« 「ナベショーのお茶」の包装が出来た! | トップページ | 「ナベショーのお茶」完売しました! »

2007年5月13日 (日)

一人で楽しむお茶

Img_0280syuku

アケビの実

 庭のピラカンサに巻きついたアケビ、、、Img_0284syuku_1

 あんなにたくさん花が咲いたのに、今のところ、実らしきものはこれだけ、、、まだバナナみたいな1センチくらいの!

十分手の届くところ、、

今年こそ、ヒヨトリに食べられないように、、、

ネット被せて守らなくっちゃ!

 ナベショーのマンションでの単身赴任生活、食後はリグライニングシートでくつろぎ、美味しいお茶を淹れて飲みながら、TV見たり、本読んだり、、、

 ヤカン一杯沸かした湯がいつの間にか空になるほどであった。

 一人で楽しむお茶、、、      

 Img_0343syuku これは、ナベショーが単身赴任時代、一人でお茶を楽しんでいた時の茶道具一式である。                         

 一人用の湯冷ましと急須は姫路城前広場でのフリーマーケットで安く購入 

 その後、この美しい湯冷ましは備前焼の初代小西陶古氏の50年前の作品であることが判明

 急須は、同じく備前焼だが作者は不明、蓋がないけれど、非常に使いやすい。

 茶葉の広がる様子や、お茶の香りもよくわかる。

 湯飲み茶碗は、中が白くないと淹れたお茶の色がわからない。

 それで益子焼きのぐい飲みを茶碗に転用して使っている。

 日本の煎茶だけでなく、中国茶もこの茶器で淹れて飲む。

 所謂、茶道のほかに煎茶道なるものがあり、道具や作法も決まっているようである。

 しかし、お茶は日常生活の中で気楽に飲むもの、

 この程度の茶器で、美味しく淹れることさえ会得すれば十分なのである。

 この湯冷ましを手に入れる前は、蕎麦汁を入れる器を使ってた。

 陶芸家の作品展などで、チョット気に入ったものを購入したり、骨董市や、地方の古い道具屋などを覗いて購入したり、、

 ささやかな小遣いの範囲でのコレクションも楽しいものである。

 今日は母の日なんだね。

 妻の依頼で12人の奥様達にナベショーのお茶を淹れた。

 1~3人くらいのお茶を淹れるのはいいが、12人となると、全て感が狂ってしまう、、、

 なんとなく濃いお茶が出てしまった。

 今日は妻と義母は留守、

 今日の夕食Img_0309syuku

冷蔵庫に鶏腿肉があった!

庭からミツバを一握り採ってきて、親子雑炊

土鍋に羅臼昆布で出汁をとり、鶏肉を切って入れる。

 醤油、塩、味醂、酒、塩で味付け、ご飯を入れて、ミツバを入れ、最後に卵を溶いたのを入れる

Img_0318syuku_2   

ミツバの香りが良くて、美味しい

同じような雑炊として、蟹雑炊、シラス雑炊

など、いずれもミツバが良く合う

Img_0323syuku 夕食後にお茶をたくさん飲んでも、眠れなくなるということは無い。

モンタは昼間はほとんど眠ってる

 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 「ナベショーのお茶」の包装が出来た! | トップページ | 「ナベショーのお茶」完売しました! »

コメント

メール、ありがとうございました~
確認しました~

ナベショーさんのお茶味わう為の・・・茶器も必要ですね~

姫路・・・・出てくると・・・なんか嬉しいですね~


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年5月14日 (月) 10時25分

マグロ君さま
特に必要ではありませんが、最初はありあわせの器でお茶を淹れて、、、そのうち少しずつ器にも関心が出てきて、、、気がつくとのめり込む、、、でも自分流ですが。
お茶も同じか、、、美味しいお茶を探し、、そのうち自分で作りたくなり、、、遂に茶園借りて自分で揉む
姫路、、瀬戸内海の町はいいですね。

投稿: ナベショー | 2007年5月14日 (月) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/15061400

この記事へのトラックバック一覧です: 一人で楽しむお茶:

« 「ナベショーのお茶」の包装が出来た! | トップページ | 「ナベショーのお茶」完売しました! »