« FMラジオ番組の収録 | トップページ | 山芋堀り »

2007年12月 4日 (火)

ロスのクリスマス 800個のパーテイー寿司

2007_12_04_036syuku

もう12月になってしまった。

さすがに、晴れていても、外の気温は低く、ジャンパーを上に着なければ冷えてくる

秋のバラ、、否 冬のバラ、、、、冷たい風に吹かれながら懸命に咲いている2007_12_04_039syuku       

ロスの次女、YUKOキッチンのケータリングのお寿司の写真が送ってきた。

TVプロダクション 芸能関係、俳優さん、ミュージシャンなどの招待者600人の大きなクリスマスパーテイー

会場の大きな邸宅のお花、フラワーアレンジメントとワンテーブルのお寿司を請け負う。

他のケータリング業者の料理もあったが、断然、次女のお寿司が目立った!

会場に入ってきたお客さん達、、、いっせいに 「ウワ~オ!」の歓声!

アメリカ人もびっくり!Hana_022          

庭園のテーブル、、800個のお寿司の花園Hana_031                              

Hana_034 Hana_049                              

ロスでは数少ない女寿司職人

豪華で華やかで美しく、大胆かつ繊細!

ハリウッド、アメリカ人が喜ぶ演出である

真っ赤なリンゴとバラの花をふんだんに使ったフラワーアレンジメントHana_001                                        

Hana_016 Hana_018                             

オーナーから来年は2倍のお寿司1600個をお願いしたいと

もう一人では握れない

TVの撮影用の料理もお願いしたい、、、反響は大きかった!!

年末まで、週末はぎっしりと大、小のケータリングでいっぱいだという。

一人でこれだけの仕事、、、大変だったけど感動の夜、最高の達成感だったと興奮の電話だった。

日本の学校には馴染めずに、静岡英和女学院高校を中退して単身アメリカへ、、

アメリカの高校へ入ったが、ステイファミリーとのトラブルで帰国、

単位制の静岡中央高校へ再入学

ケーキ屋さんで早朝からケーキを作るアルバイトをして卒業

貯めたお金で大阪阿倍野の辻 調理師専門学校へ

心斎橋難波神社横のレストラン、GARBの開店立ち上げとケーキを担当して2年後にアメリカのシスコへ

ストーカーに追っかけられて日本へ逃げ帰り、

再び、ロスへ行き、演劇とモデルの勉強しながら、日系人に雇われてベーカリーを立ち上げたり

でも、やはり料理の道へ

料理人の世界は女には厳しく、幾度も挫折しながら、、、、

子供の時から料理作ったりケーキ焼いたり、花が大好きだった次女

今までの良きも悪しきも全ての経験、人生で学んだこと 全部が自分の今の仕事の武器として生かせると!

十数年、好きな料理の道を一貫して歩んできたが、、、、、

やはり、自分の好きな道をやり通せば、自分も自信がつき、人からも評価され、おのずから道が開けるということだね!

モンタもうちの家に来て、もう7年目かね~

2007_11_25_011syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回、応援のクリックをしていただけるとうれしいです。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« FMラジオ番組の収録 | トップページ | 山芋堀り »

コメント

素晴らしいお話です。

今までの経験すべて役に立ってるのですね。

最高の人生!

れおぽんもいままでいろいろあったのですが、

今は信頼できる人々と気持を分かち合えることが

出来て一番幸せです。

ナベショーさんもお父さんとして一番うれしいですね。

投稿: れおぽん | 2007年12月 4日 (火) 22時49分

きっと、その当時は大変なことのほうが多かったでしょうが
今の大活躍もその時のことが肥やしになってはるのでは???
今回のパーティのお寿司!!
アメリカ人でなくても感動しますよね!!
でも、一番感動したのはこの話を次女さんから見聞したお父さんでは???ないでしょうか?

投稿: koji | 2007年12月 5日 (水) 01時47分

見事ですね~

流石~

これから下関に行ってきます~

明日~そして静岡へ~

ぽちと!

投稿: マグロ君 | 2007年12月 5日 (水) 07時17分

Losno jijo-samani hakushu!
Nandomo wakaitokini zasetuwo ajiwainagaaramo
sorerawo subete kichouna taikentoshite
ohitoride kakanni jinseiwo kirihiraite ikiteiku
josei, naniyorino oyakoukou desune.
Asakara subarashii hanashide kibunga akarukunarimashita.

