« ブドウとリンゴの袋かけ | トップページ | ギボウシの花 »

2007年7月 7日 (土)

ナベショーのエゴグラフ

Img_3082syuku

ペパーミント ハッカの花

ハッカ、、、ハッカの成分である lーメントールは工業的には、ノーベル化学賞を受賞された野依良治先生が発明された不整合成という化学合成方法で工業的に製造されている。

でも、天然のハッカはこんなに美しい花なんです。

 ケーキをお皿に盛る時、ミントの葉をちょこっと載せる

 今日は、午前、午後と心理カウンセリング講座、、、前回は同窓会出席のため欠席したので、今回は絶対休めない。

 10年前、大阪に単身赴任してたとき、週一回夜、2年間、プロカウンセリング協会(http://www.prokan.co.jp/)主催のカウンセリング入門、初級、上級、研修コースで学び、修了した。

 その後、さらに産業カウンセラーの資格を取るか、それとも定年後に「いのちの電話」相談員になるかと思案した。

 「いのちの電話」相談員は60歳までに研修と訓練を受けるという制限、丁度55歳になった時だったのでこちらを選んだ。

 「関西いのちの電話」の高い競争率を突破し、いよいよ来週から研修、、という時に、子会社への転籍、大阪から千葉県松戸への移動となった。

 こうして、カウンセリングの学びは、そこで終ってしまったまま、63歳となった。

 妻や娘たちは、「人の話を聞かず、自分一人でしゃべってばかり、、ほんとに昔にカウンセリングの勉強したの?」と冷ややかにのたまう、、、

 まあ、今、毎日遊んでばかり、、少しは社会のため、人のため、何か役立つようなボランチアもしないと、、という気持ちもあった。

 ということで、この焼津、藤枝で行われているNPO法人主催の「心理カウンセリング講座」を4月から受講することになったのである。

今日は TA(交流)分析、エゴグラフのお話

10年経つと、すっかり忘れている、、、Img_3139syuku Img_3140syuku                              

 右のは日本人の正常成人の平均エゴグラフ

 左の図はナベショーのエゴグラフ   グラフの左から4番目のFC、

 すなわちフリーチャイルド 自由な自然の子供 が 平均より高い

 これは何を意味するか?

 「カウンセリングの話 増補」(平木典子 著 朝日新聞社)によると

 FCとは 生まれながらの天真爛漫、無邪気さ 自発的、創造的機能を発揮する心、本能的、衝動的、自由奔放、、、を意味する 

 要するに、FCが高いとは、ナベショーが62歳になっても、子供っぽいということ、、、、なんだ!!!

 こういう子供のような自由人を、存分に遊ばせ、自由奔放に仕事をさせた会社の経営者は偉かったというべきだろうな~

 ちなみに、成熟した大人 A はグラフの三番目である。

 一番左はCP(批判的な親) これが高い上司の下だとたいへん、、、

 右端は AC 順応のチャイルド これが高い人は、自分を殺して他人の顔色ばかり見て、合わせている

 この一年間の学びが終わったら、どうするか?

 いろいろな人たちとの繋がりも出きるだろうし、次への展開もできるだろう

 Img_3095syuku 立派なライオン像、、                                       

モンタ、負けるな!Img_2920syuku                                           

これは?Img_3119syuku  なんという美しさ!                                    

 Img_3120syuku キッチンの中華なべかき回すのにくっついてる   このまま蛹になってチョウチョになるよ!

 どこから進入してきたのか?

 

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« ブドウとリンゴの袋かけ | トップページ | ギボウシの花 »

