を折って寝込んだんじゃないか~って

 心配してたんだよ~ って!

 留守中、ブログ更新してないうちに、ブログ人気ランキングの順位がだいぶ下がってしまいました。

 今回も花、ガーデニングのこと、何にも書いておりませんが、

 また明日から美しい花をアップし、毎日更新しますので、よろしくクリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

青春18キップの旅、、、上福岡と大井町へ

Img_6085syukusyou

鬼怒川Img_6084syukusyou_1 Img_6088syukusyou_1

 ホテルの朝、、部屋のベランダからの景色 、、、、、おお!

 眼下、はるか下  鬼怒川の美しい流れ

 昨夜は暗くて、どんなところに宿泊したのか、わからなかった。

 こんなすばらしい眺めのお部屋だったのか!!!

 所謂、これはリゾートホテルと言われるホテルである。

 この建物に隣接して相当大きなマンション、、リゾートマンションなんだね~

 東急不動産の株主優待券がたまたま手に入ったので、4725円、安く泊まれたが、

 ツイン部屋の広さ、豪華さ、、きっと高いのだろうな~

 ホテル内には温泉、サウナ、プール、、など完備

 予約する時、夕食の有無を聞いたら、12000円のフランス料理、朝は1800円のバイキング、、、う~ん!

 年金生活者の青春18キップの旅にはチョット、、、チョット、、、

 ホテル外には、食べるところ、ファミリーレストランだけです、、、とのこと、、、ファミレスじゃ~ね~!

 それで昨日の夕食は日光での1900円の寿司ゆば定食となったのである。

 したがって、今朝は早くホテルを出立し、今市で東武からJRに乗り換えて宇都宮へ出た。Img_6101syukusyou Img_1619syukusyou Img_1620syukjusyou

 朝食は宇都宮駅前の餃子屋、宇都宮餃子館で「薬膳朝食」と「焼き餃子」一皿

 赤いクコの実や松の実の入った中国粥の美味しいこと、餃子は小さめでパリッとした美味しさ

 寒い朝だけに、十分暖まり、美味しい朝食だった!

 宇都宮から大宮、川越線で本川越へImg_6116syukusyou_2    

 荒川の美しい流れと河川敷

 川の近くに広がる広々とした田園!

 東京の近郊にもこんなところがあるんだな~

Img_6112syukusyou_1   ナベショーはこのような川の堤防の整備された歩行者道をウオーキングするのが好きである。

 松戸に単身赴任してるときは、江戸川堤防を松戸から関宿の利根川との合流点、さらに東武伊勢崎線の動物公園前まで50Km、

 取手から利根川を銚子へ

 大阪のときは塚本から枚方、樟葉、宇治へのウオーキング、、

 河川の景色、様々な橋、、楽しい!

 川越から東武東上線で上福岡へ、Img_6121syukusyou

 すっかり変わった駅前を検討つけて歩き、やがて川越街道を横切ってさらに歩く

 社会人としての会社勤務を始た大井町の会社の研究所、社宅跡を見に行った。

 入社して11年、結婚して5年、そこに住んだ

 会社は25年前に、そこから撤退して、その土地は大手不動産会社に売られた。Img_1622syukusyou Img_6138syukusyou

 すっかり変わっていて、浦島太郎、、、

 社宅は無くなってマンションになり、研究所の建物も無くなり、空き地となっていた。

 隣接した自然の森の中に建っていたT石油会社の広大な研究所と林はイトウヨウカドウ に変わっていた。Img_6133syukusyou  Img_6141syukusyou_1   

多くの畑や緑の森は無くなり、住宅がところ狭しと立ち並ぶ、、

知らない整備された道路があり、皆目わからない。

 変わらずっ昔のまま残っているのは、当時開業した医院だけである

 30年前に出来た商店街、、シャッターが下りたお店が多い。

その中の覚えのある小料理屋へ入り、昼食を食べた。

 美しい女将さん、、23歳の時にここへ来て、ご主人とお店を開いた。

 当時、この商店街は脱サラでここに来てお店やった人達が多い、

 もうその人達も70歳近くなり、廃業した店がほとんどらしい。

 「私達は何とか細々やっていますが、、、

 今も、当時の会社にいた方達、、、時々懐かしがってこられますよ 、、」

 上福岡の大宮側の商店街へ行った。Img_6153syukusyou_2 Img_6151syukusyou

 すっかり商店街は寂れていたが、当時に良く行った喫茶店、、

 ああ、同じところに建物はビルになっていたが、「エーデル」という喫茶店、、あった!