Nabe-sho-sama omedetou!

投稿: M.K. | 2007年12月 5日 (水) 08時08分

おはようございます

>今までの良きも悪しきも全ての経験、人生で学んだこと 全部が自分の今の仕事の武器として生かせると!

・・・納得です。次女さん おめでとうございます!
これからも、お体お大事にしてご活躍を!!

ナベショーさんも、お子さんさん達ががんばっておられると、きっと嬉しいでしょうね。“血”だな~って思いました。

投稿: hiroko | 2007年12月 5日 (水) 09時17分

初めまして!
愛犬達とバラの庭というブログをえっちらおっちら更新しているVivielと申します。
毎回、ポチして読ませて頂いているだけだったのですが、
今日のお話に、感動の涙が出てきました!!
私も3人の子供を持つ親として、子供を信じて応援してやろう!!と改めて思いました。
ナベショーパパ有難うございますm(_ _)m

投稿: Viviel | 2007年12月 5日 (水) 11時50分

こんにちは♪

素晴らしいですね!!
なにもお膳立てなくゼロから切り開いていかれたのですね。

本なども出版されたら
きっと大反響なのでは・・
今はそれどころではないでしょうね。

ほんとに素敵な写真
しかもお一人で・・数ヵ月後には
たくさんのスタッフを抱えてらっしゃるかも♪

投稿: coltlamp | 2007年12月 5日 (水) 12時01分

歩んでいく道は、時にぬかるみ、時に険しく、時には迷い立ち止まって・・・。

でも、懸命に握った夢を離さなかったから、こうして大きな実を結んだのですね。

このようなお嬢様を育てられた、ナベショーさん、そして特に奥様、遠くから賞賛の拍手。

ロスのお嬢様には、限りを尽くしたエールを送ります。

投稿: ば~ば | 2007年12月 5日 (水) 14時16分

れおぽんさま
辛いこと、大変なこと、、後になって、全て今の自分のために役立ったのだと思えるような人生でありたいですね。

投稿: ナベショー | 2007年12月 5日 (水) 17時16分

kojiさま
良い時、大変な時、、いろいろ波がありましたね。
日本と、アメリカ、離れてるから、何もしてやれない、、
挫折して帰ってきて、再び元気を取り戻して歩み始めるまでの、居場所を常に準備しておくことしか出来なかったですね。
寿司とは、、べきであるという固定観念も偏見も無く、何でもありのアメリカだからこういう自由な発想の型破りのパーテイー寿司が出来るのでしょうね。
父としても、びっくり感動しました!

投稿: ナベショー | 2007年12月 5日 (水) 17時24分

マグロ君さま
下関へ、、河豚の買い付けですね。
いちど、Kさんの静岡と開店のお祝いと、慰労会をしたいですね。
明日は何時頃静岡ですか?

投稿: ナベショー | 2007年12月 5日 (水) 17時29分

M.Kさま
ありがとうございます。
皆さんから、誉めていただいて次女もうれしいでしょう。
次女はアパート引越し中で、しばらくパソコン見れないといってました、、、残念!

投稿: ナベショー | 2007年12月 5日 (水) 17時34分

hirokoさま
子供がとにかく普通に無事生きていってくれれば、それだけで幸せ、、
自分の好きな道で思う存分可能性を追求して歩んでくれるのはうれしいですね。
学歴とか社会的地位とか、関係なく、、、

投稿: ナベショー | 2007年12月 5日 (水) 17時38分

すごいですね!お嬢さん。一人でこれだけのことをやり遂げられる熱意と情熱に心から拍手を送ります。

常にお子様が戻ってきてもいいような場所だけは、確保していてあげた・・・。
ナベショウサンのお気持ち、手に取るようにわかります。
お嬢様がここにまでになられるには、いろいろなご苦労もおありだったと思います。
でも子供を信じて遠くから見守っておられたご両親様、
私どもも、まったく同じ気持ちで娘を見守っておりました。
でもわが娘、ナベショウサンのお嬢様とは、
天と地ほども違うようです。
それでも元気で幸せに生活しているからいいかな・・・・
と思うことにしましょう・・・。

もう一度、感動のお仕事に拍手!

