« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

久しぶりに東京へ!

Img_4445syuku

一見、百合の花に見えるが、ハマユウやアマリリスのような葉の間から、

花茎が伸びて、夏水仙のような花の集合体!Img_4456syuku_2                           

Img_4454syuku_3 次々と、毎日、新しい蕾が膨らんで開花する                         

ピンクのハマユウかと思ったが、ハマユウとはちょっと花の形がことなる、

          

葉の形や花のつき方がハマユウ(ハマオモト)に似ているImg_4403syuku                       

そういえば、7月20日にアップしたイスメネ(ヒメノカリス)にも似ているねImg_3852syuku             

これらは、葉が出る時期と花の咲く時期が異なるヒガンバナや夏水仙と同じ「ヒガンバナ科」の植物であろう。

昨日朝、静岡はすごい雷雨と集中豪雨に見舞われた、、

午後、東京へ行ったのだが、列車のダイヤが大幅に遅れて、ぐちゃぐちゃであった。

会社時代,広島の工場の開発センターでの部下だったM課長さんと新入社員のSさん、、

今は、外資系会社との合弁会社の社長と営業部長、、、

しかも46歳になったSさん、学生時代から付き合っていた女性と結婚、、一ヶ月目

定年退職して遊んでるナベショーと、同じく同僚のYさんの二人で、Mさんの社長就任とSさんの結婚をお祝いする会である。

しかし、年金生活者の我々は、現役のMさんSさんに日本橋の立派な中華料理店でご馳走になったのである。

帰りの最終新幹線に乗りたいと言うのに、少しだけだからと、Yさんとよく行った銀座のマリさんのいるお店へ無理やりに、、、、

結局、静岡へは帰れなかった、、、

優秀で思いやりがある部下を持つと、幸せである

12時をはるかに回った深夜、Yさんのマンションに泊めていただいて、朝もご馳走になって、昼前に藤枝に帰ってきた。

今日は暑いがさわやか、、、日陰に入ると、涼しい風が、、、、

蜜蜂は、3群とも、「時さわぎ」、、、、巣箱の前は数百、数千の乱舞する若い蜜蜂

新しく生まれた蜜蜂が、先輩から自分の箱の場所を覚える試験飛行なのである。

数秒間、巣箱の前に向かってでホーバリングした後、数回弧を描いて高く高く大空向かって飛んで行く、、、Img_4501syuku Img_4498syuku

最近は、天気の良い午後は、毎日のように「時さわぎ」

どんどん、若い蜜蜂が誕生してる証拠、、、うれしいことである。

春以来、休み無く花蜜を集め続けた働き蜂は、寿命が来て、夏の猛暑に中、どんどん死んで、新しい蜂と交替してるのである。

働き蜂は寿命が来ると、巣箱から遠く離れたところへ飛んでいって死ぬ。

いや、もう飛べる力が無くなって、ヨタヨタと、巣箱から遠いところへ地面を這っていく蜂もいる。

あるいは、仲間の蜂が加えて、遠くへ運んでいるのも見かける。

そうした死骸は蟻が綺麗に掃除してくれる

そうして、巣箱の中や周辺を美しく保っている。

カラスカレイの煮つけImg_4502syuku                            

カラスカレイは体長1mにもなる大型のカレイ、

北極海や北太平洋に分布し、カナダ、アラスカ、北欧から輸入されている。

一般にカレイは淡白であるが、このカラスカレイは脂が乗ってて、とろけるほど美味しい。

単身赴任時代、カラスカレイの冷凍切り身を良く買った。

中でも、尻尾の部分だけを集めた超安いのを、すかさず買いだめ、、、

大好きなカレイである。Img_4505syuku                            

モンタの真剣なまなざし、、、

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

いよいよヒヨドリが、、、!

Img_4464syuku

キュウリ、かぼちゃ、茄子、大豆、ジャガイモ、、、、野菜の花は数々あれど、

その美しさにおいて、胡麻の花に比べうるものは無い!

産毛のようなやさしい毛、薄いピンクと白の可愛い花、、、、、

もっと花をアップで撮りたかったのに、ピントを合わすところが見つからず、

中途半端な写真になってしまった。

でも、その美しさは十分伝わったのではないでしょうか!

もう少し開墾して、畑が広くなったら、ナベショーも胡麻を植えてみよう。

庭の葡萄、、、デラウエアー、100個くらい袋がけしたが、今朝、ついにヒヨドリに1個やられた。Img_4476syuku

まだ、袋の中の実は青くて熟してはいない

ヒヨドリも、袋の中の葡萄が、どれくらい熟したか、偵察にきて、一個の袋を破って試食したようだ。

実は昨日の朝にも、一個食べられていた、、

葡萄の樹、全体を防鳥ネットで覆わないと全滅する。

ナベショーが退職前に勤務してた会社の工場では、プラスチックの防鳥ネットを製造してたので、幅2m、長さ数十mのネットを分けてもらった。

昨年は多いに威力を発揮、ヒヨトリとのバトルに買ったのである。Img_4480syuku   

 夏から秋にかけてイチジクも熟し始める。

 これも、ヒヨドリとの争奪戦、、だまし、だまされの駆け引き、、

後一日置くと完熟、、、と思ったら、ヒヨドリが早朝食べてしまう。

ちょっと一日ばかり早いが収穫するか、、、と夕方に採ってしまう

このやり方で、昨年はほぼ3割くらいやられたが、何とかヒヨドリとのバトルに勝利を収めることが出来た。

イチジクシロップ煮を作るには、完熟より、少々早めに収穫したものが、上手に出来る。

以前は、磁石をたくさんぶら下げたり、お目目の風船、カラスの人形、きらきらのCD、、、まったく効果なし!

キラキラの反射テープを運動会や盆踊りよろしく、樹の周囲に張り巡らせたが、これも効果なし!

葡萄の実を仕込んだ釣り針をたくさんぶら下げたが、実だけ器用に食べてしまう

葡萄に防鳥ネットを被せるのも、完全にすっぽりと2重に被せて、下のほうの隙間をなくさないと、隙間から進入して、実を食べて、そっと出て行く、、

定年退職後のシニアーライフ、、毎日の生活にストレスは無いが、唯一、このヒヨトリとのバトル、、、

怒りで頭にきて、本気でエアーガンを購入して、ヒヨトリを打ち落とすか、、、と思ったこともある。

結構ストレスであったが、ヒヨドリとのバトル、どちらが勝つかの知恵比べ、、、と思うようになってから楽しくなった!

昨年度は、ほぼナベショーの完勝だったが、今年は如何に!

Img_4487syuku モンタがヒヨドリを追っ払ってくれるといいのだが、、、

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2007年7月29日 (日)

蓮の実

Img_4413syuku

公園に一重のムラサキ色のムクゲが咲いていた。

最近は、八重の豪華な改良種の花が多いけど、シンプルな清楚な感じの一重の花が好きである。

子供の頃、同級生が学校へ蓮の実を持って来て、

その実をほじくりだして生のまま食べたのが最初であった。Img_4360syuku

当時、蓮の実以外にも、菱の実とか、いろんなのを学校に持ってきて、休み時間にみんなで食べた

実を,ほじくりだして、一個、一個、皮を剥いて食べるのが楽しかった!

蓮池の蓮の花は今も咲き続けている。

一個の花に蜜蜂が数十匹も群がって、せっせと花粉を運んでいる

花蜜は炭水化物のエネルギー源であるが、花粉は蜜蜂にとってはたんぱく質のようなもの、

幼虫の成育にとっても、成虫の蜜蜂にとっても、大切な食料なのである。

そうした蜜蜂の受粉作業により、蓮の花が散った後には、実がいっぱい詰まった蜂の巣のようなのが出来る。

まだ、少し早いかな~と思ったが、道路から手の届きそうなのは、すぐになくなってしまう。

高い樹の枝から果物を採るための長い柄のついたハサミで、落とさないように数個採った。Img_4370syuku

穴から中の緑色の実を取り出す、、、、美しいどんぐりのような実

このまま食べても美味しいが、半分は油で揚げて、あと半分は茹でた。Img_4374syuku Img_4377syuku          

油で揚げると、自然に外側の殻から中の白い実が飛び出す

茹でたのは、ナイフで切れ目を入れて白い実を取り出した。

パッパと塩お振って、いただく!!!!

栗のような、、、枝豆のような、、、トウモロコシのような、、、何と言うべきか!!!!

殻は渋いが、中の白い実は美味しい。

蓮の実は中華料理に使われる食材、、おこわご飯に入れると美味しいそうである。

蓮の実は、もう少し実が熟して、どんぐりのように殻が堅くなってから採取したほうがいいかな?Img_4474syuku

旅行中、モンタの登場がなかったので、今日は大サービス、、ドアップで!

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

今日は参議院議員選挙、、、当然の結果ながら、安部首相の超保守的な考え、やり方が、いかに民意からずれてるかを、反省してもらいたいものだ!

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

青春18切符の旅 天竜ライン下り

Img_4242syuku

2007 7月26日 青春18切符の旅 第3日目 天竜峡 ライン下り

朝、8時20分 の乗船に間に合うように、8時前には船着場へ、、、Img_4245syuku

船頭さんやガイドのおねえさん達、、、出港の準備中

客は我々夫婦のみ、、、貸切!

次の10時20分や午後の船は、団体さんたちで、かなり満席のようである

いざ出発、、、下流の唐笠港まで約10Km 1時間の船旅である

Img_4238syuku

川の両側は切り立った岩、、                      

あのホテルは高いだろうな~ 二人で泊まると4万円!Img_4258syuku

 まあ、年金生活者には、ふさわしくないな~Img_4262syuku

水量も多く、台風4号の増水による水の濁りもかなり良くなったが、エメラルドブルーというには程遠い。Img_4289syuku

岩の上の形の良い松の木Img_4295syuku   両岸にはヤマユリの花が美しい                

急な流れも,、櫂をこいで、船をImg_4311syuku操る、、                              

川の岩肌には、岩タバコがピンクの花を咲かせている                       

Img_4316syuku

川の深みで投網の実演Img_4318syuku     大きな鯉がかかったが、網を破って逃げてしまった! 

ガイドのおねえさんが、天竜下りの歌を上手に歌って披露してくれたImg_4309syuku_3            

存分に船下りを楽しみ、終着の唐笠港に着き、船はエンジンで川を遡って帰っていくImg_4320yuku_2 Img_4325syuku   

約1時間の待ち合わせ、、10時9分の上り電車に乗り、豊橋へ、、

途中の徐行、、、台風4号の大雨で線路の頭上から落下し、線路をとび越して、下の道路に落ちた石Img_4344syuku

電車を直撃したら、ひとたまりもないだろうな!

なんだかんだと、最終日以外はよく歩いた青春18切符の旅でした。

猛暑の中、20Km二日間 40Km歩いたことで、すっかり自信をつけた妻、、、

以後 毎朝、毎夕、ちょっと一時間、○○山まで歩こう、、、と引っ張り出されるナベショー!

モンタはいい子してお留守番してました。

Img_4358syuku

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年7月27日 (金)

青春18切符の旅 佐久間から天竜峡へ

Img_4097syuku_2 

2007 7 25 青春18キップの旅 二日目

佐久間から北条峠(ホウジ峠)を経て水窪へ、 さらに天竜峡

昨日、佐久間ダムを上から眺めたが、今日は下からダムを見上げてみたい、、、と!

