« 寒くなったが、春いっぱい! | トップページ | 楽しい仲間達! »

2007年3月15日 (木)

定年後の田舎の生活!

Img_6678syukusy 

 スモモの花が咲いた

 ほぼ3部咲き

 毎年、小粒ながら赤紫色の実をたくさんつける

 昨年は、ジャムをたくさん作った。

美しいワインレッドのジャム、、、適度の甘酸っぱさ、、、今年もたくさん作りたい。

  このスモモの木も15年前に植えた苗、大きくなったが、

  そばのヤマモモのほうが、もっと大きな大木になり、日光の奪い合いをしている

 それほど大きくはないが、見事な株に育ったのが雪ヤナギImg_6673syuku_1

 フェンスを覆い被さるように越えて道路にまではみ出している

 もうすぐ、雪のように散ってしまい、後は緑の若葉が出てくる

 秋になると、ユキヤナギの紅葉も美しい

 冬には古い枝や幹を切って新しいのに更新する。

 朝夕の寒さはまだ続く

 暖かくなったり、急に寒くなったり、、

 蜜蜂にとっては良いことではない。Img_6669syukusyou      

 新しく生まれてくる蜂を寒さから守りきれずに、毎朝巣門の前に数匹の死骸がころがっている。

 それでも9時過ぎには、花蜜と花粉を集めるために、巣から飛び立っていく

 午後は3時過ぎには、冷えてくるので、早々と巣の中にこもってしまう。

 昨年、秋に生まれて冬越しした働き蜂達は、早春になると女王蜂に卵を産ませる

 孵ってくる幼虫を育て、未だ寒い外へ飛び出し、菜の花や梅、椿などから花粉や蜜を集める

 春になって新しい働き蜂が生まれてくると、やがて冬越しの蜂が死んでいく

 暖かくなり、春の花がどんどん咲き始めるにつれて、新しい蜂がどんどん増えていく

 桜、杏子、桃、蓮華や蜜柑の花が咲く春から初夏にかけて、蜜蜂の群れは膨れあがり、

 やがて、新しい女王を育てると、その誕生の前に古い女王は群れの半分を連れて分かれていく、、

 今日は地区の養蜂協会総会であった。

 私を含めて数人が新人であった。

 養蜂家の半数以上が70歳以上、、、

 でも、最近、会社定年後に趣味で養蜂を始める人が多くなったという

 会員の多くは農家の副業あるいは趣味の養蜂であった。

 漁業権と同じで、養蜂にも蜂場権があって、勝手に蜜蜂を飼うことは出来ない。

 新規の参入者は地区の養蜂協会の会員になって、既存の養蜂家に悪影響を及ばさなきよう、許可を得なければならないのである。

 また、蜜蜂は家畜であって、伝染病から守るため保険所からの検査を受け、行政の指導管理下におかれているのである。

 今日は、市の農林振興課の方や他の養蜂家の方たちともお知り合いになれた。

 ナベショーの定年退職2年目、地元のお茶と養蜂家、市の行政の方との

 楽しいお付き合いが少しづつ出来はじめた。Img_1659syukusyou Img_1656syuku Img_1667syukusyou_3

 畑の玉ネギ、、、少し元気が良すぎるのではなかろうか?

 肥料が効きすぎると、緑の葉ばかり成長して、玉が大きくならないという、、、、

 さて、どうなるでしょう???

 ネギと人参、ブロッコリーの脇芽、、を収穫

 畑で採れる野菜の範囲内で料理を作るから、野菜はほとんど買わなくて済む。

 魚は焼津で最も安くて新鮮なのを丸ごと買って料理して、頭も骨も徹底的に利用する、、

 お茶も蜂蜜も自給自足

 肉と卵だけは、今のところスーパーで買わねばならない、、、

 そのうち鶏を飼わねばならないかな~?

