« 家族はみんな誕生日 | トップページ | 柿とキクラゲの中華スープ »

2007年10月28日 (日)

渋柿の収穫、、、干し柿作り!

Img_9238syuku

ニオイゼラニューム

いろんな色のゼラニュームを集めたことがある。

挿し木でどんどん増やすことが出来る。

会社時代、ヨーロッパに出張した時、町の家々の窓にはプランターがあって赤いゼラニュームが咲いていた。

とても絵になっていた。

雨が当たらない家の軒下など、元気に育つが、唯一つ難点は、必ずしも良い臭いとは言いがたい。

普通のゼラニュームとは異なり、このニオイゼラニュームは、レモンのような良い香りがする。

台風による雨があかり、今日は朝から良い天気、空の青さが美しい秋晴れだった。Img_9043syuku   

桃、栗、三年 柿八年というが、家を建てた翌年に芽が出た得たいの知れない木、どうも柿木らしいと育つに任せていたら、丁度八年目の実が生った。

丸い大きな渋柿、、、干し柿に丁度であった。

実は、この渋柿が実をつける前に、渋の西条柿と甘い次郎柿を庭に植えて、そこそこ収穫できるようになった時であった。

次郎柿は今が食べ頃、、、毎日数個ずつ採って、頑張って食べているImg_9343syuku            

今年は生り年、、柿の花が咲いた後、かなり摘実した。

摘実により、平均して毎年収穫できるようにしてるが、やはり今年は当たり年!

さて、渋柿は干し柿にImg_9347syuku 、、、、、、木に生らせておくと、どんどん熟して赤くなり、烏が実をこっついて食べてしまう。

今日は天気も良いので、全部収穫した。

包丁で皮がちょん切れないように、綺麗に薄く剥くのは、熟練を要す!

皮は干して、大根のたくあんを漬ける時に入れるという。

Img_9355syuku_2

これを一個ずつタコ糸で縛って、5~6個ずつぶら下げられるようにする。

なかなか時間と根気の要る仕事だけど、夜9時頃には終了

夜も遅くなって、やっと二階のベランダの柵にぶら下げた、、全部は見えないが、90個

Img_9367syuku

秋野菜が大きくなって、春菊と水菜の間引きを取ってきた。

このままサラダ、、、ドレッシングか酢味噌で食べると美味しいImg_9357syuku

モンタ、、、柿をとってる時、ず~と近くで遊んでた

これ以上はモンタの許可なくしてImg_9330syuku Img_9338syuku 近寄るべからず、、、

人気ブログランキングに参加、、「花、ガーデニング」のカテゴリーにエントリーしてます。

よろしければ一日一回の応援のクリックをお願いします。 → 人気blogランキングブログランキング

|

« 家族はみんな誕生日 | トップページ | 柿とキクラゲの中華スープ »

コメント

ぅえ~ん><”

大根と、小松菜の葉っぱ・・・全部誰かに
食べられちゃったよぉ~

どうやら・・・うさぎ野郎かも知れないの・・・

キャベツは無事だったのに・・・


そうそう・・・山登りの靴とレインコートと靴下を
今日、買ってきました♪♪♪

投稿: れおぽん | 2007年10月28日 (日) 23時06分

すごい、干し柿でスダレができたね。
アメリカ人って酸っぱいのが好きで、フルーツも柿は甘いだけで酸味がないから人気なし。バナナは食べるくせにね。干し柿を見ると、美味しいお茶が飲みたくなるね。

投稿: LAの次女 | 2007年10月29日 (月) 04時32分

ナベショー様
柿は、フランス語でもKakiというのですよ。フランスにない果物だからでしょうね。ハロッズに売っているのをみました。Kakiはそのまま、かきなのです。おもしろいなあと思いました。しいたけもそのまま。しいたけマッシュルームっていうのです。最近、なめこも売るようになり、大きいのですけど、おいしいのです。このごろ、和食がすごくもてはやされていて、フランスよりもロンドンの方が、日本の食材は、豊富になってきているかも。オクラもありますし、なんとゴーヤもあるの。干し柿は、ないですね。母が、空輸で干し柿を送ってきて、運賃が高くて驚きましたっけ。ありがたいことです。