天竜川の流れに沿った川岸の道をダムに向かって遡って行く

途中、落石の危険性があるため、注意を要す

Img_4085syuku

昨日、上の道路から見下ろした赤い吊橋が美しい

Img_4088syuku Img_4095syuku                          

真下から見上げるダムは、でっかい

道はここで終わり、、、ここから先は湖底である

左手上には、渥美半島へ伸びる豊川用水へ水を供給するパイプライン

前方にはダム建設のために天竜川の水を下流に流した放水路のトンネル

Img_4110syuku Img_4107syuku

実は今日、ダム湖に沿って県道を約20数Km、大嵐(おおぞれ)駅まで歩く予定であった。

ダムが出来るまでの飯田線は、ここを通っていたのである。

かじか荘の主人より、途中土砂崩れのため不通とのこと

ご主人が車で、佐久間から水窪への峠の道を、北条(ほうじ)峠まで送ってくれたImg_4135syuku 、、

途中の展望より

この雄大な谷は、日本の本州を南北に横切る中央構造線(フォッサマグナ)である

Img_4136syukusyou Img_4140syuku

北条峠で、親切に心からのもてなしをしてくださった「かじか荘」のご主人と別れた。

後は、JR飯田線の城西駅まで、峠をひたすら5~6Km下るのみ、、、Img_4160syuku Img_4153syuku Img_4177syuku Img_4166syuku

ヤマユリが道々に咲き乱れ、岩肌には珍しい岩タバコの可憐な花、山道には山紫陽花をたくさん見ることができた。

ついに県道に出て、城西駅についたが、すでに下りのJRには間に合わなかった。

駅の近くの、お蕎麦屋さんImg_4190syuku 「茶のこ」でお蕎麦を食べた。Img_4185syuku                      

「笊蕎麦しか出来ないよ」、、、と言って奥に引っ込んだ爺さん、、、

なんのなんの、蕎麦の上に乗っかってる天婦羅は「えごま」「べにばなぼろぎく」「くろきくらげ」の山菜天婦羅、

上のお皿のは、こんにゃくの天婦羅、、

横のお皿は何とか言ったな~

焼いたお握りにくるみの味噌が塗ってある、、、、五平餅

こんなに美味い笊蕎麦、、、初めて食べたよ!

このご主人の柳沢さん、、自ら仲間と釜入り茶を作り、紅茶を作り、柚べしも、、、お土産物として売っている

ナベショーが蜂蜜やってることを話すと、「あんたの蜂蜜をこの店で売らせて欲しい」と!

「来年の春、たくさん採れたら連絡するよ」

お店で珍しい柚餅子(ゆべし)を買った。Img_4357syuku                  

柚子の頭を切って、中を繰り抜き、そこへ味噌、胡桃、山椒などを詰めて蒸す。

蓋をして、日陰で冬の寒さの中、数ヶ月間乾燥させる。

この冬は作ってみよう。

さて16時前まで、汽車は来ない、、、

水窪駅、またはその手前、向市場駅まで5~6km 歩くか!

再び、猛暑の炎天下、国道152号線を歩くImg_4191syuku                            

 飯田線が水窪川の中を大きく弧を描いて走る美しい箇所である

 やがて、対岸に水窪の町が見えてきた。

 妻のご機嫌の悪さも極に達し、ここまで、ほとんど口を聞かない。

 少し、休憩するか、、、といっても「また汽車に間に合わなくなるでしょ!」

 Img_4204syuku とムキニなって歩く、、、                                    

駅舎について、約30分待つうちに、ついに電車が入ってきた。

後は、約一時間、天竜峡まで、

途中の小和田駅、、静岡、長野、愛知 三県の境Img_4346syuku                           

 美しい天竜川に沿って、天竜峡駅まで存分に景観を楽しませてくれて、妻の機嫌も直った。

今夜の宿泊は天竜峡温泉 割烹旅館「喜久文」Img_4223syuku_2                        

すごいお屋敷、、庭もすごい、、、

20年前の建屋を若干手直しして割烹旅館にしたそうで、若い息子夫婦と父親でやってるみたいであった。

今日も 25043歩 歩行距離20Km

猛暑の炎天下、良くぞ歩いたものぞ!

温泉にゆっくり浸かって、汗を流した。

旅館のお料理は!Img_4227syuku

画面が暗くて残念だが、鯉料理を主に、野菜の煮物、揚げ物、、魚が苦手な人のための野菜と肉の鍋料理、、、

いづれも、味付けもしっかりして美味しい料理であった。

Img_4228syuku Img_4229syuy Img_4231syuku Img_4232syuku Img_4233syuku                              

鯉のこってりと甘い煮つけ、酢味噌で食べるさっぱり鯉のアライ

いずれも、ナベショーが田舎で子供の頃の懐かしい料理である。

野菜料理も美味しかった。

昨日の「かじか荘」の主人が言っていた

「海に近い旅館、ホテルでは、海の美味しい魚料理をふんだんに出せるが、山の中では、そういうわけに行かない、、、

それに山の料理は、どうしても、海に比べて色とりどりの華やかさが無く、地味な茶色が主になってしまう。

夏は鮎や山女  冬は猪や鹿 鍋 山菜、野菜、、その中で料理の工夫を凝らさねばならない、、、」

なるほど、、昨夜の「かじか荘」では鮎料理を中心に、山の珍味で工夫を凝らした、洗練された美しく繊細な、美味しい料理を食べさせてくれた。

今日は、天竜峡の鯉料理を中心に、美味しい野菜料理をしっかりと味わうことが出来た。

毎日のナベショー料理もいいが、たまには、こうした工夫を凝らした美味しい料理もいいね~

今晩も、ビールと美味しい冷酒のためか、TV 見てるうちに、いつのまにかぐっすりと眠ってしまった。

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年7月26日 (木)

青春18切符の旅 飯田線の佐久間ダム

Img_4046syuku

青春18切符の旅  JR飯田線 佐久間ダムへ

2009 7 24(火)

西焼津 8:45→浜松9:40 9:49→豊橋10:22 飯田線10:43→中部天竜12:32 着

徒歩にて佐久間ダムへ 約1時間

という計画であった。

飯田線は、この2~3年数回乗ってるので、車窓の眺めもおなじみであった。

それで、ついつい 山本 一力の直木賞受賞作「あかね空」を読みふけっていた。

妻が、「あなた! 佐久間駅だけどねえ、、ぼつぼつじゃ~」

え~ 佐久間は中部天竜駅の前だったか、あとの駅だったか、、、??

一瞬 頭が混乱、、、ドアが絞まって走り出したとたんに我に返った。

すでに遅し、、佐久間は中部天竜駅の次の駅である。

長~い、長~いトンネルを延々と走り佐久間の次の駅「相月」に着いた。

当然、そこで下車するしかないね~

上り電車は14時前、、、こんな暑い中で、何もせづに座って待ってるより、中部天竜まで歩いて戻るか!

飯田線の駅間は2~3Km 遠くても5~6kmである、、といわれているのだが、、、

実は、この区間だけは汽車が長いトンネル、道路は水窪川に沿って大きく迂回、約20Kmあったのである。

国道152号線にそって深い谷底を流れる水窪川、、美しい岩の数々の素晴らしい景観

だが、妻のご機嫌は、梅雨明けの暑さとともに、悪くなり、ナベショーをなじること、なじること!

旅にハプニングはつきもの、、ハプニングそのものを楽しみに変えることが肝心、人生も同じだぞ”!

どうだ! この美しい景観は!Img_4031syuku

水窪川が天竜川と合流する地点から国道473号線を佐久間に向かって、、、

まだまだ5~6kmはあるぞ、、、

妻のご機嫌が極に達しかけたころ、水窪方面からきたタクシー

佐久間にはタクシーは無く、ラッキーであった。

運転手さんが神様に見えたよ!

さらに、その地点からタクシー料金1800円乗って、15時過ぎに、宿泊予定の旅館「かじか荘」に着いた。Img_4034syuku_6                               Img_4035syuku_3                                

かじか荘は気さくな奥さんと話好きなご主人の経営する旅館、、

荷物を置いて、ここから数Kmの距離の佐久間ダムへいく

道路から見る佐久間町の町が美しい

佐久間ダム発電所と飯田線の鉄橋                                   

Img_4038syuku

 

中部天竜駅とレールパーク  残念ながら週末しかオープンしていないらしいImg_4037syuku

日本の古い鉄道を集めている。

本当は、この駅で下車するはずであった。    

佐久間ダムまではいくつもの暗いトンネルを歩いていかねばならない。Img_4043syuku          

かっての道路、ダム建設の工事道路、美しい赤い橋が眼下に見える

ついに姿を現した佐久間ダム 

Img_4056syuku_2

昭和33年竣工、、工期3年で完成、高さ155、5m 堤頂長293.5m 最大発電力35万キロワット

当時で日本一を誇った。

しかし、当時は安全管理の意識が無く、工事現場で保安帽やヘルメットをかぶる作業者や技術者も少なかった。

指導もあり、ようやく保安帽をかぶるようになったという。

しかし、殉職者は96名であった。Img_4061syujku                                

堤頂道路から放水側を見下ろす、、、

とにかく、この佐久間ダムの写真を撮るのに苦労するのは、カメラの望遠ズーム(18-200mm)を18mmの広角ぎりぎりにしても、大きすぎてダム全体が画面に入らないことであった。

ダム湖畔の山の岸には、ギボウシがたくさん群生していたImg_4057syuku                  

妻のご機嫌もやっとなおり、「かじか荘」に帰ってお風呂で汗を流し、猛暑の中20Kmの歩行で痛くなった足を癒して、夕食のお料理を楽しんだ。

ご主人は、浜名湖畔舘山寺温泉の老舗の観光ホテル「九重」の支配人をしていて退職し、佐久間にユーターン、3代続いた旅館を継いで4代目である

お料理は鮎料理と山の素材を生かした、いづれも美しくて美味しいものばかり、ご主人の料理に関するセンスの良さを感じさせられる。Img_4069syuku                                             

天竜川の天然鮎の塩焼き、鮎の南蛮漬け、トンブリのマヨネーズ和え、ゆべし(柚餅子)、岩茸、ふきのとう、茗荷、柚子味噌田楽、茄子の煮物、、、、この写真以外の鯛のお刺身と鮎の揚げ物

いずれも、美味しくて、美しく、珍しいお料理ばかり

ご飯は稗ごはんImg_4081syuku  お酒は美しい容器に入ったかじかブランドの地のImg_4072syuku 冷酒            

青春18切符の旅 第一日目 歩数 23983歩  歩行距離 19.2Km

20時頃にはすっかり寝入っていた、、、、

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

トロロアオイの花、見たことありますか?

Img_4025syuku

トロロアオイの花、、、、見たことありますか?

丁度 オクラとよく似たそっくりの黄色い美しい花、、、

でもオクラの花の5~10倍の大きさなのです。

トロロアオイ、オクラ、ハイビスカス、芙蓉、タチアオイ、ムクゲ、、、

みな同じアオイ科の植物、、よく似た花の形をしている

トロロアオイは1~1.5mの高さに成長、、、

昨年、農家の庭にたくさん咲いてるのを見て、種が出来る頃に、種をいただいた。

この春、5月にポットに種を蒔いたところ、小さな芽が出てきた。

しめしめ、、、と思いしや、ナメクジに根元から食べられてしまった。

かろうじて、残った3本の苗を庭に移したが、いっこうに成長しない、、、

ほとんど、あきらめかけた頃になって、やっと成長し始めた、、

どんどん、大きくなって、美しい花を咲かせて欲しい

トロロアオイの根っこには、ネバネバの糊を含み、和紙を作るときの、紙の繊維の糊剤として、

昔から使われてきた。

ナベショーの会社人生のライフワークはこの糊のようなネバネバ、松脂のような脆い樹脂、蝋燭の蝋、ワックスなど加熱すれば容易に溶けるような物質、、すなわち「オリゴマー」と分類される物質の研究開発と工業化、マーケッテイングであった。

私達が開発した商品は自動車の塗料や接着剤、半導体絶縁材、繊維処理剤、、、あらゆる生活の身近な商品に使われている。

この研究開発をスタートした時に、W大学のS教授をお招きして講演していただいた。

その時の演題が「トロロアオイ」であった。

先生はネバネバの糊「トロロアオイ」の研究では、日本の権威者だったのである。

トロロアオイが芙蓉やオクラのような美しい花であるのを知ったのは、ず~と後であった。

トロロアオイが開花したら、ブログにアップしますので楽しみにしてください。Img_3914syuku          

 この姿勢で寝てると、必ず首が痛くなるよ、、、

 モンタ、、ブログの更新 ごくろうさま 

 次回は青春18切符の旅、旅行記をのせるから、、、

ランキングの応援もお願い申し上げます。

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年7月24日 (火)

干し子貝の中華スープ

Img_3626syuku_1

この白ウサギのお耳みたいな可愛い花は何でしょう?

