« フキとゼンマイ | トップページ | 家で釜炒り茶を作った! »

2007年4月18日 (水)

雑木林風里山ガーデン

Img_9018syuku

 先日、載せたのと同じ牡丹  

 ほぼ満開、少し霧雨が降ってきて、、牡丹がもっとも美しい時!

 牡丹の花は、良い香りが漂う、、

 今日は庭の絶好の草取り日和!

 草花や木々の新緑が美しくなってきた

 我が100%手作りの雑木林風里山ガーデンを紹介しましょう。Img_8968syuku

 18年間、単身赴任の週末に帰って来て、つるはしとシャベルで作った庭である。

 丹波の故郷の家、100年以上の古いミヤマキリシマの枝を取り木して、静岡に移した。

 メラメラと燃えるような真っ赤なツツジ

 ツツジは丸く刈り込むのは好きでない

 下のほうの枝を整理しながら、自然に伸ばしている

 グランドカバーはツワブキとオオジシバリ(大地縛り)

 天気が良ければ、タンポポに似たオオジシバリが、可愛い黄色い花をたくさん咲かせる

 秋には、ツワブキが黄色い花を咲かせる

 Img_8971syuku ピンクのミツバツツジ  広島に単身赴任してた時、社宅の裏山から、小さな苗を採り、庭に植えたのが、

 こんなに大きくなった

 右側は赤いユキヤナギ

 グランドカバーは、やはりツワブキとギボウシ

 手前には木瓜

 桃や杏子などが咲き終わり、黄緑色の若葉が芽を吹き、ミヤマツツジやウツギなどが牡丹や芍薬が咲き出す、、、、

 それらが咲き終わると、5月中旬から6月にかけて黄菖蒲や紫陽花が咲き始めるImg_8999syuku                  

 手前のは、広島の工場横の潮遊池から取ってきた黄菖蒲、

 その向うは紫陽花、山紫陽花、シデコブシ、梅の木、右の太い木は白木蓮

 紫陽花は、挿し木苗を作って植えたが、ずいぶん大きくなった。

 山紫陽花も山から小枝を採ってきて挿し木で大きくした。 

 左端に見える茶色いのは蜜蜂の巣箱であるImg_9027syuku                

 このエリアはもっとも新しいところで、主にハワイにいる長女が作った

 若干、イングリッシュガーデン風

 もう直ぐ、様々なセージ類、ラベンダー、ハクチョウソウ、ブルーサルビアなどで埋め尽くされ、蝶がたくさん舞う

 手前の黄緑の葉の木は西条柿、右端はミモザ、

正面のムラサキ色の葉の木は、ムラサキスモモ

 地面には、ハーブ類やいろんなのが芽を出して成長しつちある

 右に見える4本の柱はパーゴラである

 ナベショーの庭のグランドカバー ほとんど野の花を「植えている

 ツワブキ、百合、ホタルフクロImg_8972syuku_1

Img_9075syuku

  野カンゾウ、ギボウシ、Img_9052syuku Img_9092syukuImg_9043syuku_1 Img_9045syuku_2          

 ピンクの可愛いサクラタデ、タツナミソウImg_9095syuku Img_9000syuku Img_9021yuku                                          

 イカリソウ、茗荷、タンポポ、、、など

 昔、丹波の母が来た時、庭の草引きをしようとしたが、引いてはいけない雑草と引いて良い雑草の区別がつかないと言って諦めた。

 これらの野の花の多くは宿根草で丈夫なので、一度植えると毎年芽を出して花を咲かせる

 以前は、アザミもたくさんあったが、やはり痛いのでやめた

 Img_9115syuku_1 今晩の料理  鶏肉のフレッシュトマトイタリアン風 Img_2188_1        

  このところ、畑や庭や農作業、蕗など山菜の加工が忙しくて、 

 ナベショーの料理のほうはさっぱりご無沙汰、、、

 なかなか美味しかったよ!

