« スモモでジャム作った! | トップページ | 千葉山からドウタン原へ »

2007年6月22日 (金)

千葉山 智満寺の十本杉

Img_2106syuku

 国道1号線藤枝バイパスを走り、島田ICで左に下りると島田バラ園、右に折れて、約7Km、千葉山方面の道標にしたがって進む。

 山の中の折れ曲がった坂道を進むと、やがて千葉山 智満寺の駐車場Img_2064syukuImg_2069syuku  Img_2068syuku

 急勾配の石段を登ると仁王門と立派な茅葺の本堂

 創建は奈良時代、修験場の霊場である山岳寺院として栄えた。

 境内の左から続く、よく整備された山道を登ると薬師堂

 頂上まで約20分、見事な杉の大木群は見ごたえがある。

Img_2079syuku_1 Img_2078syuku  十本杉といわれる樹齢800年から1200年の杉の大木群 国の天然記念物に指定されている。

 この「よりとも杉」は源 頼朝が戦勝祈願の記念に植えた杉という。Img_2072syuku

 これらの大木を一本一本探し訪ねて山道を登るのも楽しい

 これほどの大木が10本、それ以外の杉の木も、100年から数百年は経てると思われる木ばかりである。

 山道はよく整備されているので、マムシに噛まれる心配はないと思われるが、、注意にこしたことはない。

 美しい杉林に見とれて登るうちに頂上に着くImg_2082syuku Img_2080syuku  Img_2084syuku

 頂上には、小さな奥の院があり、その周囲には、特に古い大きな杉の木が数本ある

 ちょっと他では見ることは出来ないよ。

 1000年以上にわたり霊場として、自然が保護されたのあろう

 落雷や台風などの自然災害にも耐えて、これらの大木が生き延びたのである。Img_2086syuku                      

 これらの大木の幹の中はどうなってるのだろうか?Img_2109syuku                         

 この割れ目の中を見ると、中は完全に腐ってガランドウであった。

 薄皮一枚でかろうじて木を支えているのであるImg_2096syuku                          

 これは、もともと縄で囲んだ幹の太さがあったのだが、とうとう腐って倒壊!

 どの木も幹の中は同じなのだろうか?Img_2092syuku Img_2093syuku                               

 一度、屋久島へ行って縄文杉も見たいね

 この数倍の太さがあるのだろう、、、

1 000年以上の風雪に耐えた杉の古木群を見ると、厳粛な気持ちにさせられる。

 頂上から杉林を下って行くとやがて、展望台にいたる。Img_2117syuku_1                    

 焼津、大井川、島田、金谷方面と駿河湾が一望であるImg_2164syuku

展望台を下るとつり橋を渡り、ペンションの前に出てくる。

 ここからの展望もいい。

 ペンションの横からハイキングコースを歩くとドータン原である。

Img_2225syuku_1 

モンタ君 明日も記事の更新 お願いよ!

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。                     

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« スモモでジャム作った! | トップページ | 千葉山からドウタン原へ »

コメント

すばらしい大木ですね~。
圧倒されます。

私は生まれが山口で気候的に
あまり針葉樹がない地域でそだったので
こういうまっすぐな木をみると
いまだに、わくわくします。

オットも無類の「源氏好き」なので
いつか、ここにいってみたいです~。
教えていただいてありがとうございました!

投稿: 華子 | 2007年6月22日 (金) 21時50分

昔子供のころいつも遊んでいた社宅の公園に3本の大きな木があったんだけどある日学校から帰ってきたら幹から切り倒されていた。べつに樹齢何百年の木ではなかったけれどなんとも言えない寂しさに思わず涙が零れたのを覚えてる。その後そこは自転車置き場になって子供たちの自転車がずらりと並ぶことになるのだけど。生まれたときからずーっと雨の日も風の日も、はたまた雷が落ちても、一歩も動かず黙ってじっと立っている。何があっても、皮一枚になっても生きることをあきらめない、木ってすごいね。

投稿: LAの次女 | 2007年6月23日 (土) 00時55分

立派な木ですね~!

昨日、ば~ばさんに、蜂蜜頂きました~

まだ、食べてませんが・・・楽しみ~

昨日は、ば~ばさんとムシコさんと・・結構、呑みました~


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年6月23日 (土) 16時04分

華子さま
東京から東名で2時間少々、、是非、ご家族一緒に見にきてください。
山道はよく整備されて、なだらかなので、小さい子供にも簡単に登れますよ!

投稿: ナベショー | 2007年6月24日 (日) 18時45分

LAの次女さま
表皮一枚でなお1000年の風雪に耐えながら、なお生き続けている老木、ついに寿命がきて倒壊した樹、これらの樹を見ると厳粛な思いにさせられる、、、樹齢1000年、、、半端な数字ではないね~
今度帰国したときは、是非見に行こう!

投稿: ナベショー | 2007年6月24日 (日) 18時54分

マグロ君さま
毎日、外で飲んで食ってばかりしてると、奥様と子供さんたちに、いつの間にか蜂蜜全部食われてしまうよ!
すっごく美味しいんだから!

投稿: ナベショー | 2007年6月24日 (日) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/15501109

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉山 智満寺の十本杉:

« スモモでジャム作った! | トップページ | 千葉山からドウタン原へ »