« 今年、最後の蜂蜜 | トップページ | 塩の道 青崩峠 »

2007年8月21日 (火)

日暮蝉

Img_5397syuku

玉紫陽花

山の渓谷、日の当たらない山道などに咲く玉紫陽花、、

同じ山に咲く紫陽花でも、山紫陽花は栽培種のガクアジサイに似てる

この玉アジサイは花全体が大きく、色も薄い青ムラサキ色、、、

薄暗い渓谷に咲いていると、はっとするような美しさである。

まだ、花が開いていない蕾は丸くて大きい

山の芍薬ではないか、、と思ったほどである。

妻が、どうしても南アルプス、仙丈ケ岳に9月に登りたいという

それでは、どれくらいの体力があるか、、、、、、、と近くの山 ビク石へ登った!

剣の刃のようなするどい尾根道を下からアップダウンを繰り返しながら登る、、、

アップダウンなので、なかなか目指す頂上にはたどり行かない、、、Img_5399syuku

暑い夏は、あまり人が入っていないらしく、蜘蛛の巣を木の枝で払いながら行く

日暮蝉が「カナ カナ、カナ、カナ、、、」と合唱しながら鳴いている

時々、飛んできた日暮蝉が顔にぶつかる

透明の羽根、美しい小さな蝉である。

Img_5390syuku

子供の頃、山へ遊びに行き、夕方近くに薄暗くなり、日暮蝉の合唱を聞きながら、心細くなりながら帰りの道を急いだ。

一人遊びの好きなナベショーは山へ一人でいくことが多かった。

夕立が来そうになり、黒い雷雲が空を覆い、今にも大粒の雨が落ちてきそうな時、ザ~と風が吹くとともに、いっせいに山の日暮蝉が合唱する、、、カナ、カナ、カナ、カナ、カナ、、、、

子供の頃。皆既日食があった、、、、まッ昼間、太陽が欠けてうす暗くなってきた、、

やはり、日暮蝉がいっせいに カナ、カナ、カナ、カナ、、、

日暮蝉の鳴き声は、子供の頃の原体験として、記憶の中に残っているようである。

擬態、、、見事な擬態、、これはなんという昆虫であろうか?

Img_5405syuku Img_5407syuku  こりゃ~、、なかなか分からないよ!

 足が六本あるので、昆虫なのであろう

 山道はいたるところが蜘蛛の巣

 日暮蝉が、捕らえられてる

 アップ、ダウンを繰り返し「やっぱり駄目だ!」といいながら、妻はあえぎあえぎ着いて来る

やはり、9月に仙丈ケ岳は一人で登るか!

頂上に着くと、涼しい風が吹き、赤とんぼが枝に止まっていたImg_5412syuku                  

福一焼津流通センターへ魚を買いに、、、

ハマチの小さいの、、イナダが一本1300円

2Kgはある、、、

Img_5379syuku_3 Img_5381syuku_2                            

三枚におろして、さらに真ん中を切って中骨をとり、尾っぽの部分を持って皮を剥ぎ、

お刺身にするImg_5383syuku                                             

頭、皮、骨、、、、アラがわんさと出る

これは大根と生姜と一緒に、醤油、お酒、砂糖でImg_5418syuku アラ煮                      

冷蔵庫に入れておくと、ゼラチンがかたまってウルウルになる。

お刺身よりこちらのほうが美味しそう!Img_5423syuku

モンタが網戸を自分で開けて、夜の屋外へ飛び出していく

1~2時間夜遊びして帰ってくる

玄関のドアの外に座って、誰か気がついて開けてくれるまで、中を伺いながらじ~と待っている

勝手に外へ行ったんだから、知らないよ!

