« オニユリの花 | トップページ | 野の花 »

2007年7月10日 (火)

蜂蜜を絞る

Img_3149syuku

ヘメロカリス

庭を造り始めて間もない頃、「サカタノタネ」の通販で、ヘメロカリスを数種、購入して植えた。

長女が自分の庭を作り始めて数年後、いつの間にかヘメロカリスはまったく異なる場所のあちこちに咲き始めた。

掘り起こして、移したらしい、、、

ヘメロカリスは野草のノカンゾウ、ヤブカンゾウ、ニッコウキスゲ、などと同じ種類の園芸種、たくさんの色、花の形がある。

ノカンゾウの春の新芽は茹でて和え物にすると美味しい。

花は咲いても一日ですぼんでしまう。

でも、次々と蕾が膨らんで、毎朝新しい花が開花する。

夏から秋まで、ず~と咲き続けて楽しませてくれる。

今朝は5時起き、、、トイレから外の空を見ると、雨は降っていない

よし! 蜂蜜 絞るぞ~!

プロパンボンベ、ガスコンロ、刺身包丁、遠心分離機、、、一式を裏庭に持ち出し、セットする

二段の継ぎ箱、、一番の強勢群の蜜蜂

上段の箱から巣脾枠を取り出し、両面にぎっしりついた蜂達を中にふるい落とし、なおもしがみついてるのを刷毛で落とし、別の箱の中に並べるImg_3270syuku Img_3267syuku                                  

蜂蜜でずっしり重い巣脾枠、、、こぼれないように蓋がされているのを、温めた刺身包丁で切って、遠心分離黄にセット、蜜を絞る。Img_3273syuku Img_3280syuku                                            

遠心分離機の底に貯まった蜂蜜、、、約11Kg強!

 6月10日から、一ヶ月の間に、約6万匹の蜜蜂が集めた蜜である。  

 蜜柑やニセアカシアの花が終わった後の蜂蜜は、サンゴ樹、リョウブ、栗、ブルーサルビア、いろいろな花蜜が混じっており、雑蜜、もしくは百花蜜と呼ばれて売られている。Img_3294syuku Img_3306syuku                                             

 栗の蜜が混じると、赤黒くなり、臭いも良くない、、と言われているが、色は悪くない。

 味も期待以上、5月に絞った蓮華や菜の花、6月初の蜜柑の蜂蜜に比べると、濃厚な甘さ、、、、後に若干の違った風味が残るが悪くはない。

 美味しい蜂蜜である。

 今年の採蜜は、これで終わり、、

 夏は蜜が少ないし、秋に集まる蜜はセイタカアワダチソウなど、、味が良くない

 そして、これらの蜜は蜂が越冬するための大切な食料なのである。

 今日は、二つの群れの合同を行う。

 女王蜂を新しい女王に更新するため、女王と3枚の巣脾枠を別の箱に移してあった。

 女王がいなくなった群れは新しい女王を作るため、王台を作り、女王が最後に産んだ卵、幼虫をローヤルゼリーで育てる。

 こうして育って、蛹から孵化した処女王、、、確かに誕生したのである。

 内検で二回、その存在を確認した。

 まだ発情して交尾飛行をしてないため、雄蜂から十分の精液をお腹にためていないため、まだお腹は小さかった。

 産卵が始まるのを、今か今かと待っていたが、処女王の姿は、それ以来見かけず、新しい卵、幼虫もいない!

 処女王の交尾飛行の際、小鳥に食べられたり、農薬で死んだり、、アクシデントに遭遇したのであろう。

 ならば、仕方がない、、、

 別に移してあった旧王とその群れを、元の群れと合同させるのである。 

 普通は女王のいる箱の上に新聞紙を挟んで、その上にもう一つの女王を除いた群れの箱を載せる。

 すると、両方から女王恋しさに、2~3日かかって新聞紙を破って、自然に合同する。

 今回は、女王のいない群れに、女王のいる小さい群れを合同、、、

 養蜂の先生から教わった、ちょっと手荒な手段をとる。

 両方の群れに、エアサロンパス、もしくは焼酎を吹きかけて、

 女王の臭いを消して、一気に合同するのである。

 何もしないで、一緒にすると、両群れは互いにImg_3274syuku Img_3276syuku Img_3277syuku 喧嘩して殺しあう

 強烈な臭いで、互いの群れの臭いを麻痺させるのである。

 蜜蜂は女王蜂のだすフェロモンにより、自分の仲間、自分の巣箱を識別しているのである。

 上の二つの箱、エアサロンパスを吹っかけたので、びっくりして箱の中に引っ込んでしまった。

 さて、首尾よく、合同したであろうか?

