« 幻のお茶 | トップページ | 「ナベショーのお茶」が出来たよ! »

2007年5月 9日 (水)

ボンタンの花

Img_0062syuku

ユキノシタ

花、花と上ばかり探してたら、足元にも咲いてたよ。Img_0060syuku

 小さな花なので「、アップで撮るのがたいへん難しい!

 でも可愛い花は大文字草に似て、美しい。

 庭を歩くと、爽やかな良い香りが漂ってくる

 そうです!

 蜜柑の花が咲き始めた!!!!

 やはり、最大のでっかい花は、なんといってもザボン、ボンタンである。Img_0053syuku

 花の直径4~5センチ、、

 まだ木はそれほど大きくはないが、2~3年前までは、大きな実が2~3個なった。 

 緑の皮は厚いが、実はグレープフルーツのように美味しい。

 しかし、それっきり、何故実をつけないのだろう?

 今年の冬はたくさんの寒肥を根元に施した、、、さて効果のほどは?

 ナベショー理論だと、肥料が不足すると、植物の生存本能が働いて、実をつける、、、、なんだが???Img_0054syuku

 柚子の花

 ナベショーの故郷の家には、大きな古い柚子の木があり、たくさんの実がなった。

 数年前に、柚子の苗木を植えたて、昨年は花が一つ、今年は三つ、、、

 木は三メートルくらいになったが、実がなるのは、まだ数年先だね!

 ボンタンよりは可憐な美しい花だね。 

 青島ミカンの苗も3年前に植えた。Img_0059syuku                     

 木はそれほど大きくはないが、花はたくさん咲いた。

 きっと今年は実がなるよ!

 今年は、デコポンと甘夏ミカンの苗を植えた!

 他に、数センチの小さなミカンの苗を山で見つけて、庭に植えたら、今は2メートル近くに成長した。

 刺が鋭いので、たぶんレモンの木に違いない、、、間違ってもカラタチではありませんように!

 これらの柑橘類の花は蜜蜂が大好きである。

 蜜蜂の飼育が上手になったら、柑橘類の花蜜だけを採取したい。

 さて、ボンタンで思い出した!

 室生犀星の作品「或る少女の死まで」 

 室生犀星の作品は「杏子っこ」など好きなのがたくさんあるが、短編の「或る少女の死まで」は涙なくしては読めない!

 ボンタン実る樹の下にねむるべし

 ボンタン思えば涙は流れる

 ボンタンは遠い鹿児島で死にました

 ボンタン九つ

 ひとみは真珠

 ボンタン万人にかわいがられ

 いろはにほへ  らりるれろ

 ああ らりるれろ

 かわいいその手も遠いところへ

 天のははびとたずねて すずめのお宿

 ふじこ来ませんか

 ふじこおりませんかImg_0073syuku_1

 モンタよ!

 ナベショーのスリッパを返せ!

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 幻のお茶 | トップページ | 「ナベショーのお茶」が出来たよ! »

コメント

柚子の花・・・素敵に撮れていますね!
前回のクルメツツジも美しい花ですね。
ナベショーさんのお庭はすごく広いんですね。
その手入れだけで大変そう・・・

投稿: MONA | 2007年5月 9日 (水) 22時56分

 17日ぶりにブログに復帰しました。お久しぶりです。
 文旦は,僧侶だった父が四国巡礼の折、接ぎ穂をどこかで戴いてきて接木し、すでに子供の頃、何本もたわわに実を付けておりました(ブンタンといっておりましたが)。父がナベショー様のように植物好きでしたから、可能な限り、ありとあらゆる果樹類が家の周辺に植わっており、おやつは手で直接もぎ取る果物類で、友人達から羨ましがられたものです。
 ブンタンは大好物です。特に中身を取り出すとき、ポロッと袋から離れるところも気に入っています。家を離れてからも、毎年実家から送り届けられていました。それが叶わなくなってからは高知のブンタン農家から取り寄せました。日本を離れてからまだ一度も味わっていませんが、ボンタンの記事を拝見してとても懐かしくなりました。ナベショー様のボンタン、今年実を付けるといいですね。

