« ワラビの卵とじとワタリ蟹料理 | トップページ | 今日は魚デイー »

2007年4月 2日 (月)

羅臼昆布とメゴチの空揚げ

Img_8252syuku

  シロヤマブキ

 黄色いヤマブキの花に似てるので、ヤマブキの白い品種と思ってたら、そうではなくて別の種類の花木だった。

 2枚の葉が対になって向き合っており、花弁が4枚なのがヤマブキと異なっている

 花が終わった後、黒い実がなり、地面に落ちて、小さな苗がたくさん生える。

 今日は注文してた知床の羅臼昆布と真ホッケの干物が届いた。Img_8259syuku

 昨年、北海道知床の海、美しい自然、厳しい海での漁師の仕事をブロブ(http://siretoko-21.cocolog-nifty.com/blog/)に綴っておられるたけし様に、羅臼昆布の直販をお願いしたのがきっかけである。

  昨年、9月21日、3Kgの羅臼昆布を購入した。

 それまで昆布はお正月料理に使う昆布巻きを作る時にスーパーで買うくらい。

 もっぱら料理のお出汁は、化学調味料のだしの素と鰹の削り節

 それが、羅臼昆布で初めて出汁をとって煮物やお汁をつくってビックリ!

 目からうろこ(否、舌からうろこ)が取れるとは、こういうことを言うのだろう。

 正に、高級料亭(そんなお店で食べたことないけど、、、)のお味が容易に再現、味わえるのである。

 おでんも煮物の味付けも一発で決まるし、毎朝のお味噌汁の味付けも何の苦労も要らない。

 以来、毎朝のお味噌汁、煮物、お吸い物、すべて羅臼昆布、、出汁を取った後の昆布は酢物にしたり、干ししいたけと実山椒と一緒に佃煮にする、、

 もちろん、料理によっては昆布出汁に鰹出汁、干ししいたけや、時にはだしの素も併用する。Img_2011

 また、羅臼昆布、利尻昆布、真昆布、、、採れる海が違うだけで昆布はみな同じ、、と思ってたが、そうではない。

 採れる海も、昆布の種類も異なることも学んだ。

 羅臼昆布は幅も広く、厚みもあり、にもかかわらず、すっごく柔らかい!

 約半年で3Kgを食べてしまったことになる。

 今回は 天然走り2等級(傷)と4等級をあわせて3.2kg購入した。

 これで、後半年、秋の新昆布の時まで持つだろう。

 真ホッケの干物も脂がのっていて、すっごく美味しい。

 その辺のスーパーのホッケの干物や居酒屋で食べるのとは、全く雲泥の差である。

 単に焼いて食べるのも美味しいが、薄塩なので小麦粉まぶしてムニエルにしてローズマリー風味にすると、ちょっとしたおしゃれな料理を楽しめる。

 ナベショーのシニアーライフ、、、質素な年金生活ではあるが、一点豪華主義、

 羅臼昆布を知ったおかげで、料理の楽しみが幾倍にも豊かになったのである。

 今日は昆布料理ではないが、メゴチが手に入ったのでメゴチの空揚げImg_7896syuku Img_7897syuku              

 最近は頭と骨を取り除いた中国産が安く売ってる、、、

 頭と骨を取り、尻尾のところでつながるように下こしらえをする、、、これが手間かかる

 少し、塩をぱらぱらと振りかけて、片栗粉をまぶして空揚げに、、骨ももったいないから空揚げに、、Img_7901syuku Img_7907syuku

 

 大阪本町の大阪国際ビルに勤務してた時、直ぐちかくの小料理屋「瀬戸」、

 接待でよく使ったが、このメゴチの空揚げが美味しくて定番のように食べた。

 楽しい女将さんだったが、身体を悪くされ、店を閉じて別の店になり残念だった。

 妻が大阪に来た時、食事に連れて行った。

 ポンと肩を叩いて 「あら!ナベショーさん  お楽しみ!」

 ずいぶん親しいのね、、、と妻が怖い顔して睨んだImg_2001syuku  

 モンタ、、、足にじゃれついたら蹴飛ばすぞ!