コメント

ナベショーさん。ありがとうございます。
帰宅したら・・・ジャムが届いておりました。

今日のyumiの顔を隠したあほな写真を添えて封筒で送りますね。

ところで・・・今日のカウンセラーの記事・・・とても興味が
あります。なぜなら・・・そのことで数年いろいろ壁にぶつかった
時期がありました。大事な仕事ですよね。

自分を分析すると・・・ナベショーさんと・・・ほぼ・・・
同じだと思います。
だから・・・すべてにおいて共感できるのです。

投稿: れおぽん | 2007年7月 8日 (日) 00時02分

カウンセリング、アメリカではもっとカジュアルに皆利用してるよ。仕事の悩み、家庭の悩み以外にも失恋、恋の病にも、何かに悩むとすぐカウンセリング。友達や家族に相談してもいいけど、悩み事ってだいたい聞いてほしいだけで、話しているだけで自然に自分で解決の方法を見つけ出していけるんだよね。だからああだ、こうだ親切に言ってくれる周りの人に相談するより、何も言わないプロに相談する。時間が解決するって言う言葉もあるけど、本当に悩んで失望している時は“時間”っていう未来に希望が持てなくて何とかその悩みから開放されたくて皆苦しむんだよね。“命の電話”のことは聞いたことだある。自殺を試みていた人が最後に誰かに話を聞いてもらいたい、っとダイヤルすることによって自殺を思いとどまったというすばらしい話もきいたことがある。こちらではたしか“LIFE LINE"って言ってたと思う。一本の電話で命がつながればいいね。

投稿: LAの次女 | 2007年7月 8日 (日) 01時47分

63歳になっても子供っぽいってね~。
まったく、
子供っぽい両親に育てられた子供は
さぞかし大変だった事でしょうね~。

投稿: ハワイの長女 | 2007年7月 8日 (日) 06時45分

な~るほど! 心理学についてお勉強なさったので
女心にもお詳しい、、、ということでございますね!

投稿: なぎさ | 2007年7月 8日 (日) 08時01分

これ本物?と言いたいほどうまくおさまってますね。
モンタさんに見つからないように。
生えてきた山椒の木にあげはの幼虫がくっついてます。見る間に葉っぱが無くなってしまいます。おばあちゃんに見つかったら大変。と、小さな木から大きい木の枝に、鳥に捕まらないように。と、奥の枝へと移してやったり。一度 羽化させた事がありました。毎日、毎日、今か、今かと待っておりましたところ、予想もしない姿で現われた蝶は、トンボのような羽根をもったおおうすばという蛾の一種でした。こんな美しい蛾もあるのかと知りました。
おかいこさんを飼っていた子どもの頃は、何でもなかったけれど、今は触れません。

投稿: あひる | 2007年7月 8日 (日) 09時35分

子供っぽい! 遊び心! 好奇心の塊!
そして、、、一本筋が通ってる。 (爺はその反対人間)

そんな人と一緒にいると、自分までそんな人間になって、、、
世の中、恐いものなし!!!  

その内、檜峠越えしてて闇討ちに遭うぞ!と言われてます。

投稿: やまんば | 2007年7月 8日 (日) 10時44分

子供の心、自由奔放で好奇心旺盛で・・・って。

いい方にとれば、幾つになっても夢を追う男。
でも、好き勝手なことを言ったりやったり、一緒にいると振り回されると思うことがあるかも。

ま、ナベショー様は、いい方の解釈で、永遠のロマンチストだと思いますが。

心理講座の終了後は、もっと奥様の心が分かる、今以上に優しい旦那様になることでしょうね。
(奥様、楽しみですね)

投稿: ば~ば | 2007年7月 8日 (日) 11時21分

れおぽんさま
yumiさまも、壁にぶち当たり大変なところを通られたのですね。
自分を知り、潰され、潰れないように身分を守ることは大切と思います。
お写真 楽しみに!

投稿: ナベショー | 2007年7月 8日 (日) 14時14分

LAの次女さま
そうだね!
人に話すこと、聞いてもらうだけで、気持ちが落ち着くんだね~
日本では、まだカウンセラーや心療内科のDrにかかることへの偏見がまだ強い。
アメリカでは大統領をはじめ、政治家、事業家、教授など、エクゼクテイブな人達ほど、かかりつけの精神科医やカウンセラー、牧師がいて、しばしばカウンセリングを受けて、自分の精神状態を保っていると聞いたよ。
いのちの電話、、自殺しようとする人は、必ず誰かに話したい気持ちになるそうです。
相談員は、これは危ないと感じると、決して電話を切らずに、話を聞き、組織あげて場所を特定し、警察との連携で保護したケースも多々あるそうです。

