« 久しぶりの関西 京都の散策 | トップページ | 「ナベショーの香る番茶」 完売しました! »

2007年6月 4日 (月)

50年ぶり、小学校同窓会!

Img_1125syuku

6月2日、小学校を卒業して50年ぶりの同窓会 ほんとに楽しみにしてた。

日本海若狭湾に注ぐ由良川の支流の上林川流域に上林という静かな山里、、

クラス44名、一年生から6年生まで一緒にすごした。

今と異なり、当時は中学卒で就職する人も多かった。

京都から山陰本線に乗り、綾部へ、、Img_1100syuku Img_1103syuku

たぶん同じ列車にたくさん乗ってるはずと思って見るが、わからない。

綾部駅に着くと幹事さんが会場の温泉のバスを用意してくれていた。Img_1110syuku

バスの前に集まってるクラスメイト、、、わからない、わからない、、特に女性はわからない

50年ぶりだもの、、、無理ないか、、

廃校になった小学校に全員集合、記念写真と今は和紙の研修センターとなった校舎の見学

6年生のときに新しく建て直された校舎、、 

                                                       Img_1114syuku_1 Img_1116syuku_2                           

二宮尊徳の銅像も残ってたImg_1120_1 Img_1123syuku                                     

地元の新聞社が取材、記念写真をとって、さらに奥地の山の中にある「綾部温泉」の会場へImg_1131syuku_1 Img_1136syuku_1

                 

 44名のうち2名が亡くなり、42名、そのうち男女同数ずつ34名が集まった。

 地元の7名が幹事、多くは京阪神に在住、、

 みんなの住所を調べるのが本当に大変なことだったらしい。

 男はそれなりに昔の面影があり、名前と顔が一致してきたが、女性はみな62~63歳とは思えないほど、若々しくて美しいご婦人ばかり、、半数近くが50年前の面影が思い出せない。

 集まった中で、もっとも誰かわからなかったのがナベショーであったとみんなが言う。

 小学校1~2年のときは肺結核で一年間、学校を休んでたし、

 体が弱かったので、みんなと一緒に運動したり遊んだりすることも無く、

 図書館で静かに本読んですごす、静かで目立たなくて影の薄い子だったのである。

 それぞれが、苦労も、喜びも、いろんなことがあった50年の半生、

 このクラス会に出席できたこと、幸せなことなんだと、、、いう思いをかみ締める

 数年後の再開を約束して散会

 綾部温泉に一泊して、翌日静岡の帰途に着いた。 

花でない話題が多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。                     

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 久しぶりの関西 京都の散策 | トップページ | 「ナベショーの香る番茶」 完売しました! »

コメント

50年前の小学校、なんだかしんみりな気分になるよ。昔お父さんが体の弱い目立たないこだったなんて今のお父さんしか知らない人には想像がつかないよね。今は健康で性格も正反対だし、でも本を読んだり、一人で色々することがすきなのは変わらないのかもね。私も最近お父さんそっくりな自分に遭遇する場面が多々あり、複雑な気分。親子だもんしょうがないか。

投稿: LAの娘 | 2007年6月 4日 (月) 00時40分

京都に行かれてたんですね~

同窓会・・いいな~マグロ君は一度も体験してません~
無精な幹事が多くて・・・・

やってみたいです~同窓会!

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年6月 4日 (月) 09時54分

こんにちは
50年ぶりの同窓会、いいですね!
わたしの場合、女子高・女子短大だったので、同窓会ってなんだかファッションショーっぽくって・・・・。
それがいやで、一度行ったきりです。
でも、何十年も経ったら行きたくなるかも!?