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。          

よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 今年、最後の蜂蜜 | トップページ | 塩の道 青崩峠 »

コメント

ななふしでしょうか。鳥などの外敵から身をまもる昆虫の擬態って本当に素晴らしいですね。
そういえば皆既日食がありましたよね。母は無学で、しかも情報もラジオぐらいしかなかったのに、ガラスに蝋燭のススをつけて、近所の子どもや私たちにお日さんを見せてくれました。
その3年ほどまえでしょうか。火の用心(子ども会で「火の用心」と言いながら村うちを回っていました)の途中に見た星空には、ほうき星が流れました。走って帰った記憶があります。彗星のひとつだったようです。今でも彗星が、、、と聞くと夜空を見上げて探してます。

投稿: あひる | 2007年8月22日 (水) 00時11分

ヒグラシ、声はすれども姿無し・・だったんですよ。
見たことなかったの。
透き通った羽と、緑がかったボディが綺麗ですねぇ~
ミンミンゼミの次に好きになりました。
鳴き声はヒグラシが一番、好きですが。

謎の生物、おそらくエダナナフシではないでしょうか。
子供の頃、家族でキャンプした時に、誰かが入り口をきちんと閉めなかったので、ナナフシがたくさん、入ってきちゃったことありましたっけ。
その時に父が教えてくれました。

投稿: Bistrot DELICIOUS みほ | 2007年8月22日 (水) 00時21分

毎年お盆は家族みんなで綾部のおばあちゃんのところに里帰りするのが
定番の子供のころの夏休みだった。
川へ泳ぎに行ったり、山に花摘みにいったり、
遊んでも遊んでも、遊び足りないほど楽しかった。
いつの日か兄弟達が成長するにつれて、一人、また一人と里帰りするメンバーもへり、あんなに楽しかった田舎がふいっと寂しくなった。何もすることのない退屈な夕方の縁側で、カラカラカラ、がとても切なかった思い出がある。

投稿: LAの次女 | 2007年8月22日 (水) 01時15分

おはようございます。
イナダも2kgもあると、ほんとに食べがいがありますね。
前に平塚沖に9月に釣りに行ったけれど、サバしか釣れませんでした。


写真の昆虫はナナフシです。
このナナフシも日本に18種類います。
参考までに、静岡県で見られるナナフシは以下のHP

http://www2.wbs.ne.jp/~musi/xmonan01.htm
http://www2.wbs.ne.jp/~musi/xmonan02.htm

ほんとうに虫屋っていろいろ見つけるし、見分けますね。

投稿: ムシコ | 2007年8月22日 (水) 06時15分

おはようございます。今日も暑い一日となりそうですね。
仙丈ケ岳、奥様が登りたいとか・・・。私は3年前に登りました。
決して難しい山ではありません。黒百合がたくさん、きれいでした。
下山でひざを痛め、やっとの思いで下りてきました。それ以来3000m級の山は登っていません。ひざ痛とはいまだに付き合っています。
私の登山は、名前の素敵な山、後は田中澄江さんにあこがれて花の名山を登っていました。
仙丈ケ岳は、別名、南アルプスの女王と呼ばれていますね。
その名の通り、すばらしい山でした。
頂上での景色をいつまでも眺めて飽きることありませんでした。
このままここにずーっと座っていたい、そんな仙丈ケ岳の頂上でした。

投稿: にりんそう | 2007年8月22日 (水) 06時49分

カナカナカナ♪って聞くだけで・・・なんかさびしくなるれおぽんです。
れおぽんも小さい頃はひとりであっちこっち行きました。

ちょうど母方の祖母のお家は山の上のほうで・・・
行ってみてはひとりでふらふらするのが好きでした。
(神戸市長田区の一番標高の高い場所でーす)

もちろん・・・祖母の家まではひとりで電車とバスで行きます。
豊中駅から2hぐらいでしょうか?
乗り換えは3回ぐらい?
幼稚園児なのでひらがなも漢字もちんぷんかんぷんで・・・
勘だけが頼りです。切符もなんとなくテキトーに買います。
数字だけには強かったので・・・料金で判断です。
たしか・・・電車は色で判断です。3種類の電車が乗り入れてましたから・・・
そんな5歳児でした・・・

偶然ですね・・・れおぽんは・・・大根1本を皮付きのまま輪切りにして・・・
鶏の骨付きでしたが同じお料理をおととい作りました。生姜もね・・・
なので・・・昨日はゼラチン質がプルプルでしたよぉ~

ナベショーさんのお家は焼津インターから・・・
何㌔?もしくは・・・
何分ぐらいですか?もし差し支えなければ教えてくださーい。

投稿: れおぽん | 2007年8月22日 (水) 07時03分

イナダ・・・美味そうですね~
オロシも完璧・・皮ひきも・・・

最近、思うのですが・・関西にいるときはクマゼミばかり、

関東はアブラゼミとミンミンゼミが多くないですか?

