« 徳川家康公が好んだ「折戸茄子」 | トップページ | 無花果の甘煮 »

2007年8月27日 (月)

鮎の塩焼き

Img_5629syuku

オミナエシ(女郎花)

秋の七草、、

長く続いた記録的な猛暑、、、明日からは涼しくなるらしい

もう8月27日、、、もうすぐ秋なんだ!

夏の花としてアップしておかねば、、、時期を逸す、、のがカンナの花Img_5623syuku                

原色の黄色、赤、橙、、、まことに夏にふさわしい花である。

最近は、家の花壇、庭に咲いてることは稀、ほとんどは農道とか、畑とか、山の岸、、

カンナの株は花壇から引き抜かれて、捨てられて、そこで健気にも毎夏、咲かせるのである。

先日、福一で秋刀魚の大人買いした時、実は鮎の衝動買いをした。

和歌山の鮎、、、たぶん養殖物だろうが、養殖にしては身体がずんぐりしていない。

天然鮎のようなスマートな姿で、ほんのりと特有の芳香さえある。

色は少々黒ずんで、落ち鮎のような感じ、、

大きいのである!

実に大きい!

昔、故郷の由良川支流、上林川の鮎は25センチクラスの特大が多く、芳香が強い。

こんな鮎を食べてしまうと、料亭の会食にでてくる15センチくらいのメダカみたいな小さな鮎は食べた気がしない。

ついつい、故郷を思い出して、超特大の鮎を大人買いしたのである。

一匹 260円

Img_5598syuku

鮎はやっぱり塩焼きだね!Img_5603syuku                                     

ガスレンジで焼いて、少し焦がしてしまったが、まあ、いいか!

姿、形、急流で飛び跳ねてるように見えるでしょう!

串の打ち方、、、ちょっとコツが要る。

子供の頃は、毎日のように川で鮎を捕ってきて、竹串に刺して、

コンロの炭火で焼いて食べてた。

Img_5605syuku

                            

やはり、鮎は鮎 大きいだけあって脂ものり、香りもあって美味しかった!

秋刀魚の三枚おろしを塩して酢で絞めたのを

皮をとって、、、キュウリと青紫蘇を塩で揉み、

酢と砂糖を加えて、、

キュウリの酢物、、、、夏の料理だね。

Img_5661syuku

Img_5659syuku 居間の網戸、、、モンタが全部破ってしまったので、

 HCで網買って来て、4枚張り直した。

 料理と花の話題、半々、、だけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。          

よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 徳川家康公が好んだ「折戸茄子」 | トップページ | 無花果の甘煮 »

コメント

>>HCで網買って来て、4枚張り直した。

お疲れ様・・・でした。れおぽんの行くHCはユニディ千鳥町店です。

『大人買い』を早速引用していただいて感動しているれおぽんです。

衝動買いの『鮎』・・・クイズ問題の答えになりそう・・・どんなクイズでしょうか?

『サザエさんの旦那さんのマスオさんの好きな食べ物と言えば?』

そう・・・その答えがナベショーさんの衝動買いの鮎です。

投稿: れおぽん | 2007年8月27日 (月) 23時12分

あの鮎のハラワタの塩辛ってなんて名前だっけ?
渋うまいやつ。だいすき。
酒の肴にもってこいだね。

鮎っていうとやっぱり綾部のおばあちゃん家だったね。
鮎の塩焼きと、なすと揚げの炊いたもの、そして、ピカピカのコシヒカリ、裏庭の流れ水で冷えたスイカと瓶ジュース。

あの裏庭の流れる小池まだあるのかなあ。

投稿: LAの次女 | 2007年8月28日 (火) 01時33分

そうです。鮎は塩焼きです。
どうも他の食べ方は、好きではない。(さしみなど)
しかし、秋刀魚もそうだがはらわたを避けて食べてる人をみると、「この味知らず!」と怒鳴りつけたくなる。

投稿: オラケタル | 2007年8月28日 (火) 05時59分

LAの次女さん
あれは「うるか」
美しい清流で成長した天然鮎は川底の石や岩についているコケを食べている。
秋になり、25センチくらいに成長した鮎は美しく発色する。
大雨で川が増水すると、産卵のために川を下る。
それを川に仕掛けたヤナで大量に捕獲、、
子供の頃、村の共同ヤナで捕れた落ち鮎を分配、一軒当たり2~300匹はいたろう、大きな竹篭にいっぱい!、、、お腹を出して串に刺し、素焼きにして、藁の束に刺し、天井からぶら下げて乾燥、保存する
一年分の料理の御出汁!
このとき作った大量の「うるか」出したお腹に塩を混ぜて瓶に詰めて保存、、、あの渋い苦い味!
お腹を壊した時は「うるか」を食べると直るとか、、、たぶん乳酸発酵して美味しいんだと思う。
鮎の塩焼きに茄子と油揚げの煮物、、、綾部のおばあちゃんのとこでの夏の定番料理だね!
あの裏山の横井戸から湧いてくる冷たい水と池、、、いまもあるよ。
スイカと瓶のジュース、、いっぱい冷やしてあった!