 ここの「ウインナーコーヒー」 美味しくてよく飲んだ、、、

 もう70歳になられるご主人は「当時のウインナーコーヒーより、さらに良い豆を使ってるので、今のほうが美味しいですよ」

 棚に並ぶコーヒーカップ、、好きなのを選び、コーヒーを入れてくれる。

 もう、訪れることもあるまいと思うが、S44年からS54年までの11年住んだ懐かしいところである。

 今回も花、ガーデニングのこと、何にも書いておりませんが、

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

青春18キップの旅 初めて日光へ

Img_6041syukusyou

日光東照宮 陽明門

 宇都宮餃子を食べて、日光線に、、、

 JR日光線、、途中の沿線には大きな見事な杉並木の街道が見えるImg_5987syukusyou

 また、遠景には男体山とその隣の大真名子山、女峰山などの2300~2400m級の雪に覆われた峰々の遠景を楽しませてくれる

 妻は読書に夢中か、居眠り(酔い止め薬のせい、、、、)

 チョット、チョット、、良い景色だよ! 、、と声をかけるが

 あわてて目を上げたときは、すでに景色は変わってる、、

 幾度かそれを繰り返す、、、、

 「もう~、、本ばかり読んでないで景色も楽しまなくっちゃ~! 」

 「言われたとおり見たじゃありませんか!」 

 「旅というのはだな~

 目的地へ行く途中での発見、出会いを楽しむことが大切なんだ!

 目的地へ着くだけなら、現役時代の出張と同じ、、、」

 「あなたの価値観を押し付けないでよ」

 「それじゃ~、人生を旅に例えるならば、人生の目的は死、棺おけに入ることか?

 生まれてから死ぬまでの様々な過程、人生そのものじゃ~ないか!

 それを大切にして楽しまずして、終着駅の死が目標か?」

 「今度から、あんた一人で行って頂戴、、、せっかく付き合ってあげてるのに、、、」

 「ああ、わかった、わかった! 一人のほうが余程 気楽でいいや! 」

 JR日光駅に着き、東照宮の見学の途中まで、険悪ムードは続く、、、、、、

 「エッ! 東照宮の拝観料、1400円! へ~ ずいぶん高いな、、、」

 「私はここに居ますので、どうぞ、お一人で見てきてくださいな!」

 「せっかく来て、そういうわけにもいかんだろう、、」

左 甚五郎作の三猿や眠り猫の彫刻、、、うっかりすると見過ごすほどであった。 Img_6003syukusyou Img_6007syukusyou

 

 眠り猫はうちのモンタみたいな猫だね!

 陽明門をはじめとする社寺は、色彩豊かで豪華絢爛、、、

 「日光見ずして結構言うなかれ」 というが、

  あまりの豪華絢爛さに、もう結構、満腹です、とへきへき、、、と言うのが本音かな、、

 室町時代の北山、東山文化、わび、さび文化や千 利休の茶の湯の文化に代表される日本人の伝統的な美意識からは、おおよそかけ離れており、違和感でいっぱい、、

 徳川家康の生涯を知るだけに、、、、

 家康の遺言は「質素に、、、」であったが、、東照宮は家康の意志とはおおよそかけ離れている。Img_6023syukusyou_1

 家康から三代将軍家光にいたり、50年かかってやっと確立した幕藩体制を維持するため、家康の権威を誇示し、このような東照宮を造らざるを得なかった幕府の事情は理解できる。

