« 蜜蜂、危険がいっぱい! | トップページ | 豆アジの大人買い! »

2007年9月 3日 (月)

またまた毛虫が、、、

Img_5932syuku

百日草

夏のカンカン照りの猛暑に中でも、ず~と咲き続けているタフな花

切花にしても、容易なことでは萎れない。

子供の頃から、田舎では、どの農家の庭や畑の隅にも百日草が植えられて、赤、黄色、薄紫、一重、八重、いろいろ咲いていた。

お花が少なくなる真夏、お盆のお墓や仏壇に供える花として重宝されて、お墓の花はこの百日草とミソハギの花、、と大体決まってた。

さて、里山生活入門書としてのナベショーのブログ、、やはり話題として取り上げざるを得ないのが、毛虫、、、!

毛虫の名前はムシコ先生がコメントで教えていただいた。

6月から7月頃に電気虫などが発生したが、八月の後半、少し涼しくなった途端に、いっせいに毛虫が発生!

この時期、一週間見落とすと、庭の果樹が丸坊主となりかねない、、 Img_5656syuku Img_5646syuku Img_5651syuku

この毛虫がもっとも獰猛、、、(モンクロシャチホコ)

これを見逃すと、長さ5~6センチのグロテスクな成虫が木の枝全体に広がって、葉を食いつくし、丸坊主になる。

スモモ、カリン、、、幾度もこのグロテスクな毛虫にやられたことか!

長い柄のついたハサミで一匹づつ挟んで退治するか、

初期のうちならキンチョール

次はご存知、電気虫(アカシタクロイラガ)、、葉っぱにまだかたまってる時に見つけて、葉ごと取り除くのが一番良い、

どこか、白くなった葉が無いか、、と探して、ハサミで取り除く

どの葉に電気虫がいるか、わかりますか?Imgsyuku Img_5692syuku Img_5684syuku

これもキンチョールの一吹きでOK

不幸にも手や肌に触れて、ビリビリと来たら、決して掻いてはならない。

ビリビリする部分にガムテープを張って、はがすと、毒毛が除ける

その後、洗って、ムヒを塗ればよい

この毛虫も嫌だね!Img_5688syuku (アメリカシロヒトリ)Img_5685syuku

やられた枝は無残にも、、、

こういう見るからに獰猛な毛虫と異なり、大切な青紫蘇にも虫がつくImg_5704syuku Img_5699syuku  (ワタノメイガ)           

料理に使うのに、青紫蘇の新芽を食ってしまう、、、

この虫はムラサキシキブの芽も食べる

大きくなった葉をバッタが食べる(ショプリョウバッタ)

食べるものなので、キンチョールというわけにいかぬ

風の無い日に脚立に登り、キンチョールで退治するか、3m以上に伸ばせるハサミで、見つけ次第取り除か無いと、一日、一日が勝負で待ったなし、、

単身赴任時代は、週末に見逃してしまい、翌週末に帰って来たら、丸坊主、、が良くあった。

お店のきれいな御ねえさん

「ねえ、ねえ、ナベショーさん! 今週も帰るの?」

「帰るよ、、庭の毛虫を退治しないと、タイヘンだからね」

「うそ うそ! 奥さんに虫がつくと心配だからでしょう」

ナベショーの味噌汁Img_5989syuku                                           

学生時代から毎朝作った典型的な味噌汁

出汁は簡単出汁の素、

ジャガイモ、人参、玉ネギ、油揚げが必須、、、、ジャガイモの代わりにサツマイモやサトイモ、カボチャなども、、

他、シメジやエノキなどのキノコ類

サヤエンドウやインゲン、茗荷もいいね

味噌入れて出来あがったら、モヤシを一つまみ、青葱を入れて火を止める

このモヤシを最後に入れるのがナベショー流実たくさんの味噌汁

しゃきしゃきとしたモヤシの感触、、これがたまらいほど美味しいのである。

このモヤシ入り味噌汁を食べた人、全てが、ナベショーと言えば「モヤシ入り味噌汁」

あの美味しい味噌汁は、一生忘れられない、、、と言うのである

結婚して、新妻に「モヤシ入り味噌汁」をリクエストした学生時代の親友もいる

モヤシは安いからね! 昔は10円か15円だったよ!307_0761syuku

モンタの大きな目

一日一回のクリックで、人気blogランキングの10ポイントになります。(2回以上はカウントされず)

ナベショー以外の方の素晴らしいブログも見ることが出来ます。          

よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 蜜蜂、危険がいっぱい! | トップページ | 豆アジの大人買い! »

コメント

モンクロシャチホコの幼虫の2化期目の発生!