お隣さんの玄関に咲いていた花

ナベショーは、ず~と前から園芸店に行って無いので、最近の新しい花となると、かいもく分からない

今日は、お昼に、さあ~何を作るか、、?・・?

そういえば、数ヶ月前に、たまたまスーパーで見つけたおつまみ用の子貝の干したのとホタテの稚貝の貝柱の干したのがあったのを思い出した。

3年前の4月1日、中国山東省煙台市から6人の娘さん達が、技能研修生として、会社にやってきた。

彼女達の受け入れ、日本での生活上のこと、工場での教育、、、いろいろあったが、こと生活に関しては、借り上げた借家に鍋,釜、食器、調味料に至るまで、何をそろえればいいか、、、

ナベショーの単身赴任生活の経験は多いに役立った。

買い揃えて準備すべきもの、、すらすらとパソコンに打ち込み、完璧なるリストを作成したのである。

やっと落ち着いた頃、彼女達が家に招いて、ご馳走してくれた。

幼い頃から、家事、料理は家でお手伝いしてるとみえて、非常に上手である。

ぺちゃくちゃにぎやかくおしゃべりしながら、手は忙しく動き、どんどん料理が出来ていく

実は、関空についた時、一人で持てないほどの大きな、重たい荷物を持ってきた。

借家に運びあげるのが、実は大変だった。

一人は、手首を捻挫してしまうほどだった。

彼女達のため、一人ひとりに揃えた冷蔵庫、冷凍庫、整理ボックス、ロッカー、、その中は中国から持ってきた食材で満杯だったのである。

きっと、日本は物価が高くて,食べ物も買えないだろうと、両親が持たせてくれたのであろう、、

そのお招きで食べたスープ、、、とても美味しかったので、ナベショーのデパートリーに加えました。Img_4018syuku

干し子貝(ホタテの稚貝の貝柱でもいいが高い)、水で戻したキクラゲ、クコの実を煮て、貝が柔らかくなったら、醤油、お酒、味醂で味を整えて出来上がり

三つ葉を浮かしたのは、ナベショー流のアレンジ、、刻み葱でもOK

この中華スープ、、実に美味しいのである!

それに、10分以内に出来る、、

しかし、日本では、干し子貝が安く売ってる店がない

たまたま、どこかで偶然見つけると、必ず一袋買うことにしている。

彼女達は後 6ヶ月で実習生の期間が終わり、中国へ帰っていく。

日本語はすごくうまくなってる

一人の落伍者も無く、、 素朴でいい子ばかりだった!

今も時々、電話がかかったり、メールが来る

「オクサント ナカヨク シテマスカ?」

「ハタケ タイヘン ネ」

来年3月末、関空へ見送りに行こうImg_3932

モンタ、ブログのアップ 有難う

 留守中もモンタがブログをアップしますので、引き続きお楽しみください。

ランキングの応援もお願い申し上げます。

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年7月23日 (月)

ヘメロカリスの花

Img_4024syuku

ヘメロカリス

もう幾度かブログにアップしたのではなかろうか、、、?

でも、今朝はとりえわけ見事な大輪のヘメロカリスが、開花した。

直径15センチ以上あるよ!

毎朝、毎朝、新しい蕾が膨らんで、延々と一ヶ月以上の長期にわたって咲き続ける

怠け者ガーデイナーにとってはありがたい宿根草である。

今までは、せっかく咲いても雨で花びらが痛んでいたり、ナメクジがかじっていたり、、

Img_4027syuku  

これは、少し花が小さいが落ち着いた渋い色である  Img_3981syuku_1                                

 さらに小さい可愛い花だが これもブルーサルビアの中で、ひっそりと隠れるように咲いている

Img_3994syuku    

これは何時だか、、、載せたかな~!Img_2218syuku  クリーム色の美しい花である               

ヘメロカリスはカンゾウやニッコウキスゲの仲間の園芸種、、、

これは野に咲いているヤブカンゾウImg_3753syuku                                 

カンゾウは、早春に地面から出てくる新芽を摘んで、茹でて酢味噌和えにする

気づいてあわてて採りに行くと、すでにかなり成長してて葉が堅くなってることもある。

春の食べられる野草の代表的なものである。

今晩は、先週買った新鮮なImg_4029syuku カマスを干物にして冷凍保存してあったのをムニエルにした。

 薄塩で干物にしたので、身が絞まって、美味さが増す

 ローズマリーを載せれば、それなりのメインデイッシュとなる

Img_3927syuku_2 明日から二日間、青春18切符の旅に出ます。

留守中もモンタがブログをアップしますので、引き続きお楽しみください。

ランキングの応援もお願い申し上げます。

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

月下美人の開花!

Img_3969syuku

月下美人の開花

十数年前に会社の方から月下美人の葉を一枚いただき、土に挿して育てた。

数年の間に、さらに増やして育てて、10年後には、4本の2m近くの大株に成長した。

植わった大鉢を冬に屋内に取り込み、春には屋外に出し、鉢の土も交換した。

4本揃って、毎年数十個の花が同時に咲く様は壮観、、、

夜八時過ぎ、ご近所の方に知らせて見に来てもらった。

香りが家の中に漂い、むせるようであった。

しかし、5年前にリンゴの木の葉についた赤星病が月下美人の葉に感染、同時に40鉢あった孔雀サボテンも含めて腐って全滅した。

先日、農家の庭の花を見せてもらった時、蕾が一個ついた月下美人を鉢ごと貰った。

蕾はどんどん大きくなって昨夜、開花したのである。Img_3906syuku Img_3944syuku Img_3950 Img_3960syuku                     

美しい花、素晴らしい香り、、、夜から明け方まで咲き続けて、朝には萎んでしまう。

夜なので蝶が飛んで来ることも無い。

この美しい花は誰に見せようとしてるのか?

今日は畑のキュウリがたくさん収穫できた。Img_4004syuku

お漬物などに4本使った後なので、これプラス4本である。

イボイボとツルツルと白っぽいの、、さあ、毎日キュウリ、キュウリ、、

 今日は、丁度の大きさのばかりであったが、明日になったら、さらに2倍くらい大きくなってしまう。

 即席の中華風キュウリの漬物を作った、

キュウリを適当にぶつ切りし、包丁を横にしてたたいて、塩振って揉んで馴染ませて、ニンニクスライスを加えて、七味唐辛子を振る。

最後にごま油をたっぷり振り掛けて出来上がり、、、

すぐに食べても美味しいが、数時間寝かせるとさらに美味しくなる。

好みで醤油をすこしかけても良し!Img_3999syuku                                  

大根があったので、大根のぶつ切りも加えた。

この即席中華風漬物は、知ってる人も多いと思うが、ほんとに美味しい。

これはキュウリ2本分だけど、一人で食べてしまうね。Img_4002syuku

畑のニンジンの間引き、、、、これくらいになると、

茹でて和え物にするには堅すぎる

捨てるには、実にもったいない

これは、かき揚げにすると美味しいのである。

今晩は妻も義母もいない。

また揚げ物、、、という人もいない

桜海老を買って来て、桜海老とニンジン葉のかき揚げを作るImg_4006syuu

 以前は、天婦羅を揚げる時の、玉子と小麦粉の溶いた衣液を加えていた、、、

 どうしてもかき揚げがパリッとした感触で無い。

 そこで、小麦粉そのものを適当に加えて、混ぜる。

全体がばらばらにならない程度の小麦粉、ほんの少々の水でよく練る

それを少しずつ取って揚げるのである。

カリットした感触のかき揚げが出来る。

ついでに干しシラスと玉ネギ、ニンジンスライス、青紫蘇の同様なかき揚げも作ったImg_4008syuku 。 

ニンジン葉の香りと桜海老の香ばしさ、、、

玉ネギの甘いこと、甘いこと!

美味しいかき揚げである。

このかき揚げは水が少ないので、油も疲れたり、汚れたりしにくい。Img_4012syuku

暑くなってくると、床に寝そべって、昼寝するのが一番気持ちいいようで、、、、

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年7月21日 (土)

美しい花を美しく!

Img_3900syukusyou

ナツズイセン(夏水仙)

春に葉っぱが地面よりたくさん出てきて、やがて枯れてしまう。

夏が来て、何も無い地面から蕾のついた茎が顔を出し、あれよあれよとにょきにょき成長して、美しいピンクの花が開く。

まだ、梅雨が明けず、肌寒い日が続くが、もう7月21日、、真夏なのである。

庭のナツズイセンは、待ちきれずに、今年も美しい花を咲かせた。

美しい花は誰が見ても美しい!

しかし、この美しい花を美しく撮る、、、この当たり前のことが、素人のカメラマンにとっては、なんと難しいことであろうか!

Img_3877syuku Img_3881syuku                              

全体を撮ってもまとまりが無く、一つの花だけをアップしても、少しも美しくない。Img_3885syuku Img_3895syuku

こんなに美しい花なのに、美しく撮れない、、、、上から、斜めから、方角を変えたり、、

なかなかしっくりと来ない。Img_3898syuku     おお! このアングルがいいぞ! 左のボケた花、右上の立ち上がった蕾、、脇役が中心の花を引き立たせている。

でも、少し写真が暗いね!

もう少し、露出をプラス側に、、、

バックに余計なものは写ってないね。

左右対称にはなっていないね。

上下のバランスはいいかな、、

と、相成って、ブログのトップ写真になりました。

プロのカメラマンはこれらのことを瞬時に判断して最高のアングル、条件設定でシャッターを押す。

美しいモデルさんの撮影会では、モデルさんが、自分を最も美しく見せるアングルでカメラマンのほうに視線を合わせてにっこりと微笑む。

そのにっこりにつられてカメラマンはシャッターを押す。

否、シャッターを押したのではなく、押さされたのである。

俳優さんや女優さんたちも、常に観客の視線を意識し、最も魅力的に見せる顔の角度、顔つき、姿勢をとられる。

花はそのようなことをしない、、、しぜんのまま、、。

その美しさを最高に美しく写す、、、シャッターを押すのは、全てカメラマンによるのである。

美しい花を美しく撮る、、、これほど難しいものはない!

今晩は何食べる、、?

冷凍庫に生のスルメイカが2本 凍ってたよ

イカのリング揚げが美味しいぞ!

揚げ物は駄目 !  と ピシャリ!

ということで、キュウリと若布,青紫蘇と茹イカの酢物Img_3920syuku                      

キュウリを薄く切って塩で揉んで絞る、、、青紫蘇、若布、イカの茹でたのを一緒に加えて、砂糖と酢で和える

典型的な夏のお料理、、、簡単で美味しい

茗荷を加えると、さらに美味しくなる

イカの胴体は、シンプルに焼きイカ、、、おろし生姜を振って、お醤油かけていただく。Img_3924syuku  

Img_3916syuku モンタはナベショーの椅子で何時も昼寝

 

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

久しぶりの鯖寿司

Img_3851syuku

ハマユウの種類には違いないのだが、、、、普通のハマユウとは花びらの形が異なる

(MONA様からコメントで教えていただいた、、、、イスメネという名前の花)

春になると、緑色の葉がたくさん出て、直径1mくらいの大株、やがて蕾についた茎は数本出てくる。

ここ、しばらくは美しい白い花が楽しめる

一本の雌しべに六本の雄しべが円陣を張って取り囲む、、

でも冬になると、霜と寒さで、美しい緑の葉は枯れてしまう。

ナベショーが10数年かかって、土を掘り返して庭を造ってるとき、

ご近所の方が、庭にプレハブ倉庫を、ガレージを作るから、、、もらって欲しいと、

スコップと一輪車で行くと、このエリアの植物 全部、、、、、、と

ナベショーの庭の多くの紫陽花、ギボウシ、ツワブキやスモモ、杏子や梅、などの果樹、、、

など、こういういきさつで、ご近所からいただいたのが多い。

自分で、園芸店で苗を購入したという記憶の無いものが多いが、この類であろう、、

引っ越してこられた方が、前の住民が庭に植えた木々、花が好じゃないから、、と言って、全部いただいたこともある。

ナベショーの庭は、1m近く掘り返し、出てきた小石を底に、水はけの悪い粘度質の土には、草を腐らせた堆肥をたくさん混ぜてある。

だから、いただいた木々や花はどんどん大きく成長し、それなりに雑木林風里山ガーデンにおさまっている。

この白い花のハマユウらしきのも、そうやって我が庭にお嫁に来たのである

河合隼雄さんが昨日79歳で亡くなられた、、

日本のユング派心理学の第一人者、

兵庫県篠山町生まれで、京大理学部数学科を卒業後、スイスのユング研究所に留学、

ユング派精神分析を学ぶ

砂箱と模型おもちゃでの遊びで心を癒す「箱庭療法」を考案して世界中に普及させた。

今の日本、心の問題が深刻になり、心理療法やカウンセリングの重要性がクローズアップされているが、

この分野での指導的な役割を果たされて、文化庁長官の在職中、2006年に脳梗塞で倒れられた。

お会いしたことはなかったが、先生の多くの著作に触れて感銘を受け、

またカウンセラーの学びの実習では、先生の考案された「箱庭療法」を体験した。

今日は、昨日の塩してあった鯖を酢で絞めてお寿司を!

