« まぶしい太陽! | トップページ | 電気虫退治 »

2007年7月16日 (月)

ムラサキシキブの花

Img_3607syuku

ムラサキシキブ

可愛い小さな紫の花、、、花が終わると、紫色の小さい実が生る

1~2mの落葉低木、花も実も美しい

よく似た花と実を付けるのに、コムラサキシキブというのもあるImg_3594syuku                

ほんとに、この名前でいいのかな~

背が高く3mくらいの落葉低木、、、ムラサキシキブに比べると、背が高く、花は少ない

4~5センチの小さな小枝の挿し木から、大きくなった。

小さな花なので、手持ちカメラのピントが合わない、、、数十枚の中から、何とかマシなのを、、

Img_3598syuku

コムラサキの葉に虫がくっついてた、、

この幼虫は蝶か毛虫か、、、葉の葉脈と色も模様もそっくり、、

しかし、ナベショーの目はごまかされない!

今朝、蜜蜂に給餌した

集めた蜜は7月10日に絞ってしまったし、以来、ず~と雨、、

でも、採蜜したのは上段の貯蜜エリアのみ、

下段の育児エリアの巣脾枠にも貯蜜してるから大丈夫、、、、と思ってた。

しかし、びっくり! 

下段も空っぽ、、、ヤバイ ヤバイ!

10日以来雨続きだったからね~

1Kgの砂糖に0.5Kgの水を加えて、加熱し、溶解させて、冷却し、餌箱に入れてやった。

蜂達は待ちきれずに、注がれる砂糖液の入ったヤカンの口までよってくる、、、

夕方、再度、蓋を開けてみると、朝与えた餌は、全て食べてしまって空っぽ!

さらに1.5Kgの砂糖を溶かした餌を与えた、

雨さえ降ってなかったら、明日の朝は2Kgくらいの砂糖を与えないといけないかな~

雨が降らなくても、晴れないと、花は蜜を出さない

これらの餌として与えた砂糖が商品としての蜂蜜の中に混入してないか、、とご不審に思われるかもしれない。

これらは、貯蔵されて、餌として食べるとともに、幼虫を育てるのに使われる。、

暑い夏を越し、秋には越冬用の花蜜を集める。

来年の春まで、蜂蜜を絞ることは無い。

春になり、女王が産卵を始め、新しい働き蜂が増えてきたら、上段の貯蜜エリアに空っぽの巣脾枠を入れる

そして、新たに集められた蓮華や菜の花、桜、桃などの春の蜂蜜を採蜜するのである。

庭も茶園も畑も草ぼうぼう、、、さあ、明日からは、多少の雨が降ってても、雨具着て、外の農作業

また、揚げ物と言われちゃうな~

ゴボウ、ニンジン、玉ネギ、山葵、茹でシラスのかき揚げ

鰯のすり身、ネギ、アオシソ、ゴボウの天婦羅

ラッキョウ揚げImg_3632syuku                                            

あらっ! かぼちゃやナスの天婦羅も欲しかったね~

だから、いつも、あれも、これもといろいろ揚げるから多くなってしまうのでしょう?

今夜は、これだけ!  に素麺だよ!

夜になって テレビつけたら、新潟、柏崎で大地震発生!

つい最近の能登半島の地震があったばかり、3年前も新潟の地震、、、

北陸の大地震が多い

老人の一人暮らしの方々、地方の田舎で農業に頑張ってる人々、特に大変だと思う、、、、Img_3635syuku

モンタは寝てばかり

ソファー二つも占領して、長々と、、、、

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« まぶしい太陽! | トップページ | 電気虫退治 »

コメント

こんばんは!

ムラサキシキブ、実は有名だし私ですら
見たことがありますが
お花は初めてみました!
みせてくださってありがとうございます~。

実にまけないくらい
かわいらしくて 素敵です!

投稿: 華子 | 2007年7月16日 (月) 23時47分

もんた かわいいねえ。

人間いろいろなことだ悩んだり、怒ったり、悲しんだり。

でもこういう時に動物をみて心が癒されるね。

焦らない、慌てない、悠々、のんきにやっていこうよ、って。

投稿: LAの次女 | 2007年7月17日 (火) 01時32分

華子さま
子供達がムラサキシキブの小さな美しい実をたくさん採って、ママゴト遊びに熱中しますね。
花も美しいです。

投稿: ナベショー | 2007年7月17日 (火) 06時52分

LAの次女さん
動物は人のように裏切ったり、だましたり、悪意で傷つくようなことを言わない。
猫や犬、、忠実で可愛い(猫はマイペースで都合いいときだけ、可愛い声ですりよってきますが、、、、)
心が癒されますね。
悠々、のんきに!!!

