« 仙丈岳登山 山の夜明け | トップページ | ハモの骨切り、、、 »

2007年9月25日 (火)

彼岸花

Img_7189syuku

彼岸花は、お彼岸すなわち秋分の日に咲く、、、

農道や水田の畦道や岸の草、、お盆の前に刈った草が伸びたのを、再び9月初旬に綺麗に刈る

草を刈った後、薄い黄緑色の花茎のみが、す~と伸びてきて秋分の日に開花する。

赤い彼岸花に混じって、白い彼岸花もあるImg_7191syuku

彼岸花の仲間、リコルスも咲いている

彼岸花ほどの華やかさは無いけれど、可憐な花

Img_7200syuku

日本では忌み花として、家の中で花瓶にさして飾ったりすることは昔から嫌われている。

しかし、欧米では、このリコルスの仲間は人気があって、多くの品種があるという。

Img_7209syuku 

花一つを撮るのも絵になる彼岸花だけど、群生して咲いてるのも美しい!Img_7216syuku         

懐かしい里山の原風景である、、、Img_7225syuku

今日は彼岸花デイー  どの写真も捨てがたく、、、、Img_7198syuku

Img_7282syuku

この川の土手Img_7314syuku 、、春は桜、秋は彼岸花、、、

誰も立ち止って美しい花に見入ることなく、通り過ぎていく、、

田舎の人たちにとっては、あまりに身近過ぎる普通の景色なのだろう、、

しかし、9月初旬になると、彼岸花の満開に備えて、土手の草はきちんと刈られる

今日は中秋の名月

300mmの望遠で撮っても、こんなに小さくしか写らない

Img_7336syuku

モンタ、、、他の猫ブログの猫ちゃんのように、美しく、可愛く撮れないんだろうか?

Img_7251syuku

一日一回のクリックで、人気blogランキングの10ポイントになります。(2回以上はカウントされず)

ナベショー以外の方の素晴らしいブログも見ることが出来ます。          

よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 仙丈岳登山 山の夜明け | トップページ | ハモの骨切り、、、 »

コメント

 今夜は十五夜ですね。お月様が美しい。
私が子供のころ初めて天体望遠鏡で眺めた月。月面はデコボコなんだ!それがクレーターなんてその頃は知りませんでした。
ところでその天体望遠鏡は何とナベショーの手作りでした。当時あんな山奥で「子供の科学」という科学雑誌を手本に○野先生に教えていただきながらボール紙を筒状に巻いてレンズをはめ込んで立派な望遠鏡を作ったよね。私も叱られながらお手伝いをしたよう??
 三脚は太いしのぶ竹でした。玄関先にすえて天体観測会。村の方々も観察に来ていただきました。
 土星に輪があること、木星は堂々として惑星に君臨していること、金星が赤い星であること・・理科の教科書では教わっていながらも実際には観測したこともなかった。
今から思えばあんなお手製の小さい天体望遠鏡で宇宙への夢を広がせてくれたナベショー!
ちょっと「ヨイショ!」でしたかな??
 
我が家も今夜は畑の里芋を堀り「衣かつぎ」にしてお団子も作って尾花とコスモスをいけて広縁で名月を鑑賞しました。日本海の「秋イカ」も美味しくなったよ!

投稿: sakura | 2007年9月25日 (火) 23時31分

白い彼岸花があるというのを知ったのは、灰谷さんの小説のなかでした。が、見た事がありませんでした。
きれいですねえ。高貴で清楚な花なんですねえ。

一昨日お彼岸法要のお手伝いにお寺にいった。先週にはなかったのに、合わせた様に彼岸花がさいていました。

昨日はオリンピックバレーボールの吉田元監督にバレーボールを教えて戴きました。とっても疲れましたが、涙が出る程感激しました。極太のももがぱんぱんです。が、中秋の名月のムーンパワーをもらって体育館へ向かいました。いつかの山登りのためにもなるかも。

投稿: あ | 2007年9月25日 (火) 23時35分

Higanbanano gunseino kireinakoto.
Konyaha otukisamamo kougoushiku kagayaite miemashita.
Konya hajimete akikazega heyani haittekimasu.
Nankagetuburi deshou.
Taisetuzandeha hatukansetu datoka.
Fujisandemo yukiga futtarashidesune.

