« ナベショーの旅の記事が雑誌に! | トップページ | マツバウンランの花 »

2007年4月28日 (土)

人参の葉っぱのかき揚げ

Img_9555syuku

リンゴの花

暖かい静岡でもリンゴは実る

高さ4~5mの木に成長した。

5月のGW前に、美しい薄いピンクの花が咲く

花カイドウや姫リンゴの花とほとんど同じである

このリンゴの種類は新冨士、、、、暖かいためか8月中旬に収穫

ジャムやアップパイで楽しむ

今朝も5時起床、、、、

 昨日と同様に数Kgの葉を刈って、茶工場へImg_9548syukusyou Img_9550syuku Img_9553syuku 昨日の失敗の原因をいろいろ考えて、生葉を炒って乾燥さす条件を検討した。

 出来た!

 数量が少ないので、途中の工程を省略したところもあるが、基本的にクリアーできたと言える。

 まだ、茶園の葉が十分成長していないので、たくさん刈れない。

 2~3日後には、30Kgの生葉を刈って、生産機のフルスケールで工程を流してみよう。

 ナベショーが20~30歳代の若きし頃、化学会社の工場や研究所の中規模試験設備を使って、

 多くの新製品の試作に全力投球してた頃を思い出す(家族をほったらかしにして、、、)

 幸か不幸か、顧客がついてしまって、期限までに数トンの製品を納入しなければならない

 数リットルのフラスコスケールから、数百~数千リットルのセミコマーシャルスケールにアップ、予想外の様々な問題が出てきて、なかなか製品が出来ない。

 毎日、胃が痛むような日々、半徹夜が続く、、

 期限までの納入は、とても不可能。

 営業担当者は顧客の矢の如く催促にあれこれ言い訳に苦労する、、、

 「急に消防の検査があるので、設備を動かせない、、、何とか数日、待って欲しい」とか、、

 若い頃に、こういう修羅場を幾度も経験することは必要である。

 上司の方たちの貴重なアドバイスや支援で切り抜けられることもしばしば、、、、

 どんな困難なことが起きても、何とかなるさ、、というクソ度胸ができる。

 若かりし妻も、「夫は仕事で幾日も家に帰ってこないこともある」ということを学ぶ。

 60歳を過ぎて、ささやかではあるが、同じような青春時代の胸のときめきと達成の喜びを経験できるのは楽しいことである。Img_9561syuku

 夕方、畑へ行って、もう終わった人参と春菊を引いて耕した。

 春菊の柔らかい葉を棄てるのはモッタイナイので、葉っぱを全部採って最後の収穫とした。

 花が咲かないように、どんどんと芽を摘むと、さらにどんどん新しい芽が出てくる

 もう堪能したからいいだろう。 

人参もわずかだが残っていたので、引いてしまった。Img_9577syuku          

 かなり、大きな人参、、たくさん収穫できた。

 種を蒔き、小さな間引きを胡麻和えで楽しみ、たくさんの人参を収穫した。

 この青々した葉っぱ、、、棄てるのはモッタイナイな~

 しかし、堅そうだから、、、、

 耕した後は、大生姜の種芋を植える予定

 紫玉ネギ、、、大きくなってきたので、待ちきれずに一個だけ収穫Img_9569syuku

 まだまだ、大きく成長しそうである

 この玉ネギの茎も柔らかくて、食べられそう、、

 紫玉ネギは普通の玉ネギと異なり、辛さが少ない

 だから、スライスを生で食べるのに、水で曝さ無くても良い。

 さて、夕方、畑から帰ったら、妻が、今日は「鶏でも焼きましょうか」

 鶏もも肉に塩胡椒して小麦粉まぶして、サラダオイルとバターで焼いてローズマリー風味に、、、

 今日の人参を二つに切ってオーブンで焼いて付け合せ、、Img_9586syukku                           

 今日の春菊の胡麻和え、紫玉ネギのスライスにオカカをかけて醤油で、、、Img_9588syuku Img_9584syuku       

人参の葉っぱ、人参の葉っぱ、、、このまま生では堅いし、、、Img_9587syuku                

 茎も葉っぱも、、、ザック、ザックと刻んで、水で溶いた小麦粉と混ぜて、油でカラッとなるまで揚げてかき揚げにした!

 塩をパッパと振って、、、、、う~ん 美味しい!

 立派な一品だね。Img_9343syuku

 しかし、この夫婦は、キッチンでまな板とガスレンジを取り合いしてると思ったら、

 コチョコチョといつの間にか適当な料理が出来上がってるね~

 モンタの夕食のカリカリもお忘れなく、、、

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« ナベショーの旅の記事が雑誌に! | トップページ | マツバウンランの花 »

コメント

りんごの木を(なにを血迷ったか)3本も買いました。首尾よく実がなるとは思っていませんが、小さな花が咲いてくれればいいな~、と思っています。ブロック塀の内側ですし、日当たりは良くないし、狭いし、大木になったらどうするの?と思わないでもなかったけれども、、、。

3割引きだし、じつは売れ残ってるのが、いと哀れなり、というところだったのです。りんごの木って、薪ストーブで焚いたらとってもいい匂いがするそうです。だからりんご園では剪定するはしから、誰かが持っていってしまうんだそうです。実はこれがお目当てです(^^♪

投稿: なぎさ | 2007年4月28日 (土) 22時54分

なぎささま
薪ストーブで焚くとは、、、何と酷いことを、、、、
リンゴは意外と立派な実がなるものですよ。15年前に植えた「アルプス乙女」という矮小化したリンゴの木、3m以上大きくならなかった。可愛いポンポン玉くらいの甘さ濃厚なる初恋の味の実が毎年鈴生り、花も綺麗、、、でも根元をかみきり虫に食われて枯れました。
いま咲いてる新冨士、、大きな実を数十個収穫できます。
なぎさ様のお庭のリンゴ、、きっとリンゴジャムを作って、ご近所に配って歩くほど実るでしょう。

投稿: ナベショー | 2007年4月28日 (土) 23時47分

意外と立派な実がねー。では楽しみに待つことにいたしましょう。
王林、つがる、と書いてありました。なんでもペア・ペアで植えた方がいいそうですから、もう一本植えませんか?

薪ストーブで焚こうとしているのは、剪定して落とした木切れのことでございますよ^^

投稿: なぎさ | 2007年4月29日 (日) 21時28分

なぎささま
五島は静岡より涼しそうなので、きっと良い実がたくさんなるでしょう。
もう一本ね~ アルプス乙女を再度植えてみようかな。
ストーブで焚くほど剪定したら、坊主になりそう、、、

投稿: ナベショー | 2007年4月29日 (日) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/14868541

この記事へのトラックバック一覧です: 人参の葉っぱのかき揚げ:

« ナベショーの旅の記事が雑誌に! | トップページ | マツバウンランの花 »