« 無花果の甘煮 | トップページ | サツマイモの蔓、食べたことありますか? »

2007年8月29日 (水)

トロロアオイの花

Img_5776syuku

トロロアオイ(アオイ科)の花が咲きました!

第一号!

オクラの花に似ているけど、オクラよりもっと大きい。

芙蓉、ハイビスカス、ムクゲ、葵、オクラ、、などと同じ、アオイ科の植物

朝、開花し、夕には萎む

トロロアオイの根から取れるネバネバの粘液は和紙を抄く時の糊剤として、昔から利用されてきた。

ミツマタやコウゾの皮を灰汁(アルカリ)と一緒に煮て、純粋な繊維を取り、

糊の入った水の中の繊維を抄いて、乾かすと和紙ができる。

しかし、現在、手漉きの和紙でも、古来の方法は少なく、化学製品の糊剤を使っているところが多いそうである。

今も、時々トロロアオイの美しい花を見かけることもあるが、

園芸種として販売されて、庭や花壇に植えられているのは稀である。

昨年の夏、たまたま車で走っていて、ある農家の前の畑に咲いているのを見つけた。

これが、あのトロロアオイの花だったんだ、、、と感激した。

秋になって再び訪れて、農家の方にお願いし、その種をたくさんいただいた。

このことは、昨年ブログに載せて、読者の Tさま他、幾人かの方に種を差し上げた。

今年の春、ポットに種を蒔き、たくさん芽が出て喜んだのもつかの間、

ナメクジにほとんど食われて、わずかに3本だけが残った。

庭に移したが、日照りのためか、なかなか大きく成長せず、、、

駄目かと半分あきらめてたら、蕾がたくさん出来て、今日、初めて一個が開花したのである。Img_5804syuku

後ろ姿も美しいよImg_5808syuku  

降って来た雨に濡れて,美しい、、、                                         

丁度、蜜蜂の箱を置いているすぐ側、1~1.5mに成長するらしいけど、これは1mより小さい。

Img_5796syuku

でも、たくさん、たくさん、蕾がついていて、3本のトロロアオイはこれから毎朝、毎朝美しい花を咲き続けてくれるだろうImg_5786syuku !                                                

植木鉢ででも簡単に栽培できると思います。

秋になり、たくさんの種が採取できたら、ブログの読者の方で、ご希望の方に差し上げたいと思います。

たぶん、和紙の製法とともに中国から来た植物なので、日本の気候にも強いはず、、、

トロロアオイの花は生のままサラダや天婦羅、茹でて三倍酢などで食されるそうで、特有のぬめりがあっておいしいという。

今日も大人買いした秋刀魚の料理だよ!

三枚におろして塩して酢で締めて冷蔵庫、、、

キュウリ揉みに使ったけど、今日は御寿司!Img_5821syuku                           

鯖寿司も美味しいけれど、秋刀魚の押し寿司も美味しい!

鯖寿司と同様に、竹すだれとラップフィルムを使って、簡単に作れる。

散し寿司(五目寿司)にも、、、小さく切ってたくさん入れたのに、混ぜてしまうと、どこへ行ったのやら、、Img_5758syuku

秋刀魚は塩焼きが一番だけど、酢で締めたのもたいそう美味しい!Img_5797syuku

モンタはダンボール箱が大好き!

やっと涼しくなりました。

午後は雷雨も、、、

料理と花の話題、半々、、だけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。          

よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 無花果の甘煮 | トップページ | サツマイモの蔓、食べたことありますか? »

コメント

アオイ科の植物は苗の時の生長が遅いですね。オクラも途中で駄目になるのが多いです。そうそう、綿もこの仲間で25年ほど前に研究所で栽培しました。種取りが目的で、綿用の農薬が出来ないかと目論んでた時です。花も綺麗ですがまーるいコットンボールができて、葉が落ち木が枯れると真っ白な綿が弾けて花のようになるのも綺麗でした。話しは変わりますが、当分上京の予定は無いのですが、10月末が有るかも?です。

投稿: 浦和のGG | 2007年8月29日 (水) 21時21分

Tororo-aoino tanega dekitara itadakitaidesu.

Kyouno sanmazushi, iidesune-.

Mainichi urayamashiiyouna okondate!

