« ワラビのマヨネーズサラダ | トップページ | 必殺筍退治法! »

2007年4月12日 (木)

茗荷竹は美味しいよ!

Img_8781

 アケビにもずいぶんと種類があるものだ!

 我が家の庭のピラカンサの木に巻きついたアケビの花が咲き始めた。

 ミツバアケビの花に似てるけど、ミツバアケビは既に一ヶ月前に咲き終わっている。Img_8754syuku

 茶園のお茶の新芽も大分成長してきた。

 何とか霜にもやられていないようである。

 昨年は、この時期に二回霜に会って、ほぼ全滅、今から出てきた芽が成長したのをGW明けから茶摘だった。

 第4週目には新茶の茶摘ができるかな?

 来週には製茶工場の製茶機械の掃除と整備をしなくてはならない。

 畑のジャガイモの土寄せをした。

 たくさん出た芽を1~2本にして、追肥をやり、土寄せする。

 隣の農家のジャガイモと右のナベショーのを比較してください。Img_8770syuku_1 Img_8772syuku_1                

 農家のは、畝幅、高さ共に十分余裕をとっているが、

ナベショーのは畝幅が狭いために、十分の高さに土寄せ出来ない。

 やはり経験の差だね~

 庭の隅の茗荷畑、、、たくさんの茗荷竹が出ていたので、少し収穫した。

 ネットで調べてみると、茗荷の子と茗荷竹を多くの人が混同している

 一般に夏から秋の食べるのを茗荷の子という。

 これは、白い花の咲く良く知られた茗荷であって、煮物や薬味に使う。Img_8791syuku_1

 しかし、春に出てくる生姜の茎のようなのは茗荷竹といわれる。

 この茗荷竹は高さ50センチくらいに成長し、葉も広がる

 そして、夏になると、地下茎から3~5センチくらいの茗荷の子が地表に出てきて白い花が咲く

 これが、良く知られた茗荷の子である。

 この春に出てくる茗荷竹を味噌をつけて食べると、実に美味しい

 茗荷の香味、柔らかいので、ほとんど先っぽまで食べてしまう。

 スーパーでは見かけないが、デパートでは売られているのだろうか?

 しかし、料亭などでは、この季節に出されるのかな?

 それとも、、、、茗荷竹を食べるのはナベショーだけか?

 Img_2142_1 

モンタ、、、、何時も寝てる姿ばかりなので、今日はちゃんとした顔!

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 最近は突然の強力な若き新人ライバルの出現で苦戦!

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« ワラビのマヨネーズサラダ | トップページ | 必殺筍退治法! »

コメント

ナベショーさま、
え~?、これって、食べられるのですか・・!
知りませんでした、(@-@)、
これは、良いことを教えて頂きました、
たのしみが増えました、いつもありがとうございます、m(_ _)m

投稿: こつ | 2007年4月13日 (金) 09時12分

茗荷竹、夫の実家の畑にはかなりの面積に茗荷が生え、両親が生きていた頃は、春に行くと茗荷竹をいただきました。
味噌や味噌マヨで食べるのが好きです。

たくさん貰ってきて、谷中生姜のように梅酢に漬けたことを思い出しました。

スーパーも八百屋も売っていませんねぇ。
畑に茗荷がある人の特権でしょう。

投稿: ば~ば | 2007年4月13日 (金) 11時30分

こつさま
伸びて、先っぽの葉っぱが開きかけないうちに採って食べないと堅くなりますよ。
今の、これくらいの大きさが丁度食べ頃、、
春は次々といろんなものを遅れないように食べねばならないので、忙しいです。

投稿: ナベショー | 2007年4月13日 (金) 13時29分

ば~ばさま
数年前、山で茗荷がたくさん生えているのを見つけて、茗荷竹を地下茎ごと、どっさり引いてきて庭に植えたのが、増えて、今年はたくさん出てきました。
東京でも、こっそりと、公園とか、郊外のどこか秘密の場所に植えて、毎年密かに収穫するのはいかがでしょうか?

投稿: ナベショー | 2007年4月13日 (金) 13時35分

●こういう食べ方もあるんですね。
うちでも増えすぎて、この冬はそのあたりに荷物を置いてたので、
どうも枯れたようだなぁと思っていたら、この記事。
ああ惜しいことをしたと後悔しています。
先日のホッケ、たいへん美味しかったです。
薄味なので、いっぱい食べることができました。
ご近所にもお裾分けして喜んでいただけました。
羅臼昆布は、オットが毎日囓っています。

(なんどかコメント送信をクリックしているのですが、
ご機嫌悪いようです。重複してたらごめんなさい)

投稿: るな | 2007年4月13日 (金) 15時55分

るなさま
たぶん、大丈夫と思いますよ。
茗荷の地下茎は丈夫ですから、もう直ぐニョキニョキと出てくるでしょう!
ホッケも羅臼昆布も、ほんとに美味しい、、、こういうのを贅沢と言うのでしょうね。
(コメント、重複していません。 最近、全般的にココログのコメント送信が遅くなったようで、ココログに代わりお詫び申し上げます。)

投稿: ナベショー | 2007年4月13日 (金) 20時12分

こんばんは!
モンタくん、ハンサムですね!
はっきりしたお顔、初めて見ました。
ミョウガ・・・植えてみようかしら・・・
市民農園を借りていて、じゃがいもは、ちょうど芽が出てきたところです。もうすぐ、家庭菜園を始めて一年。
手抜きで、雑草ボーボーです。

投稿: MONA | 2007年4月13日 (金) 21時50分

MONAさま
モンタ、、何時も寝てるか、カメラ向けると目をつぶる、、
茗荷は植えっぱなしで世話が要らないから楽ですよ。
そうそうアスパラガスも植えっぱなしで10年は収穫できる、、
ラッキョは草ぼうぼうでもちゃんとラッキョ玉が出来てる、、
私は2年目、家庭菜園は楽しいですね

投稿: ナベショー | 2007年4月13日 (金) 22時00分

じゃがいもすくすくですね。
我が家は穴を掘ってから種芋を植えたのでまずは穴埋め=土寄せです。
畝の間は60cm、千鳥に植えました。
土を平らにすることの重要性などやってみないとわからないことがたくさんあって発見たくさん、おもしろいです。

投稿: でつ | 2007年4月13日 (金) 23時41分

でつさま
何とか霜に会わず、今のところすくすく、、収穫が楽しみ!
芽欠きしないと、栄養分が分散してジャガイモが大きく育たないよ。
やはり、農家の人は上手にやってるね。
勉強になります。
昨日、大根、小蕪、インゲン、水菜の種を蒔き、キュウリ、茄子、ピーマンの苗を植えたら、夕べ、久しぶりに雨、、ばんざ~い!

投稿: ナベショー | 2007年4月14日 (土) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/14657433

この記事へのトラックバック一覧です: 茗荷竹は美味しいよ!:

« ワラビのマヨネーズサラダ | トップページ | 必殺筍退治法! »