« ながらみの炊き込みご飯 | トップページ | 桃のシャーベット »

2007年8月 3日 (金)

茄子、かぼちゃ、茗荷の煮物

Img_4640syuku

ヤマユリ

清純なササユリと並んで日本を代表する野の百合、、

その花の大きさ、豪華さ、強い香り、、、他の追随を許さず

野の百合とは思えない

園芸種のカサブランカは、ヨーロッパにおいて、このヤマユリを元に開発されたもの

日本から、ヨーロッパに紹介されたヤマユリを初めて見たヨーロッパの人たちはたいへん驚いたそうです。Img_4622syuku

ササユリが、一本にせいぜい、一個か、二個しか花がつかないけど、ヤマユリは10個以上の花の大株も珍しくない。Img_4626syuku                                                 

 7月24日に佐久間、天竜へ旅行に行ったが、山道や天竜川の河岸にはヤマユリが満開であった。

 しかし、この藤枝は丁度、今咲き始めた

 そうだ!

佐久間や天竜など本州の内陸部は、静岡では、夏、最も気温がく、暑いところなのである。

ちなみに、比較のために、以前アップしたササユリの花をご覧ください

Img_2141yuku

Img_4676syuku 今日も茶園の草取り、、5月に深く刈り込んで茶色の太い枝だけになった茶樹は、新しい新芽が出て緑に茂っている。

新しい枝を十分成長させて、11月に綺麗に刈り込み、来年春の新茶の収穫に備える。

すごい草だった

台風の影響で、湿った暑い風、

熱気が地面から上がってくる、、

仕事は半日しか持たない

続きは、また、明日! 

庭の杏子の木、よく見ると毛虫に食われて枯葉のような小 枝があるImg_4606syuku_2 Img_4591syuku_2                     

この一枝! 3mくらいの長い柄のついたハサミで切り取る、、、、、Img_4607syuku Img_4602syuku                  

アップしてみてください! びっくりしますよ!

これが一週間すると、3センチ,

いや5センチくらいに成長し、木全体に広がって、全ての葉を食われてしまう

長~い白い毛で覆われた毛虫、、、

単身赴任時代、見過ごして、翌週に帰ってきたときは、お手上げ!

消毒しても、毛虫が木の下に落ちるので、木の下に入れない 

丸裸になると、木も弱り、花の蕾も少なく、杏子の実もならない

Img_4610syuku スモモの木の幹には、あの電気虫の繭がくっついている

分かりますか?

木の幹の皮の模様と同じようにカモフラージュしてるでしょう。

成虫が大きく成長して、木の幹の窪みに、このような繭を作って、中で蛹になる。

これを見つけて、片っ端から潰していく

今年は、かなり念入りに幼虫を退治したので、繭は少ない

昨年は、7月6日に、庭の桃の木から落ちて、腰椎圧迫骨折のため、夏中、何も出来なかった。

今年の夏も、畑や茶園の草引き、庭の毛虫捕り、ヒヨドリ対策、蜜蜂の世話、山登り、、、、、

それなりに忙しい毎日である。

夏の定番料理

茄子、かぼちゃ、茗荷、油揚げの煮物、、、、

ごま油で炒めてから、鰹のお出汁で煮て醤油、砂糖で味付けする

すこし濃い目に味付けしても,野菜から水分が出てきて、冷めると味が薄くなる 

子供の頃、この煮物が大好きだった!

母が大きな鍋にいっぱい煮た、、、、、すぐに無くなってしまう、、

冷やして食べると美味しいImg_4663syuku    茗荷が入らないと美味しさ半減!

Img_4668syuku モンタはナベショー専用のリグライニングチェアー、王様の椅子を占領してお昼ね

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« ながらみの炊き込みご飯 | トップページ | 桃のシャーベット »

コメント

ひえ~~~、このユリ、本当に野生のものなんですか?

なんと華やかで美しいんでしょう???
園芸用に改良されたものかと
思ってしまいました!

山を歩いていてこの花を見つけたら
うれしいだろうなあ、、、。

煮物もおいしそうですね!
ミョウガは何か下処理をしてから入れるんでしょうか??