投稿: M.K. | 2007年8月29日 (水) 21時43分

浦和のGGさま
肥料が足らないのか、、土が会わないのか、、ほんとに心配しましたが、7月中旬になってから、少しずつ伸び始めました。
綿用の農薬も研究されてたんですか。
白い綿帽子、、綺麗です。
GG様のために「ナベショーのお茶」が残してあるので、直接お送りします。

投稿: ナベショー | 2007年8月29日 (水) 21時55分

M.Kさま
トロロアオイの種、、了解しました。
是非、来年はお庭に咲かせてください。
御寿司は、そんなに材料費はかからないのに、美しくて、なんとなく贅沢で豪華な料理に見えて、食べるのがうれしくなります。

投稿: ナベショー | 2007年8月29日 (水) 22時02分

れおぽんね・・・ハガキ自分で作るの・・・牛乳パックで・・・
ミキサーにかけて・・・糊混ぜて作ります。
とろろあおいで作るのがホントのやり方だったんですね・・・

ヘタクソだから・・・ぼこぼこで・・・字が上手にかけませんよぉ~

イチジクですが・・・1パックに大きいのだったら、3個、
小さいのだったら、7つ入ってやっぱり300円~400円でした・・・

ナベショーさん・・・うらやましすぎる・・・

もんたくんはダンボールは食べませんよね。れおんは大好きですよ。

投稿: れおぽん | 2007年8月29日 (水) 22時06分

れおぽんさま
牛乳パックの紙繊維を抄いて葉書を~!
すご~い!
れおぽん様は何でも挑戦、できるんだね~
インド人も、否ナベショーもびっくり!
無花果、、スーパーでそれくらいしてるね~
うらやましがらせて スンマセン、、、

投稿: ナベショー | 2007年8月29日 (水) 22時33分

オクラみたいだね、トロロ葵って。

オクラって英語でもオクラなんだよ、知ってた?

特にアメリカ南部でたべられるみたい。有名なのがガンボって呼ばれているスープ。オクラをはじめ、色々な野菜、肉団子、お米なんかがはいった具沢山スープ。結構美味しいんだよ。味噌仕立てにしてもおいしそう。

でもオクラはやっぱりあのネバネバだよね。刻んでご飯の上にかけるのが一番おいしいね。

投稿: LAの次女 | 2007年8月30日 (木) 03時07分

おくらの花の色にひかれ今年も苗を植えましたが去年に続き育ちませんでした、、。「どうして?」
トロロアオイの花もみてもたいです。
種できましたらお分けしていただけないでしょうか?
秋刀魚のレシピも嬉しいですし、クールなモンタ君にあえるのも嬉しいです♪

   

投稿: koba | 2007年8月30日 (木) 07時06分

LAの次女さん
オクラって英語なんだ、、、知らなかった!
花も葉っぱもネバネバもオクラに似てるね。
オクラの実たくさんスープ、、美味しそうだね。

投稿: ナベショー | 2007年8月30日 (木) 08時16分

kobaさま
やはり、オクラもトロロアオイも苗の生長が遅くて難しいのですね。
トロロアオイ、、、5月初の種まいて、小さな苗を移植して、10センチくらいからなかなか成長せず、半分あきらめていました。
種が出来たら、お送りいたします。
来年、美しい花が咲いたらうれしいですね。

投稿: ナベショー | 2007年8月30日 (木) 08時23分

トロロアオイ・・知らなかったです!
今後は、注意して見てみよう・・!

投稿: bee83 | 2007年8月30日 (木) 09時01分

bee83さま
こんなに美しい花なのに、あまり植えられていない。
今、咲き始めた頃、是非、注意して探してください。
昔、和紙を抄いていた村、、などにあるかもしれませんね。

投稿: ナベショー | 2007年8月30日 (木) 10時32分

こんにちは、こちらは沢山バックナンバーがあるので
毎日少しずつ楽しく拝見しにお邪魔しています♪
トロロアオイってとても美しくして瑞々しい姿ですね。
涼やかで素敵なお花です。
話は変わりますが、コメントへの返信は新しくスレッドを立てるものなのですね!私はブログ初心者なので下さったコメントへ入れ子で返信を書いていました。ナベショーさんや他の方々のブログを見て
今更ルールを知りました(*^_^*)
ナベショーさんは料理にお詳しそうですね。
雑誌「料理通信」は購読されていますか?
そちらに山本一力の料理にまつわるエッセーが連載されていて
結構好きで読んでます!