投稿: hiroko | 2007年6月 4日 (月) 16時12分

LAの娘さん
男として、このままの内向的な内気な子ではいけないと思い、中学校くらいからバレーボールの部活をやったり、長距離走をやったり、生徒会長に立候補したりして、少しづつ意識して活発に行動するようにしました。
社会に出てからは仕事での自信と実績が人との関わりでの精神的な支えになりました。
でも、人間関係では、「和して同せず」、、常に覚めた目で自分を見てたよ。
本質的には内向的、一人でこつこつが好きです。

投稿: ナベショー | 2007年6月 4日 (月) 17時46分

マグロ君さま
まだ若いうちは自分自身のことでいっぱい、、同窓会どこではありませんね。
年とって寂しくなってくると、同窓会が恋しく、たのしくなるのです。
やっと昔を楽しく思える心境になるのかな、、、、
それとも、残された大変な老後の人生を励ましながら生きていくためなのか、、、

投稿: ナベショー | 2007年6月 4日 (月) 17時54分

hirokoさま
男子校だったら最悪、だれもこないかも、、、
男女共学はいいですよ~
同窓会はやはり50歳代になってからがいいのでしょうね。
年取るとね!
同窓会では、あの静でおとなしかったクラスメイトの女性がしゃ~しゃ~と「私、あの頃、ナベショーさんにホノ字だったのよ~」なんて言うのですから、、

投稿: ナベショー | 2007年6月 4日 (月) 17時59分

「 ふるさとの山に向かいて・・・ふるさとの山はありがたきかな」の心境ですね。心の底から楽しまれたことと思います。良かったですね。
 私は今では、高校は毎年、小中も毎年、45歳過ぎた頃から年毎に頻度が増してきました。海外の為なかなか参加できませんが、‘ホの字’のお話は、あちらでもこちらの席でも、と笑いが止まりません。その場に行った途端、ウン十年の壁は一瞬にして取れ当時の顔に戻ります。みなお互いの当時のことを覚えておりますので、格好をつける人もいませんし、同じ立場で底抜けに楽しいひと時が展開されます。
 42名中34名出席は素晴らしいですよね。幹事さんの大変なご努力が伺えます。
 

投稿: はなあかり | 2007年6月 4日 (月) 19時30分

はなあかりさま
長い人生、いろいろあったけど、こうして同窓会に出て懐かしい人たちと会えるということは、今幸せなんだな~、、、としみじみ思います。
34名の参加というのは実にすばらしいことです。
幹事さんたちの努力とともに、特に参加した女性の方たちのご主人が、みな優しい方ばかりなんだ、、と思いました。
海外にいらっしゃると、なかなか参加できないのが残念ですね。
私たちの場合、大学のクラス会は、海外の研究機関にいる数名が学会などで日本に帰ってくる時に合わせて、よく集まりました。

投稿: ナベショー | 2007年6月 4日 (月) 20時57分

わたくしも海外暮らしが長くて、、(兄姉からは、五島は海外とみなされてまして)同窓会にはなかなか出席できませんでした。これからは積極的に出ていくとしましょうか。

「なぎさクン!キミのこと好きだったんだよ~~~!」なぁんて告白されたらどうしよう?相思相愛だったのかもしれないのにィー残念!!

投稿: なぎさ | 2007年6月 4日 (月) 22時17分

なぎささま
ご婦人の方々は、皆様お若くて美しく、とっても素敵なんですが~
男性はね~ メタボリック何とか、、ですっかりハゲかツルテンかゴマシオが多く、、、、
憧れの君もそうなってないことを、、、、

投稿: ナベショー | 2007年6月 4日 (月) 22時47分

同窓会へ行く日のために、今から磨きをかけておくことに
いたしましょう。ジュエリーも必要ですね!

投稿: なぎさ | 2007年6月 5日 (火) 12時53分

なぎささま
ジュエリーね~、、、
島の強い太陽の紫外線、健康そうな小麦色のお肌に、真っ白な真珠、、さぞ美しく映えることでしょう!!

投稿: ナベショー | 2007年6月 5日 (火) 17時36分

真珠? ノーノー、燦然と輝くダイやモンドですわ!
(夫に購買力があるかどうかが問題ですー)

投稿: なぎさ | 2007年6月 6日 (水) 08時02分

なぎささま
燦然と輝くダイヤモンド、、、!
「なぎささんって、どこかの小さな島にお嫁に行ったと聞いてたけど、すっごいお金持ち、資産家のおうちだったのね~、、幸せそう、、知らなかった!」、と
女の同級生から、嫉妬とやっかみの険しい視線を浴びることでしょう。
米粒ではなく黒豆くらいのダイヤじゃないと、、

投稿: ナベショー | 2007年6月 6日 (水) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの関西 京都の散策 | トップページ | 「ナベショーの香る番茶」 完売しました! »