« 鮭一本、食べつくし! | トップページ | 我が里山ガーデンは今、、、 »

2007年10月15日 (月)

秋のお茶を作ろう!

Img_8364

色はピンクだけれど、紫苑かな?

今日は久しぶりの快晴、ぽかぽかと暖かい日和だった。

幾日ぶりか、、蜜蜂の箱を開けて検査する、、、

凶暴になってた箱、今日はおとなしい、、、、しかし、幼虫が死んでいるのがいくつかある。

蜜の貯蔵状態が、いちじるしく悪い、

やっと、凶暴になった理由が分かった。

長雨と曇りのため、餌の蜜がすくなくなり、幼虫の餌さえも欠乏してたのである。

急遽、砂糖1.5Kgを湯に溶かして供給、、、、、危ない危ない!

春のような暖かい天気、今年最後のお茶の新芽が成長しかかっている。

畑で、新芽を400Grほど手で摘んできた。 Img_8689syuku                           

それを、竹笊に広げて、日向に干して、萎れさすImg_8691syuku Img_8695syuku                        

室内の日陰において、更に萎れさす、、、、、これらを日干萎凋、室干萎凋という

この段階で、茶葉は素晴らしい香りを発するようになる(萎凋香)

茶葉の中の化学成分、青葉アルコールが発酵によって、香りの成分に変化しているのである。

家庭用蒸篭で、少量ずつ、約一分間蒸す。Img_8698syuku Img_8699syuku

 

蒸し終わった茶葉は、大きなお釜の中で、両手でゴリゴリと力いっぱい揉む、、、Img_8702syuku

揉んで、揉んで、揉みすぎることはない。

小さい火でお釜を熱し、加温しながら揉んだ茶葉を、手で静かにかき回しながら乾かす 

次第に乾いて、茶葉はちいさく縮んでくるImg_8706syuku                                

最後に、少し高い温度で、完全に乾かして出来上がり!Img_8709syuku                        

待ち遠しくて、さっそく、ナベショーの宝、備前焼きの湯冷ましと急須で、お煎茶を淹れてみるImg_8712syuku   

70度くらいに冷ましたお湯で淹れる

お茶の色(水色)、美味さは申し分なし!

コクも香りもある、、、100gr 2000円相当の煎茶並みだね!

入れた後の急須の葉の色も、香りもよし!

3~4煎目も、なお美味しくいただける、、、

Img_8713syuku Img_8714syuku

400Grの生葉から100Grのお茶、、、、

中国茶のようなくるくるした形のお茶である。

その時期の天候、気温、茶葉の状態、摘んで日に干すときの湿度、萎れた状態、、全てがお茶の美味しさに影響してくる

これが、自分でお茶を作る楽しさでもある。

お茶の葉を手に入れて、自分で挑戦される方は、ご連絡ください。

詳細なマニアル、条件をお教えします。

今晩は、鮭のアラで作った美味しいスープ

鮭のアラ、ジャガイモ、小芋、大根、人参、ゴボウ、玉ネギ、水を鍋にいれて煮るだけ、、、

塩辛ければ、水を増やす、、

冬ならば、酒の粕をいれて粕汁も美味しい

鮭のアラ、お茶漬け用に二回焼き、このスープで全部食べてしまった。

Img_8708syuku

モンタImg_5961syuku Img_5962syuku 手袋で遊んでやると、ストレス解消!

一日一回のクリックで、人気blogランキングの10ポイントになります。(2回以上はカウントされず)

よろしければ、クリックお願いします → 人気blogランキングブログランキング

|

« 鮭一本、食べつくし! | トップページ | 我が里山ガーデンは今、、、 »

コメント

五島に来てはじめて鯨のおつゆを習ったときはちょっと驚きました。それがちょうど鮭のスープと同じような野菜を入れるのですね。

昔五島は捕鯨船に乗ってはるばると南氷洋に出かける人々がたくさんいて、鯨御殿を建てることができたそうですよ。

投稿: なぎさ | 2007年10月15日 (月) 22時30分

こんばんは~
静岡の沼津まで、ナベショーさんに接近しましたよ!
沼津漁港で、お昼食べて・・・
美味しかったーー!!
お土産に、ワラサ?ブリの手前・・・でも50cmくらいある魚を一匹買いました。
おろすのが大変!
当分、食べ続けなくちゃ・・・ネ!

投稿: MONA | 2007年10月15日 (月) 22時49分

なぎささま
静岡の人は、「イルカ」を食べるんです。
魚屋、スーパーには、しばしば赤黒いイルカの肉が売ってます。
安いんです。
どういう料理にすれば美味しく食べられるか、、、ず~と思案してました。
鯨もイルカも同じような肉、「五島流鯨のおつゆ」をイルカでやってみたらどうだろうか?
美味しかったらブログに登場、、、駄目だったらボツ!
一度南氷洋に船出したら、半年以上帰って来れないし、すごい重労働、、、お手当てがたくさん出たんでしょうね。