投稿: ナベショー | 2007年8月28日 (火) 06時59分

オラケタルさま
鮎は塩焼き、塩焼きに尽きます。
私もお寿司、刺身、酢の物、嫌いではありませんが、塩焼きがあまりに美味しすぎる。
あの渋い腹、、秋刀魚も同じですが、腹こそもっとも美味しい部分、これを食べられない人は不幸ですね。

投稿: ナベショー | 2007年8月28日 (火) 08時24分

鮎。。。主人の実家に行くと、つり好きな方がよく持ってきてくださっていました。
実は高級魚だったんですね(^^;
もともと魚が苦手なのでいつも遠慮していました。
川魚は骨が細かくて苦手=面倒くさがりともいうのかしら

投稿: でつ | 2007年8月28日 (火) 08時25分

お早うございます♪ナベショーさま
鮎は苦手ですが、甘露煮なら 骨まで 軟らかく食べられます。
どうしても 川魚は 泥くささが 気になり 私はだめですが
長男が 釣り大好きで 実家の父と釣ってきては さばいています。
また ルアーをバルサ材で手作りしたり 毛鉤を孔雀の羽でつくったり
ほんとに 長時間かけて 器用に何個もつくり お店のように
ディスプレイして 楽しんでいます。

ちょうど おととい帰郷して 釣りにいきたいようですが
あいにくの雨降りで~~す

おみなえし 嗅いでみて下さい。クサイ クサイです。

投稿: キュリー | 2007年8月28日 (火) 09時47分

でつさま
それはお気の毒に、、、
魚を食べる時の小骨、、、取り除ぞきながら食べる、、、それはとてもとても面倒で、器用なナベショーでも無理な話ですよ。
鯉や鯛の骨ならともかく、ほとんどの小骨は口の中で身とともに、上の歯と下の歯で噛み砕き、磨り潰して、食べてしまうのです。
実に簡単、、!!
小骨など、まったく気になりません。
万一、骨が喉に引っかかったら、ご飯を噛まずに飲み込めば容易に取れてしまいます。
それでも取れないようでしたら、医者へ行ってください。
ナベショーは今まで生涯、いちども医者へは行っておりません。
カルシュームも摂取できるし、丈夫な歯も維持できるし、どんな小魚も食べられるし、、、、是非、子供さんに教えてあげてください。

投稿: ナベショー | 2007年8月28日 (火) 11時27分

キュリーさま
川魚も清流にすむ魚は泥臭くないですよ。
特に鮎は芳香臭がして美味しい魚です。
骨も気にならないし、、、
ルアー、、かっこいい、あの浮を作るのが、楽しいようですね。
ご長男さま、、、懲り症ですね!
オミナエシ、、そんなにクサイ?

投稿: ナベショー | 2007年8月28日 (火) 11時33分

鮎ですが・・・最近、天然仕立て・・・・って言う
養殖物があるんですよ~色も見た目も天然に近く黄色が強い~

香りはやはり、劣りますが・・・若干強め!

普通の養殖より、割高です。


サンマ・・ケース買い~されたんですね~

流石~


ぽちっと”!

投稿: マグロ君 | 2007年8月28日 (火) 11時35分

マグロ君さま
鮎の天然仕立て、、、なるほど、まさしくこの鮎がそのようですね。
一瞬、天然では? と思いましたが、香りが天然より薄い(もっとも普通の養殖物より強い)こと、こんな安い値段であるはずが無い(故郷の田舎では天然物の特大25センチ級が昔400円だった)、色が若干黒ずんでること、、、、しかし、流線型のすらっとした形はまさしく天然物でした。
いや、美味しかったですよ!
秋刀魚の箱買い、、、もう出てるはず、、、というマグロ君さまのコメントに刺激されて買いに行きました。
おかげさまで、、、毎日美味しい秋刀魚尽くしです。

投稿: ナベショー | 2007年8月28日 (火) 12時14分

れおぽんさま
ゴメン、ゴメン!コメント後になっちゃった。
ナベショーのいくHCは「カーマ」です。
関東、千葉は巨大HCがたくさんありますね。
おかげさまで「大人買い」って言葉 覚えました。
息子にも聞いてみたら、知ってたよ。
カスオさんの好物が鮎、、、それも知らなかった。
れおぽん様は物知りですね。

投稿: ナベショー | 2007年8月28日 (火) 13時08分

お父さん違うよ。
カスオさんじゃなくてマスオさんだよ。
それじゃーカスみたいじゃん。
まったく!