4月5月に引き続きまた、サクラ、アンズ、ウメに発生です。
ほんとこの時期目を離すと丸坊主!!まぁ、終齢の毛虫ケムクジャラになっても、刺さないので少し許せます。

ムシコのところでは、チャドクガの3化期目が、発生です。刺される前に退治しなければと思います。

投稿: ムシコ | 2007年9月 3日 (月) 23時06分

ナベショーさんはお忙しいですね!
果樹がたくさんあったらいいなと思うけど、それにつく虫が困ります。
毛虫がまだ小さな小さな塊の頃、いくら見ても何もないけど、何かの生命力があるって感じる時あります。それから1週間くらいして見て、やっと分かるんですけど・・・
ミツバチの話、子供の頃何度も読んだ「蜜蜂マーヤ」の話を思い出しました。

投稿: MONA | 2007年9月 3日 (月) 23時21分

こんばんは
立派なお庭を持っていらっしゃって羨ましいな・・・・と思っておりましたが、自己管理ともなると、大変なのですね。
でも、長年のご経験や知識が、とっても役にたってて、更に努力を惜しまないのは「さすが!」の一言です。
朝食も学生時代から、ご自分で作っておられるとは感心しちゃいます!
わたしの両親や弟・親戚、主人のご家族、古くからの友人たちも努力家です。主人ももちろんです。わたしなんか、まだまだ!と恥ずかしいです。
日々、精進ですね・・・・。

投稿: hiroko | 2007年9月 3日 (月) 23時40分

日中は、携帯でブログを見てたので、一部写真が省略されてました。

モンクロシャチホコの他に、アオシタクロイラガ、アメリカシロヒトリに紫蘇につくワタノメイガにショウリョウバッタが続いていたんですね。
ほんとうに昆虫王国です。

この虫退治、うちも毎年やりますが、本当にいたちごっこです。

投稿: ムシコ | 2007年9月 4日 (火) 00時26分

毛虫だらけだねえ。
これほっといたら全部蛾になるの?
それとも蝶々
怖い夢に出てきそうな画面だね。

具沢山味噌汁、私もほとんど毎日たべてる。
私のは必ずトマトが入る。
美味しくって、健康的で、、、、でも夏バテ気味。
だって毎日40度だよ!!

投稿: LAの次女 | 2007年9月 4日 (火) 01時32分

毛虫写真集ですか。
成虫になると可愛いものもいますが、電気虫はね~

それにしても、百日草は最近見なくなりました。丈夫な花なので前は農家の庭などに沢山咲いていたように思います。
夏の花ですね~

投稿: オラケタル | 2007年9月 4日 (火) 06時20分

ムシコさま
毛虫の名前、教えていただきありがとうございます。
この黒いグロテスクなの、、前から知りたかった。
大きくなると、カタカナのコの字のように折れ曲がった形になる。紋のある黒いシャチホコ(鯱)とは、なるほどね。
地面に大きな糞が落ちてると、枝には幾匹も、、、見る見る丸坊主、
刺さないのはありがたいが、、やはり許せない!
何故か、、チャドクガは来ません。
あれは山茶花や椿に、、?

投稿: ナベショー | 2007年9月 4日 (火) 07時05分

MONAさま
手抜き、、、と言うか、虫やヒヨドリと共存しながらやってます。
噴霧器で大々的な殺虫剤の散布はやりたくないし、、蜜蜂もいるし、、
ほんとに、成長が早く、一心に口を動かし、葉を食べてますね~
手加減して食べてくれるといいんですが、丸坊主にして徹底的に食べつくしてくれるので、こちらも徹底抗戦せざるを得ません。
蜜蜂は可愛いです。