鯖はいろんな美味しい料理法があるのに、漁港から揚りたてのキラキラした新鮮な鯖を買うと、結局はしめ鯖にしてしまうのである。

焼津漁港の近くに住む者の特権であろう。Img_3865syuku                              

しめ鯖一枚に酢飯ご飯一合の割合、、竹すだれの上にラップフィルムを広げて、

酢飯ごはんを丸めて、適度の硬さの塊にして置き、

その上に、表皮と骨を除いた鯖を載せて、ラップフルムで包み、

さらに竹すだれを巻きつけて、クックと形を整える

昔は、木の型箱で作ったが、この竹すだれのほうが、上手に出来る

冷蔵庫で半日以上、冷やして馴染ませて、ラップフィルムごと、刺身包丁で切る

ラップフルムを取り除いてお皿に盛りつけて出来上がり。

鯖寿司は真っ赤な紅生姜でいただく

京都や関西では、新鮮な生鯖の入手が困難な時代、塩鯖を購入して鯖寿司を作る

田舎では、お祭りや法事、とにかくお呼ばれのご馳走に、農家の主婦は夜遅くまでかかって、数十本の鯖寿司を作らねばならない。

鯖の生き腐れと言って、鮮度の落ちた生さばを使うのは危ないが、塩鯖なら漁港で真新しい生鯖を即塩して加工するので安全である。

若狭湾、小浜から京都に通ずる道は鯖街道と呼ばれている。

今、京都で、この写真ほどの分厚くて脂肪ののった鯖寿司を一本買ったら、目の飛び出るくらい高いよ!

この鯖寿司は300円の鯖の半身の150円と一合の酢飯だけどね。

Img_3872syuku 今日はいろんなことをたくさん書いてしもうた。

モンタはカメラを向けると、まぶしいから、目を閉じるか、横を向く

わかってるんだね~

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

久しぶりの魚料理

Img_3816syuku

カワラナデシコ

ナデシコの仲間には、他にハマナデシコ、ヤマナデシコ、園芸種のナデシコ、、、いろいろあるけど、

典型的日本の女性のことを大和ナデシコと言ったのは、このカワラナデシコのことだろうね。

種が落ちて増えるし、挿し木でも簡単に根が出て、増やせる。

昔に植えたカワラナデシコ、、、あちこちに咲いているが、草引きの時、引っこ抜かぬよう注意しなければならない。

今日は久しぶりに魚買いに福一焼津流通センターへ行く

中国産の鱧、、が売っていた、、、 約1300円/kg 

骨切りの練習しようかな、、、て思ったが、、

「ナベショーさん、、この鱧は脂肪があまりのって無いからやめといたほうがいいよ」

との福一のスタッフのアドバイス

客に、美味くないから買うな、、とは、こりゃ~ 面白い!

ナベショーは、「安かったから買ったけど、美味しくなかった、、やっぱり中国産は、、、」などとブログに書くからね~

小川港揚りたての丸鯖(真鯖、平鯖ともいう)が安かったImg_3784syuku_1           

一本 300円だからね!

また、買ったね 生鯖を、、、

なんて言われるけど、新鮮な丸鯖 で、これほどしっかりと脂肪がのってるのは、そうそうは無い

大きいのでは一本1kgはありそうである

2本買った

三枚におろし、塩を振る

Img_3792syuku Img_3793syuku                          

鯵はたくさんでてるが意外に高い  中くらいのが 1000円/kgはする

でも、安いのがあった、、、、新しい豆アジ   320円/kg  Img_3795syuku  1Kg以上あったので、441円Img_3797syuku

Img_3798syuku_1 小麦粉まぶして油で揚げて,南蛮漬けに、、、と思ったが、油の取り過ぎとの非難が聞こえそうなので、

そのまま素焼きにして、後は同じ、、、

砂糖をまぶし、半分くらいの酢,

上に玉ネギ、ピーマン、トマトスライスを載せる

蓋で密閉し、時々さかさまにする。

本日の一番の高価なお買い物Img_3786syuku

中どころのカマス

新鮮だよ!

1260円/kg

7匹で1050円

背開きにして、4%塩水に30分浸漬、

丁度天候が良くなったので、夕方まで天日で干す。

カマスの干物、、、上品な美味しさである

Img_3827syuku 出来上がった干物を一枚づつフィルムでラップして冷凍庫へ、、、

凍ったままで、ガスレンジで焼くか、ムニエルにすると美味しい。

生さば、豆アジ、カマス、、ほぼ2000円の買い物、、、これがナベショー家の一週間分のお魚である。

夕食には、塩してあった鯖の一枚を酢で絞めて、、、、美味しいね!Img_3821syuku            

妻が、全部、塩したと文句を言う、、、

生のまま、刺身のように切って、醤油につけたので、山葵を効かして「鯖茶漬け」が食べたかったと、、、、

昨日の茗荷、、、sae様からコメントで教えていただいた茗荷料理

茗荷、ねぎ、干しシラスの酢味噌和えImg_3823syuku_1                                

簡単に出来て、とっても美味しい!

茗荷の風味が酢味噌と良く合う

ご飯がすすんでしまうね!Img_3834syuku

ナベショーは午前中は魚買いと魚料理、午後は庭の草取り

忙しくてモンタと遊んでやれない

モンタの爪 痛いよ!

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

ヴィーナスの誕生!

Img_3759syuku

車で走ってたら、農家の庭先に咲いていたので、車を止めて撮らせていただいた。

やさしいピンクの百合の花、、見とれてしまった!

さて、今朝は4時に起床、実は2時に目が覚めて,蝶の蛹を観察、

幼虫が蛹になって11日目、蛹の色が急に変化した。

7月7日の幼虫から、再度、その変化をご覧ください。

7月7日、美しい緑の幼虫がキッチンに侵入、フライパン返しにくっついていた。

翌日の8日朝には黄緑色の美しい蛹に変化!   夕方には若干白っぽくなった。

そのまま、大きな変化はなく過ぎた                                                            

Img_3119syuku_2 Img_3152syuku_1

それが、昨夜になって、急に蛹は黒っぽく変化したのである、、

いよいよ、明日の夜明けとともに孵化して蝶になる、、 Img_3674syuku_2                    

4時に目覚ましをかけて、起床!

まだ、変化なし、、、、、、日の出は4時半、、

6時になっても変化なし、、、

朝食をとり、いつもの朝TV連続ドラマ見て、、、変化なし

こりゃ~長期戦

何時までも監視してたら仕事にならない、

9時過ぎに庭の草取りに外へでて、10時前に部屋に戻ったら、、、Img_3683syuku

時、すでに遅し、、決定的瞬間を逃してしもうた、、、、あ~あ!

でも、まだ孵化したばかり、羽がフニャフニャ、、、Img_3685syuku_1                              

そして、数時間後、みごとな美しい黄アゲハチョウになったのです。Img_3737syuku

Img_3748syuku 

外へ出してやると、しばらくは動かなかったが、風の揺らぎにあわせて飛び立ち、やがて視界から消え去った。

庭の草引き、茗荷畑の草をとると、たくさんの茗荷が出ていたImg_3768syuku                 

この茗荷、青紫蘇、キュウリ、ナスを薄く刻んで、塩振って絞った即席漬物が大好きである。

これだけは、夏の今で無いと食べられない、、

少し、醤油をたらしてもよし、そのままでもよし、美味しい漬物であるImg_3779syuku             

Img_3682syuku モンタ、、それはナベショー専用の特等席だぞ!

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

電気虫退治

Img_3653syuku

芙蓉や葵の花に似たムクゲの花、、、韓国の国花である。

韓国の女性の美しい民族衣装のイメージを思い起こさせる。

庭作りを始めた頃、このムクゲの花の美しさに引かれて、あちこちのお家から、いろんなムクゲの小枝をいただいてきて挿し木して庭に植えた。

八重の花、一重の花、、、今では二階のベランダよりも高い木に成長した

だが、冬の剪定が一苦労!  Img_3652syuku                                       

美しい花だが、一日で萎んでしまう、、、そして次々と新しい蕾が膨らんで、毎朝開花するImg_3655syuku

写真撮るのも、高い脚立に登らねばならない

脚立から落ちて、腰の骨を折るようなことの無いことを!!!

もうすぐ、梅雨も開けそうである

いよいよ、庭の果樹にとっては、毛虫との戦いである。

果樹は、果実をたくさん実らせた後、たくさんの枝の葉っぱから、夏の太陽から力を得て、枝に十分な養分を蓄えて、来年の花芽の充実に備える。

ところが、その葉っぱを毛虫の幼虫に食べられて、丸坊主にされると、来年の収穫は見込めない。

お茶園を消毒する強力なポンプと噴霧器で庭の木々全体を消毒、、、、

蜜蜂がいるのでそういうわけには行かない。

孵化したところの毛虫の幼虫が、まだ一枚の葉。あるいは小さな小枝にかたまってるのを見つけて取り除く、、、

それを見逃すと、一週間後には、木全体に生長した毛虫が広がって、お手上げ、、

果樹は丸坊主、、、愕然となる!

単身赴任時代、、、

クラブの綺麗なおねえさんたち、、

「ナベショーさん、今週も金曜日はお家に帰るのね?」

「おお! 帰るとも、、庭の手入れがね~ 毛虫退治!毛虫退治!」

「うそ! 可愛い奥様が待ってるんでしょう?」

Img_3641syuku

イラガの幼虫、、、別名「電気虫」

一瞬、電気に感電したような痛みが走り、いつまでもびりびりと痛む

ガムテープを貼って剥がし、針を除いて、薬を塗るが、なおピリピリ、、

ここまで、大きく成長し、木の枝全体に広がってると、枝ごと切り除くわけにはいかない

風が止まるのを待って、殺虫剤のスプレー「キンチョール」をシュ~、シュ~

脚立に登って、シュ~

噴霧された霧は数メートルの距離まで広がりながら枝全体を覆って流れていく

スモモ、アンズ、ヤマモモ、柿、、 電気虫は、やがて動きが激しくなり、ポトポトと地面に落ちていく

こんばんは酢豚 これは妻のテリトリー  

豚をあらかじめ揚げたり、、下こしらえ、、手が込んでる

「え~ ピーマン無いじゃないの~」

「畑へ行けばたくさん生ってるけどね~」

「だから、庭に花ばかり植えないで、畑にして欲しかったのに、、、

車で往復20分もかかる畑じゃ、、不便でしょうがない!!」

「そうそうImg_3663syuku 、八つ当たりするなよ」

ということで、ピーマンのかわりに、キュウリになりました。

モンタは久しぶりに外へ行きました、、、、でもすぐに帰ってきた。Img_3668syuku

 外は、まだ濡れてるからね、、

 それとも電気虫が落ちてるからか、、

 花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

ムラサキシキブの花

Img_3607syuku

ムラサキシキブ

可愛い小さな紫の花、、、花が終わると、紫色の小さい実が生る

1~2mの落葉低木、花も実も美しい

よく似た花と実を付けるのに、コムラサキシキブというのもあるImg_3594syuku                

ほんとに、この名前でいいのかな~

背が高く3mくらいの落葉低木、、、ムラサキシキブに比べると、背が高く、花は少ない

4~5センチの小さな小枝の挿し木から、大きくなった。

小さな花なので、手持ちカメラのピントが合わない、、、数十枚の中から、何とかマシなのを、、

Img_3598syuku

コムラサキの葉に虫がくっついてた、、

この幼虫は蝶か毛虫か、、、葉の葉脈と色も模様もそっくり、、

しかし、ナベショーの目はごまかされない!

