« 英会話教育 | トップページ | 英会話奮闘記(2) »

2007年11月23日 (金)

アンコウの料理

2007_11_17_036syuku

純白の山茶花

暗い写真だね!

寒い冬の曇天、今にも小雪が舞ってきそうな、、、、

英語、、、思えば大学院の試験

主任教授達による最終面接

「ところでナベショーさん、、英語の点数はどれくらいと思うかね?」

「いや~。あまり出来なんだです、、、でそんなに酷いですか?」

「そう、、壊滅!

わたしも田舎の学校だったから、英語の教師はろくなのいなかった。

まあ、将来とも英語は大切だから、これからしっかり頑張りたまえ!」

この教授の言葉で、大学院の試験に合格したと確信したのである。

アルバイトのなけなしのお金でリンガホンのレコードを買った。

毎夕、聞いたが、ついに卒業するまで、何の進歩もなかった、、、

NOVAのような英会話学校などなかった時代である。

会社へ就職、、日夜仕事に夢中になって、家庭も顧みず、英会話どころではないまま40歳、

仕事の成果へのご褒美に3週間ヨーロッパへ出張させてくれた。

デユッセルドルフ駐在所長が同期入社の友人、、ヨーロッパの有名観光地にある化学会社ばかりを訪問する

計画を作ってフルアテンド、全部通訳してくれたから、まるで観光旅行みたいだった。

間もなく、ナベショーの開発部門に、ドイツの化学会社のドクターが駐在派遣されてくることになった。

が、、、英語の話せる者が誰もいない、、、

真面目な話、ついに、自身が本気で英会話を勉強せざるを得ない窮地に立たされたのである。

(この続きは明日)

今日は、福一焼津流通センターで手ごろな大きさのアンコウを見つけた。

一匹 2.32Kg  3179円、、、、、100Grあたりにすれば137円、、、

お肉に比べりゃ、そう高くはないが、、、、エイッ!と衝動買い!

大き過ぎることも無く、家族で食べるには丁度手ごろ!

2007_11_23_020syuku

アンキモだけは、たくさん欲しかったのに、中国産アンキモを詰めた袋、

タッチの差で本職の板前さんに買われてしまった。

さて、料理、料理!2007_11_23_023syuku          

一番大きなまな板の端に、大きなアンコウの口の下あごのところ

キリで木のまな板に打ち付けて固定する

まな板を斜めに立てかける

アンコウの大きな口の中に、水道水を流し込んで、お腹をパンパンに膨らませる。

鋭い歯で指を怪我せぬように注意、注意!

良く研いだ出刃包丁の切っ先で、頭の下から尾っぽまで、内臓を傷つけないように、背割りする。

大切なアンキモ、内臓、を取り出す2007_11_23_026syuku

まな板を水平にもどして、ヒレ、尻尾、身、、包丁でぶつぶつと切ってバラバラにする

骨は軟骨、、くにゃくにゃ、頭は固い、とにかく、出刃包丁で力づくでぶった切る。

アンキモ、貴重なアンキモ、、、

大きな手のひらほどのアンキモ、、ならば、アンコウも1m近くの大きいのである。

さて、長男夫婦、食べ盛りの孫二人、次男夫婦、、そしてナベショー夫婦と義母 の9人でアンコウ鍋2007_11_23_032syuku

美しい白身、ゼラチン質たっぷりの皮と頭、、、

食べ終わった後に、御飯を入れて、溶き卵を注いで、雑炊にして、満腹!

モンタは明け方近くの、もっとも気温が低く、冷えてくると、浴室のバスタブの蓋の上に移動する

ここが一番暖かいのである。

2007_11_22_006

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加してます。

一日一回、応援のクリックしていただけるとうれしいです。

1クリックで10点カウントされます。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« 英会話教育 | トップページ | 英会話奮闘記(2) »

コメント

うわ!おっかない顔してるなあ。この鮟鱇の写真、記念に一枚僕のパソコンにも保存させてもらっちゃいまーす。mixiの日記に貼り付けたいので。

投稿: コーディー | 2007年11月23日 (金) 23時03分

こんばんは。
おにぎりで空腹感はなく
もう食事はいらないけど・・
アンキモは食べたい!

純白の山茶花も綺麗ですね。
一瞬 くちなし かと思いました 狂い咲きの。

投稿: coltlamp | 2007年11月24日 (土) 01時43分

あ~、アンコウの鍋食べたかった~~~~~~

急に、私のブログに凄い数のアクセスが、???
あれ?
と思ったら、やっぱりお父さんのブログからだった。

時々日本で初対面の人から変な事を聞かれる。
「ま~、日本語お上手ね~、どちらのお国から?」

??????
「私日本生まれの日本育ちの日本人です!」

「やっぱなまってますよ。」

ガーーーーーン、ショック

投稿: ハワイの長女 | 2007年11月24日 (土) 04時14分

あれ、みんな集まってる。
あんこう裁けるなんてお父さん凄い!!
英語でMONK FISH って言うんだよ、あんこう。
アメリカに来たばかりだった頃、THANKS GIVINGのパーティーに招かれた。英語がまだチンぷんカンプンでディナーの席で話の輪に入れなかった。さらに誰かが論理的な難しい話をはじめ、ますます解らない、最悪って思っていたときに、ハッと周りを見たら誰もその話を理解していない様子。一瞬シーンとした時に私が一言
"英語ってむずかしいねえ。”  みんな大爆笑。
今年はディナーの席でその話をみんなにしたらまた大笑いだったよ。