投稿: にりんそう | 2007年12月 5日 (水) 18時23分

Vivielさま
ようこそ!
毎回、ポチンしていただいてるなんて、何てうれしいことでしょう。
おかげさまで、予想もしなかった3位を維持できてます。
次々といろんなことが起きるので、親もたいへんですが、じっと忍耐を持って見守ってあげることが大切なようです。

投稿: ナベショー | 2007年12月 5日 (水) 19時31分

coltlampさま
自分のお店を持ちたいようですが、今は寿司レストランで働きながら、週末にケータリングの仕事を始めました。
自分のアパートのキッチンで料理の下ごしらえは出来るので、、、。
クリスマスも終わり、来年になってケータリングが軌道に乗ってくれば、勤めをやめてケータリングだけに専念し、同時に惣菜のお店を開くという計画のようです。
その時はナベショーからの資金援助を期待してるようで、、

投稿: ナベショー | 2007年12月 5日 (水) 19時40分

ば~ばさま
ありがとうございます。
海の向うで喜んでるでしょう!
でもキッチンの広いアパートへの引越し中で、しばらくパソコンが見れないと言ってました。
いろいろわき道へ迷いながら、常に料理に帰ってきたのが良かったのでしょうね。
10数年料理にかかわる仕事をすれば、自信も出てきますね。
それに、TVや映画、芸能関係の人達とのかかわり多いのが、彼女の武器のようです。

投稿: ナベショー | 2007年12月 5日 (水) 19時45分

にりんそうさま
親は子供の近くに居ない方が良いのかもしれません。
海外にいては、パニックになってるときに電話で話を聞いてあげることしか出来ませんね。
しかし、今は海の向うと携帯で話が出来て、ブログで何してるかが瞬時にわかり、コメントで対話できて、ほんとに良い時代になりました。
にりんそう様のお嬢様も外国の方とご結婚されて海外にいらっしゃる、、ほんとに、こんな時代が来るとは思っても見ませんでした。

投稿: ナベショー | 2007年12月 5日 (水) 19時58分

LAの次女さんのコメントは、いつもいいなあ~と思いつつ、読んでいたのですけど、こんなに頑張り屋だったとは。もうめちゃめちゃ応援してしまうかも。学校や、社会の枠にはまらない人は、このように海外の方が、みとめてもらえたりする。つまり、日本は、まだまだ保守的ってこと?それにしても、お寿司800個にお花活けちゃうって、すごすぎです。がんばれー!!!これぞ大和なでしこ。おしとやかだけでは、今の世は、だめだから。

投稿: les fleurs | 2007年12月 6日 (木) 06時45分

YUKOさん、一歩一歩自分の道を歩んでいますね。
楽しみです♪
一人でここまでやるとは・・・すごい(^_^;)
身体だけは気をつけてほしいですね!

素晴らしいお嬢さん!!

投稿: MONA | 2007年12月 6日 (木) 22時10分

les fleurs さま
皆様の応援の暖かいお言葉、、次女もうれしいことでしょう!
人種差別はあるものの、日本より生き生きと仕事できて、認めてくれるようですね。
しかし、よくやるね、、、と感心するやらあきれるやらです。

投稿: ナベショー | 2007年12月 6日 (木) 23時17分

MONAさま
こういう仕事は体力勝負のところもあるので、無理をしないように、健康が支えられるように祈るだけです。
来年になれば、自分ひとりで全部切り回さず、人も使ってもう少し楽になるようにやるでしょう。

投稿: ナベショー | 2007年12月 6日 (木) 23時23分

反響多いんですね.私伝え下手だから誉め言葉駄目なんです.表現にも、こと欠けて・・
でも凄い.頑張ってください。おおえんしています。サータ

投稿: | 2007年12月 7日 (金) 08時42分

サータ様
お気持ち、十分 いっぱい伝わってきます。
応援有難うございます、、海の向うで皆さんの応援に励まされて喜んでるでしょう。

投稿: ナベショー | 2007年12月 7日 (金) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FMラジオ番組の収録 | トップページ | 山芋堀り »