« 我が里山ガーデンは今、、、 | トップページ | 秋の野山の花 »

2007年10月17日 (水)

サツマイモの収穫

Img_8778syuku

セイタカアワダチソウ

漢字で書くと、「背高泡立ち草」、、、、なんとも風情の無い名前か!

背が高くて、泡が沸き立つような花、、、、読んで字のごとく、、何だ、これ?

もう少し異なった名前は無いものか!

植物の命名をする権威ある植物学者は、日本語の美的センスの素養もおおいに必要であると思うのはナベショーだけか?

黄色い花の美しさは、早春にこぼれんばかりに咲く「ミモザ」の花とよく似て、遜色なし。Img_8780syuku    

草むらが黄一色、まさに秋のこの季節に咲く花が無い日本にとって、秋の風景を作ってしまった

北米からの帰化植物が、あれよあれよと野原や道端を占領したのはそんなに昔ではない。

セイタカアワダチソウは根から成長抑制剤を分泌し、他の植物の繁殖を抑制するため、急速に野原を占領したらしい。

しかし、繁殖しすぎると、今度は自家中毒のため、増殖は自然に抑制され、他の草、ススキなどと共存してくるという。

セイタカアワダチソウが急増した時期、丁度、花粉アレルギーの人が急速に増加した時期と一致したため、春の杉花粉、秋のセイタカアワダチソウと騒がれた。

しかし、セイタカアワダチソウは花粉を風によって撒き散らす風媒花ではない。

昆虫による受粉によって種を作る虫媒花なのである。

したがって、いまでは花粉アレルギー源とは関係が無いといわれている。

冬越のために花蜜を集める蜜蜂にとって、花の少ない時期にセイタカアワダチソウは貴重な花粉、花蜜源である。

たくさんの蜜蜂がセイタカアワダチソウの花に群れをなす。

ナベショーの飼育してる蜜蜂もセイタカアワダチソウが開花し始めたニ、三日前から、急に行動が活発になった。

今日はサツマイモ掘り

美味しい芋だったので、今までに試し掘りと称して、ほぼ畑の半分ほどは収穫して、芋、茎共に食してImg_8832syuku しまった。

めちゃでっかい芋は無いものの、そこそこいい形の芋ばかり!

サツマイモの長い蔓から茎も採る

Img_8834syuku Img_8836syuku  

サツマイモは茹でたり、蒸かすより、オーブンで焼いたほうがおいしいね。

中くらいの芋なら、オーブンで250度 30分

Img_8882syuku

このアチアチの焼き芋、、、女性でなくとも男にとっても美味しい!

この焼き芋の皮をむき、裏ごしして、砂糖、バター、牛乳を少々加えてよく練り、寒天の入った水を加えて適度の柔らかさにし、型に入れて冷蔵庫で冷やす

芋羊羹である、、、、妻がImg_8886syuku たくさん作ってご婦人の集まりに持っていった。

ナベショーは大量の茎を胡麻油で炒めて、油揚げ、醤油、味醂、お酒、カツオ出汁を加えて茎の佃煮Img_8864syuku

未だ、半分の茎が残ってる、、、、、、、

芋掘りから帰ってきたら、モンタが妻の車の屋根に乗ってる

Img_8853syuku

一日一回のクリックで、人気blogランキングの10ポイントになります。(2回以上はカウントされず)

今日も応援のポチン、有難うございます。 → 人気blogランキングブログランキング

|

« 我が里山ガーデンは今、、、 | トップページ | 秋の野山の花 »

コメント

ナベショーさ~ん♪

70℃で10分通過すると(弱火でゆっくり)すると
一番甘く仕上がるそうです。

最近、このやり方を意識して加熱しています。

・・・もう全部掘ったのでしょうか?

れおぽんたち・・・まだ枯れないので11月ぐらいかな?って相談中!

投稿: れおぽん | 2007年10月17日 (水) 23時29分

セイタカアワダチソウの異名には、ヘイザンソウ(炭坑閉山の跡地に多く自生したことから)、ベトナムソウ(ベトナム戦争時代に多く見かけられたから)があります。
セイタカアワダチソウよりセンスがない名前です。

生物の和名の命名には、ほんとセンスが必要だと思うのですが、まだ、維管束植物はよいほうで、昆虫やコケ植物、地衣植物には差別用語が含まれていて、呼称検討委員会が設けられている分野もあります。

ところで、モンタ君、日光東照宮の眠りネコに似てるっていわれません?
そっくりだと思いました。

投稿: ムシコ | 2007年10月18日 (木) 00時21分

私も次の休みに掘るつもり・・・
しばらくサツマイモ漬けになりそうです!
芋羊羹おいしそう~
バターと牛乳を入れて・・・今度作ってみます♪

投稿: MONA | 2007年10月18日 (木) 00時24分

お芋、おいしそうー。
今日のブログは黄金色一色だね!!