投稿: ナベショー | 2007年9月 4日 (火) 07時14分

hirokoさま
自分で庭を作り始めた頃、だんだん手入れのコツが分かってきて、定年後は庭職人になろう、、と本気で考えてました。
実際は、自分の庭の手入れだけでフ~フ~です。
学生時代、、食事つきの下宿に居たこともありますが、アルバイトなどで食べない日も多く、結局、自分で作り始めました。
そのほうが、はるかに安くあがるし、、美味しいもの食べられるし、、
最初の調理道具は、小さな鍋、フライパン、電熱器、炊飯器でした。

投稿: ナベショー | 2007年9月 4日 (火) 07時21分

ムシコさま
涼しくなったためか、たくさんの蝶も飛んできて、蜘蛛も巣を張り出し、ムカデもうろうろ、、昆虫王国ですね。
キイロスズメバチだけはウエルカムではありませんが、、

投稿: ナベショー | 2007年9月 4日 (火) 07時25分

LAの次女さん
これらの毛虫は全部、蛾 だよ!
昼間は飛ばず、夜に活動し、どこからか飛んできて木の葉に卵を産むらしい、、
どんな蛾かわからない。
きっと、グロテスクな蛾だと思うよ。
トマトの入る味噌汁、、これは初耳だ!
LAは40度、、暑いね~

投稿: ナベショー | 2007年9月 4日 (火) 07時30分

オラケタルさま
百日草、昔は多かったけど、今はほんとに少なくなりました。
この辺は古い農家が多いので、まだ庭に咲いてる家があります。
懐かしい花です。

投稿: ナベショー | 2007年9月 4日 (火) 07時33分

>>里山生活入門書 そのとおりです。指南書に違いない!
そのうち・・・創刊号をとりあえず作ってほしいでーす。

またまた・・・ナベショーさんのもてもて武勇伝を聞いちゃって・・・
2回目だぁ~ってチェックいれてるれおぽんです。

シソにつく、虫・・・許せない!
れおぽん畑には虫がいっぱーい!
でも無農薬なので・・・仕方なく放置・・・

毛虫っていろんな種類があるんですねぇ~

投稿: れおぽん | 2007年9月 4日 (火) 07時43分

あらまあ、静岡県の毛虫も五島の毛虫も同じですね。
生えてる草も同じだし、、、ちょっと海を隔てたくらいでは
変わらないのですね。

トマト入り味噌汁、糖尿病の患者さんに勧めてるらしいですよ。

投稿: なぎさ | 2007年9月 4日 (火) 07時47分

ええーーーー??毛虫?、ちょうど朝食を食べながら見ていました。もちろん飲み込むのに躊躇。ようやく涼しくなって庭仕事を始めないといけないのかなあ?っと思ったところでした。風が吹くと毒がねえ。ばら撒かれるんですよね・・・困った困った。

投稿: かめ姫 | 2007年9月 4日 (火) 08時15分

おはようございます。これだけ害虫がそろうということは、自然の営みと人間の営みが行われている最前線ならでは、ということでしょうか。

あと、松につくマツカレハの幼虫とお茶につくハマキムシがそろうと、学生時代に飼育していた昆虫がコンプリートです。

人は、勝手な物で「もののけ姫」の常緑樹林の原生林では竦んでしまいます。それに常緑樹林には、植物も昆虫も意外と少ないのです。
こういう、畑があって果樹園があって田んぼがあって山が身近なところの攪乱された場所に昆虫は多くいます。

それにしても、み・ん・な毛虫が嫌い?!

投稿: ムシコ | 2007年9月 4日 (火) 08時42分

うわー!毛虫がいっぱいですね(汗
ちょっと、しかめっ面になってしまいました。
害虫駆除もたいへんなんですね~。

お店のきれいな御ねえさんはヤキモチ^^。

みそ汁、味噌ラーメンみたいでイイです!
もやし、真似しよーっと♪

モンタちゃんお目々パッチリ、カメラ目線で可愛いです。

ぽちん!

投稿: ash | 2007年9月 4日 (火) 09時15分

う~
ケムシを見るとサブイボが・・・

刺されると痛そう~!9月14日に静岡に行きます~

静岡駅周辺ですが~


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年9月 4日 (火) 10時42分

れおぽんさま
「里山生活入門」、執筆の指導してくれる編集者はいないかな~?
きれいな御ねえさん、、そんなに登場してたっけ?
記憶力いいんですね~
ナベショーの庭も花より雑草のほうが多くなったよ。
もっとも、花の綺麗な雑草も植えてるけど、、、

投稿: ナベショー | 2007年9月 4日 (火) 16時27分

なぎささま
五島の毛虫も同じ、、?
きっと、その昔、中国、東のほうから、五島経由で海を渡って日本にやってきたに違いない、、、
だから、五島の毛虫のほうが先輩です。
コレステロールを劇的に下げる美味しい食べ物は無いですか?

