« 春の花 | トップページ | ワラビのマヨネーズサラダ »

2007年4月10日 (火)

青春18キップの旅 設楽が原の合戦場跡と長篠城

Img_8634syuku_1 

 本来ならば、昨日に青春18キップで出発し、豊橋から飯田線で織田・徳川連合軍と甲斐武田軍の合戦跡、

設楽が原と長篠城を見て、伊那の高遠城址跡の日本一の桜(丁度今週が満開)を見学、

一泊して本日に甲府の武田信玄ゆかりの史跡を見て帰る予定であった。

 残念ながら、事情があって昨日の出発が不可、青春18最後の日の本日出発、設楽が原のみの日帰りの旅となった。

 三河東郷駅で下車、徒歩十数分の設楽が原決戦場跡に着く

信玄の死後、武田から徳川に寝返った奥平貞昌が守る長篠城を15000の軍勢で包囲した武田勝頼Img_8642syuku_4  Img_8649syuku_2    

 落城寸前に織田、徳川の38000の援軍到着

 長篠城の数Kmの設楽が原に長さ2km近くの馬防柵をめぐらせて、三千挺の鉄砲で武田騎馬軍団を殲滅させたという

 織田、徳川の援軍が来た時、退却すべきか、戦うべきかの議論があったが、勝頼と彼を支持する家臣達は対決することを決断した。

 信玄以来の古くからの重鎮たちは敗戦を予感し、死を覚悟して酒を飲みまくったという。

 大河ドラマではここまでやるのかな?

 山本勘助が死んで、勝頼の代になってからのことだから、、、

 この地に当時の織田・徳川軍の築いた馬防柵が復元されている。

 この戦いで戦死したのは織田・徳川軍6000人、一方武田軍は12000人といわれる。しかし、徳川・織田軍の犠牲者の大半が足軽・雑兵にとどまっているのに対し、武田軍は信玄以来の重鎮たちが戦死した。

 また、この周囲には、戦死した武田の重臣たち武将の墓があちこちに点在している。

 山県昌景、内藤昌豊、馬場信春、原昌胤、真田信綱、土屋昌次、高坂昌澄、、、、  Img_8638syuku_1 Img_8640syuku_1         

 ここから、約1時間、歩いて長篠城へ向かうImg_8659syuku Img_8662syuku                              

 包囲された長篠城から抜け出し、岡崎城に救援を要請し、帰途に武田軍に捉えられて 磔になった鳥居強右門Img_8665syuの墓、長篠城の後ろは、切り立った崖、Img_8671syuku_1 昔の築城の基本になっている         

 無人の長篠城駅から、豊橋行き電車に乗り帰途に着いたImg_8687syuku Img_8690syuku                         

 飯田線上り電車は青春18の旅、最後の日、

 旅姿の熟年夫婦や一人旅の若者や元気な老人、女性だけの数人グループでほぼ満員

 車内は、青春18キップの旅の話題で盛り上がっていた。

 西焼津駅からまだ満開を少しだけ過ぎた桜を見ながら自宅へ車を走らせた。Img_8698syuku Img_8706syuku       

 徳川家康が鷹狩りをして、藤枝の田中城で鯛の天婦羅を食べてお腹をこわし、間もなく死亡したという田中城跡の六間川沿い堤防の桜は美しい

 何処も桜は散ったといわれるのに、静岡でも藤枝、焼津は寒いのだろうか?

 ことしの春の青春18キップの旅はこれでおしまい!

「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

  

|

« 春の花 | トップページ | ワラビのマヨネーズサラダ »

コメント

こんばんは
日帰りになって残念でしたね…。
古戦場あと…岡山で有名なのは秀吉の水攻めですかね…
宇喜多関係は数多くありますが…遠い昔に斬りあった場所、今の生活からはかけ離れていて、きっと想像以上の光景が広がっていたのでしょうね

投稿: あむせ | 2007年4月11日 (水) 00時11分

おはようございます。

三河東郷から寒狭川を渡り長篠城までの道は、歴史そして里山の景色を満喫できるよいところだと思います。

平日の飯田線も賑わっていますね。電車も3月のダイヤ改正で国鉄時代の車両から新しい車両に変わりましたね。

川沿いのサクラも美しいですね。先日行った岡崎市内伊賀川のサクラを思い出しました。

投稿: ぞう | 2007年4月11日 (水) 05時35分

あむせさま
なんでもギリギリというのは良くないですね。
岡山は、昔、倉敷のツデーマーチというウオーキング大会に4回くらい毎年参加して、吉備国分寺や吉備津神社など、吉備路を歩きました。
こんどは青春18で行ってゆっくり秀吉の水攻めの跡を見たいものです。
戦国の武将達、、死を前に何を考えていたのだろう、、、など想い巡らせながら、、