クマゼミこっちで見ないです~

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年8月22日 (水) 09時52分

夏山お疲れさまでした。
皆さま世界一の健脚でいらっしゃる。
「汗臭さ」が伝わってくるようなブログでした(失礼はお許しください)。

かなかな蝉の姿・・・はじめて見ました。鳴き声も涼しそうで素晴らしいですけど、綺麗な姿なのですねえ。

花譜♪「かなかな蝉が遠くで鳴いた・・・」という童謡を舞台で歌ったことがあります(合唱団)。

玄関で待っている「モンタ」君、ケナゲです。

投稿: 花譜 | 2007年8月22日 (水) 11時04分

また、れおぽんさんのとこで紹介されていたので
素直に飛んできましたー。
ハチミツやジャムも売ってるんですね。
あこがれの生活ですー。(うっとり)

森やセミや、写真一つ一つがキレイです。
刺身とアラ汁両方作れちゃうのも尊敬!
アップルパイまで@@

ここ、お気に入りリンクに追加させてもらっていいですかー?

ぽちん!

投稿: ash | 2007年8月22日 (水) 14時48分

あひるさま
ナナフシ、、、、よくご存知ですね。
ほんとに見事な擬態です!
子供の頃の思い出、記憶、、、普段は忘れていても、日暮蝉の鳴き声を聞くと、ありありと思い出す、
皆既日食のあったことも、、、

投稿: ナベショー | 2007年8月22日 (水) 19時53分

Bistrot DELICIOUS みほさま
日暮蝉はミンミンよりも小型で細身、、、透明な羽と緑がかった胴体が美しいですね。
カナ、カナ、カナ、、、という哀愁を帯びた鳴き声がいいですね。
ナナフシ、、、実は初めて見る虫、、よく知っておられますね。

投稿: ナベショー | 2007年8月22日 (水) 19時59分

LAの次女さん
子供の頃、お盆休みに行った懐かしい田舎、、、もう誰も住まない。
行くこともないでしょうね。
日暮蝉の鳴き声、、、田舎の子供の頃を思い出す、、

投稿: ナベショー | 2007年8月22日 (水) 20時03分

ムシコさま
2kgのイナダ、、ほんとに食べれがありました。
アラまで全部食べつくし、イナダも満足だったでしょう。
ナナフシ、、、ほんとに不思議な昆虫、種類も多いのですね。

投稿: ナベショー | 2007年8月22日 (水) 20時06分

にりんそうさま
妻とは悪沢岳、赤石岳、や鳳凰三山の縦走などは数年前に一緒に登っていますが、ここ2~3年は登っていません。
北岳は急勾配にしても仙丈ケ岳は緩やかな尾根のように見えたので、登れるかな、、、と思いました。
この秋は無理にしても、来年は登れるように、近くの山を登って足を鳴らしておきたいものです。
仙丈ケ岳からの北岳や甲斐駒が岳の景色、、素晴らしいでしょうね。

投稿: ナベショー | 2007年8月22日 (水) 20時12分

れおぽんさま
六甲山や摩耶山も海から直接なので、結構登るのきついですね。
幼稚園児なのに、豊中から2時間もかかって電車乗り継いで、、、偉い偉い!
三宮での乗り換えなんて、三つの電車が乗り入れてるから大人でも初めてだと混乱しちゃう、、、
そんな冒険をさせたご両親も偉い!
大根、、皮むかなくても柔らかいですよね!
焼津ICより車で10分くらいの国道藤枝バイパス側だよ。

