« 英会話奮闘記(4) | トップページ | 安倍峠を越える »

2007年11月27日 (火)

有東木 山葵栽培発祥の地

2007_11_26_021syuku

もうすぐ12月、まだ紅葉は低地には下りて来てないが、1000m以上の高山の紅葉は終わり、500~1000mくらいの山間部が紅葉の真っ最中!

12月26日(月)

義母のショートステイの間を利用して、静岡の安倍川に沿って走り、途中、日本の山葵栽培発祥の地、有東木(ウトウギ)を訪ねる。

さらに10月末の遭難騒ぎ、梅が島温泉から安倍峠を越えて山梨県の身延、更に早川に沿って南アルプス登山基地の奈良田温泉で宿泊というコース予定で出発。

静岡市内から安倍川に沿って約30KM北上、険しい山に囲まれた標高500~600mのところに約70数軒 有東木の集落がある。2007_11_26_052syuku                                                  

400年前に村人が自生している山葵を村内の湧水地に栽培したところ、適地らしくよく成長繁殖したので、村人達が、こぞって栽培、各地に広められた。2007_11_26_059syuku

慶長12年に駿府の大御所、家康公に献上、徳川家の家紋が葵であることもあわせ大いに喜ばれて、有東木からの門外不出のご法度品となった。

しかし、伊豆天城の住民板垣勘四郎が椎茸栽培の指導に派遣され、帰国の際に弁当箱に忍ばせた山葵の苗を密かに持ち帰ったのが、伊豆の山葵栽培の始まりと言われている。

丁度 谷の山葵田で山葵の収穫作業をしている夫婦

2007_11_26_025syuku

今まで、幾多の大洪水や台風被害にさらされてきたにもかかわらず、村人達は、その都度、全力を傾注して復旧、山葵栽培の伝統を守り続けてきた。

2007_11_26_009syuku

山の谷間の奥深く、高い千数百mの尾根近くまで、山葵田は続く

2007_11_26_031syuku 

この有東木からは、青笹山や下十枚山など、1500~1800mクラスの高い山々、また山梨県側へ越える地蔵峠がある。

ナベショーは山登りのためにしばしば訪れる地でもある。

地元の陽気なおばちゃんたちがやってる有名な茶店「うつろぎ」がる。

美味しい蓬餅と蕎麦が有名!

しかし、いつも早朝か、夕方のために食べ損なっていた。

今日こそは!2007_11_26_060syuku    美味しい蓬餅2007_11_26_063syuku                                  

そこへ、どやどやと入ってきた年配者のグループ

ナベショー大いにPR ここの蓬餅と蕎麦は全国的に有名だよ!

2007_11_26_067syuku 2007_11_26_068syuku_2                           

さて、天ぷらそばが出来上がって運ばれてきたよ。

美味しい蕎麦の上には野菜のかき揚げと山葵の葉っぱの天婦羅!

2007_11_26_075syuku

お店には山葵も売ってるよ

このでっかいのは800円、小さいのが3本のは400円 本場の山葵だよ。

2007_11_26_066syuku

大きいのを買っても食べきれないので、ナベショーは小さいのと、山葵漬けを買った。2007_11_27_109syuku

お腹がいっぱい!

車を走らせ、梅が島から安倍峠へと向かった。

(続きは明日)

モンタは留守番 お昼寝中、、、

コチョコチョしないでください!

2007_11_21_003syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加してます。

一日一回、応援のクリックしていただけるとうれしいです。

1クリックで10点カウントされます。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« 英会話奮闘記(4) | トップページ | 安倍峠を越える »

コメント

もんたくんの肉球こちょこちょ♪

わさび発祥の地へお出かけだったんですね。

おつかれさまでした。

水がきれいってことですね。

おそばの天ぷら・・・ぜひ食べたいです。

わさびの葉?香りはいかがでしたか?