 畑のトマト、もう少したくさん植えておかねば、、、

 モンタ、、、真面目そうな顔してる

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング 

|

« フキとゼンマイ | トップページ | 家で釜炒り茶を作った! »

コメント

庭の植物達は季節が廻るたびに、それぞれの思い出を連れてきてくれますね。私にも植物との対話は、思い出語りといったところです。ナベショーさまも植物との対話がいろいろ弾みそうですね。
 牡丹が見事に咲きましたね。日本にいた頃、ご近所の方が雨が降る日に傘を差し掛けていたのを思い出しました。
 家の牡丹はどうやら旅行中に咲いてしまいそうで、せっかくの咲き姿を見てやれないのが残念です。
 

投稿: はなあかり | 2007年4月19日 (木) 09時29分

お茶の情報ありがとうございました~
マグロ君、日本茶大好きなんです~

でも、なかなか、美味しいものに出会えなくて・・・

自家製のトマトでイタリアン・・・いいですね~

美味しいだろうな~

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年4月19日 (木) 10時30分

はなあかり様
造園業者が作り、木を植えて、毎年剪定してくれる庭と違い、手作りの庭は、一つ、一つの木々、草花に、思い出と物語があります。
牡丹、、ご旅行中に咲き終わってしまうとは残念ですね。

投稿: ナベショー | 2007年4月19日 (木) 19時09分

マグロ君さま
料理の味覚の優れた人は、お茶の微妙な香味もわかると思いますよ。
新茶が出揃ったら、ナベショーが、このお茶こそ!、、と言うのを紹介します。
私のパートナーのマルミヤ製茶のM社長さんの、お茶を判定する鋭い味覚は静岡県でもNo1ですよ!

投稿: ナベショー | 2007年4月19日 (木) 19時15分

なるほど、これがナベショーさんがおっしゃっていたツツジの剪定方法ですか。
カッコいいですね。
しかも、ツワブキをグランドカバーに使えるなんて、なんて広いお庭でしょう。
うちではツワブキを植えたらそれだけでいっぱいになってしまいます。
と言いながら、ギボウシを植えたりしているのですが・・・

投稿: yoken | 2007年4月19日 (木) 19時51分

今回、二度目の牡丹を鑑賞させていただきました。
一人で見るのは勿体無いので、「Yさん、早く見て、観て・・・見事だよ」って呼びつけて、眼鏡まで持ってこさせて、夫にも見せました。
「あなたは、私が何をしていても、自分の都合で呼ぶのですね。困ったものです」なんていいながらも、「ホ~ッ!!、見事ですねぇ」っと感心していました。

投稿: ば~ば | 2007年4月19日 (木) 20時14分

名もない草というのはなくて、どんな草にも名前があるんですよね。だからひとからげに雑草というのはしのびないのですが、、、。

けれど私が、これは要らない!といって排除する運命にある草がナベショー邸では大切に養育されているみたいですね。

おかあさまが、訳わかんない、といってあきらめられたのも、ごモットモだと思います。

投稿: なぎさ | 2007年4月19日 (木) 20時20分

yokenさま
ツツジは一所から4~5本に分かれている枝を2~3本以内に整理し、古い枯れた枝も整理し、できるだけ内部の空間を空けて、上に上に伸ばしてやると、自然らしき姿になります。
ギボウシもいろんな種類があり、葉も花も美しいですね。

投稿: ナベショー | 2007年4月19日 (木) 21時22分

ば~ばさま
他の2本の牡丹も咲きかけていますので、それも飽きずに見てくださいね。
でも、霧雨の天候と開花のタイミングが合わないと、駄目なんです。
晴天の牡丹は、だれてしまって可哀想、、、

投稿: ナベショー | 2007年4月19日 (木) 21時26分

なぎささま
そうそう、雑草と呼ばずに、「美しき野の花」と呼びましょう。
ナベショーの「雑木林風里山ガーデン」には園芸店に並んでいるカタカナのカラフルな外国産の花は落ちつかず、野の花こそふさわしく、しっくりおさまるのです。
だから、草引きはナベショー自身がやるしかない、、、トホホ!

投稿: ナベショー | 2007年4月19日 (木) 21時39分

パーゴラとイングリッシュガーデン、とても雰囲気が素敵!
確かに、このお庭は、手入れは自分でしなければ、誰も手出しできないですね。
でも、想い出の草木に囲まれて、幸せいっぱいではありませんか?
誰にも真似できない、自分だけのお庭ですね。

投稿: MONA | 2007年4月19日 (木) 22時01分

MONAさま
昨年夏、庭の桃の木から落下して、腰椎圧迫骨折のため2ヶ月間、庭の手入れが出来ませんでした。
草ぼうぼうで凄い荒れ放題!
元気なうちは手入れできますが、将来、寝込んだり、死んだ後、この庭はどうなるんだろうか、、、と若干気がかりです。
「簡単、簡単!家潰してユンボで更地にして、売ってしまえばそれまでのこと、、」と、親不幸な子供達!

投稿: ナベショー | 2007年4月19日 (木) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/14758102

この記事へのトラックバック一覧です: 雑木林風里山ガーデン:

« フキとゼンマイ | トップページ | 家で釜炒り茶を作った! »