投稿: ナベショー | 2007年8月22日 (水) 20時20分

マグロ君さま
魚のプロのマグロ君さまから誉められると、なんだか自信持っちゃいますね~
そうそう、関西、大阪付近はクマセミばかり、、
静岡はアブラセミもクマゼミもミンミンも混在
東京はクマセミ いないくてアブラセミ?
全国、どこも同じ、、と思っていました。

投稿: ナベショー | 2007年8月22日 (水) 20時26分

花譜さま
おそらく汗臭いでしょうね。
4日間、風呂も入らず、着替えもせず、、、
みんな臭いから、互いに気づかず、、、
かなかな蝉、、さらにスマートなツクツクホーシと並び、もっとも美しい蝉ではないかと思います。
カナ、カナ、カナ、、、という鳴き声がいいですね~
玄関のモンタ、、、こちらが忘れていると2時間でも3時間でもじっと座って入れてくれるのを待ってるんです、、、ケナゲ!

投稿: ナベショー | 2007年8月22日 (水) 20時32分

ashさま
道楽でやってるお茶、ジャム、蜂蜜、、、自宅で消費しきれないほど出来てしまうので、ブログの皆様に助けていただいてるんです。
利益をだそうとすれば商売になって道楽ではなくなる、、
まあ、お店ごっこのようなもんです。
ashさまのブログのお気に入りリンクに加えていただけるなんで光栄です。

投稿: ナベショー | 2007年8月22日 (水) 20時46分

Osakana, oishisou desune-. Inadademo 2kiro mo arunodesune.
Itumo ganpukuni azukari gochisousama desu.

投稿: M.K. | 2007年8月22日 (水) 21時03分

ナベショー様

イギリスは、蝉がいないのです。涼しいからなのでしょうね。
お土産に何かほしいと聞いたら、蝉を見てみたいといわれてびっくりでした。南仏は、うるさいほどいるのにね。
息子と何ゼミが何と鳴くかという話をして、自分でもわからなくなり、電子辞書で調べたり。夏休みは、楽しかったなあ。
ちなみに、プロバンスのお土産の石鹸とか蝉のモチーフが多いのです。
プロバンスの布とかも。
国によっているものといないものとあって、おもしろいなあと思いました。

投稿: les fleurs | 2007年8月22日 (水) 21時30分

M.K さま
イナダも2Kgもあると、ちょっとしたハマチ並みですね。
ついつい値段につられて一匹買ってしまいました。
イナダの1kgくらいの小さいのは、昔、しばしば買って、三枚に下ろして皮をとり、お刺身にする練習をしました。
いつもの料理、パソコン画面だけで申し訳ありません、、、

投稿: ナベショー | 2007年8月22日 (水) 23時02分

les Fleurs さま
イギリスの夏は静かでしょうね。
南フランス、、、暖かくて、湿度も低くて過ごしやすく、海は青く、町も自然も美しく、料理もワインも美味しく、、
素敵ですね!
フランスの蝉もやはり、ミンミンやアブラセミ、クマセミみたいなのでしょうか?

投稿: ナベショー | 2007年8月22日 (水) 23時09分

またまたお邪魔しています。
実は仕事中。ちょっと疲れちゃったので
ナベショーさんのブログに癒されにきました。
玉紫陽花、初めてみました。
紫陽花は私の大好きな花ですが、こんな種類も
あるのですね。
モンタちゃんの美しい自然の中で伸び伸びと
夏を満喫している様子がとてもステキです♪

投稿: 紫陽花 | 2007年8月29日 (水) 14時19分

紫陽花さま
玉紫陽花、、今、山に咲いていますよ!!
薄暗い渓流沿いの山道や岸、、ブルーの美しい花が映えます。
白っぽい蕾と開きかけは、ボタンか芍薬の蕾のよう、、、
小さな花の山紫陽花も素朴で美しいですよ。
モンタは家に中ではぼ~としていますが、外へでるとリンリンとした目、ツンと立った耳、シャンと背筋を伸ばし、まったく見違えます。

投稿: ナベショー | 2007年8月29日 (水) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/16194905

この記事へのトラックバック一覧です: 日暮蝉:

« 今年、最後の蜂蜜 | トップページ | 塩の道 青崩峠 »