今朝、蜜蜂に給餌した

集めた蜜は7月10日に絞ってしまったし、以来、ず~と雨、、

でも、採蜜したのは上段の貯蜜エリアのみ、

下段の育児エリアの巣脾枠にも貯蜜してるから大丈夫、、、、と思ってた。

しかし、びっくり! 

下段も空っぽ、、、ヤバイ ヤバイ!

10日以来雨続きだったからね~

1Kgの砂糖に0.5Kgの水を加えて、加熱し、溶解させて、冷却し、餌箱に入れてやった。

蜂達は待ちきれずに、注がれる砂糖液の入ったヤカンの口までよってくる、、、

夕方、再度、蓋を開けてみると、朝与えた餌は、全て食べてしまって空っぽ!

さらに1.5Kgの砂糖を溶かした餌を与えた、

雨さえ降ってなかったら、明日の朝は2Kgくらいの砂糖を与えないといけないかな~

雨が降らなくても、晴れないと、花は蜜を出さない

これらの餌として与えた砂糖が商品としての蜂蜜の中に混入してないか、、とご不審に思われるかもしれない。

これらは、貯蔵されて、餌として食べるとともに、幼虫を育てるのに使われる。、

暑い夏を越し、秋には越冬用の花蜜を集める。

来年の春まで、蜂蜜を絞ることは無い。

春になり、女王が産卵を始め、新しい働き蜂が増えてきたら、上段の貯蜜エリアに空っぽの巣脾枠を入れる

そして、新たに集められた蓮華や菜の花、桜、桃などの春の蜂蜜を採蜜するのである。

庭も茶園も畑も草ぼうぼう、、、さあ、明日からは、多少の雨が降ってても、雨具着て、外の農作業

また、揚げ物と言われちゃうな~

ゴボウ、ニンジン、玉ネギ、山葵、茹でシラスのかき揚げ

鰯のすり身、ネギ、アオシソ、ゴボウの天婦羅

ラッキョウ揚げImg_3632syuku                                            

あらっ! かぼちゃやナスの天婦羅も欲しかったね~

だから、いつも、あれも、これもといろいろ揚げるから多くなってしまうのでしょう?

今夜は、これだけ!  に素麺だよ!

夜になって テレビつけたら、新潟、柏崎で大地震発生!

つい最近の能登半島の地震があったばかり、3年前も新潟の地震、、、

北陸の大地震が多い

老人の一人暮らしの方々、地方の田舎で農業に頑張ってる人々、特に大変だと思う、、、、Img_3635syuku

モンタは寝てばかり

ソファー二つも占領して、長々と、、、、

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

まぶしい太陽!

Img_3531syuku

ムクゲの花

明け方は雨も風も強かったが、台風の進路が南にそれたため、

もっとも接近したはずの昼前には、雨もあかり、風もなく、午後になると青空も出てきた。

それでも、我が時計の気圧計は970ヘクトパスカル、、、

強い日差しの中、目にするもの全てが眩いばかり、、

ここ数日、何時からか青空を見ることも無かった、、Img_3535syuku                      

蜜蜂たちは大喜び!

巣箱の前には、数千匹の蜂が乱舞い、

時さわぎ であるImg_3512syuku                                                          今まで巣箱の中に閉じ込められていた若い蜂達が先輩蜂の指導で巣箱の位置を覚えるのである。

巣門の前で乱舞し、やがて、くるくると高く高く、遠く遠く、飛び去って初飛行をして帰ってくる

 先日、蜂蜜を半分以上 いただいてしまったし、それ以後ず~と天候が悪かった。

 食料の蜂蜜が不足して、飢えたらかわいそうだな~、、と心配していた。

 でも、明日から、曇りが多いにしても、天気が回復との予報、、、良かった、良かった!Img_3559syuku

巣門の前には、こんなに働き蜂が出てきてる

開放感に浸ってるのか、否、湿度が高く、急に蒸し暑くなったので、外で涼んでいる!

Img_3572syuku ヤマモモシロップ、氷を入れて水で薄めて、

とっても美味しい!

先日、酢と塩だけで漬けたラッキョウ

だいぶ、味がなじんでカリットした感触!

甘酢漬けのラッキョウよりも、むしろ美味しい

Img_3573syuku

ラッキョウを食べたら、反射神経だね!

カレーライスが食べたくなった、、、グリコ熟カレールーImg_3580syuku Img_3575syuku                        

ナベショーは生粋の関西人だから、誰が何と言おうとカレーに生卵をかける、、

塩ラッキョウと一緒に、昨年漬けたノビルの甘酢漬けも、、、

野でノビルを採る時、球根も収穫して、是非ラッキョウと同じようにお試しください。

Img_3582syuku_2

今日は、凛々しい顔で写ったから、アップの大サービス!

 花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

巨大 アガパンサス!

Img_3474syuku_1

オオバギボウシ

山に自生してるのは、オオバギボウシやコバギボウシ、、、

種が落ちて、増えていく

日本より、むしろヨーロッパで人気があって、様々な改良園芸品種が販売されている。

昨日、雨上がりにカメラを持って散歩してたら、近くの農家、、、

実は500坪はあろうかと思われる敷地のすごい御殿のような豪邸

田舎では決して珍しくなく、むしろ一般的である。

広い新築の母屋、、、少なくとも5~6000万円はかけたであろう

離れ屋、土蔵、作業小屋、倉庫、

広い車庫(クラウンクラスの乗用車、大勢が乗れるワゴン車、嫁さん用の軽自動車、農業用の軽トラ)、

土塀、生垣、よく手入れされた松の大木のある日本庭園

英国人が日本の住宅はウサギ小屋、、と言ったそうであるが、

もし、地方の田舎の一般的な家を見たら、そうは言わなかったであろう。

ナベショーが生まれた丹波の山奥の茅葺の家でも、母屋は6~8畳の部屋が7つと広い土間、流し場、風呂、トイレ、、、、

大きな家だった。

余談になったが、その農家の庭にいろんな花が咲いていた。

その家の主婦の方がおられたので、花を見せてもらった。Img_3403syuku        

これは、アガパンサス、、

普通に咲いてるアガパンサスに比べると、

花の直径が約3倍 30センチの直径はあろうかと思われる

背丈も1.5mくらい

咲き始めだったら、美しかったのだが、すこし盛りを過ぎていた。

打ち上げ花火のようだね!

ギボウシも珍しい濃紫の花Img_3413syuku が咲くImg_3407syuku のがあった!                           

数百鉢はあろうか、、ほとんどの花が地植えではなく鉢植え、、、

これは土替えが大変だろうな~と思う

夏の水やりだけで2時間はかかるそうである。

立派な月下美人の鉢植えもたくさんあった

病気で枯らせてしまった話をしたら、一鉢あげるから持っていきな、、、って

カメラは肩にかけて、両手で重い鉢(高さ1mはあるよ)を抱えて、歩いて帰ったが、腰が痛くなった。

不自然な姿勢で重いもの持つと腰には良くないね。

家に帰り着いたら、急に激しい雨、、良かった!

これからは、写真に撮る花が無くなったら、この家の花を撮らせてもらおう。

いよいよ台風の接近、明日は大荒れ

太平洋の海上を進んでくれると、進路の左側になるので、それほど強くは無い。Img_3498syuku

しかし、内陸部を進むと、進路の右、もしくは目の直撃、、、そうなると風が強くて最悪!

蜜蜂の二段箱が、万一強風で倒れても、ばらばらにならぬように、ロープがけをする

これじゃ、、ちょっとチャッチかな~

屋根、ひさし代わりの板の上に大きな石、、

これでOK!Img_3500yuku                    

雨で外に出られないので、もっと家の中で遊んでやらねばならないな~

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

一年前、、、

Img_3380syuku

雨上がりのサルスベリ

今日も雨、、台風接近の影響で断続的な雨、、、明日、明後日は大荒れ模様、、、

サルスベリの花を見て、一年間前を思い出した、、

昨年の7月6日、、庭の桃の木から滑って落ちて、腰の骨を折ったのである。

いわゆる、腰椎圧迫骨折 というの、、、

この時、庭のヤマモモも収穫期、桃の実も収穫期だった、、、痛い腰をかばって、ヤマモモジャムを作った。

今年は少なくとも暖かくて10日早いのは、7月6日が桃の収穫と鮮明に覚えているからである。

この日のブログ記事(http://nabe-sho.cocolog-tnc.com/fujieda_/2006/07/post_2fc6.html)から、以後、9月中頃まで、腰椎圧迫骨折でイタイイタイとひ~ひ~言ってるブログの記事が多い。

本来ならば、即入院、がっちりギブスの絶対安静

一ヵ月後にギブスを外し、コルセットして一ヶ月のリハビリ、、、

そして、やっと退院、、、

だが、、、かかった整形外科医院の医者は名医、、、

レントゲン写真みて、骨折場所の骨の変化をチェックするのみ、鎮痛剤を処方して痛みが和らぐと、動き回るから良くない、、、と薬もなし。

結局、二ヶ月間、自宅でぶらぶらしてお茶も畑も、庭も完全にほったらかしして治してしまった。

秋になって、背丈まで伸びた草ぼうぼの茶畑を見て、呆然!!!

茶園の草取りしなきゃと思いつつ、長雨で出来ず、、、、

今日は茶園の様子を見に行ったImg_3431syuku Img_3434syuku                                     

ひどい! ひどい! 草ぼうぼう!

台風通過後の来週は、本格的に茶園の除草しなきゃ、、、まもなく草で茶樹が見えなくなりそう、、、

右の写真に写ってるのは、我が愛車 SUVのRAV4 二年前 農家の人から、この車で百姓する気か?

と大笑いされた。

それで中古の軽トラを購入したわけ、、

定年退職後のシニアーライフ

3年目に入り、お茶、畑、蜜蜂、庭、旅、そして、料理と写真、ブログでの多くの方々との交流、

順調に回り始めた。

しかし、一番の課題は、骨折のような思いがけない突然の事故や病気から守られること、

自分だけではなく、配偶者も、、、

サルスベリの花を見て、あらためて思う日であった。

金曜日の夜、孫達がお泊りに来た。

豚肉のソテイー、いろんなのをみんなで大皿の楽しく盛り付けたImg_3491   

豚肉は塩コショウして杏子ジャムを塗ってオーブンで焼いた。

それぞれの小皿に取り分けて、ホークとナイフ、、での肉の切り方、食べ方を教えた。

ホークとナイフは始めて、、、

上手になったら牛のステーキだぞ!

やった~!

Img_3493syuku 東照宮の眠り猫

しかし、よく眠るモンタ!

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

雨上がりの花

Img_3388syuku

雨上がりのグラジオラス

今朝は、朝のうち曇り空、昼前から断続的に激しい雨、、、夕方になって雨が明かった

今日はブログに載せる花の写真がないなあ~、、と思案してたが、、それっとばかりに外へ飛び出した。

雨上がりの花は美しいImg_3353syuku       グラジオラスっていろんな色がある               

この真っ赤な色も美しいImg_3397syuku                                           

 この可愛い小さな花はご存知ですか?Img_3367syuku  アケビの花に似てますね。               

もっとアップで撮ると顔にみえるよ!                                             

Img_3365syuku_1                            

この花が咲き終わると、実がなる! 

