« 川の天然ウナギが食べたい! | トップページ | 茄子、かぼちゃ、茗荷の煮物 »

2007年8月 2日 (木)

ながらみの炊き込みご飯

Img_4556syuku_2

園芸店で数年前に買った百合の球根、、、まじめに肥料をやらなかったので花らしい花、咲かなかった。

でも、退職してから、冬にしっかり根元に堆肥を 入れたら、今年は5個も花が咲いた。

純白の百合!

福一焼津流通センターで「ながらみ」を買った。Img_4541syukusyou

一箱 1400円 

以前買ったときは、ちょっと小さかったので、爪楊枝で殻の中から身を出すのに苦労し、最後は石の上で、金槌で殻を叩き割って身を出した。

今回のは、大きくて揃ってる、、、これなら爪楊枝で簡単に身を取り出せるぞ!

塩水で軽く、さっと茹でて、冷えてから、竹串で中身を全部、取り出した。

身を殻から取り出す手間はタイヘン、、全部処理するのに1時間はかかった。

Img_4548syuku 剥き身だけの重量 800gr

4個のポリ袋に小分けして冷凍庫へ

今晩は、この一袋 200Grを使って、炊き込みご飯に、、、

2合のお米を洗い、ゴボウのササガキたっぷりとニンジン、ながらみの剥き身、水を加え、、醤油とお酒で味付け、、

ながらみご飯の炊き上がり!

お鉢に移して、三つ葉をのせるImg_4590syyuku                                    

サザエ、アワビ、赤貝、、もちろん高値の花  

最近は浜名湖産アサリも、そこそこ高いし、それに比べれば、ながらみは安かった。

このご飯に使ったながらみの身 200gr 350円也、、、

でも、その苦労の甲斐は十分、、、美味しい炊き込みご飯だった。

あと 3回も作れる

卵とじ、、、かき揚げ、、、雑炊、、、にしても も美味しそう!Img_4586syukusyou_2

一歩、外へ出れば、耳を立て、らんらんと鋭い目で、隙なく、周囲を伺う、、、、

家の中に入れば、椅子の上ですやすやモンタの子守唄、、、Img_4551syuku                          

花でない話題も多いけど 「花、ガーデニング」の人気ブログランキングに参加しています。              

 よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 川の天然ウナギが食べたい! | トップページ | 茄子、かぼちゃ、茗荷の煮物 »

コメント

貝の身を取り出す作業・・・すっごくお手伝いしたかったです。
なんか・・・遊びながらの仕事は大好きです。

炊き込みご飯も美味しそうですぅ~

・・・さっき流しの下ですっごい爆発音が聞こえました。事件です。
しばらく・・・パチパチ音がなり続けてたので・・・なんだろう?って
思い、開けて見てみたら・・・

入れてあった硝子製のまな板厚さ5㍉のなぜか粉々に・・・

理由が分かりません。車のフロント硝子が割れたみたいなカンジでした・・・
硝子の撤去作業に追われ・・・ナベショーさんのブログ見るのが遅くなっちゃったぁ~  

投稿: れおぽん | 2007年8月 2日 (木) 23時10分

中学生ぐらいまで、父が釣り宿にしていた下田:爪木崎によく連れて行ってもらいました。
私がちっちゃな頃には、御用邸はまだなく、あの浜にテントを張ってお泊りしたこともありました。
で、その釣り宿に行くと出してくれたのが『シッタカ』って貝。
ナベショーさんのながらみよりもう少し貝殻が三角でとがってたと思う・・
いっぱい茹でたのを卓袱台に出してくれて、爪楊枝でほじって食べるの・・懐かしい・・
その横には芋のツルのぬかづけも置いてあったなぁ~
シッタカはお味噌汁の具にもなってましたっけ・・
あ・・ちょっと上等なトコブシも大好きでしたよぉ~私。
ちっちゃい頃に食べた物って結構、忘れないものですねぇ~

投稿: Bistrot DELICIOUS みほ | 2007年8月 3日 (金) 00時39分

ナベショー様

こんばんわ。

ながらみ・・・聞いたことない・・・。
知らない貝???