投稿: LAの次女 | 2007年11月24日 (土) 06時20分

ハワイの長女さんのブログ・・・
何回もみたれおぽんです。
見てほしい人にメールもしたし、うきたんにも
自慢しました。ちゃんと数字にあらわれているんですね。

アンコウの鍋は神田で食べたことがあったけど、
お家で作れるのは、なべしょーさんだけですね。
『旅館ナベ庄』の特別冬限定メニュウーで
別料金でやりたいです。

英語ねぇ~もう、41歳だけど必要に迫られても
ムリぽ・・・

もんたくんお風呂つかっているところup希望!

投稿: れおぽん | 2007年11月24日 (土) 08時12分

コーデーさま
こんにちは 
このおっかない顔、でっかい口、鋭い歯、、、
でも、つくづく眺めると、面白い顔!

投稿: ナベショー | 2007年11月24日 (土) 09時22分

coltlampさま
アンキモ、、、中国産だけど、ときどき安く売ってるんです。
アンキモ料理、、まさにフォアグラ!
いけない いけない 食べすぎは身体に悪い!
純白の山茶花、、ぼくもクチナシかと思いました。

投稿: ナベショー | 2007年11月24日 (土) 09時26分

ハワイの長女さん
言葉の訛り、、、広島弁と静岡弁、それから、ボクの大阪弁がちゃんぽんになった日本語をしゃべってるからだよ!
しかし、文章で書く日本語は、ほぼ完璧になってきたよ。
パソコンのワードでの漢字変換機能のおかげだね!
昔の文章は平かなの中に、簡単な漢字がちらほら、、だった。

投稿: ナベショー | 2007年11月24日 (土) 09時34分

LAの次女さん
でっかいアンコウ、、天井からぶら下げて捌いてる写真を見た、、、、9人で食べて、十分堪能したよ。
惜しむべきは、別買いでアンキモをたくさん食べたかった!
そうか~、、、みんな解ってるような顔して、フンフン~ってうなずきながら合つち打って、誰かが笑ったら、一緒に笑ってるけど、みな理解してるとは限らないんだね。
英語は難しいね~
最初の頃は、まだ英語ちんぷんかんぷんだったんだね~
それは大変だったろうに、、、

投稿: ナベショー | 2007年11月24日 (土) 09時45分

れおぽんさま
アンコウの料理、、鋭い歯で指に怪我しないように気をつければ、誰でも出来るよ!
れおぽんさまなら、裏技使っていとも簡単!
冬季特別限定メニューだね!
駿河湾の金目鯛のシャブシャブもメニューに加えたいね。
英語、、41歳から、、無理だろうね~
マジでナベショーも一緒!

投稿: ナベショー | 2007年11月24日 (土) 09時54分

おはようございま~す♪ナベショーさま
山茶花の陰影がとても素敵で 寂しげになる白花を華やかにしています。山茶花も庭にほしいなとずっと思ってました。冬の寒さの中頑張ってる姿が好きです。

家の長男は中1の時の英語の先生に「発音良いね~習ってた?」と褒められてから(習ってはいない) 英会話大好きになり 英語だけは だれにも負けたくないと頑張ってたみたいです。物理学科にすすんだ今も英会話教室に通い 仏会話もマスターしたいと張り切っています。先生の一言がこんなにもやる気を出させてくれて とても感謝しております。

それにしても お元気な娘さんたちですね。夫々強い意志をもって お仕事なさって 羨ましい限りです。

モンタ君いいところで寝てるね。私もそうしよ♪

投稿: キュリー | 2007年11月24日 (土) 09時59分

キュリーさま
この山茶花、、ちょっと暗くて寂しすぎる感じなので、アップするのをためらいました。
秋の青空をバックにした明るいのが山茶花らしいですから、、
先生の一言、、大切ですね!
子供の能力を伸ばすも殺すも、言葉しだい!
長男さまが将来、海外含めて活躍されるようになった時、中Ⅰの時の英語の先生の言葉が語学への動機付けになったことを、その先生にお話になったら、先生は喜ばれることでしょう。
教師冥利につきる、、と!
モンタ、、、床下暖房だからね!

投稿: ナベショー | 2007年11月24日 (土) 10時25分

こんにちは! バスタブの上は危険です。 溺死したネコちゃん いるそうです。特に体重あるとアブナイって、獣医さん、言ってました。 モンタちゃーん 気をつけてネ!

