« 英会話奮闘記(7) | トップページ | 青春18切符の旅 糸魚川から金沢へ »

2007年12月16日 (日)

青春18切符の旅 糸魚川へ

2007_12_15_024syuku

2007 12 13(木)

青春18切符汽車の旅  北陸、糸魚川から金沢へ

第一日は富士より身延線で甲府 中央線にて松本へ 更に大糸線で信濃大町、南小谷を経て北陸の糸魚川まで

西焼津6:25→静岡6:43-富士7:17 7:43-甲府10:17 10:56-松本12:51 14:02-信濃大町14:57 15:03ー南小谷16:06 16:14-糸魚川17:11

丁度、冬の気圧配置、山間部は雲が低く、山には霧と靄が立ち込めた、時折冷たいにわか雨が振り出す天気

身延線 富士川沿線の山々は霧と雲が低く下りている

2007_12_15_003syuku

信州松本から大糸線、、白馬、五竜岳のスキー場のある山々、、雪が見えるが、まだまだスキーが出来るほどは積もっていないように見える

2007_12_15_010syuku

南小谷の駅で糸魚川行きのワンボックスカーに乗り継ぐ

丁度二年前の冬、同じコースで糸魚川、さらに福井から三国港、東尋坊へ汽車の旅をした。

このときは記録的な豪雪、この大糸線は3~4mも積雪、、、初めてこのような大雪を見た。

その時の雪の写真を!Photo                                        

汽車はとうとう南小谷駅でストップ、、除雪のために進むことが出来なくて、バスによる代行運転で糸魚川へ

然るに、今回は雪は無し

糸魚川では民宿旅館「たつみ旅館」に宿泊

本館、別館、料理屋、ヒスイの加工などの事業もやってる旅館である。

観光客よりもビジネスやいろんな長期滞在の工事関係のお客さんが3~40名宿泊してた。

お風呂は磨き上げた大きなヒスイ原石をタイル代わりに埋め込んだヒスイ風呂、お湯は熱く、十分に温まった。

お料理はビジネス客とは異なる観光料理

食堂で20人くらいのビジネス客が食べてる料理を見ると 、かなり豪華で皿数も多い。

さて、ナベショー達観光客料理とは!!!!!2007_12_15_033syuku_2

まづは、甘エビ、ブリ、他のお刺身、蟹、カレイの酢味噌、アンコウ鍋 が並んでいる

最初のお刺身も美味しく、蟹も美味しく、アンコウ鍋も、美味しく、

冷酒を頂いて美味しく頂く。

若女将らしき楽しい美人のはきはきしたお姐さんが、

「次々と料理が来ますからね!」って、驚かないでねッとでも言いたそうな口ぶり

出てくる、出てくる、、、どうだ! って言わんばかりに、、

日本海の赤カレイの焼き物に海の珍味盛り合わせ  明日葉蕎麦

赤カレイも珍味も美味しく、蕎麦も美味しい! 

2007_12_15_syuku 2007_12_15_036syuku

まだまだこれから、

ヒラメのバター焼に紫玉ネギのみじん切りのドレッシングソース!

これは非常に美味 この料理はナベショーの今後の定番料理に加えても良し。

そして野菜の天婦羅、2007_12_15_039syuku 2007_12_15_040syuku

そして、2007_12_15_046syuku 最後は御飯と一緒に、真鱈のお味噌汁  これがなんと美味しいこと

大きな真鱈のぶつ切りが入った味噌汁、、

後はネギと柚子

御飯を一膳頂き、もう満腹を通り越して苦しいくらい、、、

部屋へ帰り、そのままバタン!

翌朝の朝食、、、

土鍋の湯豆腐、卵、のり、糸魚川のモズク、赤カレイの煮つけ、サワラの焼き物、

目の前に、食べる後から、次々出てくる、出てくる、、、、、

えっ! まだ!

って驚く顔を楽しんでるように、若女将が料理を持ってくる

これって朝食でしょう? 

夕食料理みたいだよ~

まさか、、と思ってたからカメラを食堂には持ってきてなかった、、、

最後に御飯と美味しいモズクのお味噌汁でフィニッシュ、、、

いや、蜜柑とヨーグルトのデザートが、、、

これではお昼食抜きで済ませそう、、

朝食を食べ終わるのにたっぷり30分もかかった、、、

普通、旅館の朝食なんて10分で終わるのに、、、

料理は若女将のご主人が作ってる、、車で糸魚川駅まで若いご主人が送ってくれた。

これで二人で飲み物入れて19、000円、、、こんなに料理攻めにあったのは、昨年の富山の新湊以来であった。

続きは 糸魚川より金沢へ

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回、応援のクリックをしていただけるとうれしいです。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« 英会話奮闘記(7) | トップページ | 青春18切符の旅 糸魚川から金沢へ »

コメント

糸魚川・金沢の旅お帰りなさい&お疲れ様でした。

2コマ目の写真、もしかして姫川ですか?

数年前、白馬から日本海側まで仕事で行ってました。
金沢まで、その先すぐだったんですね。(気がつかなかった・・・・休み取って足のばせばよかった・・・)

旅館の食事、すごい量ですね。こういう宿に泊まっても、ビジネスクラスなので、隣の観光客の料理とつい見比べてしまいます。仕事だと宿泊規定が6000円なので、料理の品数減らしてもらうんです。
でも、日本海側の宿は、比較的おかずの多い方です。
仕事の士気にかかわるんで宿選びは、重要です。
ナベショーさん、どうやってこんないい宿見つけられるんですか?