投稿: LAの次女 | 2007年10月18日 (木) 02時50分

おはようございま~す♪ナベショーさま
セイタカアワダチソウとカタカナで表現すると 伸びやかでいいかんじ…
別名「セイタカアキノキリン草(秋の麒麟草)」
その 花粉症との関係が騒がれた20数年前 歌もありました。きれいな曲だったような記憶があります。
(明治に密入国し 戦後増殖で花粉症の原因として 刈り払われ…)

切り花では ソリダコがちょっと仲間っぽく アレンジに様々な使い方があって重宝さんですよ♪
ミツバチさんにもいいし 見直して下さいね♪
先日は 秋のお茶摘みで感動して 質問攻め申し訳ございません。お手数お掛け致しました。
それにしても ナベショーさまの知識の広さには毎日 感服・満腹~~~! 

投稿: キュリー | 2007年10月18日 (木) 08時44分

焼き芋が恋しい季節になりました~

石焼~い~も~って奴で買ったことないです~

子供の頃、ねだっても、高いから駄目・・・って!

今年は買ってみようかな~?


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年10月18日 (木) 09時06分

ナベショウさんの手にかかったら、どんな食材もたちまちのうちにおいしい食べ物になっていきますね。
今日のお芋さんもおいしそうですね。
サツマイモは、焼き芋が一番おいしいかな・・・・。

一昨日名古屋まで神尾真由子さんのバイオリンコンサートを聞きにいきました。途中、静岡の辺りを通りかかる新幹線の窓から見る風景に、ナベショウさんのLife staleが、ふっと頭によぎり、ブログに書かれていたいろいろなことを、思い出していました。

投稿: にりんそう | 2007年10月18日 (木) 09時16分

薩摩芋(焼き芋)、美味しそう。
近くに芋ほり農園があるので行って見ようかな。

ナベショーさん、セイタカアワダチソウの花粉は平気ですか?。
私、ちょっとムズムズきてま~す。

投稿: ば~ば | 2007年10月18日 (木) 09時58分

こんにちは、ナベショーさん

>したがって、いまでは花粉アレルギー源とは関係が無いといわれている。

ええーーー!知りませんでした。自然と側を通る時に、息を止めておりました。

主人もお料理が上手ですが(汗)、ナベショーさん御一家もいつもスゴイですね。どれも美味しそう!

奥様もクルマを!?一体、ナベショ-さん御一家は何台クルマを所持なさってるんですか??

投稿: hiroko | 2007年10月18日 (木) 10時05分

なんで、どこが違うのでしょうか。
美味しいのと不味いのと、形は同じなんですよね!

本川根では薩摩はダメ!と云われたらしいです。
此処も同じかも、、、苗が悪いか土地があわないか。

せいたかあわだちそうは染め時です。
黄色、黄海松茶、オリーヴなど、しっかりした染料。
絹はステキな色合いになります。
これも「番茶も出端」の時期があるんですけど。

投稿: やまんば | 2007年10月18日 (木) 11時08分

お邪魔いたしま~す。

「せいたか泡立ち草」は「花粉症」に関係ないのですかあ・・・よかったア。

植物への名前の付け方・・・私(息子)もそう思います。ニセアカシアでなくて、せめて「アカシアもどき」だったらいいのにナと。

車の上の「モンタ君」・・・車の上が暖かだったのでしょうか。ご用心です。猫ちゃん・・・登るとき「爪」で引掻きます。

投稿: 花譜 | 2007年10月18日 (木) 11時24分

こんにちは~
セイタカアワダチソウ 以外におもいつかないわ~
ちなみに ナベショーさんならなんと命名?
はやらせてしまえば・・いいと思いますよ♪
悲しいかな田舎の花屋では
ソリダコやソリダスター
それは入れないで~雑草みたいだから
と言われてしまいます。

投稿: coltlamp | 2007年10月18日 (木) 14時06分

れおぽんさま
70℃でサツマイモの糖化が進行するのかな?
れおぽん様は凄いことを知ってるんだね~
やってみたよ!
なんだか甘くなったような、、、、
未だ、茎は枯れないけど、もう全部掘った!
農家は茎が枯れるまで畑のに置いておかないようだけど、、
れおぽん様のが伝染したのか、、今日昼前にパソコンのメール機能がおかしくなった。
セキュリテイーのMACFeeと関連してるとこまで突き止めて、MACFeeと延々とやり取りしてるけれど、、、、トホホ!

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 18時09分

ナベショーさん こんばんは☆

ashんちも今、サツマイモもたくさんあります。
全部、ババァがいただいてきたものですけど~。
オーブンで焼くのが美味しいんですね。
焼き芋作って食べよーっと。
茎も美味しいですよね♪

もんた、車に乗っかってる!
ニャンちみたいです~^^。

ぽちん!