投稿: れおぽん | 2007年11月27日 (火) 23時54分

れおぽんさま
ああ~ やっぱりコチョコチョした!
山葵の葉っぱの天婦羅 美味しいよ
山葵のきつい辛さは取れて、マイルドになり、ほどよい山葵の香り、、
今度、山へ登って山葵を取ってきたら、たくさん天婦羅にしたい。

投稿: ナベショー | 2007年11月28日 (水) 07時19分

おはようございま~す♪ナベショーさま
無事のお帰りで 良かった良かった♪

安曇野の山葵田に行ったことありますが そちらは 寒冷紗なのか日除けなのか 一面張ってました。
お写真からすると日当たりもちょうど良い山間で寒冷紗は必要ないのかな

足の裏こちょこちょすると モンタくんはどうなるんですか
人と同じでしょうか
とてもピンクできれいな足の裏ですが 拭いてから入ってくるんですか。
猫はあまり触った事ないので…

投稿: キュリー | 2007年11月28日 (水) 08時49分

山葵の葉っぱの天ぷら~美味そう~

ピリリときますか?やっぱり~?

信州の山葵畑は見に行った事がありますよ~


いよいよです~明後日~

頑張ります~


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年11月28日 (水) 09時42分

有東木のワサビは、すっかりブランドですね。

先日、ムシコさんから奥多摩の大きく太い山葵をいただきました。
山葵漬け、山葵巻き、お茶漬け・・・いろいろ食べました。

生の山葵・・・やはりチューブ入りとは違いますね。

投稿: ば~ば | 2007年11月28日 (水) 11時17分

キュリーさま
信州 安曇野の山葵田は有名ですね!
静岡の特産、お茶、蜜柑、山葵、、どれも険しい山間部の斜面、農業従事者の老齢化ともに次第に荒廃しつつあります。
ほんとに美味しいのは、平野部より寒暖差の大きい山の畑で栽培されるのなんですが、、、
この有東木でも黒い寒冷紗を張っている山葵田もあります。
やはり日差しが強いと日焼けするのでしょうね。
モンタ、、外も中も一緒、、自由気ままに闊歩してます。

投稿: ナベショー | 2007年11月28日 (水) 12時03分

マグロ君さま
天婦羅にするとピリッとする辛味はなくなるようです。
いよいよですな!!!!!
静岡は魚に関してはナベショーみたいなうるさいのが多いから、大変ですぞ!

投稿: ナベショー | 2007年11月28日 (水) 12時05分

ば~ばさま
もうすっかりチューブ入りに慣らされてるので、やはり生山葵は新鮮な感じがします。
酒粕で山葵漬けにするのがいいですね。
安倍川沿いの山に登ると、谷川や山道にたくさんの山葵ガ生えております。栽培のが繁殖しのか、もともとの天然のか分かりませんが、、
でも根っこは小さいです。

投稿: ナベショー | 2007年11月28日 (水) 12時10分

こんにちは。
清らかな水でないと山葵は栽培できないらしいですね。
練り山葵に比べるとマイルドで
美味しい魚には欠かせないですよね♪
蕎麦も本当に美味しそう~。
美味しい空気を吸って
美味しい物を食べて・・
ますますお元気ですね♪
私も10年後はもうすこしゆとりのある
生活ができるかな?と楽しみに見せていただいてます。

投稿: coltlamp | 2007年11月28日 (水) 13時25分

coltlampさま
清らかなで水温が低い水がいいらしいですね。
海外でなくとも、四季折々、いいところがたくさんありますね。
会社時代は、出張であちこち行ったにしても、プライベートの旅行らしい旅行は無く、定年退職してはじめて旅行に行けるようになりました。
coltlampさまも、たくさん計画を立てておかれたらいいですね。

投稿: ナベショー | 2007年11月28日 (水) 16時23分

おかえりー。
わさびの葉っぱ、塩漬けしたものをオリーブオイルにつけて、それをソースにして和牛のステーキをうちの店でだしてるよ。とってもおいしい。

寿司といえばわさび、わさびというと寿司。欠かせない組み合わせ。考え出した人は天才だね。

投稿: LAの次女 | 2007年11月28日 (水) 16時42分

有東木の山葵、ほんとうにブランド品ですね。
奥多摩の山葵のほうが小さいかな。

あの辺の沢には、本当に野生なのか、畑から大雨の時に逃げたのか、山葵かいっぱいありますよね。
有東木の集落は、最近行ってないのでちょっぴり懐かしい所です。蓬餅には、何故かありつけてないので今度行ったら是非味わいたい物です。