炊き込みご飯の旨さは十重承知だけど、聞いたことないなぁ
「ながらみ」・・・。
貝の形も普段食べるのとは違う・・・。
知らないものを「食す」楽しみ!うらやましいです。
中国で経験済み(^-^)/


随分昔の話だけど、結婚式の時にカサブランカを生花でたくさん使わせてもらいました。
ゆりとカサブランカは違うのですか?
あのときはむせるような香りしか記憶にないのですが。
私的には、小さくて控えめな お花が好きですね。
胡麻のお花のような♪

精進したYさんには精進後一度お食事行きましたが、
しばらくご無沙汰です。
精進後でもタイランド系は卒業できてませんでしたが・・・。

Sさんはお仕事若干させていただいているので、こちらの
事務所ではよく会いますよ。

機会があれば、精進しきれてないYさんとナベショー様と
弊社M氏とお食事したいですね。

投稿: chika | 2007年8月 3日 (金) 00時52分

ながらみって食べれるんですね。

東京周辺の市場では、あまり見かけないような・・・

小さい時にこの貝殻をおはじきにしていた記憶があります。

投稿: ムシコ | 2007年8月 3日 (金) 03時58分

おはようございま~す♪ナベショーさま
今日も蒸し暑くなってます。
"ながらみ" なんですか 渦巻きが 見えますが
炊き込み  美味しそう~♪
せまいようで 日本各地には まだまだ 知らないことばかり
自宅で 様々みせていただいて 楽しんでいます。

もんたさま かわいい寝顔
最近 こんな寝方すると朝 そのまま しわが~~~オヨヨ

投稿: キュリー | 2007年8月 3日 (金) 08時55分

ながらみ・・・今や高級食材に・・・

混ぜご飯にすると美味しそうですね~

この貝は、砂抜きが・・・

ウナギ・・泥臭さ・・・川の水質のせいなのでしょうか?

アレを泥臭いと言うのでしょうか?その辺も改めて考えると

疑問ですね。確かにナベショーさんのおっしゃるとおりかも?

合言葉のように泥臭いと言いますが・・・

泥の匂いじゃないですよね~!

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年8月 3日 (金) 09時45分

れおぽんさま
ナベショーと同じでマメが仕事が好きなんですね。
ガラスは冷えた後、強い歪みが残っていますので、ちょっとしたわずかな傷がつくと、そこが引き金になり全体が破壊されたものと思われます。
自動車のフロントガラスは、結晶化させて、鋭いエッジが無い丸い破片に砕けるようにし、なおガラスとガラスの間に柔らかいプラスチックのシートが貼り合わされて飛び散らないようになっています。
私もセラミックの鍋を焦がしてしまい、金タワシで擦って微小な傷をつけたのでしょう、、
火にかけた途端に、粉々に割れてしまいました。

投稿: ナベショー | 2007年8月 3日 (金) 10時27分

Bistrot Delicious みほ さま
「シッタカ」、、知ってる知ってる!
三角のとんがり帽子の黒い貝、、、面白い形してる。
伊豆の魚屋で見て、珍しいのでお土産に買ったことがあります。
塩茹でも美味しいし、バイ貝のようにお酒と少々の醤油で煮たのもおいしいですね。
名前の由来は何でしょうかね~
子供の頃に食べたもの、食の体験、しっかりと原体験として身体に刻み込まれているのでしょうね。

投稿: ナベショー | 2007年8月 3日 (金) 10時36分

chikaさま
スーパーなどには売ってないけど、魚屋さんには出てるかも、、、
静岡、千葉のほうでは、わりとポピュラーな貝です。
カサブランカは日本のヤマユリを基にヨーロッパで開発された園芸品種の百合なんです。
その花の大きさ、豪華さ、香りの強さ、、ヤマユリの特徴を十分に引き継いでいます。
精進できないY さん 先日も銀座の次はタイ系でした。
一度、名古屋でchikaさん、Yさん、御社のMさんと久しぶりにお会いし、お食事したいですね。

投稿: ナベショー | 2007年8月 3日 (金) 10時55分

ムシコさま
ながらみ、、の貝殻
子供の頃は、色とりどりのおはじきのおもちゃでしたね。
千葉の房総など行けば売ってると思いますが、、、
面倒ですが美味しい貝ですよ。