 まあ、生活費が浮く分で青春18キップの旅行を楽しめば、年金生活もリッチに楽しんで過ごせるもの、、、

 団塊世代の皆さま、、、田舎の生活はいかが?Img_1669

  猫や犬がいると、なお楽しいよ

  「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

 

|

« 寒くなったが、春いっぱい! | トップページ | 楽しい仲間達! »

コメント

おはようございます。

雪ヤナギ、見頃ですね。いつもの散策路の雪ヤナギは、ここのところの寒さで開花が足踏み状態です。

投稿: ぞう | 2007年3月16日 (金) 04時43分

おはようございます。
先日、わたし達夫婦が撮影いたしましたのは、スモモだったんでしょうか?
各自のブログに写真を載せておりますが、確かにナベショーさんが撮影されたのと、似ております。はて?

投稿: hiroko | 2007年3月16日 (金) 05時58分

おはようございます。
3月11日のは早咲きの桜のようですし、3月12日のは、ユスラ梅のようでもあり、、、、この時期に咲くのはよく似てるので、判別がむつかしいですね。

投稿: ナベショー | 2007年3月16日 (金) 07時01分

ぞうさま
寒くなったおかげで、どの花も散らないで長く楽しめていいですね。

投稿: ナベショー | 2007年3月16日 (金) 07時03分

食生活を含めすべてが充実の毎日、すばらしい!!コノシロこちらでは売ってないのですよ~。小骨が多いけれどおいしいんですよね。演習林内では火気厳禁なので、山で使うガスコンロ最近は使うこともなく、お蔵入りです。山でのカップラーメンも、寒い季節ではご馳走ですよね。
スモモの木、植えたいと思っているんですが、品種名は何でしょうか?
毎日モンタ君を見て癒されてます。

投稿: あおいとり | 2007年3月16日 (金) 08時09分

元気がよく青々とした玉葱の葉。
この葉玉葱の炒めものが好きです。

投稿: ば~ば | 2007年3月16日 (金) 11時07分

こんにちは
養蜂がそのような形で運営されているなんて知りませんでした。
 
今日は2畝開拓して、レンガ1個と大石4つを発掘して、牛豚鶏糞を混ぜたら背中や腰や腕が痛い。。。全部で6畝の畑です(*^_^*)

私はすでに隠居生活のような毎日です(笑)

投稿: でつ | 2007年3月16日 (金) 16時03分

蜂場権なるものは、初めて知りました。
養蜂家は、花を求めて九州から北海道まで移動していくものだと思っていました。

投稿: yoken | 2007年3月16日 (金) 21時18分

あおいとりさま
火気厳禁、、春先はちょっとした山での焚き火や煙草の火の不始末で山火事が発生、、、注意注意!
スモモの木、、何だったか忘れてしまいましたが、赤紫の皮,中の実も赤、、実の大きさは小から中、、、皮ごとジャムにすると、とっても美しくて美味しいのが出来ます。
毎年、枝もたわわに鈴生り、、ご近所に幾度もおすそ分けです。

投稿: ナベショー | 2007年3月16日 (金) 22時09分

ば~ばさま
玉ネギの葉、、、炒め物料理にしてみますね。

投稿: ナベショー | 2007年3月16日 (金) 22時10分

でつさま
エ~ 一反は300坪で30畝だから、、、一畝は10坪、、
と言うことは、、、60坪の畑を耕し終えた!!!!
凄い 凄い 身体のあちこちが痛くなるのも無理ありません。
わたしも右腕が痛くて力が入らない、、、お茶刈り大丈夫かなと心配してます。
ご隠居生活だなんて、、立派な農家のたくましきおかあちゃんです。

投稿: ナベショー | 2007年3月16日 (金) 22時16分

yokenさま
九州から北海道まで花を追いながら北上する大転飼、
同じ地方で標高差を移動する小転飼、
自宅の庭先などで一年中飼育する定飼の三つがあります。
定飼以外は花の開花の時期のズレを利用するので、長期にわたって蜜を採取できるため、収量も多く、専門の養蜂業者がやっています。
蜜蜂の行動範囲半径2Km以内でバッテイングしないように、地区ごとの養蜂協会の調整会議で決めます。
私なんぞ1~3群で自宅なので、とくに問題なく許可されましたが、5~10群以上になると、利害関係が生じて調整が必要なのです。
生活がかかっていますから、、、

投稿: ナベショー | 2007年3月16日 (金) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/14274138

この記事へのトラックバック一覧です: 定年後の田舎の生活!:

« 寒くなったが、春いっぱい! | トップページ | 楽しい仲間達! »