投稿: mari | 2007年11月24日 (土) 13時09分

ワッ!、いきなり職人技の“鮟鱇吊るし切り”。

しかも、きちんと“鮟鱇の七つ道具”に切り分けられてる~。

いいなぁ、旦那さんがおろした鮟鱇で鍋なんて、奥様幸せ・・・もち、息子さんたちもね。

(昨夜は、突然すみませんでした)

投稿: ば~ば | 2007年11月24日 (土) 13時41分

お嬢様たち2人は、行動的なすてきなかたなんでしょうね。。。

鮟鱇鍋。。。ぜひとも私もお呼ばれしたい一品です!!

英語???

高校1年のときに、残念ながら諦めてしまいました、、、、、

投稿: koji | 2007年11月24日 (土) 15時59分

おいしそうな、アンコウ鍋!

英語・・・・・
最悪です。昔は、実家の離れに米軍キャンプの方が住んでたノでその頃は、そこのお嬢さんと英語でけんかしていたらしい。みんな帰っちゃたら話せなくなりましたね。

今、同級生半分が英語が第二母国語の人たちです。授業も半分英語なんですわ。仕事も、論文が英文が多いので・・・

美味しい物みんなで食べれば、語学なんて関係ないですけどね。

投稿: ムシコ | 2007年11月24日 (土) 16時28分

mariさま
確かに溺死する可能性があるね。
しっかりしたプラスチックの厚い3枚の蓋で閉じてるけど、自分で開けることだってできるから、、
ボクがお風呂入ってると、必ず浴室に入ってきて、湯船の縁に座るんです。
湯船から出ると、さっと浴室から出て行く、、

投稿: ナベショー | 2007年11月24日 (土) 16時31分

ば~ばさま
アンコウの料理、、自己流だけど、これでいいのかな?
年金生活者、アンコウ鍋なんて外で食べる機会は無いけど、自分で料理すれば、簡単に家庭でアンコウ鍋が楽しめます。
吊るさなくても、まな板を斜めにすれば、容易に捌けます。
昨夜は、教えていただきありがとうございました。

投稿: ナベショー | 2007年11月24日 (土) 16時36分

kojiさま
親がコントロールできる範囲をはるかに越えてるので、いかんともし難し、、、
英語ね~ 先天的な得て、不得手ってあるんですね、、

投稿: ナベショー | 2007年11月24日 (土) 16時38分

ムシコさま
エッ!
授業の半分が 英語?
ナベショーなんか、完全に落ちこぼれになってしまう、、
そうそう、、うまいもの食べてりゃ、語学は関係なし!
でも、、自分だけ話せなくて、聞いても理解できないなんて、、惨め!

投稿: ナベショー | 2007年11月24日 (土) 16時42分

キャァァ~~!アンコウの顔・・・・。
でもよ~くみると、なんだかかわいらしいですね。
ウ~ン・・ちょっと食欲失せるかな?
しかし、まるで目の前で実演しているかのような、
リアリティーあふれるナベショウさんの
あんこうの裁きっぷり、
お見事!っていうほかないですね。
もうぶったきるのですね(笑)
なんだか気分、爽快になりました。
大勢で召し上がったお鍋やお雑炊、さぞかしおいしかったことでしょうね。ご馳走様でした!

投稿: にりんそう | 2007年11月24日 (土) 17時33分

にりんそうさま
よく見ると愛嬌ある顔をしてる、、、でもやはり食欲を失せるでしょうね~
なんせ、ヌルヌル、クネクネで掴みどころがなく、出刃包丁でぶった切るしかないんです。
白身のところより、尻尾やエラのヌルヌルの黒い皮やゼラチン質のところが美味しいんです。
妻から、また衝動買い、、同じ値段なら金目鯛にして頂戴、、って叱られました。

投稿: ナベショー | 2007年11月24日 (土) 20時04分

Junpakuno sazanka daisukidesu.
Uchinimo oukinakiga ari karasanaiyouni
taisetuni shiteimasu.

Ankounabemo iina-. Nagoyaniha 'Tokusen' toiu
ankouno senmontenga arimasu.
Nenkin seikatuninattekaraha ikimasenga.

Sonomiseha nenjuu maninde yoyakuga torenaitoka.

Okyakuha ishi, bengoshi, zaikaino oeragatabakari
dasoudesu.

Nabeshou-san no gokazokuha minasan sutekide
akaruku koudouteki, kakkoii famiriidesune.

投稿: M.K. | 2007年11月24日 (土) 20時40分

M.Kさま
山茶花も、その目で探すと、いろいろな色、種類が多いです。
M.Kさまのお庭、純白の花の大きな山茶花、きっと見事でしようね!
アンコウ鍋、、超一流の料理屋で食べたら、いくらくらい高いのだろう。
現役時代なら、接待に乗じて、こういうお店で食べることもあったろうけど、年金生活では、自分で料理して食べるしかない。
でも、河豚だけは出来ない、、、

家族、子供達、、ず~とハラハラさせられてきました。
身近でドラマを見てるが如し、、、

投稿: ナベショー | 2007年11月24日 (土) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英会話教育 | トップページ | 英会話奮闘記(2) »