 これらのニッカやサントリーのウイスキーの原酒の樽が鎮座してる

 巫女のおねえさんに、権現さんとウイスキー、どんな関係ですか?、、て尋ねた。

 「いや~別に~ ただ奉納されたのを飾ってるだけでして、、、、」

 日光駅ヘ歩いて帰る途中に見えた素敵な建物Img_6057syukusyou

 日光金谷ホテルという

 明治6年に開業の日本最古の洋式ホテル

 木材をふんだんに使った内装とアンテーク家具、きっと趣のある素敵なホテルだろうな~

 ガイドブックを見ると、二食付1万8500円~2万6000円とある。

 日光はゆば料理、、ゆば料理フルコース、、の精進料理は、ちょっと物足りないので、Img_6072syukusyou ゆば料理の寿司屋に入る

 ウイークデイーの夕方は観光客も歩いていないし、どのお店も閑散としている

 店に入ると、こわそうなお兄さん、きっと高校時代は番長で暴走族のリーダーという雰囲気、、、

 「やってる、、?」

 「やってまっせ~! どうぞ奥の間へ~」 鰻の寝床のような細長~いお店、、

 注文した料理、、兄ちゃん一人で作ってる 

 かなり待ってやっとでてきた、、、Img_6069syukusyou Img_6070syukusyou_3  地酒の純米大吟醸をコップ一杯頼んだら、一升瓶ごと持ってきた

 残り少ないけど、全部飲んでください

 二杯はあるでしょう、、って!

 (コップ三杯あった

 ゆばと舞茸の天婦羅、ゆばの煮物、ゆばの空揚げ、散し寿司、ゆばと舞茸とミツバのお吸い物、、、美味しかった!

 日光名物 紫蘇巻き唐辛子を買ったり、みやげ物やのウインドーを楽しんで、東武日光駅に着いた。 Img_6065syukusyou_1 Img_6062syukusyou

 日光は、千葉県松戸市に4年間単身赴任してた時、紅葉のころ妻が来たので一緒に行こうと、、、

 でも東武北千住で特急の指定席を買おうとしたら、午後まで全部満席、、、

 がっかりしてギブアップしたことがあった、やっと実現した

 次回は奥日光や中禅寺湖のほうにも足を延ばしたい

 もう真っ暗、東武鬼怒川線 小佐越駅下車、今夜の宿泊、「ホテルハーヴェスト鬼怒川」に着いた。

 真っ暗な中、いったい周辺はどんな景色なんだろう?

 周囲はコンビニとファミリーレストランが一軒あるのみ、、、、

 今回も花、ガーデニングのこと、何にも書いておりませんが、

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (3) | トラックバック (0)

青春18キップの旅 宇都宮餃子を食べに、、、

Img_5973syukusyou

宇都宮駅前 餃子の店

ご当地 静岡名物といえば、静岡おでん、富士宮焼き蕎麦に浜松餃子!

と言いながら、けしからんことに、富士宮焼き蕎麦も浜松餃子もまだ食べていない。

今度浜松へ餃子を食べに行こうと、、、、チョット待て!

餃子と言えば、全国的に有名な宇都宮餃子ではないか!

宇都宮餃子を食べなくして、どうしてご当地浜松餃子を客観的に評価できようか?

と言うことで、青春18キップの旅は宇都宮へ餃子を食べに行き、

ついでに日光東照宮見物、翌日は若い頃11年間すんでいた埼玉、川越、上福岡付近、

30年前に親しくした友人達がいる所沢を訪問するという旅程で出発した。

3月6日(火)

西焼津6:37→熱海8:45→東京10:39  上野11:05→宇都宮12:47

Img_5961syukusyou 朝食のおにぎりを食べようにも、通勤時間、、 清水駅を過ぎても混んでいる

 とうとう、待ちきれずに結構混んでる車中でお弁当を広げて食べる

 熱海、東京を経て上野から東北線、

 大宮を過ぎて、両側ぎっしり、住宅地に中を延々と走っていたが、やがて沿線の住宅が少なくなる

 東武伊勢崎線、東北線の沿線は相当な遠方まで、東京への通勤圏になっているようだ。

関東平野特有の関東ローム層の平坦な畑と森、林が見られるようになると、田舎暮らしのナベショーの気持ちがほっとしてくる、、、Img_5970syukusyou

 栃木県の県庁所在地、宇都宮駅に12時47分に着く 

 なるほど、、、、

 駅の構内、到る所、売店には宇都宮餃子のノボリがはためき、駅ビルから窓の外を眺めると、高いビルの屋上、○○餃子と画いた広告が目に付く

 こりゃ~凄いや!