投稿: les fleurs | 2007年10月29日 (月) 05時48分

れおぽんさま
全部食べられた^!
若葉は柔らかくって美味しそうだからね~
れおんちゃんに畑の番してもらうわけにはいかないか、、、
エマージェンシーシートも必需だね。

投稿: ナベショー | 2007年10月29日 (月) 07時39分

LAの次女
秋は美味しい果物が豊富なので、最近日本でも柿は人気無いみたい、、、富有や次郎はさっぱりした上品な味、歯ざわり良いんだけどね、、、
真っ赤な柔らかい熟したの、、、これも好きでない人多い。美味しいのに、、、
リンゴも甘くて酸味のある紅玉が人気ない、、、
豊かになりすぎて、果物も種類が多く、豊富だからね、、
あったかいお茶に干し柿食べて、、、日本的だね!

投稿: ナベショー | 2007年10月29日 (月) 07時46分

les flours さま
kaki(柿)がフランス語でもkakiなんですか。
これは面白いですね。
スペインかどこかで、柿は栽培してるのでしょうか?
なんでも、AIRで送ると高くて、高くて送れないのが残念です。

投稿: ナベショー | 2007年10月29日 (月) 08時00分

このあたりの柿は不作だそうです。お隣の柿も5~60個程と、かぞえられそうです。が、いつもは木全体が黄色くなり、枝も折れそうな程実りますよ。
昨日は、スーパーの地元野菜コーナーに富有柿がでておりましたので、ついつい手が伸びてしまいました。毎年、実家から柿が届くのですが、熊対策で実る前に落としてしまうのだそうです。「柿は葉っぱから皮までほかすとこがないんやで。」と母がいってました。
夏の終わりころの、早生の久保柿から始まり、次々といろんな種類の柿をおやつにしました。あま柿が終わる頃から、渋柿を干し柿にしたり、あわしがきにしたり、熟し柿にしたり。親指ほどの柿をいぶし柿にもしてました。この柿の味は覚えてないが。

先人の知恵はいつもの事ながら、すごい物がありますね。これを継承できてない事に申し訳なくもあります。

投稿: あ | 2007年10月29日 (月) 09時27分

干し柿・・良く実家で作りました~

焼酎をちょこっと塗るんでしたっけ?

現在の家の庭にも柿木が・・・

高いところに実がなってるのでとれません~

カラスの餌食になってます。

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年10月29日 (月) 09時28分

毎年、塩山温泉から《枯露柿作り大会》のお誘いが来ます。

母の好物で、出来上がったのは母に送っていたんです。

でも、今年は欠席の返事を出しました・・・。

この吊るした柿を見て、行けばよかったかなぁ~と、ちょっと後悔。

投稿: ば~ば | 2007年10月29日 (月) 09時57分

今柿おいしいですものね。もちろん、干し柿は、手間暇かけただけ、価値ありですから.私この前柿と、豆腐、味噌、砂糖で、白和えを、食べました.ターサ!

投稿: | 2007年10月29日 (月) 10時36分

柿のすだれ・・・いいですねーー(^^
一度、シブ柿いただいて作ったけど、暖かすぎたのか傷んでしまいました。
それからは作ってませんねー・・・
モンタ君、メタボ???(^^;

そんなこと言ったら、引っ掻かれちゃうかナーー

投稿: MONA | 2007年10月29日 (月) 12時39分

こんにちは~
本当に豊かな生活を送ってらっしゃいますね。
こちらでも柿を植えてらっしゃるお宅が
多いですが・・孫は食べないのよ~と
よく言われます。
でも毎年 柿の苗木売れてます(笑)

投稿: coltlamp | 2007年10月29日 (月) 12時59分

干し柿も手作りするんですね。
90コは大変~@@
自然に近い食材と技が豊富でウラヤマシイです。

↓ピザ、やたら美味そうです~。
つか、ナベショーさんムースゼリーも作れるんですね。
ashはお菓子系はホットケーキくらいしか作れません。。

ぽちん!