なんと、ブログに載せるのもはばかられるのであるが、、、

花の美しさ、可愛さに免じてお許しを!Img_3376syuku

なんて言ったかな~ この花、、、この袋の中は確か、、、綿が入ってる

朝、雨が降ってなかったので、二日前に二つの蜂群を一つに合同した蜜蜂、昨日は雨の中、防具なしで蓋開けて、砂糖水を与えた時、向かってきて、手と顔を刺されてしまった。

まずいな~  エアサロンパス、吹っかけて荒っぽい手段で合同したからかな~

ずいぶん気になっていたので、今朝は恐る恐る内検、、、

蜂蜜を絞ってしまったのに、終日雨、、、全体で蜜はどれくらいあるか、、?Img_3336syuku Img_3340syuku          

蜜蜂は極めておとなしく、まったく騒がない、、

素手で扱ってるが、大丈夫!

一枚、一枚、箱の外に引き上げて観察する

この巣脾枠、一枚の両面に約3000匹の働き蜂がくっついてる

まもなく生まれる働き蜂の蛹で満杯、、、

5枚目に女王蜂がいた、、、、良かった!

他の巣箱もOK!Img_3421syuku

妻「安かった!安かった!」とミニステーキ肉を2枚買ってきた。

サーロインは脂肪が多くて、最近はよろしくない。

だんだん、脂肪の少ない赤みの多い肉が美味しく感じるのは、年齢のためか?

少し硬いが、それほどでもなし!

肉のほかは畑の野菜

玉ネギを肉汁とバターで炒めると、甘くて美味しいImg_3422syuku Img_3423syuku                                                  

雨で外へ出られないので、ア~カンベ~してふてくされてるモンタ!

写真をクリックするとアップになるよ。

10日に絞った蜂蜜、皆様からご注文をいただき、完売してしまいました。

次回は、たぶん来年の春、お楽しみにお待ちください。

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年7月11日 (水)

野の花

                                                       Img_3113syuku

蔓がフェンスに沿って伸びて、小さな花がたくさんついて咲いている

小さなピンクが可愛らしい!

町の住宅街の道、ところどころの空き地や小さな公園、、、草の中に見つけた花Img_3105syuku     

アザミの種類だね、、、、

花にピントを合わせると、針のついたイボイボがボケてしまった、、、Img_3100syuku                 

カワラナデシコ、、、、最近はナデシコも様々な園芸種が出ているが、やはりカワラナデシコが素朴で美しい

挿し木で簡単に増やせる

Img_3099syuku

あれっ! これはもしかしてオミナエシ、、???

ナデシコもオミナエシも秋の七草ではなかったか?

雨が激しく降るので、なかなか外へカメラを持って出て行けない、、、

空梅雨だと思っていたが,何の何のの大雨、、九州は被害が出てるし、台風も接近してる、、

畑へ行って野菜を収穫に、、Img_3321syuku

やっとトマトらしいトマトが収穫出来た、、、

いままでは、いつも半分食い散らされたのが転がってた、、、カラスの仕業だね!

雨のおかげでカラスも休業らしい、、

もっと真っ赤に完熟させたいけど、明日まで待ったら、確実にカラスが食べる、、

最近、この小さいピンポン玉くらいのフルーツトマト、、、これがとても甘くて美味しい

ついでに、ラッキョウも地上の葉が枯れたので、少し掘り起こした。Img_3327syuku                             

洗って土を落とす、、

結構、あるもんだね~

一月まえに試し堀して、塩ラッキョウを漬けたのが、とっても美味しかった。

レシピーは、、レシピー、、???

見当たらない、、

NETで調べたのに、お気に入りに入れ忘れてる、、

確か、塩を入れた食酢にそのまま漬けた、、、

砂糖は入れない 、一週間くらいで食べられるとか、、Img_3332syuku Img_3334syuku

塩の濃度は、、3~4%????

仕方がない、、、適当に漬けとくか、、、

綺麗に掃除したら、1.5Kgあった、

昨年の秋に球根を植えたが、こんなに収穫できるとは思わなかった。

畑には、まだこの2倍以上、、3~4kgが植わったままである。

一年目は掘らずにおいて、二年目に収穫すると良い、、と書いてある。

二年目はさらに分球して小粒なのがたくさん収穫できるだろが、一年目のこれくらいの大きなシャキシャキした方がおいしそうである。

昨日、絞った蜂蜜、、、早速 5~6人の方からの申し込み

残り少なくなり、後 数人で締め切らせていただきますので、悪しからず、、、

来年春をお楽しみに!

ジャガイモ、玉ネギ、ひき肉、、でコロッケ

ついでに ナス、ピーマン、ラッキョウ、も揚げてImg_3328syuku_1   、キャベツ、トマトをつけて、、、         

キュウリとナスの糠漬け、、

何とか畑で収穫した野菜で毎食卓はまかなえてる、、、

デザートには自家製のカスピ海ヨーグルトの蜂蜜と果実ジャム

お客様がこられた時は、果実ジュースのムースゼリー、、

Img_3258syuku_2

モンタ、、どこへ行った、どこへ行った?

何時の間に外へ行ったのか?

と探してたら、ダンボール箱の中で ミャ~

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

蜂蜜を絞る

Img_3149syuku

ヘメロカリス

庭を造り始めて間もない頃、「サカタノタネ」の通販で、ヘメロカリスを数種、購入して植えた。

長女が自分の庭を作り始めて数年後、いつの間にかヘメロカリスはまったく異なる場所のあちこちに咲き始めた。

掘り起こして、移したらしい、、、

ヘメロカリスは野草のノカンゾウ、ヤブカンゾウ、ニッコウキスゲ、などと同じ種類の園芸種、たくさんの色、花の形がある。

ノカンゾウの春の新芽は茹でて和え物にすると美味しい。

花は咲いても一日ですぼんでしまう。

でも、次々と蕾が膨らんで、毎朝新しい花が開花する。

夏から秋まで、ず~と咲き続けて楽しませてくれる。

今朝は5時起き、、、トイレから外の空を見ると、雨は降っていない

よし! 蜂蜜 絞るぞ~!

プロパンボンベ、ガスコンロ、刺身包丁、遠心分離機、、、一式を裏庭に持ち出し、セットする

二段の継ぎ箱、、一番の強勢群の蜜蜂

上段の箱から巣脾枠を取り出し、両面にぎっしりついた蜂達を中にふるい落とし、なおもしがみついてるのを刷毛で落とし、別の箱の中に並べるImg_3270syuku Img_3267syuku                                  

蜂蜜でずっしり重い巣脾枠、、、こぼれないように蓋がされているのを、温めた刺身包丁で切って、遠心分離黄にセット、蜜を絞る。Img_3273syuku Img_3280syuku                                            

遠心分離機の底に貯まった蜂蜜、、、約11Kg強!

 6月10日から、一ヶ月の間に、約6万匹の蜜蜂が集めた蜜である。  

 蜜柑やニセアカシアの花が終わった後の蜂蜜は、サンゴ樹、リョウブ、栗、ブルーサルビア、いろいろな花蜜が混じっており、雑蜜、もしくは百花蜜と呼ばれて売られている。Img_3294syuku Img_3306syuku                                             

 栗の蜜が混じると、赤黒くなり、臭いも良くない、、と言われているが、色は悪くない。

 味も期待以上、5月に絞った蓮華や菜の花、6月初の蜜柑の蜂蜜に比べると、濃厚な甘さ、、、、後に若干の違った風味が残るが悪くはない。

 美味しい蜂蜜である。

 今年の採蜜は、これで終わり、、

 夏は蜜が少ないし、秋に集まる蜜はセイタカアワダチソウなど、、味が良くない

 そして、これらの蜜は蜂が越冬するための大切な食料なのである。

 今日は、二つの群れの合同を行う。

 女王蜂を新しい女王に更新するため、女王と3枚の巣脾枠を別の箱に移してあった。

 女王がいなくなった群れは新しい女王を作るため、王台を作り、女王が最後に産んだ卵、幼虫をローヤルゼリーで育てる。

 こうして育って、蛹から孵化した処女王、、、確かに誕生したのである。

 内検で二回、その存在を確認した。

 まだ発情して交尾飛行をしてないため、雄蜂から十分の精液をお腹にためていないため、まだお腹は小さかった。

 産卵が始まるのを、今か今かと待っていたが、処女王の姿は、それ以来見かけず、新しい卵、幼虫もいない!

 処女王の交尾飛行の際、小鳥に食べられたり、農薬で死んだり、、アクシデントに遭遇したのであろう。

 ならば、仕方がない、、、

 別に移してあった旧王とその群れを、元の群れと合同させるのである。 

 普通は女王のいる箱の上に新聞紙を挟んで、その上にもう一つの女王を除いた群れの箱を載せる。

 すると、両方から女王恋しさに、2~3日かかって新聞紙を破って、自然に合同する。

 今回は、女王のいない群れに、女王のいる小さい群れを合同、、、

 養蜂の先生から教わった、ちょっと手荒な手段をとる。

 両方の群れに、エアサロンパス、もしくは焼酎を吹きかけて、

 女王の臭いを消して、一気に合同するのである。

 何もしないで、一緒にすると、両群れは互いにImg_3274syuku Img_3276syuku Img_3277syuku 喧嘩して殺しあう

 強烈な臭いで、互いの群れの臭いを麻痺させるのである。

 蜜蜂は女王蜂のだすフェロモンにより、自分の仲間、自分の巣箱を識別しているのである。

 上の二つの箱、エアサロンパスを吹っかけたので、びっくりして箱の中に引っ込んでしまった。

 さて、首尾よく、合同したであろうか?

Img_3310syuku_1 モンタのお家

 ダンボールハウス

 今日は、この中で、終日眠っていた!

 花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

オニユリの花

Img_3231syuku

オニユリ

オニユリの花が好きという人は少ない。

なに~、あのニキビかソバカスみたいな花!

って、酷いことを言われている

でも、よく見て、、、、、美しい花でしょう!

名前がいけないね~

夏の花って、朱色、橙色、赤、黄色、、鮮やかな濃い色が多いように思うが、、、、

オニユリ、カンナ、ノウゼンカズラ、カンゾウ、、、、そして共通して香りがない

その鮮やかな色彩によって蜜蜂を集めるのだろうか?Img_3227syuku

でも、このオニユリは種が出来なくて、葉と茎の間に出来るムカゴが地に落ちて、根が出て増える

ナベショーの庭もあちこちにオニユリが育ち、朱色の赤い花が咲き始めた。

この球根、百合根は食用として重宝される

この百合根の輪片

茶碗蒸し、お吸い物、お味噌汁、炊き込みご飯、、、上品な甘さは料理をほんとに美味しくする

ある高級料亭では、料理の隠し味に百合根の裏ごしを使うとか、、、

松戸にいたとき、小料理屋で、大きな百合根丸ごと一個を形を崩さずに豚のばら肉ブロックと一緒にお出汁で煮込んだのを食べたが、その美味しさは忘れられない。

今、この百合根と豚ばら肉ブロックの煮物はナベショーの冬の定番料理である。

百合根はスーパーで買うと、かなり高価だが、、、、

そうそう、ここまで書いて思いついた!

オニユリのムカゴが落ちて、庭には小さな苗がたくさん生えている、、

これを畑に植えて栽培し、たくさんの百合根を収穫しよう、、、

美しい青虫の蛹は、皆様から教えていただきました。

なんと、もっともポピュラーな蝶 黄アゲハの幼虫、蛹でした。Img_3256syuku

アゲハ蝶は、全て柑橘類と山椒の葉を食べる、、と思い込んでいたが、黄アゲハはパセリを食べる

昨年には、明日葉の葉がこの幼虫に食われて全滅した。

昨日と比べると、色がさらに白っぽく変化した。

触ると、身体をクネクネ動かす、、

蝶への孵化は一週間後、次の日曜日の早朝、、

孵化する瞬間、美しい蝶に変貌する過程を写真に収めたいもの、、、

今日はモンタがお座りしてる姿を紹介しましょうImg_3238syuku_1 Img_3243syuku_1 Img_3245syuku_1                  

それぞれ、モンタが何をしてるのか分かるでしょうか?