投稿: ナベショー | 2007年7月17日 (火) 06時58分

え”?蜜蜂さんは砂糖を食べるの?驚きです。

虫も食べるの?昔大きいミミズを採って池の鯉に餌としていた
ことはありましたが・・・(yumiはミミズ大好きなんです。怖くないです。)

お素麺に天ぷら・・・憧れます。天ぷらは油が怖いのであんまり
し・・・ま・・・せん。

ねずみ園ってナベショーさんは行ったことないんですか?
行ったことなくても・・・ものすごく知っている場所だと思います。
最寄の駅は舞浜ですよ。海側にあります。シンデレラ城がありますよ。
私ね・・・そこで7年間キャストとして貢献してましたよ。
よろしければ・・・今度ご案内しますよぉ~

投稿: れおぽん | 2007年7月17日 (火) 07時49分

れおぽんさま
いや~ 虫は食べません。
そうでもないか~~~
カミキリ虫の幼虫の栗虫、イナゴ、蜂の子、
ねずみ園、、、舞浜ですか
京葉線ですね。
同じ千葉でも松戸からは結構、遠いんです、、、
八柱へ行って、武蔵野線に乗り換えて南船橋でまた乗り換えて、、デイズニーランドも一回しか行ってないんです。
シンデレラ姫の役をやってたの?

投稿: ナベショー | 2007年7月17日 (火) 09時39分

ムラサキシキブ・・・そんな高貴な名の花があるんですね~

存在すら知りませんでした~

徐々に・・・花の名前インプットできてます~

これも、ナベショーさんのおかげです~


ぽちっと”

投稿: マグロ君 | 2007年7月17日 (火) 13時01分

私も、ムラサキシキブの実は知っていますが、花をジックリ見るのは初めてです。
ありがとうございます。

葉に付いている虫、擬態と言うのかしら、葉とそっくりさんですね。

投稿: ば~ば | 2007年7月17日 (火) 14時28分

マグロ君さま
是非、インプットして、銀座のおねえさんたちにご披露ください。
知ってるよ、、て言われたら、ムラサキの実は知ってても、美しい花は知らぬだろう、、なんてね。

投稿: ナベショー | 2007年7月17日 (火) 20時06分

ば~ばさま
良くぞ、葉の模様に似せたものぞ、、葉の緑の濃さ、葉脈の模様、、までそっくり!
ちいさな虫たちの生きる知恵、、人間よりもはるかに賢いです。

投稿: ナベショー | 2007年7月17日 (火) 20時12分

こんばんは
同じ虫をきゅうりの葉の裏で見つけました。
本当に保護色。。。ですね。
ナベショーさんの一日の運動量ってすごそうですね。
だから揚げ物もOK!なんですね。

投稿: でつ | 2007年7月17日 (火) 20時49分

でつさま
今度見つけたら、育てて、蛹にして孵化させてみようかな?
でつさまだって、ブログの畑、ずいぶんたくさんの野菜やってるから、相当動いてると思うよ!

投稿: ナベショー | 2007年7月17日 (火) 21時44分

紫式部の花をじっくり眺めましたら本当に可愛い。我が菜園の傍らにもただ今咲いております。

 今、離れの軒下の「ゴーヤカーテン」(3m×4m)。すっかり張り巡らされて何とか成功です。

 小ぶりの品種なんですがぶらりぶらりと30個ほどなっています。
ゴーヤの炒め物は美味しいです。
 
 黄色い花が満開で、今朝は梅雨の晴れ間に蜜蜂がワンサとやって来ました。よく観察したら可愛いね。 
 まさかナベショーさん宅からお出でになったとは思いませんが??

1Kmほどのところに養蜂家がおられますのできキットそこからでしょう。 

 丹波地方の言葉に「弁当忘れても傘忘れるな!!」ってありますが
ナベショーにとっては「弁当・傘・財布を忘れてもカメラ忘れるな!」でしょうね。
 アァ・お母上がどんな顔をして天から眺めていることでしょう??
 

投稿: sakura | 2007年7月17日 (火) 21時52分

sakuraさま
ゴーヤはまだ作ったことありませんが、来年は挑戦してみます。
長雨続き、蜜蜂は小雨でも巣箱から飛んでいきます。
蜜は貯蔵してても、子育てに必要な新鮮な花粉が不足するんです。
お母上は「あの子は何でも凝りだすとしょうがないんだから、、」と呆れてるでしょう。
現役時代も、通勤鞄、出張鞄にカメラは入れてましたね。
いつ、どんなシャッターチャンスにめぐり合うかも、、、って。
ほんとにまじめに仕事してたの?って思うでしょうね。

投稿: ナベショー | 2007年7月17日 (火) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/15781934

この記事へのトラックバック一覧です: ムラサキシキブの花:

« まぶしい太陽! | トップページ | 電気虫退治 »