« 暖かい春の青空! | トップページ | 旧東海道 小夜の中山から日坂宿、さらに掛川へ »

2007年3月27日 (火)

旧東海道 金谷宿から小夜の中山へ

Img_7672syuku

ヤブレカサかな?

 白い毛が無いのでモミジカサか、、、、

 ゲゲゲの鬼太郎に出てくるお化けを連想させる、、、、、もう野山はすっかり春ですね!

 今夕から天候が崩れて雨予報、、、

 脳梗塞の義母はショートステイ、妻とJR金谷駅で下車、旧東海道を金谷宿から間の宿、小夜の中山を越えて日坂の宿、そして掛川駅まで歩いた。

  金谷駅で下車し、旧東海道金谷坂石畳

  この近くにはカタクリの花が見れるところがあるが、またの機会に、、

 石畳の坂の途中、石畳茶屋Img_7605syukusyou_1 Img_7606syuku 素敵な庭園のある茶屋で、近いうちに来て是非食事をしたい。

 急な石畳の坂、金谷坂を上りきるとの大茶園の広がる平坦な牧の原台地Img_7612syuku Img_7621syuku_1

 この牧の原台地の中の道を行くと、諏訪原城の跡

 武田勝頼の家来の築づいた城、多くの空堀に幾重にも囲まれた壮大な城で、中には諏訪神社も祭られているImg_7627syuku Img_7630syukus Img_7651syuku Img_7646syuku   

 多くの堀で守られた三の丸、本丸のある端は牧の原台地の端っこで、断崖絶壁となっている。

 旧東海道菊川坂石畳を下り Img_7659syuku_1 間の宿を通りすぎると、いよいよ有名な小夜の中山であるImg_7673syuku    

 急な坂を登りきると、茶園が広がるなだらかな丘陵の尾根に旧東海道は続く

 Img_7705syuku 道の側には、昔に東海道を旅したいにしえの歌人達が詠んだ歌の碑がある。     

 やがて、久延寺、この寺は掛川城主の山之内一豊が奥州上杉攻めのために大阪から東進する徳川家康を、接待した寺として有名である。Img_7716syuku (大河ドラマでこの場面、やってたね)Img_7715syukusyou_1 Img_7712syukusyou

 また、境内には夜泣き石がある

 かわいそうな夜泣き石のお話、、、この説明文をアップしてお読みください。

 久延寺を後にし、旧東海道 小夜の中山を日坂の宿を目指してさらに歩く。

 金谷坂を越えた牧の原台地がはるか後方に見える

 素晴らしい展望を楽しみながら、、、Img_7707syukusyou_1 Img_7725syuku_1  Img_7745syuku Img_7752syuku                                 

 小夜の中山を歌った松雄芭蕉の句碑などもある、、、Img_7749syuku

 もうお昼をとっくに過ぎたのに、お弁当を持たずに来たのでお昼を取ることが出来ない。

 金谷駅から、ず~とお店が一つもないのである。

 あっても、土日のみ開業、、とある。

 山登りと異なり、何処かにあるだろうと安易に考えてたのが間違いであった。

 互いに互いのお昼への甘さを責め合いながら空腹を抱えて、さらに旧東海道の旅は続く、、、、、、 (続く、、) Img_1745                       

 モンタはかわいそうに、お留守番、、、

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 暖かい春の青空! | トップページ | 旧東海道 小夜の中山から日坂宿、さらに掛川へ »

コメント

おはようございます。

金谷駅、大井川鉄道に乗ったことはないのですが、学生時代茶畑の間を走る国鉄の電車の写真を撮るために下車したことがあります。そういえば静岡からもようやく湘南色の国鉄時代からの電車が消えたようですね。

近いけどなぜかあまり縁のない静岡です。茶畑を眺めながら東海道を歩く、この夢をいつ果たせることか?

投稿: ぞう | 2007年3月28日 (水) 07時17分

またまた・・勉強になりました~
旧東海道を歩きながら・・歴史を感じる・・風流ですね~

マグロ君もそんな旅をしてみたくなりました~

これからも色々教えてください~!

何故アメリカ人は紅茶ではなくコーヒーを飲むか・・・・は
飲み屋で使えます・・・

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年3月28日 (水) 09時47分

ぞうさま
先日、金谷駅から大井川鉄道SL、さらに千頭駅からアプト式機関車のトロッコ電車で奥大井の日帰り旅をしました。
橙色の懐かしい電車も走っています。
是非、一度お出かけください。
感激しますよ!

投稿: ナベショー | 2007年3月28日 (水) 12時40分

マグロ君さま
愛する奥様とお子様をほっておいて、週末の一人旅、、、
これじゃ家庭が崩壊する、、、
当分は家庭サービスにお励みください、、、、残念ですけど、、
アメリカ人のコーヒーの話は飲み屋で使えるでしょう!
マグロ君さまの教養の高さに、尊敬の眼差しで見られるでしょう!

投稿: ナベショー | 2007年3月28日 (水) 12時46分

小夜の中山か、夜泣き石の名を冠した飴が名物で売られていて、どなたからか戴いたことがあるような・・・でも記憶違いかもしれません。
 ナベショーさまのブログは、静岡での年月を懐かしく思い出させてくれます。大井川鉄道SLは今も走っているのですね。

投稿: はなあかり | 2007年3月28日 (水) 20時23分

はなあかりさま
夜泣き石の飴、、残念ながら茶店が土、日しか開いていなくて買えませんでした。
大井川鉄道SLは人気があって、今も健在、、とっても良いですよ!
実は土曜日にSLとトロッコ電車の日帰り旅でしたが、依頼された雑誌の取材旅行だったので、たくさんの写真を撮ってきましたが残念ながらブログに載せることが出来ませんでした。

投稿: ナベショー | 2007年3月28日 (水) 21時56分

かたくりの花、ずーっと憧れていまーす。
日陰にひっそりとうつむいて咲くかたくりの花、、、

まるで夢見る乙女の頃のあたくしみたい、、、
今やおしもおされぬオバハンになりにけりー というところですが。

投稿: なぎさ | 2007年3月28日 (水) 23時09分

なぎささま
若きし頃の夢見る乙女のなぎさ様、、
日陰にひっそりうつむいて咲くカタクリの花、、、
こりゃ~何としても見に行って写真に収めてこないと~

投稿: ナベショー | 2007年3月29日 (木) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/14429237

この記事へのトラックバック一覧です: 旧東海道 金谷宿から小夜の中山へ:

« 暖かい春の青空! | トップページ | 旧東海道 小夜の中山から日坂宿、さらに掛川へ »