投稿: ムシコ | 2007年12月16日 (日) 04時09分

すごいねー。
熱いお風呂、ご馳走、お酒、最高だね。
お父さん現役の頃はお母さんとこんな旅行行かなかったでしょう。やっと夫婦水入らずでのんびりできるね。

投稿: LAの次女 | 2007年12月16日 (日) 06時39分

一日目が雨でとっても心配していたれおぽんです。

裏日本は雪@0@だったんですね。

雪…もう何年も見てないです。

先日のお話のつづきです。

香住もぜひ行ってみてくださいね。

れおぽんは海水浴は竹野、日和山、丹後、若狭、あたりが一番好きでした。

日和山の竜宮城が子供のころ大好きでした。
毎年行ってました。

投稿: れおぽん | 2007年12月16日 (日) 07時28分

こんにちは。
大当たりのお宿だっんですね♪
お酒も含めてのお値段にビックリです。
やたらと盛り付けが豪華なだけの場合も
ありますものね・・。
女将さん もてなすことに喜びを
感じてらっしゃるのでしょうね。

投稿: coltlamp | 2007年12月16日 (日) 13時06分

こんにちは、料理も美味しそうだけど、その行く過程がとっても魅力的ですね。

電車もかっこいいですね。

投稿: トモ | 2007年12月16日 (日) 13時30分

ムシコさま
二コマ目は富士川沿線です、
糸魚川の手前、姫川付近もよく似た川の景色ですね。
糸魚川まで行かれれば、富山、金沢はすぐですね。
僕が泊まった「たつみ旅館」は仕事でで長期滞在する人達のためには、非常に良い旅館だと思います。
一泊二食で2万、3万円、それ以上の立派な老舗旅館なぞ、泊まる身分でも無し、1万円以下の民宿あるいは旅館を対称にインターネットで調べて、1~2日前に電話予約しています。
両親と若い夫婦で頑張ってる民宿、旅館は、大体にして当たり外れ無し、、食事も頑張ってます。
年寄り夫婦だけのは、体力的に大変なのか、お粗末なのもあり。
料理屋、魚屋も一緒にやってる民宿、割烹旅館は、料理は大体いいですね。
避けるべきは、昔バブルの頃の名残のある○○観光旅館、、メンテナンスもままならず、料理も設備も最悪が多い。
まあ、、良い、悪いは確率50%くらいか、、当たり外れも楽しみのうち!

投稿: ナベショー | 2007年12月16日 (日) 14時35分

LAの次女
現役時代は、仕事であちこち行くことはあっても、夫婦で旅行なんてことは、ほとんどなかったね。
ささやかだけど、のんびりあちこち行けることは恵まれていると言うべきでしょうね。

投稿: ナベショー | 2007年12月16日 (日) 14時39分

れいぽんさま
ぼくは竹野、日和山まではいけなかった。
海水浴は天の橋立や由良、若狭和田、高浜や三方五湖のほうだった。
城之崎も行ってないんですよ。
そのうち、兵庫、島根の日本海側も行ってみたいところです。

投稿: ナベショー | 2007年12月16日 (日) 14時44分

coltlampさま
7000~10000円の範囲で宿選びをしてますが、今回は大当たりでした。
大満足、料理の品数も多く、料理も工夫してたし、美味しくて安くて頑張ってましたね。
料理やもてなしに対し、こちらも率直に反応すると女将さんも喜んで、冗談ぽんぽん言いながら楽しく対応してくれますね。
仕事の長期滞在客が非常に多いということは、料理もサービスも良いからリピート客が多いということだと思いますね。

投稿: ナベショー | 2007年12月16日 (日) 14時53分

トモさま
ようこそ!
旅は、事前の調査、準備、目的地へ行く過程、車窓からの途中の景色、しばしば起こるハップニング、、すべてを含めて楽しめますね。
ひたすら早く目的地に着いて観光して、、、なら仕事の出張と変わらない。
ワンボックスカー、、トコトコ走る、、可愛いです。

投稿: ナベショー | 2007年12月16日 (日) 14時58分

お帰りなさーい!
糸魚川、寒そうですねーー
でも、美味しそうなお料理の旅館で、身も心もポカポカですね。(^^

次女さんのお仕事も順調で、TVまで出演!!
きっとお仕事殺到しますよ(●^o^●)

続き、期待してます!

投稿: MONA | 2007年12月16日 (日) 15時07分

MONAさま
北陸の冬、、車内は暖かいが、外はさすがに冷えて寒かった!
雪が降ってなかったのが残念でしたが、冬の景色、旅館の美味しい魚料理、暖かいお風呂、、冬の北陸を十分楽しめました。
次女の仕事も、年明けてからも順調にお声がかかればいいですが、ひとつひとつ丁寧な良い仕事をしていけば、お客さんがお客さんを紹介して、繁盛していくと思います。

投稿: ナベショー | 2007年12月16日 (日) 17時14分

こんばんは。

待望の18きっぷの季節到来ですね。僕も敦賀あたりまで行ってみようと思います。

1枚目の気動車、国鉄時代からの車両ですね。

投稿: ぞう | 2007年12月16日 (日) 18時49分

ぞうさま
待望の18切符です。
今シーズン、再度、どこかへ行きたいと思ってます。
国鉄時代の古い車両、ローカルでは、まだまだ現役なんですね。

投稿: ナベショー | 2007年12月16日 (日) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英会話奮闘記(7) | トップページ | 青春18切符の旅 糸魚川から金沢へ »