Img_3310syuku_1 モンタのお家

 ダンボールハウス

 今日は、この中で、終日眠っていた!

 花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« オニユリの花 | トップページ | 野の花 »

コメント

ナベシヨーさん 今晩は、
蜂蜜の香りに敏感に飛んで参りました。
今回のは、分けて頂く程は無いのでしょうか?
自然の芳醇な香りは、他所では得難いものがあります。
勿論植物、お魚共に興味をもつて見させて頂いております、弁解までに・・・。

投稿: calen | 2007年7月11日 (水) 00時30分

そろそろ・・・ローヤルゼリーが必要なお年頃のれおぽんです。

今年は肌をよみがえらせたいの。

ローヤルゼリーが効くって言うけどどうなのかしら?

蜂蜜でもいいのかしら?いい方法・・・教えてください。

会社の残業つづきで・・・毎日クタクタなんですゥ~

投稿: れおぽん | 2007年7月11日 (水) 00時46分

Senkai nogashita node konkaino mitu ha
zehi owake kudasaimase.

投稿: M.K. | 2007年7月11日 (水) 08時29分

calenさま
昨日、蜂蜜を濾過して瓶に詰めてたら、お隣の奥様から「この間の蜂蜜、とても美味しくて、もう食べてしまったんだけど、まだ残ってる?」って電話があり、さっそく一瓶買っていかれました。
たしかに自分の蜜蜂の自慢をするようですが、うちの蜜蜂達は特に美味しい花蜜を集めてくるようです。
今回は、前回の半分くらいなので、前回ほど多くの人にお分け出来ないかも知れませんが、ご希望の方はメールしてください。
前回の蜂蜜と比べてみてください。

投稿: ナベショー | 2007年7月11日 (水) 08時31分

れおぽんさま
女王蜂は生まれた時からローヤルゼリーだけで育てられます。
同じ雌蜂なのに働き蜂の寿命が数ヶ月、、女王蜂は4~5年、その一生涯、冬と真夏を除き、一日に1500~2000個の卵を産み続けるのです。
れおぽんさま、、、赤ちゃんの時からローヤルゼリー食べて育ってたら、お肌は、いつもピカピカでしたのに、、、もう手遅れかな、、?
う~ん、、、今からローヤルゼリー食べても効果あるかな~
効果があるほど食べたら、破産するよ!
それに、時々食べるけど生臭くて美味しいものじゃ^ないよ。
それより、蜂蜜をお肌に塗るほうがいいかな?
いや、もったいない!
毎日、残業、、ご苦労様!

投稿: ナベショー | 2007年7月11日 (水) 08時46分

M.Kさま
おはようございます。
前回は残念でしたが、今回は確かに承りました。
良かったですね!
今から元気な強い群れを上手に育てて、来春はたくさんの蜂蜜が採れるようにしたいものです。
この夏の管理が秋の越冬蜂と産卵に影響し、秋に集める蜜が越冬の餌になり、来春にスタートに影響、、、たった一度の失敗やアクシデントが一年後まで及ぼします。
やっと、今年は3群に増えたので、来年は、今年の3倍以上は採れるでしょう。

投稿: ナベショー | 2007年7月11日 (水) 09時01分

書きたくないさま
確かに指摘のとおり配慮が足りませんでしたね。
この辺の農家の方、顔見知りの親しい方達ばかりなのでついつい、、でした。
記事そのものを削除しましたので、すみません、コメントも消えました。
アドバイスありがとうございます。

投稿: ナベショー | 2007年7月11日 (水) 09時13分

蜂の事をよく知ると・・蜂蜜もより、美味しく感じますね~

ば~ばさんに分けていただいた蜂蜜、美味しくいただいてます~


季節によって花がかわり、蜜の香りもかわるんですね~


蜂蜜の旬は、いつなんでしょうか?


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年7月11日 (水) 09時43分

蜂蜜採取・・・いい色していますね!
こちらでも、栗の花は多いけど、この時期は他の花も咲いているので、栗蜜だけは採れません!
蜜蜂の管理も詳しいようですね、
私は、仕事の合間だけの世話なので・・・手抜きが多いです、・反省!

