« せせらぎの街 三島 | トップページ | 今も竹の子が美味しい »

2007年6月 1日 (金)

茶樹の台下げ作業

Img_0977syuku

 わが庭の唯一の花菖蒲、、、昨日つぼみだったのが、本日開花

 降り出した雨に濡れて美しい。

 黄菖蒲にどんどん勢力圏を広げられて、花菖蒲はかろうじて一本残るのみ

 でも、一番良いタイミングに咲いてくれた。

 ナベショーの茶園は一番茶も終わり、新しい芽が成長して、どんどん伸びている。

 本来ならば、きれいに整枝して、6月末に出揃う新芽を刈って二番茶にする。

しかし、ナベショーは二番茶はやらないので、この時期に深く枝を切り下げる。

これを台下げという。

一心三葉、とか一心二葉といって、お茶を摘むときは、先端のまだ開いていない芯芽とその下の二つか三つの柔らかい葉のところで摘む

 摘んだ後にその下の葉と茎のところから、また新芽が成長する。

 数年すると、次第に茶樹の高さが高くなり、枝も分かれて、細い枝から新芽が出るようになる。

 そうなると、一番茶の新芽の濃度は高いが、葉が貧弱になる。

 数年度に、太い枝のところまで、深く切り下げるのである。Img_0925syuku

この時期、汽車の窓から見える緑の茶園のなかに、褐色に見えるところがそうである。

 昨年、下のほうを半分の台下げをしたが、夏には新しい芽が出て成長した。

 昨年は、7月のはじめに、庭の桃の木の枝から落ちて腰椎圧迫骨折なるものを経験し、二ヶ月ぶらぶらしてるうちに、茶園は背丈ほどの草で覆われた。

 今年は、きちんと世話したいものだ。

 でも、すごいでしょう!

 ほんとに枯れ木のようになってしまうのです。

 Img_0922syuku この一人用の枝払い機を両手で持って、茶樹を切り下げていく       

直径一センチ以内の枝なら、切れてしまう。

 切り下げた枝の切り口のところから、すぐに新しい芽が出て、成長するのです。

 肥料は一番茶が終わった後に施してある。

 大量の刈られた枝や葉も、腐って腐葉土と生る。夏の強い日光の下、ぐんぐん成長して太い茎が伸びる。

 農協が推奨する年間施肥マニアルと消毒マニアルには、いささか疑問がある

 一番茶、二番茶、夏茶、秋茶、、、一年に4回も収穫して製茶をするのならば、それだけの肥料、養分が必要だろうが、一番茶だけ収穫するのだったらそんなに肥料はいらないのでは、、、、と思う。

 消毒も高温多湿の夏の間、葉が病気でやられて、多少は木が弱るが、秋にはきれいに整枝して春の新茶、

無農薬でも大丈夫なのでは、、?

 もっとも、農協のマニアルどおりやってたら、農家は経費倒れになってしまう。

 儲かるのは農協と肥料会社、農薬会社だけ、、、

 植物は多少、いじめて厳しい環境下に置かれた方が、植物は生存のために 必要な成分を生産し、香りも良くなるのではないか、、と。

 中国の有名なお茶は、害虫のウンカに葉をわざと食べさせる

 そうすると、茶葉は悲鳴をあげて、よい香りの成分を生産するのだそうだ。

 さわやかなみどりの香りに渋みと甘味が調和した伝統的な煎茶に、

 花のような高貴で上品な香りがほんのりと漂うお茶、、、、、これがナベショーの追求するお茶である。

 従来のお茶生産の常識にとらわれる必要は無い。

 道楽でやってるから、儲け無くてもよい。

 いろんなアイデアにチャレンジ、 一年に一回のチャンス!

 ただ、我が家と親戚が一年間飲むには、あまりに多すぎるお茶が出来てしまうので、

 ブログの読者の方々には、、軽トラの燃料代程度の ご協力をお願いできれば幸いでございます。

 来年はどんなお茶が出来るだろうか!

 皆様 お楽しみに!Img_0818syuku_2

  ナベショーは卒業50年の丹波の田舎の小学校の同窓会

 みんなの顔がわかるだろうか?

 モンタはお留守番、ブログの更新、お願いだよ!

  花でない話題が多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。                     

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« せせらぎの街 三島 | トップページ | 今も竹の子が美味しい »

コメント

こんばんは
今頃は丹波ですね(*^_^*)
恐竜ブームですねぇ。。。
 
義父から野菜の一番最初に実ったものは小さいうちに食べちゃう!かわいそうでも食べちゃう!といわれました。そうすると、しまった!いっぱい実らないと子孫が残らない~と野菜が感じてたくさんなるんだとか。
そういいながらもきゅうりさんを日々眺めています(笑)

投稿: でつ | 2007年6月 1日 (金) 23時05分

こんばんは、ナベショーさん。
新幹線で東京に戻って早速拝見をさせて頂きました。

これからも、見させて頂きますね。

なお、小生もホームページを持っております。
宜しければ、アドレスをお送りいたしますので、一度メールを頂ければと思います。

それでは、また。

投稿: in-taunus | 2007年6月 2日 (土) 01時44分

でつさま
でっかい恐竜の完全か骨格の骨がそろって発掘されたら楽しいでしょうね。
ナスもキュウリも初生りがもうすぐ収穫できそうだけど、多きくしたら駄目なんだ!
さっそく、明日採って来ます。

投稿: ナベショー | 2007年6月 3日 (日) 16時33分

in-taunusさん
あの時間に大阪から東京へ帰ったんですね~
お仕事ご苦労様です。
ぜひ、ホームページを拝見したいですね。

投稿: ナベショー | 2007年6月 3日 (日) 16時43分

天気が悪い雨降りは風が強く波が高いことが多いので漁には不向きですが、波さえ穏やかであれば大丈夫だと思います。でも平均して雨降りは漁が薄いようです。 

話は変わりますが、きれいな、楽しいブログですね時間がないのでなかなか返事はできませんがまた見させてもらいます。いつも福一でお買い物して頂きありがとうございます。

投稿: 福一 岡田 | 2007年6月28日 (木) 00時24分

福一 岡田さま
いつも早朝から夜半まで、よく頑張りますね~!
ついつい衝動買いをしてしまうので、一週間に一度だけ、買いに行き、いろんな魚料理をするのを楽しみにしてます。
先日の大きな金目鯛は美味しかったです。
普段はお買い得の安い魚しか買えませんが、よろしく、、、

投稿: ナベショー | 2007年6月28日 (木) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« せせらぎの街 三島 | トップページ | 今も竹の子が美味しい »