投稿: ナベショー | 2007年10月15日 (月) 22時56分

MONAさま
沼津までこられましたか、、、いっそうもう少し西へ来られれば良かったのに、、
漁港の食堂、、混んでたでしょう。
ワラサ、、50センチもあると、お刺身、焼き物、お吸い物、大根煮、醤油漬け、味噌漬け、、、やはり飽きてくるでしょうね。
ぼくは、もっと小さいイナダで魚をおろすの練習しました。

投稿: ナベショー | 2007年10月15日 (月) 23時04分

へー、秋にもお茶ができるんだね。5月、6月だけだと思ってた。
とろこでこっちで(たぶん日本でも)チャイって言うお茶がはやっているけど知ってる?
紅茶にいろんな香辛料、シナモンとか、しょうがとか、ハッカクとかはいっている、とってもおいしいお茶。
日本茶でもこういうのできたらいいのに。
オレンジピール(干したオレンジの皮)とかしょうがとか、柚子なんかの乾物もいれて。
ちょっとお試しの価値あるかも。

投稿: LAの次女 | 2007年10月16日 (火) 02時13分

おはようございま~す♪ナベショーさま
は、静岡でしたね~普通にお茶畑が回りにあるんですね。
畑全部で400gつんだのですか?萎凋処理中 青葉アルコールが発酵すると 熱を発しますか? 空気が 乾燥し始めた秋に摘んだ茶葉は いかがですか?山の斜面はどちら向き?
秋のお茶摘み 面白そう~ですね。備前 いい急須セットですね~  日本茶には 茶器も こだわって…ルンルン
LAの次女様 とてもいいアドバイス 私 すぐ 実験派

今度 また 鮭の大人買いした時 イクラにお酒だけかけて
ごはんにのせてお醤油 かけて 食べてみてください。
皮が軟らかく とろ~~りとした ほんとのイクラの美味しさが味わえます。そのイクラをのせていたお寿司やさんもお歳で閉店してしまい 今は 懐かしいイクラ軍艦となってしまいました。
 

投稿: キュリー | 2007年10月16日 (火) 09時32分

おはようございます。
やはりそちらは温暖なんですね~
香ばしいお茶のかおりがしてきそうです。
そういえば最近 煎茶あまりいただいてなかったです。
朝昼はコーヒー 夜はアルコール
でも健康です(笑)
ゆったりお茶の時間はご無沙汰です。
ひとつのカップでなんでも飲んじゃう
仕事中ちょっと味気ないですね~
器も味のうち♪

投稿: coltlamp | 2007年10月16日 (火) 11時12分

ナベショーさんのお茶は、器にもこだわって

いただくべきですね~

鮭・・・あら汁美味しそう~

粕汁は、子供の頃、よく父が作ってくれました~

鮭と鯨のコロをいっぱい入れて・・

食べたいな~もう一回!

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年10月16日 (火) 12時09分

LAの次女さん
お茶は八十八夜の新茶(一番茶)、7月の二番茶、8月の夏茶(三番茶)、10月の秋冬茶、4回収穫できる。
でも、二番茶も夏茶も太陽の光が強いのでポリヘノールの多い渋いお茶、
でも秋のお茶は気候、気温が八十八夜の新茶の頃と同じなので、渋くない美味しいお茶が出来るよ!
チャイ、、日本でもスターバックなどで飲めるらしい。
日本茶でも同じようなのが出来るだろうね。
柚子の皮が冷凍庫に入ってるから、試してみようかな!

投稿: ナベショー | 2007年10月16日 (火) 12時59分

キュリーさま
静岡のお茶どころ、、周囲の山の斜面はお茶畑か蜜柑畑です。
ボクの茶畑は400坪くらい、、今は枝が伸び放題なので、柔らかい新芽だけを機械では摘めない。
手作り茶のお遊びに、一時間くらい手で摘んでポリ袋いっぱい、400grです。
天気が良すぎて気温が高いと、袋の中で発酵によって熱くなり蒸れて茶葉が茶色に痛んでしまうこともあります。
蒸れて痛まないように、風通しの良いところに広げて日に干さねばなりません。
萎凋の発酵とは、また違う発酵のようです。
茶園は南西向き、もうすぐ機械で綺麗に刈って来春に備えます。
以前は山の放棄された茶畑で葉を摘んでましたが、定年と同時に、3年前に2箇所、全部で700坪くらいの茶園を世話しています。
山の斜面なので、良い運動になります。
今度、イクラ買ったら、試してみますね。
美味しそうです。

投稿: ナベショー | 2007年10月16日 (火) 13時16分

始めまして 赤いスイトピーと申します。
毎日、楽しみに拝見しています。

いつもお料理が美味しそうだなと思いながら拝見しているのですが、新生姜の佃煮なら私にも出来るかなと思っていました。

昨日、道の駅で生姜を見つけて作ってみました。
おすすめのお茶漬けをしてみましたが、グーでした。
美味しかったです(*^_^*)