 とにかく、日光線への乗り継ぎ待ち時間まで、それほど余裕は無い

 とにかく駅を出て餃子を食べなきゃ~

 駅の正面左側に、餃子店ばかりが入った冒頭の餃子のお店、どの店が、、、という予備知識も無いままに、エイやと宇味屋という二階にあるお店に飛び込んだ。Img_5979syukusyou Img_5980syukusyou

 焼き餃子と水餃子を一皿ずつ注文

 出てきた餃子は一個一個がかなり大きい

 特製の醤油タレを漬けて食べる

 餃子の中に玉ネギとキャベツが入っているのが特徴であるという

 お店の中にImg_5976syukusyou_4 「宇味屋の餃子の旨さの秘伝」というでっかい説明書き!

 なかなかの拘りの餃子、、美味しい!

 大きい餃子はかりっとした香ばしさに欠けて美味しさがもう一つ、、、というのがナベショーの持論であるが、中の具の美味しさで十分カバーしている

 そして、大きいわりには一皿が安い

 工場での機械化された大量生産とチェイン店戦略により、単価を下げる企業努力が十分感じられた

 しかし、宇都宮のたくさんの餃子屋さん、

 一軒、一軒がそれぞれこだわりの餃子を競い合ってるとすれば、、、

 食べ歩きたいところだが、遠方から来た客にとって、残念ながらそういうわけには行かない

 今後の浜松餃子との比較も楽しいな!

 宇都宮を後にして、日光線に乗り、日光へ出発した。

 宇都宮 13:47→ 日光 14:14 着

 やっと、旅行から帰ってまいりました。

 今回は花、ガーデニングのこと、何にも書いておりませんが、

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

ダイエット 一日の食事の総カロリーは?

Img_5913syukusyou_1

ミツバアケビ

 アケビにも白い花を咲かせる普通のアケビと紫色の美しい花のミツバアケビとがある。

 ミツバアケビは花が咲く時期が早い

 若葉の黄緑色と花の紫が良く調和している。

 雌しべの花と雄しべの花が一つのところから出て、咲いているのだろうね。

 隣家との境界のフェンスに絡まっているミツバアケビ、、、いつの間にか生えて蔓が伸びて、たくさんの美しい花が咲く

 もちろん、少しではあるが実が生る。

 フェンスの隣家側に実が生ったら隣家、ナベショー側に生ったらナベショーが収穫する

 今朝、何時も食べる典型的な朝食のカロリー計算をした Img_1597syukkusyou_1 Img_1602syukusyou_1                     

 ご飯は茶碗いっぱい     170Gr/54=3.1 単位

 味噌汁 豆腐          170Gr/138=1.2

      油揚げ          20Gr/21 =1.0

      八丁味噌         10Gr/37 = 0.3

      羅臼昆布         Ng

 雄のシシャモ  3匹       70Gr/30 =2.3

 白菜の塩揉みと鰹節       Ng

 デザートのヨーグルト       120Gr/105=1.1

 合計                          9.1単位

 総カロリー             9.1x80= 728 Kcal

 これは意外、意外、、!!!

 一日1400~1500Kcal の目標なのに、朝食だけで半分取ってしまうとは、????

 ご飯を軽く一杯に、シシャモを2匹に、油揚げを半分に、、デザートを半分にすれば、

 480 Kcal に、、、、、なる。 

 こんなものか、、、! 