投稿: ナベショー | 2007年4月11日 (水) 16時12分

ぞうさま
丁度、火曜日は設楽が原歴史資料館も長篠城城址跡保存館も休館でした。
今度は早朝出発して、もう少しゆっくりと散策したいと思っています。
ほんとに飯田線はいっぱいでした。
飯田線の車内の車掌さんは、みな若くて、感じに良い人ばかりですね。

投稿: ナベショー | 2007年4月11日 (水) 16時20分

ほんとにバカ殿様のおっしゃることにはついていけんワイ
と重鎮たちは苦い杯を飲み干したことでしょうね。

風林火山、目がはなせなくなりましたね。晴信がタッタッタと歩くところなんか、すてき~!
家臣も言いたいこと言うし、カーチャンもヨメハンもなんだかんだとけん制してくるし、、ほんとにもー、管理職はタイヘンですねー。

投稿: なぎさ | 2007年4月12日 (木) 08時42分

なぎささま
昔も今も、上に立つ者はたいへん、、ずけずけ文句をいう古参社員
家に帰れば妻が偉そうにふるまう
ナベショーも今は楽です、、、!
ますます強くなっていく妻の態度を軽くやり過ごして耐えるだけですから、、、

投稿: ナベショー | 2007年4月12日 (木) 09時04分

歴史の勉強になりました~いつもありがとうございます。
今回のは、結構わかりましたよ~
マグロ君の一番尊敬する歴史上の人物は・・・信長なんです~!

新しい発想と行動力が大好き~本も7~8冊読みました~!


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年4月12日 (木) 10時32分

マグロ君さま
今回のは歴史上有名な合戦場跡、それにしても武田の武将達の墓があちこちに点在、、鉄砲で傷つき、あちこちで命果てたのでしょう。
信長は凄い人、あの時代に何処から自由で創造的、革命的発想が出てきたのでしょう。
設楽が原、長篠の合戦には詳しいんですね。

投稿: ナベショー | 2007年4月12日 (木) 18時01分

詳しい・・・ほどでは・・・お恥ずかしい~!

信長は、世界で一番早く政教分離を実行した人物で
日本人で初めて、地球が丸いと認識した人物であったらしいですよ~

釈迦に説法でしたか~?

とにかく、すごい人・・・!

でも、信長が本能寺で、はてず・・・後数十年生きていたら・・・
と考えるだけで、わくわくします。

日本は変わっていましたかね~?


ぽちっと!

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年4月13日 (金) 11時59分

マグロ君さま
釈迦に説法だなんて、、、いやいや勉強になりました。
堺の商人やポルトガルの宣教師から、世界の状況や知識を得ていたのでしょうけど、合理的な思考が出来るのは凄いです。
だからこそ、有能であることは十分認めて重用してたにもかかわらず、古い秩序や文化にこだわり続けた明智光秀に、我慢が出来なかったのでしょう。
もし、生きていたとしたら、自ら神になろうとした信長に対抗して、イエズス会が九州、中国のキリシタン大名を支援した大きな争いが起こり、日本はポルトガルの植民地になっていたかもしれませんね。
むしろ、秀吉、家康とバトンタッチしたことは、日本にとって良かったのでしょうね。

投稿: ナベショー | 2007年4月13日 (金) 13時24分

そういう見解もありましたか~

ポルトガルの植民地に・・・・

マグロ君はもっと合理的な強い国に・・・なんて思ってました~

あまいですね~

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年4月14日 (土) 12時56分

マグロ君さま
少なくとも九州、あるいは長崎くらいは、マカオや香港のようになっていた可能性はあります。
しかし、歴史にもしもは無いけれど、多くの起こりうる可能性の中の一つ、一つの連続が現実の歴史なんですね。
もし、ポルトガルが九州キリシタン大名支援と称して大船団を組んで攻めてきて、再び神風(台風)が吹いて、信長はポルトガルに勝つ可能性もあったでしょう。
そうだったら、一番楽しい可能性なんですがね。

投稿: ナベショー | 2007年4月14日 (土) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/14636172

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18キップの旅 設楽が原の合戦場跡と長篠城:

« 春の花 | トップページ | ワラビのマヨネーズサラダ »