投稿: M.K. | 2007年9月26日 (水) 01時30分

彼岸花って本当に可憐。
バラやらゆりよりも豪華にみえるのは私だけかなあ。
バレリーナのドレスにみえるんだ。

毎年同じ場所に同じ日に花を咲かすなんて、けな気だねえ。神秘的。
子供の頃育った広島の玖波でも何箇所か思い出す、毎年彼岸花が咲いていた所。一面に咲いている様はなんともいえないね。

“子供の科学”の話はよくきいてたけど、望遠鏡をSAKURAおばちゃんと作った話はきいたことなかったなあ。でも私たちが子供の頃、手作り望遠鏡つくったよねえ。

あの望遠鏡、どこいっちゃったのかなあ。

投稿: LAの次女 | 2007年9月26日 (水) 02時21分

おはようございます。

昨日の朝、電車から車窓を眺めると、あちらこちらに彼岸花が咲いていました。

月の写真いいですね。やっぱり次はデジタル一眼を買います。但し、冬のボーナスと相談してから…。

投稿: ぞう | 2007年9月26日 (水) 04時21分

おはようございます
彼岸花、そちらではたくさん咲いているんですね!
それに中秋の名月のお写真も、ご立派です!!
私達夫婦の場合は、望遠レンズを買わないと、このように写せません。いいですねぇ。

投稿: hiroko | 2007年9月26日 (水) 08時32分

sakuraさま
「子供の科学」を愛読し始めたのは、小学校4年生頃だったかな~
宇宙、生物、地質、自然、化学、、、、、科学への限り無き好奇心、探究心と創造性を育ててくれた雑誌!
小遣い貯めて買った150円の望遠鏡セット、口径50センチの小さな対物レンズ、丸めたボール紙で作った天体望遠鏡、、月のクレーター、土星の輪がはっきり確認できたね!
感激、興奮して、家族やご近所、いろんな人に見せてたな~
今朝は始めての秋らしい涼しい朝でした。

投稿: ナベショー | 2007年9月26日 (水) 08時50分

あ さま
白い彼岸花、、はっとするような美しさで輝いています。
ほんとにお彼岸にきっちり合わせて咲きますね。
大昔の人は、カレンダーが無くとも、月の満ち欠け、自然の野山の草花により、季節の移り変わりを感じ取ったのでしょうね。
有名監督によるコーチ、、力が入って心地よい疲れ、、いい体験でしたね。

投稿: ナベショー | 2007年9月26日 (水) 08時59分

M.kさま
残暑だ、猛暑だ、と言ってても、お彼岸ははっきりとした秋のおとづれ、彼岸花が咲き、涼しい秋風が吹き、澄んだ夜空にお月様が輝き、北海道では初雪、富士山も、、
過ごしやすくなりましたね。

投稿: ナベショー | 2007年9月26日 (水) 09時04分

LAの次女さん
彼岸花は造形的な美、を感じる、、、豪華な花、、絵になる花です。
玖波にも彼岸花がたくさん咲いてたね!
恵川のほう、松が原への道、、線路沿いにも咲いてたね!
望遠鏡、、今では立派なのが買える時代、、だからこそボール紙で作る望遠鏡が貴重なんだね。

投稿: ナベショー | 2007年9月26日 (水) 09時11分

ぞうさま
15年前、定年まで続く単身赴任生活をエンジョイするため、、という理由で、当時発売されたばかりの世界最軽量小型一眼レフ、キャノンイオスキスと100mmマクロを年末のボーナスで買いました。
妻には、「ゴルフをやらないのだから、お安いもの、、」と説得!
定年退職の時、これからのシニアーライフを豊かにエンジョイするためのお安い投資、、と、カメラのキムラで10万円まで下がったイオスキスデジタルといくつかの交換レンズを揃えました。
ぞうさまも是非どうぞ!

投稿: ナベショー | 2007年9月26日 (水) 09時22分

hirokoさま
彼岸花、、田舎へ行けばたくさん咲いています。
むかし、お彼岸の連休に山陰本線に乗って故郷へ帰省する時、線路沿いの田んぼの岸にたくさん咲いてたのを思い出します。
300mmの望遠ズームで撮りましたが、月のクレーターまで写すには、600mm以上が必要ですが、手持ちでは限界です。

投稿: ナベショー | 2007年9月26日 (水) 09時30分

暑さ寒さも彼岸まで・・・めっきり涼しくなりましたね~


先日ご一緒した・・静岡での暑さが嘘のよう~

この花は神秘的なものがありますね~


先日は名月・・・チャットも楽しかったです~

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年9月26日 (水) 09時44分

昨夜は遅くまで参加されていたようですね。
今朝は、早起きできましたでしょうか。

この辺の彼岸花も満開です。
紅白を交互に植えている道筋を通ると、植えた方の優しいセンスが感じられます。

投稿: ば~ば | 2007年9月26日 (水) 11時07分

ナベショーさんのカメラでもあんなに小さいの?

れおぽんは・・・心霊写真になったのでupできません。

しかも、米粒みたいなお月様ぁ~

マグロくんのお家からナベショーさんのお家の中が

覗けるそうです。お風呂上り気をつけてください。ね・・・

もんたくん・・・猫ブログに転身ですね。

投稿: れおぽん | 2007年9月26日 (水) 12時55分

彼岸花、キレイ!
ashなら忌み花とは知らずに飾りそうです。

月、模様までちゃんと写るんですね。
三脚あれば4倍ズームなashのデジカメでも写せるのかなぁ。
ashも猫、キレイに写したいです~。

ぽちん!

投稿: ash | 2007年9月26日 (水) 13時58分

白い彼岸花って、ハッとする美しさですね~!!!
じつは、まだ、一度もお目にかかったことがないのです。

もんたクンは、いつも、とびっきりのかわいさですヨ~、(^-^)

投稿: こつ | 2007年9月26日 (水) 17時37分

ここまで白い彼岸花は初めてみました。
お月さまもきれいですね。
以前は仕事帰りによく眺めましたが
いまは一階の仕事場から3階の寝室にの毎日
こちらで 旅を味わっております。

投稿: coltlamp | 2007年9月26日 (水) 19時36分

マグロ君さま
やっと秋、、ですね!
涼しくなり、農作業がはかどります。
名月チャット、、盛り上がりましたね。
こちらは自分のブログの入力が終わって、最後近くしか参加できませんでした。

投稿: ナベショー | 2007年9月26日 (水) 20時52分

ばーばさま
年とると、12時過ぎに眠っても、いつも朝は早くて、5時過ぎには起き出して新聞です。
もっともモンタが起こしに来るけど、、、
白と赤を交互に、、、なんと贅沢な!
こちらでは、たまにひっそりと白花が一輪咲いてる程度、、
それだけに、神々しく、近寄りがたいほどの美しさです。

投稿: ナベショー | 2007年9月26日 (水) 20時57分

れおぽんさま
なに、なに?マグロ君のお家から、入浴中のナベショーが覗ける?
じゃ~、当然、れおぽんさまのお家の中も、簡単に覗かれてるわけだ!
ご用心はれおぽんさんのほうだよ!

投稿: ナベショー | 2007年9月26日 (水) 21時01分

ashさま
大きく見えても写った月は小さくてがっかりでした。
クレーターが判別できるような写真が撮れたら楽しいでしょうね。
彼岸花は綺麗だけど、リコリンという猛毒ゆえに忌み花として、敬遠したのだと思います。昔の人々の知恵ですね。
ashさまのニャンチャン、、冴えてますよ!

投稿: ナベショー | 2007年9月26日 (水) 21時09分

こつさま
白い彼岸花は、こちらでも、たまに見かける程度です。
木漏れ日の緑の木陰の中で、ひっそりと咲いてるのを見つけると、うれしくなります。
モンタ君、、可愛いって言ってくれるとおお喜びです。

投稿: ナベショー | 2007年9月26日 (水) 21時14分

coltlampさま
一階と三階の往復、お店やってられると、お忙しいでしょうが、山登りの訓練になりますね!
白い彼岸花、、意外と始めてみる方が多いようです。

投稿: ナベショー | 2007年9月26日 (水) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/16572986

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸花:

« 仙丈岳登山 山の夜明け | トップページ | ハモの骨切り、、、 »