 今まで朝食 取りすぎてたな~

 お昼は夕べのコロッケ一個とご飯をお皿に、、その上に白菜のクリームシチュウをかけた。

 これも美味しいよ、、、、、、400Kcal くらい

 夕食はImg_5951syukusyou_1 Img_5953syukusyou 豚汁、サワラの味醂漬け焼き、干し大根の煮Img_5950syukusyou

  干し大根は畑の聖護院大根がたくさん出来たので、

  細く切って、一週間ほど日に干して作った。

  とっても美味しいので、来年はたくさん作ろう。

  このカロリーも計算してないが、約400Kcalくらいだろう。

  したがって、今日は朝が最も豪華と言うことになるが、あわせて

おおよそ、約1500Kcal、、、ほぼ目標値である

 午後から激しい雨、蜜蜂は僅かな午前中の晴れ間に菜の花から蜜と花粉を集めるImg_5928syukusyou   

 この蜜蜂は花蜜ではなく、幼虫を育てるための花粉を集めて、足の花粉袋に花粉を溜めて巣へ運ぶ

 花粉は幼虫にとってたんぱく質に相当する大切な食物なのである。

 雨が降り始めた

 外に置いてあったクンシラン、、先日から幾度かブロブにアップした花である

 ついに満開、、雨にしっとり濡れて美しいImg_5943syukusyou                            

 雨が降る前に、良く伸びた土筆を採ってきて、ハカマを取ってたら、モンタが側でお手伝い!Img_1611syukusyou_1 Img_1613syukusyou Img_1614syukusyou

「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (16)

2007年3月 4日 (日)

今日はコロッケ、ダイエットにいいよ!

Img_5898syukusyou

土佐ミヅキ

 マンサクが咲くと、次は土佐ミズキ、、、マンサクより花が大きいので目立つ

 最近は公園や新しい住宅の庭に植えられることが多いらしく、いたるところで見かけるようになった

 ナベショーの雑木林風里山庭園、、、、

 マンサクの横にある土佐ミズキが黄色い花を開花させたImg_5869syukusyou_1 Img_5883syukusyou

 夕日の逆光で撮ると、また違った感じの写真になる。

 白いモクレンも咲き、

 次第に庭も賑やかになってきた

 もう三月、暖冬、暖冬といっていたが、正真正銘の春なのである

 しばしば訪問するこつ様のブログ「おばさんのひとりごと」http://kinue-m.cocolog-nifty.com/17/2007/03/post_10bf.html を見たら、美味しそうなコロッケが載っていた。

 何を隠そう、、、ナベショーは大のコロッケ党なのである。

 学生時代は育英会の特別奨学金(月8000円)とアルバイト(約10000円)で自活してたから、わりと、否、相当な貧乏な暮らしだった。

 まだ、料理も十分上手に出来なかったからね。

 週二回、夕方に豊中から阪急電車に乗って大阪曽根崎まで家庭教師のアルバイトに通っていた。

 駅前の商店街のお肉屋さんで、コロッケを5個買って、電車の中で食べた。

 コロッケ3個にメンチカツ(ミンチカツではない)2個という時もあった。

 寒い真冬はコロッケではなく回転焼き(今川焼きともいう)5個買ってコートのポケットに入れて、

 手を温めながら一つづつ食べることもあった。

 それが夕食であった。

 好きなものでも、食べ過ぎて嫌いになる人が多いが、今でも、ほんとにコロッケも回転焼きも好きである。

 妻と買い物に行き、コロッケ売り場で一個だけ買って、歩きながら食べる、、、、美味しい!

 妻ははしたないと嫌な顔をする、、、

 今日から明日にかけて、妻は義母を連れて義母の家に泊まりに行って留守である。

 冷蔵庫を見れば、豚のひき肉(ミンチという)が半分残ってる、、、牛ではないがいいだろう、、

 カロリーが高そう、、、ダイエットには良くないなあ~Img_1591syukusyou

 ジャガイモ一個 180gr 電子レンジてふかして皮を取る

 人参少々と玉ネギ半分みじん切り(これはカロリー計算に入れず)

 豚のミンチ80grと玉ネギを良く炒めて塩胡椒で味付け、、

 ジャガイモと一緒にして、潰して良く混ぜる

 小判形に丸めて、小麦粉まぶして、溶き卵をつけ、最後にパン粉をつけるImg_1592syukusyou Img_1593syukusyou

 油で小麦色に揚げて コロッケ5個出来上がり

 これ全部一人 で食べるとカロリー多すぎるよ!

