« 筍料理だよ! | トップページ | ホッケの干物でムニエルを! »

2007年4月 6日 (金)

カタクリの花と牧の原お茶の郷

Img_8419syuku

カタクリの花

 JR金谷駅から徒歩で15分くらい、牧の原公園のカタクリ群生地Img_8413syuku Img_8414syuku Img_8405syuku Img_8425syuku                

 昔、牧の原台地には、たくさんのカタクリが自生していたが、今ではこの場所に群生するのみ、

 立ち入り禁止のため、金網のフェンスの間から、かろうじて写真を撮った。

 どの花も、恥ずかしそうに下を向いている。

 桜の咲く時期に咲いて、桜が散るのと同時に花は終わってしまうという

 牧の原公園の側にはお茶の郷と博物館、、、土日ではないので空いていた。      

 お茶の郷では、江戸時代初期の茶人である小堀遠州 の手がけた庭園Img_8476syukuと建築物が復元されている。 Img_8430syuku_1

 まず、書院を見学し茶室でお抹茶をいただいた。                                                  

 Img_8436syuku_1 Img_8439syuku_1                                                     

 今の日本の住宅は、洋風と和風が混在して、欧米の住宅に比べて、なんとも雑然として締りがない。

 しかし、こういう書院造りの伝統的な和風建築物を見ると、

 そううなんだ! 田舎の家はこうだった!

 これこそ、日本的な美しさである、、、と思う。

 隣接のお茶の郷博物館では、世界のお茶文化の紹介と展示がある。

 Img_8459syuku Img_8463syuku Img_8469syuku Img_8471syuku                                                      

 お茶の郷博物館の周りは、日本一の大茶園 牧の原台地が広がる。Img_8481syuku

 明治初期、徳川慶喜さんの旗本達と大井川の川越人足の失業対策事業として、

 輸出産業としてのお茶の栽培のため牧の原台地が開墾された。

 しかし、刀を鍬に持ち替えた武士達は長続きせず、結局は地元の百姓達に受け継がれたそうである。

 さあ、今晩 何食べよう?

 魚料理が続いたからお肉にしよう!

 おばあちゃんが、食べられないだろうから、筍ご飯も炊くか、、、

 この頃、ご飯もお粥も残し勝ちだけれど、昨日の鯖寿司はペロッと二切れ食べたから、炊き込みご飯も食べられるであろう。

 オーストラリアンビーフ 100Gr 98円の591Gr 579円のもも肉 厚さ 3センチImg_8516syuku

 塩胡椒して、フライパンで、小さい火でじっくりと両面を焼く

 幅1センチくらいに切って、お皿に盛り付けて、味醂、醤油、おろしニンニクのタレソースをかける。

 その上に大根おろしと刻みネギをたっぷり載せる。

 各自の小皿に取って、好みにより柚子ポン酢でいただく

 ほぼ600grのステーキだから、大皿に盛ると迫力があるよ!

  霜降りのサーロインではないので、さっぱりしていて、夫婦で一枚全部平らげる。

  二切れほど、細かく切ったら、おばあちゃんも全部食べた。

  年齢のせいか、脂の多いサーロインより、腿肉のほうが美味しくなった。

  すこし、堅いけれど、お口と顎の運動になる。

  昔、大阪本町の国際ビルに勤務してた時、近くにステーキハウスがあった。

  そこにステーキのタタキなるメニューがあった。

  これはサーロインを炭火で網焼きして、一日水にさらした刻みネギを見えないくらい載せて、ポン酢で食べるというのであった。

 また、昔、お座敷で、特上のヒレステーキを大根おろしで食べた。

 あれやこれやで、さらに、さらに美味しいステーキの食べ方を試行錯誤してたどり着いたのが、この食べ方である。

 もちろん、美味しくて柔らかいサーロインステーキなら最高に美味しいし、大根おろしのために脂があっても、それほどしつこくなく食べられる。

 良く似た食べ方が、コミック「美味しんぼう」にもあったな!

 先日の鯖を料理したときの骨と頭のアラを焼いてほぐした身がお鉢にいっぱい取れたので、炊き込みご飯Img_8519syuku

 筍、ワラビ、牛蒡、人参の山菜ごはんである。

 お出汁は羅臼昆布と鰹の削り節、鯖からも美味しいお出汁が出る。

 おばあちゃんは御代わりしたよ!

 食欲がないのではなく、美味しいものなら、いくらでも食べられるのだ!

 ミドリが少ないので、春菊の胡麻和えImg_8522

  笊いっぱいの春菊が茹でると、少しになってしまう。

  畑の春菊、蕾がつきかけたので、どんどん摘み取って食べないと、花が咲いてしまう。

  笊いっぱい、ドレッシングをかけて食べるとなると、とても食べられないが、茹でて和え物にすると、青物もたくさん食べることが出来る

Img_2111  モンタは、家の中で何処が一番暖かくて気持ちがいいか、、よく知っている

 浴室のバスタブの蓋の上

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 筍料理だよ! | トップページ | ホッケの干物でムニエルを! »

コメント

こんばんは
日本庭園は素敵ですよね。窓を開けると庭園が切り取られた風景画になる。。。
お肉、1人300gですか!すごい(^_^)
我が家の小松菜、植えた量よりも食べる量の方がはるかに多い!もっと植えればよかった、と次々種まきしています。
次男はレタスレタスとうるさいです。種は安いからチャレンジしてみようかな。

投稿: でつ | 2007年4月 6日 (金) 23時40分

でつさま
日本庭園、伝統的な和室、日本の美、いいですね!
お肉は赤身なので、いくらでも食べられますよ。
野菜作り、お花、小鳥の写真、、忙しくなりますね。

投稿: ナベショー | 2007年4月 7日 (土) 09時03分

片栗の花・・薄い紫なんだ、
書院つくりの家、心の雑念を払い落ち着きそうです、
時が止っているような空間、好きだな~!
茶畑もいいね!

投稿: bee83 | 2007年4月 7日 (土) 16時20分

やっぱりカタクリの花って素敵ですね。恥じらいながら
うつむいている様は、、、まるでさぁ~、なんと申しましょうか。

いつの日か、牧の原台地へ行って
カタクリの花にお目見えしたいものです。

投稿: なぎさ | 2007年4月 7日 (土) 19時16分

Bee83さま
ちいさな隠居の離れ屋を作るなら、こういう書院作りの建物がいいですね。
もうそんな機会はないけれど、、、、
何も飾りは無いけれど、全体が落ち着いた美しい空間、、、これぞ日本の美ですね!

投稿: ナベショー | 2007年4月 7日 (土) 19時53分

なぎささま
恥ずかしそうに、うつむいてる様、、まるで数十年前の、、、ですね~
カタクリの花、、実は初めて見ます。

投稿: ナベショー | 2007年4月 7日 (土) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/14584053

この記事へのトラックバック一覧です: カタクリの花と牧の原お茶の郷:

« 筍料理だよ! | トップページ | ホッケの干物でムニエルを! »