投稿: ash | 2007年10月29日 (月) 17時20分

あ さま
黒い蜜がたくさん入った甘い久保柿、渋いけど大きな美濃柿、白っぽいけど渋くないコネリ柿、どこの家にも1本ある富有柿、大きな竹かごいっぱいの渋柿を家族手で剥いて釣干し柿を軒に吊るす、、農家の家の屋敷の見上げるような大きな柿木、、葉が色づき、赤い実がたわわになって、やがて葉が落ちて取り残しの赤い実、、、そういう秋の風景も昔のことになってしまった。
熊が来ないように青いうちから実を落とす、、なんともやりきれないですね。

投稿: ナベショー | 2007年10月29日 (月) 17時57分

マグロ君さま
渋柿のヘタに焼酎をつけて、壷に並べて密封しておく、、、渋抜きですね~
渋抜きした西条柿がスーパーに売っています。
酔い冷ましにいいですよ。
小鳥の餌なんてもったいない!

投稿: ナベショー | 2007年10月29日 (月) 21時01分

ば~ばさま
来年は是非行って吊柿を作ってください。
秋に生ったら渋柿剥いて、吊柿を作り、お菓子代わりにお茶飲みながらいただく、、、日本の古き風物詩

投稿: ナベショー | 2007年10月29日 (月) 21時06分

ターサ
ほんとに今は柿が一番美味しい!
果物としててなく、料理の野菜としての利用、、白和えはぴったり、美味しそうです。
やってみたい!

投稿: ナベショー | 2007年10月29日 (月) 21時09分

MONAさま
干し柿は、ほんとはもっと朝夕の寒暖差の大きくなる11月中旬頃に作ると、干し柿に白い粉が吹いて、いい出来合いになります。
わたしの柿はどんどん熟して柔らかくなるので、もう作らざるをえませんでした。
品種にもよるようです。
黒褐色になって縮んできたら成功!
青かびが生えても、それはそれでOKです。
是非、再チャレンジしてください。
モンタ、、悲しいかな、つくづく眺めれば、メタボですな~
飼い主と同じで、、、、

投稿: ナベショー | 2007年10月29日 (月) 21時15分

coltlampさま
子供の頃、庭の柿木の柿を食べたことが懐かしくて、家を建てると、庭に柿木をまず植える。
でも、最近の子供達は、もっと直接的な甘い果物やお菓子のほうを食べなれてるので、上品な甘さの柿を好まないようです。
残念ですね!

投稿: ナベショー | 2007年10月29日 (月) 21時20分

ashさま
ムースゼリーはナベショーの作れる数少ないケーキの一つです。オレンジやデコポンを絞って100%ジュースを作り、ナベショーのレシピに従えば、100%失敗無しに簡単に作れますから、是非トライしてみてください。
美味しいし、美しいし、、
ヤマモモやスモモ、ユスラウメの果汁で作れば紅色と白の更に美しいムースゼリーが出来ますよ。

投稿: ナベショー | 2007年10月29日 (月) 21時30分

柿は、酒飲みには肴にも悪酔い予防にもなる、実に都合のいいくだものです。
小さい頃登って折れた記憶があって、大変折れやすい木と知ったのは、大学に入ってからです。

投稿: ムシコ | 2007年10月30日 (火) 21時05分

ムシコさま
そのとおり、、酔い冷ましにもなるし、料亭での秋の会食料理、最後のデザートは柿がでてくることが多いですね。
柿木に登って、枝が折れて落下、腰の骨折ったという話をよく聞きます。
柿と桃の木には登るな、、と。
ナベショーは、昨年桃の木登って落ちて、腰の骨折りましたが、、

投稿: ナベショー | 2007年10月30日 (火) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家族はみんな誕生日 | トップページ | 柿とキクラゲの中華スープ »