 ジャガイモ 180g/90=2.0単位

 豚ミンチ   80gr/30=2.7単位

 パン粉と卵、油もついてるから 多く積もって 6単位

 3個食べることにしたから Img_5905syukusyou_2 6x3/5=3.6単位

 コロッケ 3.6単位

 ご飯一膳 180gr/55=3.27単位    したがって

 コロッケ料理の夕飯は

 3.6+3.27=6.87 単位 x 80=550Kcal

 朝は普通のご飯軽く一膳と味噌汁、納豆、イワシのめざし、

 お昼は野菜と鶏のクリームシチュー    それぞれ400Kcal くらいだから

 今日の食事の総カロリーは1350Kcalとなる。

 間食は無し、ビールや日本酒の晩酌も無し、、、、

 ならば、もう一個 コロッケ食べても1単位 80Kcal 増えるだけ、、、

 もう一つ食べてもいいかな、、、?

 まあ、今まで幾度と無くダイエットを試みたが、

 1400~1500kcalの範囲を目標とする料理のカロリー計算が最も実効がある。

 意識が、おのづと間食や飲みすぎ、食べ過ぎることへの抑制側に働く

 多少のウオーキングや運動で消費するカロリー、燃焼脂肪は微々たるもの、、、

 したがって、持久力体力維持のためのウオーキングや運動 プラス 料理のカロリー計算が、

 最もダイエットに効果的であるというのがナベショーの経験上の持論である。Img_1589

 モンタ、、、ピアノの上に寝そべっては駄目だよ~

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (8)

2007年3月 3日 (土)

養蜂の学び 最後のレクチャー

Img_5858syukusyou

ユキヤナギ

 白いユキヤナギ、、、こぼれる様な白い小さな花、垣根を越えて、いっぱいに垂れ下がる

 丁度 咲き始め、、、これからしばらく、散歩する人、道行く人、みんなが楽しんで通り過ぎていく

今日は養蜂の学び、、、最終回

 昨年、4月から丁度一年、年間を通しての、季節季節ごとの蜜蜂の世話のポイントについて学んだ。

 先生は、地元の養蜂家のA社長、、、親の代からの養蜂家 もう70歳になられる

 生徒はナベショー入れて3人

 3月になって越冬してた蜜蜂の活動が活発になり、一年が始まる。

 3人とも初めて蜜蜂を飼って、失敗しながらの一年

 もう直ぐ定年退職のTさんは、最初に飼い始めた蜜蜂の群れ、、

 ナメクジが来るので、園芸店で買ったナメクジ退治の薬を箱の回りに蒔いたら、

 翌日には蜜蜂の群れが女王蜂と共に、逃亡していなくなった。

 良かれと思ってやったことが、、、、、、

 がっくりして、空の箱を家の軒下に置いてたら、あるとき別の蜜蜂の群れが自然に箱に入った。

 そこで、再びその蜜蜂を飼い始めた。

 社会保険労務士のWさん、、、とっくに60歳を越えてるのに、

後任がいないため会社を辞めさせてくれなくて困っている

 住宅地の自宅の庭で蜜蜂飼い始めたが、あるとき出勤中に、群れが分蜂し、

庭中ワンワン飛び交うの蜂の群れ

 奥さんがビックリ、大慌て、、、騒いだために蜂に刺された、、、

 庭で飼うのを断念し、山の空き地に場所を借りてたら、そのエリヤの蜂場権を持つ養蜂家から追い出され、

さらに、別の安住の場所を探して引越ししたら、秋になってオオスズメバチの大群に襲われて全滅しかけた。

 災難続きで、少なくなった群れで何とか冬越ししたが、、、果たしてどうなったか?

