« 茶樹の台下げ作業 | トップページ | 久しぶりの関西 京都の散策 »

2007年6月 2日 (土)

今も竹の子が美味しい

Img_0991syuku

フルーツセンテッド・セージ

 ナベショーの庭の一角には、ハワイにいる長女が作ったイングリッシュガーデンのエリアがある

 毎年、名前の知らないハーブ類が芽を出して、梅雨の涼しい季節がくると、大きな株に成長し、赤や青、白い花を咲かせ、晩秋まで楽しませてくれる。

 しかし、ナベショーは本を見なければ名前がわからない。

 竹の子といえば、4月の旬の頃から、ず~と今も採ることが出来る。

 真竹の竹の子をハチクというが、4月にでてくる孟宗竹も太い竹の子が出た後も、次々と細いのが出てくるのである。

 それを適当に根元からポンポンと折ってくる。307_0770syuku               

 包丁といっても、薄くて大きい牛刀が便利、 

 す~と二つに切って、皮を剥ぐ

 元のほうの節の部分は硬いので、節の両側と先端の柔らかい部分だけを取る。

 一本、一本は細いけれど、たくさん採ってくると、結構 たくさんになるよ。

 

 308_0805syukusyou これを茹でて冷蔵庫に保存する

 柔らかくてエゴくない

 お味噌汁、煮物、胡麻和え、炊き込みご飯、ちらし寿司、、、、、

 ほんとに美味しい!

 ナベショーは山へ行けば手ぶらで帰ってくることは無い。

 縄文時代にタイムトリップしても、生きていけるだろうな~

 掘りたての新ジャガイモと一緒に肉ジャガを作った(妻が、、、、)Img_1004syukusyou   

 この竹の子はどんどん成長するが、夏までに根元からばっさり切ってしまう

 来年からは、もうすこし小まめに山へ行き、この細い竹の子を採ってこよう

 真竹のハチクは八百屋に売ってることもあるが、やはり鮮度が問題!

 こういうのは掘りたてでないと、時間が経つにつれてエゴくなる。

 定年退職後は田舎に住もう!

 毎日、毎日 自然の恵みがいっぱいあるよ!Img_0971syuku                  

モンタはやはり猫だね!

外へ出ると野性の獣の顔、

家の中にいるときと表情が一変する

今日もブログの更新、頼むよ!

花でない話題が多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。                     

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 茶樹の台下げ作業 | トップページ | 久しぶりの関西 京都の散策 »

コメント

郷里に帰られているんですね~♪
同窓会?楽しんできてくださいねーー

三島・・・良いところですね!
ナベショーさんの写真が素晴らしいのかも・・・
行ってみたくなりました。
でも、いろいろな想い出があるのですね。

投稿: MONA | 2007年6月 3日 (日) 00時51分

わたしね、小さい頃は筍食べたら
いつも蕁麻疹がでるので
食べられなかったの。

今は大丈夫になりました。
若竹汁が大好きです。

筍って取れたては生でも
美味しいってきいてます。

一度食べてみたいんですよね。

わたしね・・・明日、畑デビューするの
みんなには秘密なの。
ナベショーさんにだけにこそっとね♪

投稿: れおぽん | 2007年6月 3日 (日) 01時01分

ハチク・・・美味しそう~先日、
清里の知り合いから、いただいたのですが・・・

もって帰る事ができず・・・(会社から・・・その日は、寄るところがあって)

同僚にあげてしまいました~後悔!

食べたかったな~


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年6月 3日 (日) 10時14分

ハチク、今年は八百屋にもずいぶん出ました。

ナベショー様のように、自家製のメンマは夢ですが、出来るだけ時期のうちにと思って食べてます。

今日は、煮物と炊き込み飯です。

投稿: ば~ば | 2007年6月 3日 (日) 16時16分

MONAさま
帰ってきました。
三島は美しい街です、、
町の周囲がまだ田園だった頃の農業用水の川を、町が大きくなり生活排水で汚染されたのを、住民の努力で再び昔の川によみがえらせた、、、
訪れるには、梅雨の季節が良いですよ。
実際の美しさの数分の一も写真では再現できません。
是非、行ってみてください。
そうそう、、楽寿園に珍しい花「チェリーアイリス」が満開です。(初めてみる花ですが、どこにも載っていない)

投稿: ナベショー | 2007年6月 3日 (日) 16時58分

MONAさま
帰ってきました。
三島は美しい街です、、
町の周囲がまだ田園だった頃の農業用水の川を、町が大きくなり生活排水で汚染されたのを、住民の努力で再び昔の川によみがえらせた、、、
訪れるには、梅雨の季節が良いですよ。
実際の美しさの数分の一も写真では再現できません。
是非、行ってみてください。
そうそう、、楽寿園に珍しい花「チェリーアイリス」が満開です。(初めてみる花ですが、どこにも載っていない)

投稿: ナベショー | 2007年6月 3日 (日) 16時59分

れおぽんさま
蕁麻疹、もう大丈夫になってよかったですね。
竹の子は、掘ってからの茹でるまでの時間が勝負!
掘りたては生でかじっても美味しいし、エゴ味もありません。
山で、先っぽだけを採って皮むいて、その場で天婦羅して食べるとおいしいですよ。
どんな畑かな!
レビュー楽しみで~す。

投稿: ナベショー | 2007年6月 3日 (日) 17時21分

マグロ君さま
ハチク、、、惜しかったですね!
マグロ君様の今度の新居の近くには竹藪は無いですか?
とにかく1mでも2mでも伸び竹の子の先っぽだけ30センチくらい折って持って帰る、、

投稿: ナベショー | 2007年6月 3日 (日) 17時26分

ば~ばさま
ハチクは八百屋さんにも並んでいますね。
ハチク料理、、旬の料理、美味しいです。

投稿: ナベショー | 2007年6月 3日 (日) 17時32分

毎日楽しみに除いていますよ。
「真竹の竹の子をハチクというが」 真竹とハチク(淡竹)は別物です。ナベショーさんの写真は真竹です。淡竹の終わり頃に真竹が出てきます。食べては淡竹の方がやわらかくて美味しいようです。淡竹は真竹のようなまだらの模様がなく小豆色を薄くしたような色一色です。。しなりは真竹の方が良いので竹細工に多く使われていますが、扇子などは淡竹を使う場合があるようです。私の所では淡竹をよく食べて真竹はほとんど食べません。ナベショーさんの所にも淡竹が有るはずですから、是非食べ比べてください。竹に成ると淡竹は孟宗竹の様に少し白っぽくぼやけていますのですぐ分かると思います。
これからも楽しい記事をお願いします。

投稿: 仙水 | 2007年6月 3日 (日) 20時14分

お出かけだったのですねー。
でもモンタ君が記事を書くとはどういうことでしょう??

投稿: なぎさ | 2007年6月 3日 (日) 21時54分

仙水さま
竹の子の種類、教えていただきありがとうございます。
ハチクとは淡竹とかくのですか、、、
真竹の竹の子をハチクと思い込んでおりました。
竹藪にいろんな竹の子が出てきますので、こんがらかってしまいます。

投稿: ナベショー | 2007年6月 4日 (月) 00時27分

なぎささま
不思議でしょう、、、
モンタ君が記事を書いて更新するとは、、、、
モンタもこういう留守のとき、役立ってもらわねばね~

投稿: ナベショー | 2007年6月 4日 (月) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茶樹の台下げ作業 | トップページ | 久しぶりの関西 京都の散策 »