投稿: bee83 | 2007年7月11日 (水) 11時34分

ナベショーさん、

今頃も蜂蜜採取できるのですか?
この前のクラス会のプレゼンで来年まで待たないと、と思っていたのですが。 もしあれば少し譲ってください。

クラス会のアルバム、Tさんの分未着ですが一応完成しました。 試験問題を含めた私のプレゼンも近日公開します。

投稿: yasu | 2007年7月11日 (水) 11時44分

ナベショー様

今回は少ないそうですが 蜂蜜まだありますか?
あるようでしたら 是非分けてください。

投稿: クーママ | 2007年7月11日 (水) 12時18分

マグロ君さま
5月までは梅、桜、桃、菜の花、蓮華など春の花、、5月から6月には藤、蜜柑の花、6月からはニセアカシア、栗、サンゴ樹、、、、
それぞれ季節、季節の花の蜜、、それぞれが特徴があっておいしいです。でも、秋からの蜜は、蜜蜂の越冬用なので横取りできません。

投稿: ナベショー | 2007年7月11日 (水) 13時38分

Bee31さま
予想以上に良い蜂蜜が採れました。
最初の一年目は、先生からレクチャー受けながらも、よく分からずに、後手、後手で失敗つづきでした。
一群は秋に逃亡全滅、冬越した群れは春にダニが発生して全滅寸前、春に元気な一群を購入して2年目をスタート、、、3群に増やしましたが、経験しないと分からないことが多いです。
3年目になれば、何とか全体が分かってくるのでは、、と思っていますが、、、、
お仕事の合間でやってられる方は大変ですね。

投稿: ナベショー | 2007年7月11日 (水) 13時49分

Yasuさま
梅雨の長雨だと貯蜜が少ないままで、花の少ない真夏を迎えるので、さ採蜜はしません。
でも6月が空梅雨だったので、蜜が貯まりました。
500Grですが、お送りいたします。
中国産ハチミツと美味しさを比べてみてください。
クラス会の後始末まで、何から何までやってもらって申し訳ありません。
本来、会長さんは、号令だけかけていただく、何もしない名誉職のはずだったんですが、、、

投稿: ナベショー | 2007年7月11日 (水) 13時57分

クーママさま
今回のハチミツ、、まだあります。
メールにて、ご連絡ください。

投稿: ナベショー | 2007年7月11日 (水) 14時02分

 おお、ようやく採蜜されましたか!おまけに合同まで、ご苦労様です。採蜜の時も素手ででしょうか?
 我が家の蜂もまだまだ産卵して蜜を集めています。こんなことなら増群しておけばよかったと反省です。

投稿: yoshi | 2007年7月12日 (木) 00時58分

Yoshiさま
エアサロンパス使った合同、、うまくいったか、、ちょっと不安です。
昨日、雨の中、防網もせず、ちょっと蓋ずらせて給餌したら、向かってきて刺されました。
まだ、落ち着いてないのですね。
採蜜も素手です。
でも、何かの原因で、蜂が荒れだした時は、素手では扱えず、内検は中止です。
早朝で天気も良いときなので、おとなしいですよ。
我が家もまだまだ、産卵してますね。

投稿: ナベショー | 2007年7月12日 (木) 07時00分

ふわ~~~!!蜂って奥深いのですね~~。
『エアサロンパス』で匂いが
わからなくなるんですか?う~ん、面白い!

しかしこれだけの量の蜂蜜、、
蜂たちがあの小さい体でどれだけがんばったら
こんなに集まるんでしょう?!すごい体力、すごい精神力ですね!

ところで東京の銀座でも
蜂を飼ってらっしゃる方がおるそうです。
『銀座はちみつプロジェクト』とかいうそうです。
たしかに皇居が近いですから
花はあるのかもしれませんが、、、なんとなく
おいしくなさそう!やはりナベショーさんちのように
のびのびした場所でとれたものは
おいしいでしょうね!
 

投稿: 華子 | 2007年7月12日 (木) 10時14分

華子さま
一匹の働き蜂が2~3ヶ月の生涯で集める蜜はスプ~ン一杯、1.5グラムくらいだそうです。
でも、数は力なり(自民党ではありませんが、、)一群には4~5万匹の蜂がいますから、驚くほどの蜜を集めてくることになります。
あの、小さい身体で、、、
銀座の蜜蜂、、TVで見ました。
すごい発想ですね。
蜜蜂は半径2Kmの範囲まで飛んでいって蜜を集めます。
銀座から半径2Kmならば、日比谷公園や皇居も入るかな?
最近はビルの屋上庭園もたくさんあるし、街路樹もあるし、
結構、銀座も花が多いのでしょうね。
どんな蜜でしょうね?

投稿: ナベショー | 2007年7月12日 (木) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/15718693

この記事へのトラックバック一覧です: 蜂蜜を絞る:

« オニユリの花 | トップページ | 野の花 »