投稿: ナベショー | 2007年8月 3日 (金) 10時58分

キュリーさま
私達が知らない山や海、、それぞれ地方、地方の美味しい食べ物があますね。
やはり、年間通して大量に捕れるもの、ある程度の保存、加工のできるものなど、高く売れて利益のとれるもの、現在の食品の流通システムに合致する食材しか、スーパーなど都会では売られなくなってしまいました。
私は故郷が山陰ですが、山陰でポピュラーな美味しくて安い魚の干物が、関西、大阪でも、関東でも、どこも売られていないのがあります。
しかし、最近はそういう食材も、ネットで買える時代になりました。
モンタ、、時々寝返りしてるようですよ。

投稿: ナベショー | 2007年8月 3日 (金) 11時09分

マグロ君さま
え~ ながらみ って高級食材ですか!
身だけ取り出し、800Gr 1400円だから、高級食材か、、
砂抜きはしてありました。
天然ウナギ、、、やはり、淀川や神崎川、荒川や江戸川などの流れのゆるい厚く堆積した泥の中に棲むウナギは、間違いなく泥臭いと思いますよ。
泥の中に棲むドジョウ、、泥臭いのでゴボウをたっぷり入れて醤油と砂糖でこってり煮る柳川鍋にして食べても、独特の泥臭さは消えない、、。
しかし、激しく流れる清流の水垢のついた岩や大きな石の下、大きくうねる美しい深みの砂底に潜み、小鮎や小魚、川虫を食べるウナギには、そのような泥臭さはまったくありません。
むしろ天然鮎に似た芳醇な心地よい香りがします。
私が育った丹波由良川の支流、上林川は30センチ級の鮎が捕れて、その香りの強さ、美味しさは、未だどこの鮎もかなわないと思う。
そういう鮎を食べて育ったウナギなので、香りが素晴らしかったのかな~
早く、静岡の天然ウナギを捕って、同じ芳醇な香りがするか、泥臭いか、養殖物のように淡白な味か、、確かめてみたい

投稿: ナベショー | 2007年8月 3日 (金) 11時35分

こんにちは ナベショーさま
毎日 良きアドバイスありがとうございます♪
そっか~ 寝返り うてば いいんですね 私も???

投稿: キュリー | 2007年8月 3日 (金) 14時25分

Nagarami toka shittaka toka shiranai tabemonoga
ippai arimasune-. Doremo oishisou desu. Nabesho-san ha
oryourimo ojouzu desune-.
Senjituno kouzousen no ohanashiha totemo kyoumiga
ari, sonogo iroiro chuuou kouzousen nituite shirabete mimashita.
Unagitori no tutukago natukashiidesu.
Sokaisakino ibigawae shikakeni ikimashita.


投稿: M.K. | 2007年8月 3日 (金) 18時12分

キュリーさま
モンタのように足を枕に、、、なんて芸当は出来ない、、
ふかふかの高価な羽毛布団だと、体が沈み込んで寝返りできないけど、板の上の堅いせんべい布団だと、容易に寝返り打てるようです。
キュリーさまも、薄くて固いせんべい布団になされたらいかが?

投稿: ナベショー | 2007年8月 3日 (金) 22時06分

M.Kさま
焼津の福一流通センターには、珍しい魚介類がいつも並んでるので買って料理するのが楽しみです。
でもシッタカは伊豆以外では、なかなかお目にかかりません。
中央構造線、、日本列島の折れ目、、、小松左京の映画「日本沈没」は
この中央構造線で日本が真っ二つに裂けて沈んでいきますね。
御前崎から糸魚川まで中央構造線を歩きたいと思っています。
何回かに分けないと無理かな、、、?
M.K様も昔ウナギ捕りされたのですか。
懐かしい思い出ですね。

投稿: ナベショー | 2007年8月 3日 (金) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/15986161

この記事へのトラックバック一覧です: ながらみの炊き込みご飯:

« 川の天然ウナギが食べたい! | トップページ | 茄子、かぼちゃ、茗荷の煮物 »