座る姿も微妙に異なるものである、、

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

ギボウシの花

Img_3210syuku_1 

昨日のブログに載せた蝶の美しい幼虫Img_3119syuku_1

今朝には、少し全体に小さくなったかな?、、、て思うほどだった。

ところが、夕方、、、一変して蛹(サナギ)になってるではないか!

お尻と頭のところを糸で支えている、、

この変化を見逃さずに写真で追っかけたかったが、、すでに遅し!

しかし、、、これはほんとに蝶だろうね?

柚子や山椒の葉っぱを食べてるアゲハチョウの幼虫とは異なる。

まさか、、、蛾ではないでしょうね?

孵化するのは幾日後だろうか?

孵化して美しい蝶になる瞬間を何とか写真の記録に残したいものです。

今日はギボウシの花の写真を撮った。

実は、ギボウシの茎は食べられる。

早春に地面から出てくるのを取って天婦羅や酢味噌和えにして食べると美味しい。

本を見ると、春から夏にかけてのギボウシの葉は捨てて柄を茹でて、和え物や煮物にするとある。

そうか、、、夏だけど、今でも食べられるかな、、、、とImg_3161syuku 、少し採って、葉を取り、茎を茹でてみた。

しかし、硬くてとても、食べられそうにない。

ほんとは、ギボウシ料理が、今日のブログに載るはずだったのである、、

やはり、春のすくすく伸びたばかりの柔らかい茎でないと駄目なんだな~

急遽、予定を変更してギボウシの花のスライドショーになりました。Img_3166syuku             

ギボウシの花って、写真に撮ろうとすると、意外に難しい、なかなか納まりが良くないImg_3167syuku  

どこに焦点をあわせたらいいものか、、、やはり定石どおり雌しべと雄しべかな、、Img_3170syuku    

脇役の蕾さん、ごくろうさま  背景の緑が美しい                                                    

Img_3175syuku

これから咲き始める蕾だって美しいね!

先端に向かって、次々と咲き続けるので花期も長い                    

Img_3178syuku

まあ、、こんな花なんだけど、、Img_3169syuku_1 マクロレンズの威力だね~                

先週、一箱買った小魚、、ヒメコダイの干物にしたの、、まだ冷凍庫にたくさんあるよ。

毎朝、朝食に2~3匹づつ焼いて食べる

とても上品なお味、、、でも小骨さえなければな~Img_3144syuku

やはり、から揚げとその南蛮漬けが本命料理だろうな~

なんせ、鋭い小骨を取りながら食べるのは、若干の技術を要するね

子供達には、やばいかなな~?

揚げて、酢に漬ければ、骨は柔らかくなる。

しかし、4Kgの新鮮な小魚 1000円とは安かったな~

この一週間、野菜は畑だし、買い物らしい買い物せずに過ごせたよ!Img_3183syuku

買ったのは、モンタのカリカリだけ、、

昨日、ライオンよりかっこいいモンタだったのに、モンタへのコメントなかった、、、、すねてる!!

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

ナベショーのエゴグラフ

Img_3082syuku

ペパーミント ハッカの花

ハッカ、、、ハッカの成分である lーメントールは工業的には、ノーベル化学賞を受賞された野依良治先生が発明された不整合成という化学合成方法で工業的に製造されている。

でも、天然のハッカはこんなに美しい花なんです。

 ケーキをお皿に盛る時、ミントの葉をちょこっと載せる

 今日は、午前、午後と心理カウンセリング講座、、、前回は同窓会出席のため欠席したので、今回は絶対休めない。

 10年前、大阪に単身赴任してたとき、週一回夜、2年間、プロカウンセリング協会(http://www.prokan.co.jp/)主催のカウンセリング入門、初級、上級、研修コースで学び、修了した。

 その後、さらに産業カウンセラーの資格を取るか、それとも定年後に「いのちの電話」相談員になるかと思案した。

 「いのちの電話」相談員は60歳までに研修と訓練を受けるという制限、丁度55歳になった時だったのでこちらを選んだ。

 「関西いのちの電話」の高い競争率を突破し、いよいよ来週から研修、、という時に、子会社への転籍、大阪から千葉県松戸への移動となった。

 こうして、カウンセリングの学びは、そこで終ってしまったまま、63歳となった。

 妻や娘たちは、「人の話を聞かず、自分一人でしゃべってばかり、、ほんとに昔にカウンセリングの勉強したの?」と冷ややかにのたまう、、、

 まあ、今、毎日遊んでばかり、、少しは社会のため、人のため、何か役立つようなボランチアもしないと、、という気持ちもあった。

 ということで、この焼津、藤枝で行われているNPO法人主催の「心理カウンセリング講座」を4月から受講することになったのである。

今日は TA(交流)分析、エゴグラフのお話

10年経つと、すっかり忘れている、、、Img_3139syuku Img_3140syuku                              

 右のは日本人の正常成人の平均エゴグラフ

 左の図はナベショーのエゴグラフ   グラフの左から4番目のFC、

 すなわちフリーチャイルド 自由な自然の子供 が 平均より高い

 これは何を意味するか?

 「カウンセリングの話 増補」(平木典子 著 朝日新聞社)によると

 FCとは 生まれながらの天真爛漫、無邪気さ 自発的、創造的機能を発揮する心、本能的、衝動的、自由奔放、、、を意味する 

 要するに、FCが高いとは、ナベショーが62歳になっても、子供っぽいということ、、、、なんだ!!!

 こういう子供のような自由人を、存分に遊ばせ、自由奔放に仕事をさせた会社の経営者は偉かったというべきだろうな~

 ちなみに、成熟した大人 A はグラフの三番目である。

 一番左はCP(批判的な親) これが高い上司の下だとたいへん、、、

 右端は AC 順応のチャイルド これが高い人は、自分を殺して他人の顔色ばかり見て、合わせている

 この一年間の学びが終わったら、どうするか?

 いろいろな人たちとの繋がりも出きるだろうし、次への展開もできるだろう

 Img_3095syuku 立派なライオン像、、                                       

モンタ、負けるな!Img_2920syuku                                           

これは?Img_3119syuku  なんという美しさ!                                    

 Img_3120syuku キッチンの中華なべかき回すのにくっついてる   このまま蛹になってチョウチョになるよ!

 どこから進入してきたのか?

 

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

ブドウとリンゴの袋かけ

Img_3016syuku_2

モントブレチア

朱から橙色の花を咲かせる。

生命力旺盛、、小さな球根がどんどん増えて花壇の一角を占領してしまう。

だから、数年に一度は球根を掘り起こして、捨ててしまう。

皆さん、そうするのだろう、、、園芸種だったはずが、いまでは、野のあちこちに群生して咲いている。

花の少なくなる真夏にかけて、モントブレチアは橙色の美しい花の群生を楽しませてくれる。

庭のブドウ、、、デラウエアー とリンゴの実の袋かけ!Img_2874syuku Img_2876  Img_2878syuku Img_2879_1                  

ブドウは全部で98個の袋をかぶせた。

日本では棚に仕上げてるのが多いが、ナベショーのは、数本の棒で作った櫓に吊を絡ませている。

これは、収穫期になるとヒヨトりが押しかけてきて、実を食べるのを防ぐため、すっぽりと防鳥網を被せられるためである。

ヒヨは毎早朝に来て、色着いた実を選んで持って行くのである。                

袋かけても、袋ごと、バリバリに薮ってしまう

昨年は袋と防鳥網の併用で、ほとんどヒヨに食べられなかった。

リンゴ、やはり袋かけないと、蛾や小金虫が夜間に実の表面から果液を吸ってしまう。

今年は不作、、30個くらい袋をかけた。

こうして、庭で果樹を育ててるけど、ヒヨトリの被害にあうのは、ブドウ、イチジクであって、他の果物は大丈夫である。

さて、今年のブドウ、リンゴの収穫は如何に!

今日の夕食、、、、畑で収穫できる野菜の範囲内で、料理することにしているImg_3056syuku Img_3058       

一日おきに畑へ行くが、大体、これくらいの野菜が収穫できる。

キュウリはイボイボ,ツルツル、白いの、たくさん採れるが、JAの朝市に行っても、大きなキュウリが4本80円なんて、、、

スーパーでは、その2倍はするから、スーパーじゃ買えないね!

ニンジンの間引きとインゲン豆のかき揚げImg_3086syukju                            

ニンジンの葉はすぐ硬くなるので、ほんの出始めの柔らかい時しか、胡麻和えはできない。

硬くなったニンジン葉は刻んで、かき揚げ天婦羅にすると、パリパリっとした歯ごたえで美味しい。

今日は美味しそうなインゲン豆もあったので、二つを混ぜてかき揚げにした。

ついでに、ラッキョウの生もあったので、ニンニクのように揚げてみた、、、、

おっ! なかなか美味しいではないか!

今夕のメイン料理はウナギの散らし寿司!Img_3090syuku (これは妻の料理)              

チラシ寿司には、青紫蘇、紅生姜、海苔が欠かせないね!Img_3070syuku       

モンタはどこへ行ったのか?

また網戸を破って外へ行ったのか?

居た、居た! ダンボール箱の中でお昼ね!

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

蓮の花が咲き始めた!

Img_2994syuku

今年は例年より早く蓮が咲き始めたと、NHK静岡のTVで言ってた。

ナベショーの家から1Kmくらいのところに、二つ池という名の池がある。

今朝は晴れ、、、朝6時過ぎに、300mm望遠ズームをもって駆けつけた。

まだ、ちらほらと咲き始めた頃であった。

まだ、人はいない、、

藤枝には、誰もが行く蓮花寺池公園というのがあって、そこの蓮が有名だけど、この二つ池の蓮に比べると、かなり見劣りがする。

二つ池の蓮の花、、、スライドショーでご覧ください!Img_2962syuku                     

まだ、咲き始め、、、ほとんどは蕾  明日の朝はもっとたくさん咲いてるだろう。Img_2997syuku     

朝日に透けて輝き、美しい!Img_2998syuku                                   

花が咲き終わると蜂の巣のような穴の開いたのが出来る。

この穴の中に、青いどんぐりのような実がはいっている。

これが美味しくて、美味しくて、、、

丁度、この実の取り頃に、長いハサミを持って、採りに来なくっちゃ、、

知る人はみんな狙ってるから、手の届くところは、すぐ無くなってしまう、、Img_3006syuku               

食用の蓮根は、この白い花の蓮

ピンクの花の蓮の蓮根は、硬くて食用にはならないそうである。Img_2969syuku                 

明日の朝は4っつの花が咲きそろってImg_2991syuku綺麗だろうね!                    

蓮の花はドアップで撮るのがいいのか、少し小さく撮るのが美しいのか、、、、??

Img_2959syuku

                            

早朝の夜明けに訪れると、蓮の蕾が「ポン」という音を立てて開花するそうである。

日の出は4時半、、、、明日どうするか、、、、

午後になると花びらがだれてしまうので、蓮の花の観賞は朝、遅くての午前中 

Img_3049syuku Img_3043syuku                              

ナベショーのヤマモモジャム、ヤマモモシロップ、スモモジャムがやっと出来た!

明日、午前中に、クロネコさんから梱包用の箱も届く

明日の夕方までには、発送できるだろう

どうも、お待たせしました!

ご注文くださった方々に、発送通知と代金の振込み先の連絡メールを午前中にやっておこう。

ヤマモモジャムとシロップは、まだ少し在庫がありますので、ご希望の方は、ご連絡を!Img_3069syuku

 このごろ、モンタは網戸を破って、どこからでも、いつでも、自由自在に外へ出て行く、、、

 網戸の修理代、一枚いくらか分かってんの、、?

