« 彼岸花 | トップページ | 里芋の芋茎(ズイキ)料理 »

2007年9月26日 (水)

ハモの骨切り、、、

Img_7357syukuジンジャー

生姜の意味だけど、食べる生姜、ジンジャーとは異なる。

でも、葉っぱは生姜、ウコン、茗荷などとよく似ているが、背丈は1.5mくらい、、、

花の形はウコンや茗荷の花とよく似てる

しかし、生姜の花って見たことが無い

ジンジャーの花、、、白いのはよく見かけるが、白にオレンジの、、、、一箇所見つけてあった。

忘れかけていた、、、、ほとんどの花は終わっていたが、一個のみ咲いていた。

ほんとに茗荷の花の集合体、、、って感じだね!

今日は福一焼津流通センターへ魚を買いに、、、

数Kgの大きい明石鯛が入った箱、、、その中に鱧(ハモ)が一匹混じってるではないか!

小さいので、アナゴかな、、と思ったが、否、ハモである。

店のスタッフの方に、「これ、、、どうかな?  骨切りの練習したいのだけど。。。?」

「練習には十分、、中国産ではなく、明石沖、瀬戸内海のハモ、美味しいよ! 1000円(キログラム)でいいよ!」

計ってもらうと一匹448円、、安いもんだ!

さて、ウナギやアナゴの料理と同じ、、、まな板の端にキリで頭を固定して背開きにImg_7389syuku Img_7396syuku

骨も取るが、なんせ細かい骨がたくさんあって、骨切りをしないと食べられないと言われている。

約1mm間隔で出刃包丁を入れていく

こういう感じで良いのかな~Img_7399syuku 

しかし、しっかりと上手に骨切り出来たか、、、、?

食べてみないと、わかりませ~ん!

ハモの定番料理の照り焼きとお吸い物にした。

お味は美味しい、、、!

Img_7402syuku Img_7409syuku

ハモはこれ以外に、天婦羅、フライ、さっと熱湯を通し梅肉で食べる、ハモ鍋もいいね!

関東では食べないらしいが、関西では普通である。

京都祇園祭りでの定番料理である。

骨切りして、スーパーに売っている。

静岡でも、時々売ってることがある。

さてさて、、、お料理のほうは、、、

照り焼き、、、お味はいいのだが、小骨がたくさんある。

0.5~1.0mm間隔で包丁を入れて骨切りをしたはずなのに、切れていないということか!

そうか、、、皮一枚、スレスレのところまで包丁の刃を入れないと駄目なようだな、、、

ハモの骨切り、、と言っても、自分でやってみて、食べてみないと、どの辺にどういう骨があるのか分からない

次回は二倍の1Kgくらいのハモを買って、やってみよう。

モンタはソファーで爆睡!

おかしくて、カメラがぶれてしまったようだ、、、ピンボケ!

Img_7425syuku

一日一回のクリックで、人気blogランキングの10ポイントになります。(2回以上はカウントされず)

ナベショー以外の方の素晴らしいブログも見ることが出来ます。          

よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 彼岸花 | トップページ | 里芋の芋茎(ズイキ)料理 »

コメント

もんたくんにクリック!・・・じゃーん!拡大!

7㌔に見えません。ウエスト意外に細いショット!

ジンジャーの花・・・すごい賑やかですぅ~

鱧料理・・・骨きりやりました。ガリガリ音を楽しみながら
やったのを思い出しました。

調理実習のときのことですよ。M女は食材がよかったです。
調理実習の部屋はすべてスゥエーデン製でした。
内容は薄かったけど・・・今頃役に立ってます。

投稿: れおぽん | 2007年9月27日 (木) 01時00分

モンタ、それは“おそ松くんポーズ”だね。
お母さんに教わったんだきっと。

鱧の骨きり、昔何度か遊び半分でやらせてもらったきり。店では出ないから。なさけなーい。アナゴや太刀魚はよく裁くけどね。

最近は魚のアラを利用した商売がはやっていて、市場で丸まる一匹買うより、頭、ハラワタを取り除いたものの方が若干安く売っているよ。店ではどうせアラは従業員用だから、そっち方が効率的なのだけど、ますます魚の裁けない、握るだけの寿司職人が増えてきたよ。

まあ、その分裁ける職人の株が上がるからこっちはいいけどさ。ホタテ貝あけてたら、“それ何貝?”って聞かれたときは寒くなった。

投稿: LAの次女 | 2007年9月27日 (木) 03時10分

お早うございます!
ハモって、夏のイメージでした。
「京都の夏」ってイメージ。
夏、ハモ、宵山、お稚児さん・・・。
私も「祇園祭」とセットでイメージしちゃいます。
ナベショーさん、ハモの骨切りまでしちゃうなんてもうセミプロ?いいえ、プロですね。
お料理教室どころか、お料理屋さん開けちゃいますよ。
さて、お店の名前は?やっぱり「割烹ナベショー」かな(*^。^*)

投稿: 紫陽花 | 2007年9月27日 (木) 08時30分

れおぽんさま
モンタ君にクリック!、、ついでに、人気ブログランキングにもポチッ!  ありがとうございます。
もう完全な猫ブロだね!
そんなに太って見えないでしょう?
高校でハモの骨切り実習、、調理の先生凄い!
生徒が実習気合入れてまじめにやらないと、小骨で食べられないからね~  先生の作戦かな?