投稿: ナベショー | 2007年9月 4日 (火) 16時34分

かめ姫さま
田舎の生活にとって、ミミズと毛虫、場合によってはムカデとの遭遇は必然かつ避けられないもので御座りまして、、、
いや~長く付き合うと可愛いものですよ!
暗くなると、チンチロリンなんてのも部屋に入ってくるし、、

投稿: ナベショー | 2007年9月 4日 (火) 16時40分

ムシコさま
大学ではこれらの虫を飼育されてたんですね。
お茶には尺取虫やウンカがつきます。
確かに、人間が樹木の世話をすると、若くて柔らかい葉がたくさん出てくるので、毛虫にとってはありがたいでしょうね。
お茶なんか、年間に幾度も刈るので、絶えず新芽が出て、虫に食べられます。
人が庭に花をたくさん作るようになり、蝶も増えてきた。
針葉樹や常緑樹ばかりだった山は、最近世話や草刈が出来なくなって、従来ならば切られていた夏の樹木の花、クサギやハゼ、漆、タラの木がたくさん育ってるので、蝶や蜜蜂にとってはありがたいこと、、八月に蜂蜜が絞れるなんて、ここ1~2年のことだそうです。
都市化と農村の過疎化が動物の生態系をどんどん変えているとは、面白いことですね。
でも、わたしも毛虫は苦手!

投稿: ナベショー | 2007年9月 4日 (火) 17時44分

ashさま
毛虫の話題、、、皆さん、もうブログ見てくれなくなるか、、と心配しつつ、「里山生活入門」には必須のことなので、あえて詳細な写真入りで書きました。
でも、皆さん、顔しかつつ見てくださったようで、、、
「人気ブログランキング」も何故か大躍進!
「モヤシ」料理は安くて美味しいよ!
モンタもカメラ向けるとポーズをとるようになりました。

投稿: ナベショー | 2007年9月 4日 (火) 19時28分

マグロ君さま
毎年、見て退治してると、今年もこんにちは!、、てな気分になります。
まあ、、その後キンチョールの強力噴霧ですが、、、
いよいよ吉川水産も静岡進出ですか?
9月14日、一杯飲んで魚談義する時間あります?

投稿: ナベショー | 2007年9月 4日 (火) 19時35分

ナベ師匠、大躍進!おめでとうございます!質実剛健派の躍進歓迎です!
師匠のblogは背伸びしない実力を感じますので、やがて☆一位☆の座を確保すると思います。「見てくれ」だけで空回りするblogが多い中で以前から一目置いております。「里山生活入門」出版もきっと、実現すると思います。出版関係の方〜、ご検討ください!団塊世代に爆発的に売れますよ!
ヘンにサラリーマン的な編集者の執筆ノウハウ指導が入るより、実力勝負の方が、想いが伝わるような気もします。
応援しております!

投稿: Alex | 2007年9月 4日 (火) 20時26分

Alexさま
急に順位がアップしたのですが、一体どうなったのでしょうか?
ず~と5位から4位の壁はとてつもなく高いと思っておりました。
自分でも、何が何やらキツネにつまされたような感じです。
でも、多くの読者の方がクリック応援してくださった結果であり、うれしいことです。
Alexさまには、ず~と以前から見守って応援してくださり、身に余るお言葉をいただいたりし、有難う御座いました。

投稿: ナベショー | 2007年9月 4日 (火) 21時54分

ナベショーさん・・・近いでですか?静岡駅は?

夕方早い時間・・4時とか5時スタートなら・・ご一緒できると思います。いえ・・是非ご一緒してみたいです。

ご都合、如何ですか?

投稿: マグロ君 | 2007年9月 5日 (水) 10時28分

時々拝見させていただいていますが、初めてのコメントです。
このところ小彼岸桜の毛虫が大きくなってきて落ち込んでいますので毛虫に反応しました。昨年は毛虫の‘大漁年’とのことでしたが今年も凄い!もう庭に出れずに家の中に引きこもり。主人はほっとけ!と何もしてくれません。羽化するまでほっておけばよいといわれてもどんどん枝が裸になり庭がふんでいっぱいになるのを見ないふりをしている憂鬱な毎日です。大好きな桜の木を始末してしまいたい気分ですが、どうしたものでしょうか??