投稿: ナベショー | 2007年7月 8日 (日) 14時37分

ハワイの長女さん
まったく大変だね~
この調子じゃ、ますます年とるほど子供っぽくなって、最後は赤ちゃんになっていくよ。
老後は頼むよ~

投稿: ナベショー | 2007年7月 8日 (日) 14時47分

なぎささま
女性の心理に詳しいのは、恋愛小説の読みすぎと映画の見すぎのためでして、、、
それに、、、苦労もしたしな~

投稿: ナベショー | 2007年7月 8日 (日) 14時50分

あひるさま
この美しい虫、昨年は大量発生して庭の明日葉が全滅しました。
さて、どんなチョウが孵化するか楽しみですが、もしかして蛾かもしれない、、。
幼虫を育てて、孵化させて、自然に逃がす、、こんな趣味も楽しいでしょうね。
おかいこさん、、懐かしい言葉です。
子供の頃、捨ててあるおかいこさんを拾ってきて、ボール紙の箱の中で桑の葉を入れて育てたのを覚えています。

投稿: ナベショー | 2007年7月 8日 (日) 14時56分

やまんば様
やまんば様もいろんなことに挑戦、好奇心の塊、、みたいですね。
エゴグラフ、、きっと同じ形してるよ。
檜峠越えたらナベショーのテリトリー、、闇討ちしますぞ!

投稿: ナベショー | 2007年7月 8日 (日) 15時34分

ば~ばさま
夢追って、好き勝手なことばかり言って、周囲の人に迷惑かけて、、
これは子供ではなく幼稚でいい加減、、?
やはり、困難に見えることも、実現に向けて周到に準備し、着実に成し遂げていく、、三浦雄一郎、またはそのお父さんのようになりたいね。
今も、これからも、女心は時々分かりませ~ん!

投稿: ナベショー | 2007年7月 8日 (日) 15時45分

Tenshinranman tte iidesune-.
Nakanaka souiukata niwa omenikakaremasenyo-.
Tensei deshoune-.

投稿: M.K. | 2007年7月 8日 (日) 18時25分

M.Kさま
好奇心が少しばかり強いのと、会社時代に誰もが熱中するゴルフが大嫌いなので、他の趣味をする余裕がたくさんあっただけのことですよ~

投稿: ナベショー | 2007年7月 8日 (日) 20時53分

 私の連れ合いは化学者で、研究所在勤時からその後のことを考えてカウンセラーの資格を取るためのコースに通いました。定年後は顕微鏡を覗く職業から、人間の心理を覗く職業に鞍替えするためです。早期リタイアを希望し、今ではGP(医院)の専属のカウンセラーで、化学者時代よりも遥かに生き甲斐を感じると言っています。
 どうして彼にカウンセリングが出来るのかしらと周辺も疑問に思うほど、自己中心的な人で、同僚達の間でも相当に難しい人間だったようなのです。ところが驚くことに、クライアントさんの受けが大変良いのですよ。カウンセリングの成果が凄いらしいのです。
 本人は家では相変わらず、自己中ですが、でも以前に較べると、思いやりの気持ちが深くなったことは確かです。
 ナベショーさまは、カウンセラーにふさわしい方だと思います。がんばってください。私はあまり自分の身辺のことをブログに書きませんが
今回はあえて記しました。

投稿: はなあかり | 2007年7月 9日 (月) 05時29分

はなあかりさま
ご主人様は大学の化学関係の研究者だろうなあ~と思ってましたら、転職されてプロのカウンセラーのお仕事されてるとはびっくりしました。
よくぞ決断なされたものです!
カウンセリングの成果がすばらしい、、、それは凄いことですね。
クライアントの話をじっと深く傾聴し、共感することが大切なのですが、私は自分からしゃべりすぎるので駄目なんです。
コンサルテイングは出来ても、カウンセリングは苦手、でも少々はカウンセリングマインドを身に着けないと、、と思っています。

投稿: ナベショー | 2007年7月 9日 (月) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/15684356

この記事へのトラックバック一覧です: ナベショーのエゴグラフ:

« ブドウとリンゴの袋かけ | トップページ | ギボウシの花 »