 花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。 

 今日もばっちり「花」の記事でした。                    

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (19)

2007年7月 4日 (水)

今、ナベショーの庭は、、、

Img_2918syuku

あっ! ヤマモモの実が写ってるよ!Img_2899syuku

 ヤマモモの木、、、10年でこんなに大木になって、、、

 いつもは花のアップ写真、、

 庭の全体が、今、どんな風になってるのかわかんない!  って 

 ハワイのコナとLAのおねえさん達が言ってるので、今日は庭全体のステレオ写真を!

 季節ごとに、それぞれの美しさがある

 梅雨の季節、、、涼しくて雨が多い。

 植物は、みなどんどん伸びて、緑の葉っぱをいっぱい広げて生き生きしている。

 Img_2917syuku                               

 紫陽花もボツボツ 終わりだねImg_2915syuku

 向こうに蜜蜂の巣箱が見えるImg_2912syuku   今までのはナベショーが作った庭                                    

ここからは、コナの長女、やまとなでし子さんの手作りの庭Img_2909syuku

                             

 ハクチョウソウがすっごく大きくなって、道路まではみ出てるImg_2904syuku                 

これでも、先日、草取りしたとこなんだけど、、、、ブルーサルビアが元気がよい Img_2897syuku                         

この柿木の側の青い花が咲くのは何だろう?Img_2905syuku   この2~3年でとっても大きく成長した

 この下のは、クリーム色のヘメロカリスとギボウシ、ホタルブクロが咲いている。Img_2894syuku

ブルーサルビア、ギボウシ、ハクチョウソウ、、、もうすぐノカンゾウが咲き出すよ!

このように、ブログでImg_2952syuku Img_2953syuku 忙しそうにしてるけど、一応、花も木々も元気に成長してるのでご安心を!

モンタを撮ったけど、ぶれちゃって、、、色もセピア調、、、、

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。 

 今日はばっちり『花、ガーデニング」の記事でした。                    

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (18)

2007年7月 3日 (火)

福一で小魚一箱!

Img_2796syuku

アオイ

 白と赤紫の花、、、昨日の合歓の木とヤマモモムースゼリーと同じ配色

 雨に濡れて、ひときわ美しく映える

 昨日の「ヤマモモのムースゼリー」の記事には、たくさんの読者の方々からコメントを頂きありがとうございました。

 また、最近は「ゆすらうめのシロップ」「スモモジャム」や「ヤマモモジャム」などのキーワード検索でGoogleやYahoからブログに入って来られる方が非常に多い。

でも、「ヤマモモムースゼリー」というキーワードで検索する方はないだろうな~

冷蔵庫が空っぽになり、福一焼津流通センターへ魚を買いに行く

今日は近海物を含めて多くの魚が並んでいた。

何か、楽しい魚は~、、、、あった!Img_2836syuku                               

 ピカピカ光ったヒメコダイ!

 縞々模様のトラハゼのおおきいの、カレイ、グチ、、、ドンコも入ってる、、、

 雑魚が箱いっぱい 入ってる。

 美味しい魚ばかり、、、、しかし、箱いっぱい 少し、否かなり量が多いなあ、、

 「これいくら?」、、、 「ナベショーさんだから○○○○円でいいよ」

 「え~ホント~?」と衝動買いしてしまった、、、、全部で 4 Kg あった。

 うろこ取るのが面倒だ、、と言って買う人はいない

 そのまま、午後の便で東京の小料理屋へ行くことが多い

 ヒメコダイやトラハゼ、、、干物、煮つけ、焼き物、刺身、天婦羅が美味い。

 中でも干物は甘みがあってImg_2863syuku_1 Img_2869syuku 最高!

 梅雨の合間、太陽が出てきた。

 帰宅すると、真っ先にとりあえずヒメコダイ17匹のうろこを取って、背開きして、4%の塩水に30分漬けて、夕方まで日干し!

 2~3枚づつ重ならないようにラップして冷凍庫へ

 後は、煮つけとから揚げ

 ヒメコダイの干物の17匹を除いても、

 ヒメコダイ 24匹、トラハゼ 9匹 ハゼ 5匹 グチ 大小 5匹、ドンコ、一匹 カレイ 2匹

 大きそうなのを選んで煮つけImg_2853    美味しい魚!!!                                  

 残り全部は、ほんの少しの塩振って、小麦粉まぶして、油でから揚げ

 火が通りやすいように、背開き、Img_2862syuku                                    

 このから揚げは、そのまま食べても美味しいが、頭も骨もぱりぱりと食べられる。

 夕食に食べた残りは玉ネギスライスと酢と砂糖を加えて、数日で美味しく食べられる保存食、、、、南蛮漬け!

 これが一週間分のお魚料理!Img_2841  

  半分は長男の家におすそ分け

 庭のヤマモモ、、、拾ってジュースにしたら、500cc 3本 採れた。

 まだ冷凍庫には、デコポンジュース2,5Lあるし、ヤマモモジュースも2L、、、まだまだ出来るよ

 これからも、何かのイベントの時には、美しいムースゼリーを作る

 Img_2745 床に寝そべってるモンタの尻尾を妻が踏んづけた。

 びっくり仰天  ギャ~!

 ナベショー、今日は良く働いた。

 

 花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。                     

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング 

| | コメント (14)

2007年7月 2日 (月)

ヤマモモのムースゼリー

Img_2790syuku

ネムノキ(合歓の木)の花

マメ科の植物 夜になると葉を閉じて眠るので「眠の木」、、よく似たオジギソウは手で触ると葉を閉じる

ネムノキは夜に葉を閉じて、虫が卵を産んだり、葉を食べたりするのを防いでいるのかな?

この細い羽毛のようなのは雄しべ、、、ピンクと白の淡い取り合わせが美しい

梅雨時の代表的な花、、これを撮らずして、花の写真といえるか、、、!Img_2791syuku

あちこちにネムノキの大木が目に付く、、、いづれも美しい羽毛のような花で満開

毎日、ヤマモモの記事ばかりで申し訳ない、、、またかと飽きてしまうね!

今日は、趣向を変えて、以前にブログにアップした「デコポンのムースゼリー」(2007 3 17)

を、デコポンの代わりにヤマモモジュースでトライした。

 真紅と白、二層に分かれた「ヤマモモ ムースゼリー」 ネムノキの花のように美しいだろうな~

 実は、すでに混ぜ合わされて型に流して、今、冷蔵庫の中で冷却中!

 上手に固まって、二層分離してるか、、、意外と簡単なようで、難しいのである。

 まずは、ヤマモモを良く洗って、手で潰し、種を取り、ミキサーで粉砕する。Img_2810syuku

 それを細かいステンレスの金網の笊に入れて、お玉の底で押し付けてジュースを絞る。

 500mLのペットボトルに2本のジュースが取れた。

 このうちの一本を使う

 成功すれば、今生ってるヤマモモは全部、ジュースにして冷凍保存するのである

 ①容器に生卵一個、生クリーム200gr、牛乳250ml を順に入れてよくかき混ぜる(泡は立てない)

 ②鍋にヤマモモジュース500ml、砂糖150gr、ゼラチン20gr(少量の水でふやかしておく)を入れて

 3~5分間 沸騰させるImg_2811syuku_1 Img_2812syuku

 

 その沸騰した②の鍋の中に、①を入れて軽く混ぜて、型の中に流し込む

 冷えてきたら、冷蔵庫の中で固める、、、、、固まるまで5~6時間以上かかる。Img_2813syuku Img_2814syuku     

 さて、もう、そろそろ冷蔵庫から出して、型から外せるかな?

 デコポンのときは、孫達が来るから、、とか、ご婦人達のお食事会に妻が持っていく、、とか、、

 もう5~6個は作ったな~(ナベショーーが、、)

 最後に、妻自身が自分で作るといって、トライしたら、固まらなかった!

 まあ、俺も最初は固まらなかったからな~ 

 (実は、冷蔵庫から出す時間が早すぎて、中が固まっていなかった)

 と、言いながら、キッチンの脇をみると空の1000mlペットボトルが転がってる

 ジュース500mlの処方に1000ml入りボトルの中身を全部使ったのか~!

 貴重なデコポンジュースなのに、やってくれるよ、、、、、トホホ!

 さて、時間稼ぎも、もうそろそろ、、、おもむろに冷蔵庫から出す。

 少なくとも表面は固まってる、、

  容器の壁とゼリーの間に、空気が入って抜けるように、目立たなくナイフの先を入れる

 さて、準備 OK!

 お皿の上に逆さに置いて、ポン ポン と力いっぱい叩き、エイ、エイと上下に振ると型から外れる

 (この操作は妻がナベショーにやらせない!)Img_2819syuku                            

抜けた! 美しい

ネムノキの花

真紅とピンク、二段に分離している!Img_2829syuku                    

 上に緑のミントの葉を載せる

 味見をして、

 ベリーグッド!!!

 冷蔵庫に再び戻す、、

 明日は、誰かをお招きして、紅茶を入れてアフタヌーンテイーだね!

 これで決まり!

 ヤマモモ、全部ジュースにしてペットボトルで冷凍保存に決まり。

Img_2816syuku モンタの写真も、今日はいつもより大きくしたよ

 やはり、鼻の頭、、汚れて黒いね~

 

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。                     

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

 

| | コメント (32)

2007年7月 1日 (日)

スモモジャムが完売!

Img_2768syuku_1

イングリッシュガーデン風のエリア、

ブルーセイジやブルーサルビア、ハクチョウソウ、ギボウシ、ヘメロカリスなどが、

今まさに満開である。

花の少なくなってきた季節、、、蜜蜂がたくさん飛んできている。

一昨日にジャムの予約販売の受付を始めました。

しかし、もうすでにスモモジャムが売り切れ、無くなってしまいました。

もう木にも生っておりません。

したがって、今後の販売受付は ヤマモモジャムとヤマモモシロップの2点セットのみ

2000円コースだけとなりましたので、ご了承ください。Img_2771syuku_1                                

夕方には、芝生の上に落ちているヤマモモを竹箒で掃いてしまう。

朝になると、夜のうちにたくさん落ちている

近所の方達もきて、それぞれ笊いっぱい拾う

せっせと2kg、3kgと拾い、ジャムにしたり、氷砂糖に漬ける。

でも、処理しきれない、、、

夕方、拾い切れなかった実を箒で掃く

、、、、もったいない!

ボタボタとおちているのを見るのは、かなりプレッシャーを感じる。

にもかかわらず、木を見上げると、このように、まだまだ生っている、、、、

もうヤマモモ恐怖症に、、、、Img_2788syuku

処理しきれないヤマモモは、ひたすらガラス瓶の中に掘り込んで、同量の氷砂糖を入れていく

 発酵防止のため、少量の食酢を入れる

 ホワイトリカーを入れてヤマモモ酒も良いけれど、子供が飲めないし、

 夏の暑いときの冷たいジュース、、飲んじゃうと車が運転できなくなる

 それで、もっぱら砂糖漬けに、、

 もう桃も終わったし、、、、今度はブドウ(デラウエアー) 、8月にはリンゴImg_1910syuku_1 Img_2773syuku(新富士)                     

 ブドウは食べるだけ食べて、食べきれないのはガラス瓶の中に入れて潰しておけば、発酵してくるし、、

 リンゴは、少し硬くて甘酸っぱいのをかじって、後は妻が砂糖で煮てアップルパイになる。

 それが終わるとイチジクが、、、  ヒヨトリとの壮絶なバトル!  ナベショーがヒヨに勝てばイチジクジャム

 そして秋は 栗の渋皮煮、次郎柿は生食、渋の西条柿は吊るし柿に、、

 黄色いカリンはカリンジャム

 冬になれば、蜜柑山に捨ててあるデコポンを拾いに、、、、、ジュースに加工

 そして春になって、初夏になって、夏みかんをママーマレードにして、枇杷、梅、ユスラウメ、アンズ、、

 ナベショーの果物歳時記である。Img_2783syuku Syuku_4                                                                         

モンタ、、鼻が真っ黒だぞ~

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。                     

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (10)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »