« ニギスの干物 | トップページ | 干し柿、されど干し柿! »

2007年12月12日 (水)

真っ赤なナンテン!

2007_12_12_038syuku

ナンテン

ピラカンサや万両などとともの冬の庭を赤い彩りで美しく飾ってくれる

しかも、日本の和風の庭になんとよくマッチングしていることであろうか!

ナンテンは、その葉も真っ赤に紅葉する

近所に、第二東名自動車道のために移転して、素晴らしい日本の書院造の邸宅を建てられた農家がある。

その道路に面したお庭、、大きな自然石が並べられており、その側に、道路に沿ってナンテンが植えられている

真っ赤に紅葉し、実もたわわに、、、、と思ってるうちに、そろそろヒヨドリが狙い始めたようだ。

少し、食べられている、、、、とても年末まで、無事にもちそうにない。2007_12_12_019syuku            

10mくらい続くナンテンの林

2007_12_12_045syuku

2007_12_12_030syuku

圧倒されんばかり、、、実も葉っぱも真っ赤に燃える!

2007_12_12_046syuku 2007_12_12_044syuku

これほどの見事なナンテン、、、ちょっと他に見たことがない

今日の料理は、やはり真っ赤な金目鯛の干物の焼き物

静岡パルシェのマグロ君のお店「伸漁丸」で買ったもの、、、こんな大きいのが一枚たった200円!

写真は、やはり赤い皮ではなく、香ばしく焼けた身の方を!2007_12_12_086syuku                       

皮の側を真っ黒に焦がしてしまったからではありません。2007_12_12_083syuku

ちゃんと上手に焼きました。

塩加減も丁度、こんがり焼けた身、皮、骨、、なんと美味しいんだろう!

静岡で金目鯛の干物といえば、干物の王様

これ以上の干物は存在しない

漁獲も静岡がもっとも多い

一匹2Kg以上の大きいのは、刺身や焼き物、煮物、鍋料理に、

金魚みたいだけど、これほど美味しい魚はあるまい。

同じ鯛でも、金目鯛の美味しさは、お祝い事に使う真鯛の比ではないと思う。2007_12_12_080syuku       

義母はショートステイに、明日から二泊三日で、青春18切符の汽車の旅に妻と出発します。

ブログ更新はモンタがやるといってますので、お願いしました。

明日も楽しい記事を準備しましたので、ポチンのほうもどうぞよろしく

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回、応援のクリックをしていただけるとうれしいです。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« ニギスの干物 | トップページ | 干し柿、されど干し柿! »

コメント

れおぽんはばかでした。
お魚はずーっとお刺身しかたべなかったのです。

金目鯛の煮付けは『金魚みたいやから、いやや・・・』
とか言って、煮魚、焼き魚は一切食べずに大人になりました。

干物を初めて食べたのは25歳過ぎてからだと思います。
今度ここでこれ買わなくちゃ。

ナベショーさんお気をつけて♪

投稿: れおぽん | 2007年12月12日 (水) 21時48分

れおぽんさま
私も金目鯛を初めて食べたのは、数年前、、、金魚みたいで変な魚と思ってました。
それが、こんなに美味しい魚とは、、、関西ではほとんど食べないのでは、、、。
覚えておく、覚えておく、、、!

投稿: ナベショー | 2007年12月12日 (水) 22時53分

真っ赤なナンテン林!
すごいですね!
ナンテンをこうやって、垣根(?)の様にしているのは珍しいですね!

金目鯛の赤も負けてないですね~(笑)

投稿: koji | 2007年12月12日 (水) 23時38分

今度はどこ行くの?

投稿: LAの次女 | 2007年12月13日 (木) 03時02分

kojiさま
すごいでしょう
真っ赤に紅葉して、迫力ありますよ!

投稿: ナベショー | 2007年12月13日 (木) 05時32分

LAの次女さん
こんどは、日本海、糸魚川と金沢だよ!
いってきま~す。

投稿: ナベショー | 2007年12月13日 (木) 05時34分

本当に真っ赤な南天ですね。南天は、昔は、どこの家にもある花材でしたが、近頃は、あまりお目にかからなくなってしまいました。この南天は、葉っぱまで、真っ赤。燃えるような赤で、思わずいけたくなります。ためがきかないので、そのままいけると、なんだか寂しい感じになりがちなのですが、この赤い南天だったら、きっと暖かくて、楽しい感じのいけばなになりそうだなあと思いました。

投稿: les fleurs | 2007年12月13日 (木) 07時06分

ノドグロの干物、一枚¥200~、安い!

だって、私は先日、10枚¥2980で買ったのです~。

静岡で買うと安~い。

投稿: ば~ば | 2007年12月13日 (木) 09時50分

関西ではあまり馴染みがない魚~

マグロ君も東京で始めて食べて感動しました~

美味しいですよね~金目!

いつも、ありがとうございます~

来週、楽しみです~

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2007年12月13日 (木) 09時53分

またまたお魚の美味しい処にいらっしゃるんですね!
写真を楽しみにしてまーす(^^

投稿: MONA | 2007年12月13日 (木) 12時27分

こんにちは~。
南天の林・・幻想的ですね♪
雪景色も似合いそうですが・・。

市場ではこの実をキロいくらと箱詰めされたのが
いっぱい山積みなんですよ~。
迎春ようにかかせない物ですね。
ナンテン 難転ともいわれますね~。

投稿: coltlamp | 2007年12月13日 (木) 12時29分

なんて立派な真っ赤なナンテンの林なのでしょう。
すごいですね。
そこの一角だけが真っ赤に染まっているのでしょうか。

赤い魚、金目鯛、これから旬ですね。
伊豆や静岡、千葉の勝浦のはおいしいですね。
でもとってもお高いです。
切り身一切れ1000円近くします。
どうしてこんなにお高いのでしょう。
それでもお煮付けはおいしいのでつい買ってしまいます。
マグロさんのお店、お安いですね。
近くだったら毎日買いに行きます。
我が家は、お肉よりお魚党ですので・・・。

そうそう、昨日のブログが呼んだのでしょうか、夜島根より
エテカレイの一夜干しがたくさん送られてきました。
食べきれないのでご近所にも少しづつおすそ分けしました。

投稿: にりんそう | 2007年12月13日 (木) 14時52分

こんにちは
私の実家にもナンテンがあって、よく実をヒヨドリに食べられておりました。
でも、こんな真っ赤っかなナンテン林は見たことありません。よいお写真を観させていただき、ありがとうございます。
ナンテンといえば、私達夫婦が住んでおりますマンションのベランダにもちいさいのが一鉢あります。でも、わたしが植えたのではなくって、なにかのお花を育てていた植木鉢を、お花が枯れてからも放置してて、カラスかヒヨドリあたりのフンに種が混じっていたのか、勝手に生えてきたんです。かわいいので、水遣りして育てております。
旅行、いいですね!行ってらっしゃいませ~。

投稿: hiroko | 2007年12月13日 (木) 15時01分

PS/
金目でした・・・、それにしても安い~。

脂のって、美味しそうです。

投稿: ば~ば | 2007年12月13日 (木) 16時11分

仕事で、いろいろ生け垣も作ったけれど、このナンテンは圧巻です!!!

ナンテンは、虫もあまりつかないから幅さえとれればいいですね。冬場の鳥の餌になるし、環境配慮型植栽です!
日本庭園では、灯籠の根〆とか、それこそ鬼門に植えるくらいしかなかったから、新たな可能性です。

金目鯛の干物、美味しそうです。今日スーパーで見たら、1200円でした(ガックリです)

投稿: ムシコ | 2007年12月13日 (木) 20時44分

les fleurs さま
昔はどの家の庭にもありました。
今風の洋風の家が増えてから、南天のある庭も少なくなったようです。
こんな真っ赤な南天の木を生け花にしたら、豪華でしょうね。
でも、切ってしまうのは惜しいような気がします。

投稿: ナベショー | 2007年12月15日 (土) 21時01分

ば~ばさま
ノドクロの干物、、それは高すぎるような、、、、
静岡のマグロ君のお店でも、そんなに高くなかったし、今日、福井の魚屋でも見たけど、、もうちょっと安かったような、、、
大きさにもよるけれど、、、

投稿: ナベショー | 2007年12月15日 (土) 21時03分

マグロ君さま
僕も金目鯛を始めて食べたのは、3年前に福一で、勇気を出して一匹買って以来です。
他の客が、こんな旨い魚はないってしきりに言うのを聞いてです。
来週 楽しみに!

投稿: ナベショー | 2007年12月15日 (土) 21時06分

MONAさま
冬は雪の北陸へ、、、、、恒例になりそうです。
太平洋側の魚とは、ちょっと異なりますね。

投稿: ナベショー | 2007年12月15日 (土) 21時09分

coltlampさま
南天の赤い実と葉に白い雪がかぶって、重たそうに下に垂れている、、、冬の雪の朝の懐かしい光景です
お正月の花 ナンテン 南天 難転、、、なるほど縁起の良い実なんですね。

投稿: ナベショー | 2007年12月15日 (土) 21時14分

にりんそうさま
県道の側溝に沿って、大きな石垣が10m以上も続き、その石垣の内側に真っ赤な南天の木が林のようにギッシリと植わってるのです。
実も葉も真っ赤で燃えるよう、、その美しさに圧倒されます。
生の金目鯛、、頭付きの一匹丸ごと買えば、中~大で2500~3000円くらいかな?
煮つけ、焼き物、お刺身、美味しい魚ですね。
エテガレイの干物、、ウワ~良かったですね!

投稿: ナベショー | 2007年12月15日 (土) 21時28分

hirokoさま
ベランダに小鳥が運んできて生えた南天、大切に育ててください。
もう赤い実も生りましたか?
マクロで撮ると、後ろのほうの南天がぼやけるので、幻想的な感じになりました。

投稿: ナベショー | 2007年12月15日 (土) 21時32分

ば~ばさま
金目の干物 200円というのは確かに安い、お買い得です。

投稿: ナベショー | 2007年12月15日 (土) 21時34分

ムシコさま
造園も仕事としてやってられるのですか?
環境自然調査だけでなく、、、
10mくらい、ず~と並んで植えられてるので、圧倒されるほど見事です。
第二東名自動車道の立ち退きで建てられたお金持ちの農家の御殿、書院造りの美しい平屋の家と大きな自然石をふんだんに使ったなかなか素晴らしい庭です。
一匹1200円、、、???
東京じゃ、、そんなに高いのですか、、 ため息!

投稿: ナベショー | 2007年12月15日 (土) 21時43分

ナベショー様
おおっ、イギリス人のような発言ですね。きってしまうのは、もったいない、そう、まさにイギリスでいけばながはやらない理由は、そこにあります。庭つくり、植え込むのは、ものすごく熱心ですが、花を活けるために切るということに、拒否反応が。あと少しのイギリス生活ですが、今頃になって、イギリス人の生徒が増えてきました。不思議な現象です。

投稿: les fleurs | 2007年12月17日 (月) 09時07分

les fleurs さま
広い庭に花いっぱい咲かせているイギリス人もそういう発想をしますか!
確かに、僕も庭に咲いた見事な花木や花を生けるために切る場合、切っても差し支えない枝や剪定すべき枝などに限っております。
一輪挿しのささやかな小枝ならいいですが、ばっさりと形の良い大きい枝ぶりは、切ることが出来ません。
あくまで、庭の花の全体のバランス、調和を損なわない範囲でしか切ることが出来ない、、、
多分、イギリス人もそういう気持ちだと思いますね。
でも、庭だけでなく、家の中、居間も庭と同じように季節のお花で美しく飾りたいという気持ちも同じですが、、

投稿: ナベショー | 2007年12月17日 (月) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニギスの干物 | トップページ | 干し柿、されど干し柿! »