投稿: ナベショー | 2007年9月27日 (木) 09時33分

LAの次女さん
ハハッ! 
おそまつ君だ、、、シェ~!
人間も猫に見られてるんだ、、、あまりへんな格好できないね。
魚をさばけない寿司職人、、かあ~
板前出身なら裁くのお手の物、、だけど、、最初から寿司学校だと、手早く綺麗に握る技術だけを取得してくるんだろうね。
御寿司屋も大きなお店だと分業が進んで、握るだけ、、なんだね。

投稿: ナベショー | 2007年9月27日 (木) 09時43分

紫陽花さま
暑い夏、京都の祇園祭、ハモ鍋、、、
こんなに関西以西では有名で人気のある魚なのに、関東ではハモ料理を食べたことも見たことも無い人が多いそうですよ。
静岡は丁度その境かな?
料理屋の板前さんが、大きいの数本仕入れていくそうだから、、
「割烹ナベショー」開店したら、毎日好きなことして遊べなくなる、、、、

投稿: ナベショー | 2007年9月27日 (木) 09時50分

魚屋さんかおまけ~
ハモまでおろしますか~

しかも骨きりまで・・・・

瀬戸内のハモは最高級~良い買物されましたね!

マグロ君は鍋が好きです~!


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年9月27日 (木) 10時24分

マグロ君さま
まだまだプロの魚屋さんの足元にも及びません。
骨切りしたつもりでしたが、細い小骨がいっぱいで、食べるのに苦労しました。
まだまだです、、、後、数匹は練習してコツを掴まないと、、、

投稿: ナベショー | 2007年9月27日 (木) 14時08分

スゴ~イ!!
鱧の骨切りしちゃうなんて・・・プロ(^^)/*

大好きな鱧、フルコースで食べた~い。
鱧ぶら下げて押しかけようかしら。

部屋の東窓下にジンジャーがあり、咲くといい香りがしたんですが、今年は葉が茂るばかりで蕾もありません。

投稿: ば~ば | 2007年9月27日 (木) 14時47分

ば~ばさま
いえいえ、プロなんて、、、
真似したけど、あちこち小骨が切れてなくて、、、
骨を気にしないで鱧料理食べられるように料理できるには、まだまだ修行が足りませぬ!
ジンジャーの花はいい香りがしますね。
猛暑で花がつかなかったのでしょうか?

投稿: ナベショー | 2007年9月27日 (木) 16時53分

私も、モンタ君見た瞬間に、シェーだと思いましたよ!

ところで、宮本 輝の、流転の海第5部(花の回廊)でてましたね、7月に...。
もう、ご存じだったかもしれませんが、とりあえず...。

投稿: chobingon | 2007年9月27日 (木) 17時23分

Stable ni nii keep, omedetougozaimasu. Kesshite
shunkanfuusoku deha nakattadesune.

Gingerno masshirona hanaga sukidesu.
Kaorimo iidesune.

Giboha kyoutojin deshitakara gion maturinokoroha
itumo botanhamowo bainikude itadakimashita.
Natukashiidesu.

投稿: M.K. | 2007年9月27日 (木) 18時39分

こんばんは~
なんでも調理されるんですね~
美味しいものに対する労力はいとわない。
すごいです。
夜はすこし肌寒く
お吸い物が 良い香りと湯気がこちらに
やってこないかしら。

投稿: coltlamp | 2007年9月27日 (木) 20時11分

chobingonさま
ほんとにシェ~ですね。
流転の海題部、、出たのですね!
最近、本屋へ行ってなかったので知りませんでした。
さっそく買いに行きます。
熊吾はどうなったのでしょうか!
さらにめちゃくちゃになるのでしょうね!

投稿: ナベショー | 2007年9月27日 (木) 20時15分

M.kさま
何とか2位キープです。
ここまで来ると、1位の壁は高いですね。
春はイカナゴの釘煮、夏は鱧料理、、関西の風物詩、、、
魚屋で見つけると、懐かしくて買ってしまいます。

投稿: ナベショー | 2007年9月27日 (木) 20時27分

coltlampさま
鱧の骨切りって一度やってみたかったのです。
やはり、難しかった!
鱧、、美味しいですね。
お吸い物、、、お出汁を入れなくとも、お魚だけから美味しいお出汁が出るので、ほんの少々の薄口醤油と塩を振るだけ、、見るだけですみません。

投稿: ナベショー | 2007年9月27日 (木) 21時35分

前の魚屋さんから「ざく、ざく、ざく」小気味よいリズミカルな音が聞こえてこると、「夏やなあ。」と。夏を音でも感じてました。聞かなくなって何年になるのでしょうか。
 
鱧や穴子の骨は、煮物の出しに使ってます。結構いいだしがでますねえ。が、なかなか手に入らない。

今日は掘り立ての生姜をいただきました。これは甘酢つけにしようと思ってます。最近レシピが分からない時にはナベショーさんのブログから探してしまいます。

先日 葡萄酒に挑戦しましたが、カビてしまって、失敗。機会があれば再度 挑戦。

投稿: あ | 2007年9月27日 (木) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/16584344

この記事へのトラックバック一覧です: ハモの骨切り、、、:

« 彼岸花 | トップページ | 里芋の芋茎(ズイキ)料理 »