 未だ、箱を開けて検査してない、、、

 ナベショーは最初の群れの世話中に、慣れてなくて女王蜂を傷つけて死なせてしまったらしい。

 新しい女王を導入し、順調に過ごしかけてたのに、蜜柑の消毒の影響?

 巣の門の前でたくさん蜂が死んだ。Img_1542_2

 さらに、病気、、、さらにナベショーのミスが続き、最後に他の蜜蜂による盗蜜に会い、全滅!

 最も大事な春に犯したミス、アクシデントが、その後にず~と尾を引き、取り返しのつかない結果を招いた辛い体験!

 その前に、もう一つの群れを購入してたが、それが順調に増えて冬越ししたのである。

 写真見てもらったら、、なかなか良い女王であると、、つやつやとした良い色のお腹をしてるとA 先生

 三人とも試行錯誤、失敗の連続、、、で二年目をスタートする

 A先生曰く、、、、

 いろんな失敗も含めて楽しまなくちゃ、、、

 別に蜜蜂で生活かかってるわけじゃないでしょう?

 養蜂において、一番の先生は貴方の飼っている蜜蜂自身である

 私が一年間に教えたことは、あくまで私の蜂に関してのこと、、

 よく観察して、貴方は貴方の蜂から学びなさい。

 今年も、定年退職して、趣味で蜜蜂を飼おうとする新たな生徒がおられるそうである。

 今までの生徒を含めて、これから同窓会をやりましょうと、、、

 そうそう、、ターシャ・チューダーさんも、あこ素敵な庭で蜜蜂飼ってたそうですね。

 今は世話が出来なくて止めたそうだけれど、、、Img_5859syukusyou Img_5860syukusyou

 今晩も妻のダイエットメニュー 

 金目鯛の粕漬けと春菊・モヤシの胡麻和え

 厚揚げ、玉ネギ、ブロッコリーの煮物

 これに、若布とキノコのお吸い物とご飯をかるくいっぱい

 さて 何カロリーでしょう? Img_5838syukusyou     

 モンタも少し太りすぎですね~

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (8)

2007年3月 2日 (金)

確定申告も終わり、気分がすっきり

Img_5789syukusyou

諸葛菜(ショカツサイ) ハナダイコンともいう

 元々の中国名と日本に渡ってきてのハナダイコン、、、いろんな名前で呼ばれている。

 菜の花の仲間なので、食用になるそうである。

 道端やいろんなところに 群れて咲いてる  

 菜の花が黄色と黄緑の組み合わせ、、

 諸葛菜は紫色と緑

 早春は黄色い花が多い中で、紫色の花は目立つ

 菜の花と諸葛菜を同じところに植えたら、交配して違った花が咲くだろうか?Img_5778syukusyou_1

 今日は午前中、確定申告に行った。

 よくわからず、家であれこれ苦労し、悩むより、行ったほうが簡単!

 会場の焼津総合運動場に着いたのは10時前、、、、かなり混んでいた

 税務署職員の方から記入のやり方を教わりながら、次々と記入欄を埋めていき、最後に、、、、

 やった~! 税金が少しだが 戻ってくる!!

 青春18キップの夫婦二人の旅行経費の足しになるぞ!

 やはり確定申告が終わらないと、なんとなく気になって落ち着かない、、

 お茶園に春の肥料もやったし、確定申告も終わったし、、、いままで、ず~と気になっていたが、

 これでさっぱり、、心置きなく来週は青春18キップの旅に出られる、、

 ルンルン気分で午後は野菜畑Img_5791syukusyou

 キャベツや大根の後にキャベツ、エンドウなどを植えようと思う。

 畑に苦土石灰、豚糞堆肥とを蒔き、二股鍬で土をおこし、足の底で踏みつけて、土を砕き、小石を拾った。

 2年前に初めて掘り返したときに比べると、かなり柔らかい土になった。

 耕す前と後でのPHを測定すると、いづれも6に近い5であったImg_5797 Img_5812syukusyou_1 Img_5806syukusyou Img_5811syukusyou_1