投稿: 紫陽花 | 2007年8月30日 (木) 11時50分

丹精されたトロロアオイ・・・美しい画像から、ナベショーさんの思いが伝わってきます。
北海道で見た(全国に分布するらしい)ノリウツギ、別名サビタも、昔、紙を作るのに使われたと聞きました。
知らないこといっぱいで、教えていただくの楽しいです。(^^

投稿: MONA | 2007年8月30日 (木) 12時50分

紫陽花さま
ナベショーのブログは文章が長~いので、読むのがタイヘンだ~写真だけ見てパス、、、って友人は言います。
ブログのコメント返信、、別にルールがあるわけではなく、紫陽花様のようなやり方の人もありますよ。
料理は自己流、居酒屋や小料理屋の再現料理とコミック「美味しんぼ」のアレンジです。
「料理通信」は購読してませんが、「サライ」の料理記事は時々見て参考」にしています。
山本一力のエッセイが載ってるんですか。
大好きな作家の一人、「だいこん」や「あかね空」は楽しく読みました。
「だいこん」の椿ちゃんのファンです。

投稿: ナベショー | 2007年8月30日 (木) 18時23分

MONAさま
ノリウツギ、、図鑑で調べましたら「2~3mの落葉低木、皮を剥ぐとぬるぬるする。花の穂は長くなる。幹から和紙を抄く時の糊をつくる」とありました。
昔はいろんな植物を利用したのですね。
トロロアオイ、、美しい花なので、もっと観賞用に栽培されてもいいと思います。

投稿: ナベショー | 2007年8月30日 (木) 18時29分

手入れが行き届いているのか、
ナベショーさんの花はどれもキレイですー。

サンマの押し寿司、プロみたいデス!
チャレンジしてみたくて、メラメラしてきました。

今日は、イナダ買ってきてさばいてみました。
そして、お刺身にも初挑戦しましたv
近々載せますー。

ぽちん!

投稿: ash | 2007年8月30日 (木) 19時31分

トロロアオイの花、去年初めて見せて頂きましたが、さらに美しく撮れていますね。
幻想的・・・(種、プランターでも出来そうでしたら、余ったら下さいな)。

秋刀魚の押し鮨、鯖より上品な感じですね・・・大好き(勿論、鯖の寿司も好きですが)。
和歌山あたりで、1匹マルで作る姿寿司を食べました。
でも、ナベショー様のように、頭を落としてある方が抵抗感はないかしら。

投稿: ば~ば | 2007年8月30日 (木) 20時48分

ashさま
花はいずれも美しいので、ありのままに美しく撮るのにプレッシャーがかかります。
いよいよ本格的に魚をさばくのやりだしましたね。
ブログに載るのを楽しみに!

投稿: ナベショー | 2007年8月30日 (木) 22時24分

ば~ばさま
今年はたくさん種が採れるでしょうから、お送りしましょう。
和歌山の名物、秋刀魚寿司のように背開きで一匹使おうと思ってましたが、気がついたら全部、三枚におろしてた。
でもこの方が一口寿司でお上品!

投稿: ナベショー | 2007年8月30日 (木) 22時28分

こんにちは
トロロアオイって咲いてる花をとってきて焼酎に漬けると切り傷 やけどなんかに効くってご存知ですか?
一度作ってみてください あとが残らずになおると思うんですが。それと娘が最近きて手が荒れてかゆいとかいってたのでぬってあげたんです そうしたら一年かゆかったのがなんどかためしたら治ったといってました
人によって違いがりますが作ってみてはいかがでしょうか。

投稿: | 2008年8月26日 (火) 16時44分

無記名さま
花に薬効があるんですね。
知りませんでした。
もうすぐ、庭のトロロアオイがたくさん咲くので、作ってみます。
焼酎漬けですね。
ありがとうございました。

投稿: ナベショー | 2008年8月26日 (火) 23時38分

立派なトロロアオイの花の写真を拝見。一昨年からトロロアオイをフラワーセンターや種店、インターネットで探していました。
我が家の庭で大きな花を咲かせますので、種の余分がありましたら譲ってください。

投稿: 岩室 禎和 | 2013年5月19日 (日) 19時06分

岩室さま
トロロアオイの種、、売ってるところが無いんですね~
昨年秋に採った種が冷蔵庫の中に保存してました。
お送りしましますので、メールでご連絡ください。

投稿: ナベショー | 2013年5月19日 (日) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/16277857

この記事へのトラックバック一覧です: トロロアオイの花:

« 無花果の甘煮 | トップページ | サツマイモの蔓、食べたことありますか? »