あの辺の沢には、春先から初夏にかけてツキノワグマが山菜を食べに結構ウロチョロしてますから、注意です。山葵はツキノワグマも好物なんですよ。

投稿: ムシコ | 2007年11月28日 (水) 16時43分

在静岡のころホンワサはもちろん無理なので、オカワサビ(確かそんな名前でした)というのを普通の花壇に植えていました。程よい大きさの茎に小振りの葉っぱが良く茂り、天麩羅や佃煮などにも重宝しました。
 白い小さな花も大変可愛らしく、それらの花までもお料理のデコレーションに使ったことを懐かしく思い出します。
 叶うならばイギリスにも根を持ってきて植えたいと思うほどです。これが野生のワサビに近い種類だったのかもしれないですね。

投稿: はなあかり | 2007年11月28日 (水) 19時19分

こんばんは。
我が家はちょうど、今晩、お寿司です。(あと、お惣菜と。)
思わず、お写真の山葵が欲しくなりました。
ナベショーさんの毎日ヤル気満々!の秘訣は何でしょうか?
わたしはここ二日間ほど、無気力で困っております。
できる家事はやっておりますが、あとはボォ~ッと寝ております。あすこそは、好きなイラスト描くゾ!・・・と思いつつ。贅沢ですね・・・。ホルモンのバランスのせいでしょうか?主人が理解のあるひとなので、助かっております。

投稿: hiroko | 2007年11月28日 (水) 19時58分

ムシコさま
一年であんなに大きく太く成長するんでしょうか?
きっと数年かかるんでしょうね。
山に生えてるのを採ってきて、溝に植えてもなかなか大きくなりません。
有東木、、、名前も良い響きがあり、美しい集落ですね。
是非、再び訪れてください。
鹿避けのために、防獣ネットを張ってましたが、熊も食べるのですか。
確かに、あちこちに熊注意の立て札があります。

投稿: ナベショー | 2007年11月28日 (水) 20時10分

はなあかりさま
園芸店に、畑で栽培できる山葵の苗が売っています。
はなあかりさまの畑か庭に、是非苗を植えたいところですね。


投稿: ナベショー | 2007年11月28日 (水) 20時14分

hirokoさま
お茶、畑、蜜蜂、お庭、など自然を相手にしてると、四季の移り変わりに従い、いろいろなことが、次々待ったなしでやってくる、、、
季節の花も次々咲いてくるので写真に撮っておきたいし、、
ヤル気満々というよりは、自然と共に歩んでる、、というところでしょうか?
会社時代は嫌なこともしなければならなかったけど、今は好きなことだけをするので、ストレスが無いのがいいです。
ぼ~としてても、そのうち、また元気が出てくるでしょう!

投稿: ナベショー | 2007年11月28日 (水) 20時24分

LAの次女さん
ご心配をかけたけど、無事帰ってきたよ。
山葵の葉っぱ、そういう使い方があるんだね。
今度、山へ行った時、山葵の葉っぱを取ってきて、塩漬けにして、使ってみよう。
山葵の無いお寿司、お刺身、、考えられないね!

投稿: ナベショー | 2007年11月28日 (水) 20時28分

L.A.nojijosama no wasabinoso-su pasutanishitemo
oishiidesune. Kondoha sono so-su,sute-kini tukatte mimasu.
Honsawa daisuki. Osashimino tokini amattanoha gohan
ni nosete tabemasu. Korito karami ga nantomo oishii
fuumiwo soetekuremasu.
Wasabidukemo uchide tukurimasu.
Yomogino odangomo oishiso-desune.
Sobamanjuumo iidesune-.
Koreraha mina junzentaru nihonno mikakudesune.

投稿: M.K. | 2007年11月28日 (水) 22時04分

M.Kさま
山葵ソース、、なるほどパスタに!
ぼくも今度やってみます。
M.Kさまは、何でもお料理されるのですね!
酒の粕があったので、山葵1本細かく刻んで、塩で少々揉んで、酒の粕に混ぜて、砂糖少々入れ、山葵漬けを作ってみました、、、4~5日置いて食べます。
蓬餅、美味しいですね。


投稿: ナベショー | 2007年11月28日 (水) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英会話奮闘記(4) | トップページ | 安倍峠を越える »