投稿: 華子 | 2007年8月 3日 (金) 21時36分

華子さま
園芸種より野の花のほうが大きくて、豪華で、立派なのはヤマユリくらいでしょうね。
今の季節、東海、関東、東北、山道を歩くと、たくさん咲いていますよ。
飯田線を青春18で旅したときも、線路の岸にたくさん咲いていました。
野菜の煮物、、ミョウガは下処理はせず、そのまま入れて一緒に煮ました。
独特の風味が大好きです。

投稿: ナベショー | 2007年8月 3日 (金) 22時31分

百合、見事ですねぇ・・・
これまたタイムリーですが、ホームページの方のショートストーリー、今月は『りりいさん』ってお話を書きました。
今夜にもアップしようと思っています。

そう言えば、小さな庭に、どこから飛んできたのか高砂百合の芽が出ています。芽だけの時には観葉植物みたいなのに、ある日、するするっと花茎が出て、白い百合が咲いた時には驚きました!

そおそお、デンキムシは蛾の幼虫なのですか?
どんな成虫になるのだろう・・・
私は蛾と蝶とでは贔屓してしまいます^_^;

投稿: Bistrot DELICIOUS みほ | 2007年8月 3日 (金) 22時37分

ユリの香り大好きなれおぽんです。
昨日はガラスの不思議な現象を分析していただいてありがとうございました。今日やっと・・・
掃除が終わってやれやれのれおぽんです。

虫の写真UPしました。。。ん?全然びっくりしないんだけどぉ~

虫大好きなんだもん。虫退治には是非このれおぽんをお使いください。
かなり・・・いい仕事してみせます。指でひねり潰せますから・・・
ガの幼虫はもう・・・それでやっちまいます。指が緑色になります。

さっきご飯食べたのに・・・コレを見るとお腹が減ってきました。

もんた王子・・・余裕でお腹なんてみせちゃって・・・
こちょこちょしに行ってやーろうっ♪

投稿: れおぽん | 2007年8月 3日 (金) 22時49分

Bistrot DELICIOUS みほさま
いいタイミングでしたね。
「りりいさん」読むの楽しみにしてます。
高砂百合、、ずいぶんあちこちで見られるようになりましたね。
昨年は、側の道路の法面にたくさん咲いてました。
電気虫の成虫の蛾、、夜飛んでくる、、どんな蛾なんでしょうね。

投稿: ナベショー | 2007年8月 3日 (金) 23時14分

れおぽんさま
蛾の幼虫、、指で潰す、、、!!!
まさか、佃煮にして食べちゃいます、、、とは言われないでしょうね。
この幼虫は長い毒針の毛で覆われ、刺されると真っ赤に腫上がりますよ。
モンタはコチョコチョが大好きです。

投稿: ナベショー | 2007年8月 3日 (金) 23時18分

カラスって毛虫を食べるんですよね。今日シゲシゲと見てしまいました。山茶花の葉についていた大きなのを喜んで食べていましたよ、とすると益鳥だと言ってもいいですよねー^^

女子バレーを観て、黒木瞳のテレビドラマをみて涙をしぼってきたところです。そろそろブログを更新しないと忘れ去られるでしょうねー。

投稿: なぎさ | 2007年8月 3日 (金) 23時24分

もしかして、杏に発生したのはアメリカシロヒトリ?
若齢幼虫でまだ集団生活しているなら、高枝鋏で切り取るのが一番ですね。

ムシコは、学生時代この幼虫で卒論を書きました。

それにしても、この時期農作業は、雑草と害虫退治に追われます。我が家はワタノメイガの幼虫と戦っています。

投稿: ムシコ | 2007年8月 3日 (金) 23時27分

ナベショー様
こんばんわ。

カサブランカの原種は日本なんですね。
あの花は思い出の花です。
わたし的にはささゆりの清楚さが素敵に思います。
お花は控えめが美しいですね。
女性も??

今日、上司のM氏がナベさんのブログを見てみたいと・・・。
「おい、chika!ナベさんの開いてみろや!」
「ナベさん、たのしそうやなぁ~」
「お茶は作っとんのか」
「おい、chika 静岡泊まりで行くぞ」
「Yさん登場しとるやないか!」
などなど・・・。
今日はお暇だったんですねぇ。

M氏のおかげでわたしもいろんな人に会えて幸せ者です。


投稿: chika | 2007年8月 4日 (土) 01時06分

こんにちは~♪ナベショーさま
きれいですね~~ やまゆり
今 こちらでも 満開です。ドライブすると 道沿いの山際に
あちらにも こちらにも 鮮やかな 白いお花が 咲いてま~す

一番上の写真は特に カメラマンが 撮ったような すてきな雰囲気があります。もしかして 写真展などなされていますか? 