投稿: ハワイの長女 | 2007年8月28日 (火) 14時58分

鮎の串打ち、さすがですね。

私は、去年よりはほんのちょっと様になったかなぁ~。
去年は、流れに逆らって泳いでる・・・というより、流れに負けて流されてるって感じでしたもの。

投稿: ば~ば | 2007年8月28日 (火) 15時46分

サンマと比べると5倍以上の単価 @@
鮎も買っていたのですね。
串、ほんと飛び跳ねているみたいです!

秋刀魚とキュウリの酢の物もたまらなく美味しそうデス。
こんなアッサリしたの好きです。

鯖についても教えていただいてありがとうございます。
漁師の孫なのに、じつはまだ魚をさばいたコトがありません。。
がんばりまーす。

ぽちん!

投稿: ash | 2007年8月28日 (火) 16時07分

ハワイの長女さん
そうだそうだ! マスオさんだ、、

投稿: ナベショー | 2007年8月28日 (火) 19時14分

ば~ばさま
串打ち お褒めに預かり光栄です!
本職の板前さんにはかないませんが、格好だけは何とかごまかしています。

投稿: ナベショー | 2007年8月28日 (火) 19時17分

ashさま
いかに秋刀魚を安く買う、、として箱買いしてるのに、5倍の鮎を6匹も買うなんて、やはり衝動買いですね。
まづは刃物屋さんに行き、本格的な一番高い出刃包丁と一番鋭くて切れそうな刺身包丁を買うこと、、、もったいないから、毎日新しい魚一本買って、さばきだし、だんだん上手になってはまり込む、、
頑張ってください!

投稿: ナベショー | 2007年8月28日 (火) 19時22分

ご無沙汰してすみません。
鮎美味そうですね、俺も大好きです。
やっぱり塩焼きが最高♪塩焼き鮎の写真のアングルが料亭のメニューにでものっていそうなくらい美味そうに撮れてますね。

俺のほうは昆布漁も残すところあと3回となりました。
現在は、「昆布採り」と「ヒレ刈」作業に追われる毎日。
ブログでも少し書いたんですが、昆布の製品化が少し遅れ気味です。
なんせ天気続きで乾燥しすぎで梱包出来ないでいました。

予約発送を8月後半から9月中頃の予定だったんですが少し遅れるかもしれません。
出来次第、予約順に早急に発送していきますのでよろしくお願いします。
発送に遅れが出た場合は出来る限りの穴埋めをさせていただきたいと思いますので待っててくださいね

投稿: たけし | 2007年8月28日 (火) 19時25分

15センチでもメダカなんですねー^^
きゅうりの酢の物がおいしそうです。
ことらでも酢の物に何かサカナを入れる人多いですよ。

投稿: なぎさ | 2007年8月28日 (火) 20時44分

Ma, ayuno ohanashi! M.K.mo ayu daisuki!
Minasan shioyakino kotobakkarine.
Jituha ozousuimo oishin desuyo.
Ozousuiga takiagaru chotto maeni suyakishita ayuwo
sonomama iremasu.
Dekiagattara nakano ayuwo shoamojide hogushimasu.
Ayuno atama naizou shippo zenbuwo irerunodesu.
Ozousuino iyanakataha ayu gohan demo
oishiidesuyo.

投稿: M.K. | 2007年8月28日 (火) 21時48分

たけしさま
いよいよ最後の追い込みですね。
なるほど、天気が良すぎてもいけないのですね、、、難しい!
たけしさまから購入した羅臼昆布の在庫、、、その頃には、ほぼ食べ尽くすでしょう。
料理のお出汁に使った昆布を冷凍庫にためておいて、新しい昆布と一緒に干椎茸と山椒の実で佃煮にする、、これが、またまた美味しいのです。
今年の羅臼昆布を楽しみにしております。

投稿: ナベショー | 2007年8月28日 (火) 21時59分

なぎささま
そう、そう、、15センチくらいならメダカかジャコですな~
それくらい、特大25センチ級の鮎は美味しいのです。
キュウリの酢物、、茹でたイカや蛸もよく入れますね。

投稿: ナベショー | 2007年8月28日 (火) 22時02分

M.Kさま
子供の頃、田舎では、鮎を素焼きして乾燥させて保存しました。
お素麺のお出汁、炊き込みご飯はその鮎でした。
とっても美味しいお出汁!
ご推奨のお鮎雑炊、、美味しそうです。
又、大きい鮎が売ってたら、ぜひ雑炊を作ってみたい!

投稿: ナベショー | 2007年8月28日 (火) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/16258174

この記事へのトラックバック一覧です: 鮎の塩焼き:

« 徳川家康公が好んだ「折戸茄子」 | トップページ | 無花果の甘煮 »