投稿: ash | 2007年10月18日 (木) 18時19分

セイダカアワダチソウは五島でもしっかり繁殖してますよ。
これをきれいに整枝すると立派な花材にもなりますね。

群生してるのはきれいですね、幸福の黄色いハンカチじゃないけれど、黄色って素敵です。

投稿: なぎさ | 2007年10月18日 (木) 20時10分

ムシコさま
「ヘイザンソウ」、「ベトナムソウ」、、なんて酷い名前だろう。
これなら『セイタカアワダチソウ」のほうが未だマシです。
植物や花、生き物への愛情はあるのだろうか、、学者とは、そんなに常識的センスが無いのでしょうか?
すみません、、ムシコ様も学者だった!
春に、日光東照宮で「眠り猫」を見たとき、わたしもそう思いました。
お腹がちゃぷちゃぷたるんでるのは、ホルスタインの乳牛みたい、、。

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 20時48分

MONAさま
楽しみですね。
うちでは、さっそく妻が、「これお父さんが畑で採ったサツマイモです。良かったらどうぞ!」と言って知り合いに配ってます。
すぐに無くなりそう、、、
芋羊羹、、バターの甘い香りがして洋風ケーキのようです。

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 20時52分

LAの次女
オオッ!
良くぞ気がついてくれましたか!
そう! 黄色で統一したのです。

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 20時53分

キュリーさま
「アキノキリンソウ」というのもいい名前だね。
蜜蜂を飼う養蜂家にとって、「セイタカアワダチソウ」を抜きにして蜂の管理は出来ません。
大量に咲く花の無い時期に、この花のおかげで蜜蜂は越冬用の蜜を大量に集めることが出来ます。
よく見ると、美しい花ですよね。
お茶は難しい、、、専門の化学屋の目でお茶作りにアプローチしてるのですが、不可解なことばかり、、だから面白いのでしょうが、、美味しいお茶が再現性よく製造できるようになるのが、これからのライフワークなんですよ。
知識、、、広くて浅い雑学ばかり!

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 21時07分

マグロ君さま
石焼き芋、、、あれは高いです。
一個400~500円くらいしたかな~
オーブンで焼けば、お安いもの、、
でも、寒い冬、外であったかいのをふうふうして食べるから、いっそう美味しいのでしょうね。

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 21時09分

にりんそうさま
神尾真由子さん、、たしか静岡出身だったですね~
上り新幹線が日本坂トンネルへ入る前、北側に広がる高草山や大井川、瀬戸川方面の田舎、、ナベショーのテリトリー、
住みやすいところですね。

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 21時17分

ば~ばさま
「セイタカアワダチソウ」は花粉を撒き散らさないので、花粉アレルギーとは無関係、濡れ衣ですって!
ただ、夏の暑さで身体が弱っているところへ、暑かったり寒かったりの秋の季節、風邪を引きやすいので、アレルギーにも敏感になりますね。

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 21時21分

hirokoさま
「セイタカアワダチソウ」は花粉アレルギーとは無関係なので、これからは先入観無しで美しい黄色い花を存分にアップで撮れますね。
ご主人もお料理お得意なのですね。
車はね~
お茶をやるので、急な山道を登れるようにと4駆軽トラ、遊び用の4駆のSUV車(LAV4)、妻専用の介護用の車、、、3台、、、ちょっと多いか、、田舎では皆家族一台つつ、

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 21時30分

やまんばさま
サツマイモ、、どこがどうちがうのでしょう?
赤い外側、黄色い中の実、
形も同じなのに、、、土もそんなに変わらないと思うよ!
肥料はやりすぎると蔓と葉っぱばかり繁って、芋が成長しないらしいので、ほどほどに、、、
セイタカアワダチソウは黄色い染料になるんですね。

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 21時36分

花譜さま
「ニセアカシア」もよい響きのある名前ではないですね。
蜂蜜で「アカシア蜜」とあるのは「ニセアカシア」なんですが、ニセ、、、とは書けないですね~。
モンタ、、うちの車でよかった!
よそ様の車の屋根に傷つけたら大変!

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 21時42分

coltlampさま
なかなか思いつかないですね。
セイタカが気に入らないから、キイロアワダチソウ、またはキバナアワダチソウ、、、ってえのは?
雑草でも綺麗なのもありますよね。

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 21時54分

ashさま
ash様とナベショーは、同じような食生活をしてるね~
モンタもニャンちもよく似てるし、、

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 21時56分

なぎささま
野に群生して咲いてるのは壮観ですね。
でも、家の庭に生えだすと、腹が立ってすぐ抜いてしまう。
よくよく花を観察すると美しい!

投稿: ナベショー | 2007年10月18日 (木) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164046/16790974

この記事へのトラックバック一覧です: サツマイモの収穫:

« 我が里山ガーデンは今、、、 | トップページ | 秋の野山の花 »