私は、お茶好きなので 裏庭の 生垣を お茶にしようかなって
言ってたところです。当地方は、お茶の北限と言われています。
贅沢な お茶が のめるかな……

投稿: キュリー | 2007年8月 4日 (土) 11時23分

なぎささま
カラスって何でも食べるんですね。
トマトやスイカさえ食べなきゃね~
ブログの更新より、TV番組見るほうが優先だもんね~

投稿: ナベショー | 2007年8月 4日 (土) 12時49分

ムシコさま
そうです! アメリカシロヒトリ、、、
三センチ以上に育った成虫、、見るだけで鳥肌が立ちます。
食欲の旺盛なこと、、、見る見る枝に広がっていき、丸坊主!
電気虫も、アメリカシロヒトリも、まだ小さいうちに葉にかたまってる時に退治するのが一番ですね。
ワタノメイガ、、、青紫蘇やムラサキシキブの先端の柔らかい芽を食ってるのがそうかな?

投稿: ナベショー | 2007年8月 4日 (土) 12時55分

chikaさま
カサブランカ、、、chikaさんの結婚式に花いっぱい飾った思い出の花なんだね。
吉永小百合のような清純なササユリの美しさ、、、ヤマユリとは対象的ですね。
chikaさまは、仕事にはヤマユリのごとく、心は可愛い花を愛でる優しきササユリのごとく、、、
是非、M さんと静岡へお泊りがけで、、お待ちしております。

投稿: ナベショー | 2007年8月 4日 (土) 13時02分

キュリーさま
豪華で男性的なヤマユリを、美しくやさしく撮る、、、素敵な雰囲気とおっしゃってくれるとうれしいです。
プロではなく素人写真なので、写真展には出展したことはありません。
庭の生垣、、お茶の木に、、是非、やられたら楽しいですよ。
ただ、成長して茶葉が摘めるようになるまで5~6年かかりますが、、
霜にやられるので、出来るだけ晩生種がいいと思います。
自分で作るお茶は美味しいですよ。
そのうち、家庭で作る美味しい釜入り茶の記事、ブログに載せますよ。

投稿: ナベショー | 2007年8月 4日 (土) 13時16分

ナベショー様
毛虫アレルギーなので公園の木の下を通っても全身痒くなる事があります。そうなったら皮膚科に直行です。こんな集団でいたら大変な事になります。

8月1日から3日まで、立山・黒部に行ってきました。
1日は黒部渓谷をトロッコ列車で渓谷の自然を楽しみました。宇奈月温泉泊
2日は立山で車の回送を頼んでアルペンルートで扇沢まで行きました。室堂では雪を見ながらも、フェーン現象のおかげで暑くて汗を拭き拭き歩きました。
黒部湖の美しい水の色とダムの迫力、色々な乗り物の乗り継ぎなど、見るものすべてが楽しく感動でした。
扇沢で車を受取り大町温泉泊 
3日は主人の名古屋転勤時代に中山道の雰囲気が気に入って何度も行っていた馬籠・妻籠に立ち寄りました。
なんと走行距離1100キロの旅でした。

投稿: クーママ | 2007年8月 4日 (土) 22時05分

クーママさま
お天気にも恵まれて素晴らしい感動の旅でしたね。
立山連峰って緑と黒と白、、独特の配色で美しい!
まだ雪がありましたか、、
数年前にツアーバスで行きましたが、今度は室堂から立山登山してみたいです。
中仙道もいいですね。
私達も2年前に妻籠の宿と奈良井宿の旅をしました。ほんとにいいところです。
1100Kmとはすごい、、、ご主人さまはお疲れ様!


投稿: ナベショー | 2007年8月 4日 (土) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/15995735

この記事へのトラックバック一覧です: 茄子、かぼちゃ、茗荷の煮物:

« ながらみの炊き込みご飯 | トップページ | 桃のシャーベット »