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« ワラビの卵とじとワタリ蟹料理 | トップページ | 今日は魚デイー »

コメント

ナベショーさんのお料理の腕、すごいですねー
もう見てるだけで幸せ!
ホッケをムニエルにできるなんて、本当においしいホッケなんでしょうね。
今度、取り寄せてみようかしら・・・昆布も・・・
お料理って、出汁で決まりますものね。

静岡は夏日だった。とTVで言ってました。
桜の風景も美しいですね。
これからが本番?
楽しみです。

投稿: MONA | 2007年4月 2日 (月) 22時53分

MONAさま
学生時代と単身赴任18年間の自炊生活の成果です。
ひたすら旨いものを作って食べて、、、なんて居酒屋料理ですけど。
上等の羅臼昆布は、一般には流通してないし、デパートでみると5~10倍くらいの値段がついてる。
昆布もホッケもたけし様のHPで取り寄せてご賞味ください。
私も、一流の料理人が、本物の食材に拘る理由がよくわかりました。
静岡は真夏日から一転して少し寒く、、、、
今週末にかけて桜が本番です。
なんとか、桜の良い写真が撮りたいと思ってるのですが、、、、

投稿: ナベショー | 2007年4月 3日 (火) 08時42分

シロヤマブキ、はじめて見ました。
別の種類なのに、そんな名前が付く所を見るとよほど似ているのですね。
園芸品種でしょうか。

投稿: オラケタル | 2007年4月 3日 (火) 10時16分

シロヤマブキの花は好きな花の一つですが、庭にはありません。
メゴチのから揚げ、1日に作りました。魚のから揚げの中では、味、食べやすさ、ダントツですね。頭は出汁取りにつかいます。
我が家も昆布は常時切らさず保存してあり、最近北海道出身の方からいただくことが多く感謝してます。
昆布は我が家ではうどんの出汁に煮干と欠かせないものです。

投稿: あおいとり | 2007年4月 3日 (火) 10時58分

オラケタルさま
ほんとに良く似た花です。でも良く見れば葉のつき方、木の枝ぶりが異なるので別種とわかるのですが、、、
園芸品種で、挿し木で簡単にふやせますよ。
種からも簡単の芽が出ています。

投稿: ナベショー | 2007年4月 3日 (火) 13時02分

あおいとりさま
メゴチの頭、、デッカイ頭を利用しないとモッタイナイ、
あおいとりさまも、お出汁は昆布と煮干の本格派、やはり良いお出汁を使うと料理も美味しくできますね。

投稿: ナベショー | 2007年4月 3日 (火) 13時09分

メゴチ・・・いいですね~日々こんな食材があがるなら~
外食の必要ないですね!マグロ君も美味しい料理作れるように
なりたいです~

今は食べるのに専念します~!いつか・・・・


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年4月 3日 (火) 13時30分

マグロ君さま
今のうちに美味しい料理のお味をしっかり舌に覚えさせて、定年後に備えてください。
メゴチって美味しいですね。

投稿: ナベショー | 2007年4月 3日 (火) 14時26分

●いつも楽しく拝見しています。
野菜と魚料理、特に熟読させていただいてます。
前々から美味しい昆布のお話を聞いていましたが、
今回のご紹介を見て、即、注文しました。
大好物のホッケも。
会社が大阪なので、有名な昆布屋さんが多く、
時々買っていましたが、羅臼昆布はまだ買ったことが
なかったので、楽しみに待っているところです。

投稿: るな | 2007年4月 4日 (水) 16時49分

るな様
ようこそ 何時も見てくださりありがとうございます。
羅臼昆布とホッケ、注文されましたか!
たけしさまが喜ばれるでしょう。
料理はやはりお出汁が大切ですね。

投稿: ナベショー | 2007年4月 4日 (水) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/14497950

この記事へのトラックバック一覧です: 羅臼昆布とメゴチの空揚げ:

« ワラビの卵とじとワタリ蟹料理 | トップページ | 今日は魚デイー »