 玉ネギもラッキョも順調に成長しているし、

 ジャガイモはすでに植えた

 白菜は、周囲の葉が枯れてしまったが、中は大丈夫、

 3月の野菜は白菜と隣の畝の人参、春菊だけになった。

Img_5826syukusyou_1  玄関の周りが寂しい、、と妻が言うので、

 玄関脇のツルバラの植え込みに可愛い花を少し植えたら、

 妻は満足!

 昨日からTVに影響を受けて、ダイエットに     目覚めた妻、、、

 カロリー計算表を見ながら、急に張り切りだしたImg_5828syukusyou_2           

 白菜がたくさんあるので、白菜のクリームシチュー

 白菜たっぷり、玉ネギ、キノコ、ジャガイモに鶏肉、

 ブイヨンと塩胡椒で味を整え、低脂肪牛乳を、 

 最後に人参葉の刻んだのをぱらぱらとのせて出来上がり!

 見かけはゴチャゴチャして美味しそうに見えぬが、実は美味しい!

 このシチューに柚子ポン酢にかかった白菜サラダ、、、、酸っぱい!Img_1579syukusyou

 モンタも寝て、食べてばかりだと太るよ!

「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (8)

2007年3月 1日 (木)

ダイエットのためのケチ料理

Img_5752syukusyou

クンシラン、、、先日蕾の一個が開花したが、今日は他の蕾もかなり開花した

花期が長く、多数の蕾の開花にしたがって、様々な美しさを楽しませてくれる

妻は外出、、、そうそうナベショーが昼食を作ることになっていた。Img_5689syukusyou_5 Img_5734syukusyou              

 一昨日に料理した飛魚3匹のアラを焼いてほぐした身

 牛蒡のささがきをたくさん入れて、キノコ、人参を加えて、炊き込みご飯

 3合のお米で炊いたので、夕食にも十分ある。

飛魚の素焼きは、よいお出汁が出るので、とっても美味しいご飯が出来た。Img_1569_1

 また、牛蒡がたくさん入ると、特に美味しくなる。

 冷蔵庫に一昨日料理したニシンの骨を醤油と味醂に漬けてあった

 小麦粉まぶして油で揚げた、、、すなわちボーンフライ!

 どうしても、色が褐色になって美味しそうには見えぬが

 これがめちゃくちゃ美味しく、骨まで食べられる

 うちの孫達は大好きである

ニシン、コハダ、鯵、イワシ などを捌いて骨を取ると、必然的に小骨の多いアラがたくさん出る

捨てるのはモッタイナイ!

ボーンフライなら、子供も喜ぶし、カルシュームもたくさん摂取出来る。

お父さんの料理はカロリーが高すぎるので、ダイエットできない、、と

夜は妻が張り切って、野菜たっぷり、いくら食べても低カロリーという料理を作ったImg_5761syukusyou Img_5762syukusyou            

 左は少量の豚肉スライスを熱湯を通して、あんかけと大根おろし、ネギをかけた

 右は野菜たっぷりの八宝菜Img_5763syukusyou Img_5769syukusyou                                   

左は 畑の春菊がたくさん収穫できたので 、、、胡麻和え

右は 畑のチンゲン菜の酢味噌和え

チンゲン菜は成長して塔が立って、たくさんの菜の花のような花芽が出てきたImg_5770syukusyou Img_5764

 

           

未だ、畑に白菜が10個以上残っている  

食べないと、そのうち塔が立って花が咲く、、、、、白菜と大根と厚揚げの煮物

ついでに畑に生えてる土筆の料理

今日の料理の総カロリーは?、、、、、、、、、食材の総費用は?

モンタ 部屋から出て行く、、、 Img_1573 Img_1574 Img_1575 様子を伺い、手でドアを開けて、するりと、、、、    

寒いからドアを閉めていってよ!

「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (8)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »