« 雨が続くと蜜蜂は、、、 | トップページ | 狂い咲きの花 »

2007年10月 1日 (月)

キクイモ、、ご存知?

Img_7680syuku

キクイモ

子供の頃、田舎には、キクイモの黄色い花はどこででも見られた。

畑の隅、土手の岸、農道の脇、、、、

聞くところによると、戦時中の食料として、たくさん栽培されたそうである。

背丈は1m以上、地下の土生姜のような小さな芋がたくさんできる。

以前、花が綺麗なことから、庭に球根を植えたことがある。

しかし、どんどん増えて手がつけられない。

処分するため、掘り起こして、球根を全部、取り除いたつもり、、、

どこかに小さいのが残って、再び芽が出てくる、、、

まことに生命力旺盛な花であった。

この土生姜のような小芋は、塩して味噌漬けにして食べたが、それほど美味しいとは思わなかった。

まあ~、ナベショーより年配の方には懐かしい花であると思う。

昨日のアメジストの後、どんな花の写真でも見劣りがしてしまう、、、、

しからば、カムバックの彼岸花を!

先日、彼岸花を撮ったが、やはり今年は暑かったために、秋分の日より満開が数日遅れてた。

すでに、彼岸花はブログに載せてしまったが、満開を少し過ぎて、真っ赤の真っ赤、、、

もう少し、辛抱したら良かった!

改めてカメラに収めた。Img_7672syuku Img_7663syuku Img_7660syuku

桜の花見はあっても、彼岸花の花見はないね、、、

しかし、それほど真っ赤な花のじゅうたんで秋の里山は覆われる!

お昼は何を食べたい?

お好み焼きと焼き蕎麦!、、、、と長女Img_7639syukuImg_7642syuku_2 

烏賊と豚バラ、卵とキャベツの大阪風お好み焼きに、干し桜海老、青海苔、鰹節

そしてお多福のお好み焼きソースだよ!

焼き蕎麦は桜海老、烏賊、豚バラ、キャベツにモヤシ、、ウエスタンソースだよ!

夜は何食べたい?

餃子、お腹いっぱい食べたい!

ニラ、キャベツ、生姜、ニンニクのみじん切り、、塩振ってよく揉んで絞り胡麻油少々加えて豚のひき肉、

十分混ぜ合わせ、出来るだけ薄い餃子の皮に包む、、

薄い皮のほうがパリッとした感触で香ばしい!

焼き餃子に水餃子、、全部で75個!Img_7695syuku_2 Img_7698syuku_2

焼き餃子の美味しさは、皮と中身の比率がポイントだね。

皮が厚くて大きいのは、モチモチして皮が勝って美味しくない。

薄いとぱりっとした感触で、中の具からの美味しい汁が口の中にジワ~ンと広がるのである。

外へ出たモンタ、、、家の軒下、ゼラニュームの花壇で穴掘って何してる?Img_7602yuku Img_7604syuku Img_7609syuku Img_7611syuku

一日一回のクリックで、人気blogランキングの10ポイントになります。(2回以上はカウントされず)

よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 雨が続くと蜜蜂は、、、 | トップページ | 狂い咲きの花 »

コメント

彼岸花 圧巻ですね。
赤いのに哀しいイメージどうしてでしょうね。
お多福のお好みソースと焼きそばソース
うちの冷蔵庫にも鎮座しております。
最近私は塩焼きそばの方が好きですが
ウエスタンソース???
ウィスターソースとは別物ですか?

投稿: coltlamp | 2007年10月 1日 (月) 22時46分

もんたくん・・・分身の術?
単に4猫兄弟?

もう1回申し上げますね。れおぽんの最高記録。

餃子15分で50個2時間で400個作りました。

今度いっぱい作るときは製作部門として正式に採用してください。

お給料はいりません。例のおでんのすじ肉とアップルパイ一切れでいいのです。

投稿: れおぽん | 2007年10月 1日 (月) 23時20分

coltlampさま
ほんとだ~! 
よく観るとウィスターソースってラベルに書いてある。
日本料理のかけるのがソイソース(醤油)に対し、西洋料理にかけるのだからウエスタンソース、、、、、と子供の頃から今の今まで、ず~~~と信じて疑いませんでした(笑)
赤なのに哀しいイメージ、、、秋のおとづれを感じるからでしょうか。

投稿: ナベショー | 2007年10月 1日 (月) 23時42分

れおぽんさま
ハイ、分身の術 ○ん○してるのは本物のモンタではありません。
ナヌ! 15分で50個 二時間で400個
早いだけではテストに合格しないのですぞ!
水餃子テスト、湯の中で煮て、中身が湯の中にもれないかどうか、、、50個中、一個でも漏れたら不合格!
王将ナベショーへの採用実技試験、、難しいよ!

投稿: ナベショー | 2007年10月 1日 (月) 23時50分

何食べる?
なんて久しく聞かれたことないなあ。

いらっしゃーい。何にします?
これ仕事だから。

うちっていつも餃子いくつ作っても、あっという間に食べちゃうから、いつももっと食べたくて、ちなみに子供のころの夢は餃子を死ぬほど食べること、だったんだー。

投稿: LAの次女 | 2007年10月 2日 (火) 03時14分

キクイモはこちらではジェルサレム アーティチョーク(Jerusalem Artichoke)という名前です。
 イギリス人の知人よりスープのレシピつきで、昨年でしたが球根をいただきました。僅か3個の球根でしたのに、収穫量は確かに驚異的でした。
 ジャガイモと同じように扱えば良いですよと聞かされローストもしましたが、何だか今ひとつ舌に馴染みません。きっと適格なお料理法が他にあるのでしょうが、思いつかずに何となく持て余してしまいました。
 折角いただいたものなので、今年はお花観賞用に一個だけ植えてあります。
 日本で戦時中に栽培されたということを初めて知りました。食糧難を救ってくれた有難い食べ物の一つなのですね。

投稿: はなあかり | 2007年10月 2日 (火) 03時21分

すごい!彼岸花、こんなに真っ赤に染まるのですね。
良く観光ツアーで、巾着田の彼岸花を見る・・なんて見かけますが、こちらのほうがすごいのではないでしょうか。

お嬢様が日本に帰国されていらっしゃるご様子。
我が家の娘もドイツに住んでいます。やはり、帰国中は、目いっぱいの日本食です。
焼きそば・・・これはしたこと無かったわ・・・忘れていました。今度是非作ってあげましょう。
それにしても、おいしそうなこと。
朝からおなかいっぱいになっています。

投稿: にりんそう | 2007年10月 2日 (火) 06時58分

今日は・・取り急ぎ応援していきます~

これから新潟に日帰り出張なんですよ~

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年10月 2日 (火) 08時08分

おはようございます
キクイモの事、初めて知りました。父に電話しても、知らないらしいです。戦時中といえばまだ、父は独身で岡町の会社の寮におりました。(私は遅れて生まれた子供なので。)
彼岸花、すごいですねーーー!私達夫婦は先日も日本民家集落博物館の中で撮影です。やっぱり、こちらの住宅街では見当たりませんね。
お嬢様、日本にご滞在中の間は思いっきりご馳走してあげてくださいね。

投稿: hiroko | 2007年10月 2日 (火) 09時04分

LAの次女さん
いらっしゃ~い 何しますか? 仕事なんだね~
75個作って3人で食べると、ひとり25個か、、、
昔はそんなにたくさん作らなかったかな、、、
お腹いっぱいになって、ご飯は、さら~とお茶漬けでお仕舞い。
外でて、しばらくして家に入ると、家の中は餃子の臭いが凄い!

投稿: ナベショー | 2007年10月 2日 (火) 13時12分

ははあかりさま
イギリスにもキクイモがあるのですね。
名前から、イスラエルのエルサレムにどのような由来があるのでしょうね?
お味はやはりイマイチでしたか、、、
一個だけ植えたのが、来年には増えてるんですね~
戦時中は芋と名のつくものは何でも食べたのでしょうね。

投稿: ナベショー | 2007年10月 2日 (火) 13時18分

にりんそうさま
この彼岸花、、特に有名でもなく、誰も見学には来ないようで、、 でも、咲いてる規模も大きく、なかな見ごたえがあります。
今週中なら、まだ見れますよ。
お嬢様はドイツに、、、では時々ドイツにもいかれるんですね!
美しいな~ ドイツ!
カレーライスに焼き蕎麦、、子供の好きな食べ物の定番ですね。

投稿: ナベショー | 2007年10月 2日 (火) 13時24分

マグロ君さま
ごくろう様で~す。
日帰りでは、ゆっくりと日本海の魚を食べつくす、、てなわけにはいきませんね。

投稿: ナベショー | 2007年10月 2日 (火) 13時26分

hirokoさま
戦時中、キクイモ食べてたの、、田舎のほうでしょうね。
彼岸花はわざわざ球根を庭に植えて観賞する、、という花では無いので、最近の市街地、住宅地には無いのでしょう。福知山線で三田や篠山のほうまで行けばたくさん咲いてるでしょう。

投稿: ナベショー | 2007年10月 2日 (火) 13時33分

ナベショー様
そして、はなあかり様
菊芋は漬物にします。
カリッとした食感で、クセが無くなります。
麹を入れるとさらに美味しいですが、塩だけでも・・・。

東北地方では赤蕪と一緒に漬けることが多いようです。

糖尿病の予防効果があるそうですよ。

投稿: ば~ば | 2007年10月 2日 (火) 15時10分

ば~ば様
10数年前、庭に植えた菊芋を収穫して、糠みそ漬けや味噌漬けなど、いろいろトライはしたのですが、普段食べ慣れてる根菜類に比べて、けっして美味しいものではありませんでした。
何というのか、、、、まづいです。
竹かごに山盛りいっぱい採れた菊芋、壷にいっぱいの漬物、、、見るだけでうんざりして、以来美味しく食べる試みはやめました。


投稿: ナベショー | 2007年10月 2日 (火) 15時28分

ナベショー様
いきなり糠味噌に突っ込みませんでしたか?

菊芋は少し天日干しして、塩漬け、一度漬け塩を変えてから麹や身欠き鰊、赤蕪などと漬け込むようですが・・・。

投稿: ば~ば | 2007年10月 2日 (火) 19時36分

ば~ばさま
ブログ本文に書いているとおり、塩してから糠漬け、味噌漬けしておりますが、、、。
美味しくて、どんどん食べたいとか、美味しいから人に是非と勧めるようなものではありませんね。
収穫が一握りなら、まあいいのですが、篭にいっぱい採れて、容器にいっぱい保存食にして、時々出して楽しみにして食べようという気になるようなものではありませんでした。
庭から芋を全部取り除いたつもりでも、小さなのが一個でも残ってると、芽を出して、またまたたくさんの芋の増えるので、絶やすのに数年かかりました。
戦時中は全国で栽培されていたようですが、今はほとんど見かけませんね。
この辺でも、昔に捨てられた芋がわずかに農道脇に咲いてる程度、栽培して食べる人は皆無のようです。

投稿: ナベショー | 2007年10月 2日 (火) 20時03分

 ヨーロッパで日本人向けに発行されている雑誌から切り抜いたものですが、キクイモ(ジェルサレム・アーティチョーク)に関するページがあります。
それによりますと、フランスのある探検家がこの植物を17世紀に北米(原産地)よりヨーロッパに持ちかえった際、アーティチョークのような味であると表現したことが、名前の由来になったようです。
 また、イタリア語でひまわりを意味する「girasole]が、なまってジェルサレムになったのでは、とも考えられているとのこと、この植物は根塊を食べますが、ひまわりの一種のようですね。
 最近日本でも、整腸作用があり低カロリーの健康食品として話題になっているという記述もそえられています。その記事の中には、「ジェルサレム・アーティチョーク入り茶碗蒸し」が紹介されていました。

 焼く、蒸す、ゆでる、ローストする、生食するなど、ジャガイモ同様の調理が出来るようです。 見た目はジャガイモのようですが、シャキっとした歯ざわりが新鮮、ともあります。生でいただく場合、酢かレモン水につければ変色は防げますね。冷蔵庫で数日寝かせれば甘みが増す、というのは他で聞きました。
 栄養価はイヌリン、ビタミンC、鉄分、リン、カリウムなどが豊富だそうです。
 ナベショーさまなら、新たな調理法で美味しさの新発見をなさるかもしれません。でも、ナベショー様、慣れないうちは食べ過ぎるとお腹をこわすこともあるので始めは少しづつだそうですのよ。

投稿: はなあかり | 2007年10月 2日 (火) 21時27分

はなあかりさま
いろいろ詳しくありがとうございました。改めてネットで調べてみましたが、あのすさまじい繁殖力故、日本同様に、欧米でも家畜に餌や戦時食として重宝されたんですね。
最近は健康食品としても注目されて、美味しく食べる料理方法を世界中でいろいろ研究している。
と言うことは、収穫多く、健康に良いにもかかわらず、やはり美味しくないので、ジャガイモのように何とか美味しい料理はないか、、なんですね。
まあ、、ナベショーだけがその美味しさが分からないのではないかと懸念したが、そうでもなさそうだ!
薄く切って油で揚げて菊芋チップにでもしてみようか、、?
それとも、新生姜の佃煮みたいに薄く切って、醤油と味醂でしっかり煮てみようか、、
あるいは天婦羅かな、、、?
それとも紅生姜みたいに梅酢につけるか、、?
とにかく、普通の料理じゃ不味くてだめだね!

投稿: ナベショー | 2007年10月 2日 (火) 22時41分

ジワ~ンとひろがるおいしさ、たまらないでしょうね!
私も名古屋風手羽先から揚げ、作るようになりましたよ。

ご無沙汰いたしおりましたぁ、、またよろしくお願いしますねー^^

うちの近くは黄色い彼岸花がいっぱい咲いてますよ!

投稿: なぎさ | 2007年10月 3日 (水) 10時20分

なぎささま
海外旅行でしたか?
やはり焼き餃子の美味しさは、ジュワ~ンと広がる肉汁と、焼けた皮の香ばしさですね。
名古屋風手羽先、、ご主人はもちろんのこと、お姑さんにも好評でしょう!
五島は黄色い彼岸花がいっぱい、、赤いのも咲いてるんでしょうか?

投稿: ナベショー | 2007年10月 3日 (水) 17時59分

田んぼの畦にさく彼岸花。秋の風物詩ですねぇ。

畦に彼岸花が多いいのは、その毒にもあるようだとききました。
球根の植え替えをしなくてもいいことと、毒があるのでもぐらなどによって、食べられる事がなく、畦の維持が出来、田んぼも守られるって聞きました。長い間に培われた昔の人の知恵ですね。
うちの畦には、豆が植わってたように記憶してます。

投稿: あ | 2007年10月 5日 (金) 08時46分

あ さま
なるほど、そういう理由もあったのですね。
忌み花として敬遠し、飢饉のときは水でさらして毒を抜いて食料にする、、
昔の人の知恵、、深いですね!
丹波でも畦には大豆や小豆を植えてましたね~

投稿: ナベショー | 2007年10月 5日 (金) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨が続くと蜜蜂は、、、 | トップページ | 狂い咲きの花 »