投稿: はるぼん | 2007年9月10日 (月) 12時45分

はるぼんさま
ほんとに毛虫は大変、でも木を切ってしまえば、来春の美しい花が見られなくなるし、、、
毛虫も小さい時は一枚の葉にかたまってるので、その葉を見つけて取り除くのが最適です。
しかし、もうすでにそこそこ毛虫が成長して木の枝、あるいは木全体に広がっている様ですね。
ほっておいても、丸坊主にされるだけ、、駄目元で、退治をチャレンジされてみては、、とお勧めします。
まず、キンチョールを数本買って来て、長袖のシャツを着て、風の無い時を選んで、毛虫にめがけて噴射してください。風さえなければ2~3mの範囲は届きます。
高くて届かない枝は、脚立に登って(落ちないように、靴と足場をしっかり、、)噴射すれば、いいのですが、無理しないこと!
面白いほど、即座にどんどん地面に落ちて死んでいくでしょう!!!
手動の噴霧器で2~3mの竿が付いてるならば、園芸店でスミチオン乳剤を買って来て、水で1000倍に希釈して噴霧すれば、毛虫は死んでしまいます。
私は、今も、虫を見つけると、3~5mの伸縮可能な長い竿の付いたハサミで、虫のついた枝を切り取っています。

投稿: ナベショー | 2007年9月10日 (月) 13時05分

ナベショー先生、本当に判り易い親切な解説をありがとうございました。しかし6m以上になった桜の木全体に広がった毛虫はちびの私には無理です。(涙、涙)桜の木をこのまま切らずに、来年こそ!歯を食いしばって小さな毛虫の塊を見つけた時に頑張ります。これからもいろいろ教えて下さい。よろしくお願いします。気になって熟睡もできないふがいない私ですが、老眼をいいことにもう見ないことにしました。ごめんなさい、桜ちゃん。

投稿: はるぼん | 2007年9月11日 (火) 19時56分

はるぼんさま
6mの桜の大木、、、ちょっと素人では無理かもしれませんね。
でも、園芸、造園業者に相談されれば、消毒してくれますよ。
お金はかかりますが、、、
お近くだったら、消毒してあげれるのですが、、、

投稿: ナベショー | 2007年9月11日 (火) 20時58分

里山生活は虫との戦い・共存でもありますよねえ。
電気虫って言うんですか。ここらは(いらじ)っていってます。が但馬では、(やつがしら)といってました。どっちにせよ、痛みの強い嫌~な虫のひとつです。知人のご主人は、3メートル以上にもなっている桜の木の毛虫を一匹ずつはしでつまんで処分してるそうです。木の下は無農薬菜園があるので、しゃあないそうです。
枝を切られた無花果の実を4個収穫しました。まだまだ20個ほどはなりそうです。
暑い夏が過ぎたようですが、今年の夏はもやしチャンプルーと沖ぎすの塩焼きをさいさいつくりました。6匹200円から298円の生の沖ぎすは驚きです。

投稿: あ | 2007年9月11日 (火) 23時25分

あひるさま
電気虫、、全国的ですね。
始めに、小さい時に見つけて退治できなかったら、もう広がって処置なし、、、ビリビリと電気に感電したみたい、、
無花果、、何とか収穫出来そうですね。
沖キス、、懐かしいです、
こちらでも、たま~に、生が並んでることがあります。
6匹200円台、、安いですね。干物をジュ~と焼いて食べる、、いいですね。

投稿: ナベショー | 2007年9月11日 (火) 23時53分

毛虫はこれで もう大丈夫ですよ・・・
昨年から今年に掛けて発見! ノーメル賞でしょうか?
これから皆さんへ広めたいのですが まずは私のブログを見てご納得頂ければ 差し上げます

投稿: 団塊おやじ | 2008年11月 6日 (木) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/16333531

この記事へのトラックバック一覧です: またまた毛虫が、、、:

« 蜜蜂、危険がいっぱい! | トップページ | 豆アジの大人買い! »