投稿: はなあかり | 2007年5月10日 (木) 01時15分

柑橘の花尽くしですね。
柑橘類は香りが良いのだけれど、どうも花が大雑把に思えませんか。
木の方では、「実が美味ければいいんだろう」と言っているような気がしてなりません。
それと、新品種新品種と次から次へと配合して売り出していますが、食べるほうでは「きよみ」も「甘夏」もそのほかも区別が付かなくなりました。

投稿: オラケタル | 2007年5月10日 (木) 07時20分

MONAさま
今の時期、庭の草が直ぐ伸びてしまう、、除草剤は蒔きたくないし、、
草引きしなくてすむように、花の綺麗な野の草を、庭のグランドカバーにしてるのですが、、、ボクが倒れたらこの庭は一月足らずでジャングルになるね。

投稿: ナベショー | 2007年5月10日 (木) 07時24分

はなあかりさま
お帰りなさい!
南フランスでの休暇、素晴らしい港の景色、美しく拝見させていただきました。
ボンタンは思い出多き懐かしい果物だったんですね。
お父様が世話された果樹がたくさんのすばらしいお庭、今も健在ですか?
ボンタンの厚い皮を利用した砂糖漬けも美味しいですね。

投稿: ナベショー | 2007年5月10日 (木) 07時34分

オラケタルさま
柑橘類の花、、確かにそのとおりです。
特にでっかいボンタンの花は、お世辞にも美しいとはいえません。
しかし、どれも香りは素晴らしいです。
新品種が多いですね。
子供の頃は酸っぱい夏みかんに砂糖つけて食べてたのに、、、

投稿: ナベショー | 2007年5月10日 (木) 07時49分

そうでした、老茶師K氏のお茶が、本当に“幻”なんですね。

PCで、そのお茶の総てをコピーして、ナベショー様のお茶の一部に毎年ペーストしていけたらいいのにねぇ。

柑橘の花・オンパレード、そのうち柑橘の実がオンパレードで、次はジャムがオンパレード。
楽しみにしていま~す。

投稿: ば~ば | 2007年5月10日 (木) 10時12分

ぼんたんの 花ってこんなに奇麗なんですね~

果実が美味しい物って、果実のみが注目されますが~
花も捨てた物ではないですね~
先日、ば~ばさんのブログでも、ジャガイモは当初、花の観賞用だった事を知りました~

この花も観賞用でも、いけますね!


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年5月10日 (木) 17時33分

ば~ばさま
お茶が終れば、畑、果樹、ジャム、、、忙しくなりますね。
ブログの題材に困ることが無いのはありがたいです。

投稿: ナベショー | 2007年5月10日 (木) 20時15分

マグロ君さま
観賞用しては、花が大きすぎて可愛げがない、、、
でも、香りがいいですよ!
バレーボールくらいの丸いおおきな実がぶら下がってるのは、見ものです。

投稿: ナベショー | 2007年5月10日 (木) 20時20分

こんばんは!
九重連山をドライブして、三つ葉のつつじ、2種
紫色のをありがたく頂いてきました。
さっそく挿し木しましたが、どうでしょうか。

木々に薄紫の藤の花が巻きついていました。
道端のお店でエビネ蘭を3本買いました。
五島まで抱えてくるのがたぁ~いへんでした。

投稿: なぎさ | 2007年5月10日 (木) 21時04分

なぎささま
GW明けのなぎささまの休日でしたか。
三つ葉ツツジの挿し木、、根が出てつくといいですね。
もうボツボツ根が出始めてるか、どうか、自分だけではなく、皆が引っこ抜いて見るので、駄目にしてしまう、、、
どこか誰も知らないところに置いていかないと成功しないでしょう。
エビネ蘭まで、、良いお買い物が出来ましたね。

投稿: ナベショー | 2007年5月10日 (木) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/15014822

この記事へのトラックバック一覧です: ボンタンの花:

« 幻のお茶 | トップページ | 「ナベショーのお茶」が出来たよ! »