投稿: 赤いスイトピー | 2007年10月16日 (火) 13時21分

coltlampさま
昨日、今日とぽかぽか暖かい天気です。
昨今、わざわざ時間かけてお湯を冷まして、急須でお茶を淹れて飲む人がすっかり減ってしまいました。
ほんとに美味しいお茶が少なくなってお茶離れが起こったことも理由ですが、、、
ほんとに美味しいお茶を探して飲むのもいいですよ、、、
忙中閑有!
ボクは昔からコーヒーの美味しさが分からなくて(家族に笑われるが、、)、煎茶か中国茶党です。
もちろん、ビール、酒、ワインも、、

投稿: ナベショー | 2007年10月16日 (火) 13時28分

秋の新芽のお茶、なんか貴重な感じですね~。
色もいいですし・・・香りが届かないのは残念だけど。

鮭、食べ切りましたね\(^o^)/

投稿: ば~ば | 2007年10月16日 (火) 13時34分

マグロ君さま
中国のお茶好きの道楽者は器に凝り、美味しいお茶を一生かかって探し求め、それを見つけると、それを作ってる茶園を手に入れ、、、ついには財産を使い果たして、一文無しの乞食になる、、、、と。
鮭のアラ汁、粕汁は、これから寒くなる季節、ますます美味しくなる。
鯨のコロも入れるんですね。

投稿: ナベショー | 2007年10月16日 (火) 13時37分

赤いスイトピーさま
ようこそ歓迎!
いつも見てくださりありがとうございます。
料理は単身赴任中に覚えた男の料理、、簡単で30分以内、ご飯が炊ける間に出来上がるのばかりです。
今、新鮮な新生姜が、たくさんでてますね。
新生姜の佃煮、、お口に合ってよかったです。

投稿: ナベショー | 2007年10月16日 (火) 13時52分

ば~ばさま
秋のお茶、美味しかった。
茶園を整えて来秋は機械で刈って、工場で製茶できるようにしたいと思っています。
鮭一本、、あっけなく、ついに食べ尽くしました!
大きくて、太くて、ずっしり重いのが美味しいですね。

投稿: ナベショー | 2007年10月16日 (火) 13時58分

うわー、なんと贅沢なお茶なんでしょう!
急須もオサレ~。

ナベショーさんのお茶は、有機栽培ですか?
ash最近、無農薬とか有機栽培とか、
そういうのに興味出てきましたデス。

アラ汁も暖まりそ~。

ぽちん!

投稿: ash | 2007年10月16日 (火) 18時25分

おいしそうなお茶♪

ナベショーさんは、なんでも自分でやってしまうんですね。
でも、自分でやるって楽しいですよね。

ぽちっとな♪

投稿: まろ | 2007年10月16日 (火) 19時21分

イルカ! そうそう、五島の人もイルカには目がないですよー。でもこの頃では浜にはいってくることはないようです。それに捕まえて食するのは禁止されてると思いますね。


どちらもアクが強くて、、、でもそれがおいしいんだそうです。それでカレーでもなんでも炊いたそうですよ。

投稿: なぎさ | 2007年10月16日 (火) 19時28分

ashさま
確かに贅沢なお茶ですね~
魚粉に化成肥料を配合したお茶専用の肥料、肥料は与えすぎないようにしています。
農薬、殺虫剤の散布はしませんが、春の一番茶は病気や虫にやれれずに収穫できます。

投稿: ナベショー | 2007年10月16日 (火) 20時18分

まろさま
昔の人のように、自分で作ることは楽しいです。
今は機械化されすぎですから、、、

投稿: ナベショー | 2007年10月16日 (火) 20時21分

なぎささま
イルカ、、捕まえて食することが禁じられている、、静岡の魚屋やスーパーにはいつも並んでるのんだけど、、、、、、
カレーに入れるのもいいかも、、
誰もイルカとは気がつくめ~

投稿: ナベショー | 2007年10月16日 (火) 20時25分

Mariage et frere というフランスのお茶やさんでは、すでに、日本茶のアロマバージョンがたくさんあります。桜という名前のお茶が私は好き。煎茶シリーズがあって、フランス人には、大人気。ロンドンのFortnam Maisonでも、煎茶バージョンがでてきて、世界的に日本茶は、はやってますね。癌にならないとか、健康にいいとか、マスコミで取り上げられたのも一因かも。お茶を自分で作られて、すごいです。ナベショーブランドが、できちゃうかも。

投稿: les fleurs | 2007年10月17日 (水) 01時15分

les flours さま
日本では、お茶はなれ、、わざわざ淹れねばならぬ煎茶より、ペットボトルのお茶が主流になりました。
ホントの美味しい煎茶がほとんど作られなくなったのも一因でしょうか。逆に海外で日本茶人気なんですね。
確かに、お茶は健康に良くて、癌になりにくいというデータもあるそうです。
お茶好きで、いろんな美味しいお茶を探して、飲んでるうちに、とうとう、定年退職後に、美味しいこだわりのお茶を自分で作るようになりました。
昨年から、ささやかながらネットで数十Kgですが「ナベショーのお茶」をブログの読者の方に販売してるんですよ。
専門の生産者やお茶工場では、コスト、手間、生産性から絶対に作ることの出来ない美味しいお茶!

投稿: ナベショー | 2007年10月17日 (水) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鮭一本、食べつくし! | トップページ | 我が里山ガーデンは今、、、 »