« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

美味しい餃子に挑戦!

2008_01_27_028syuku 毎年、この季節、、、住宅地を散歩すると、家々の玄関や門の前のプランター

美しい桜草の寄せ植え

ピンクの可愛い花と緑の葉っぱが一体となって、咲いている

これを写真に撮ると、黄緑の葉と他のピンクの花がボケて柔らかい感じの幻想的な背景に浮かぶような美しい絵になる

僕の大好きな花の一つである。

昨年も、桜草の花の写真を載せたはず、、、

去年よりは、写真 上達したかな?

今日は、中国からの輸入餃子の農薬混入事件で、新聞もTVもトップで報道!

僕は、冷凍加工食品は、ほとんど買ったことが無かったので、これほど普及してるとは認識不足であった。

昔、単身赴任時代に週末に帰宅した時、

妻が近くのスーパーで買った中国産生椎茸がホルマリンのような変なきつい臭いがして、調理した料理を食べた途端、激しい下痢をしたということを聞いた。

直ぐに保険所 またはスーパーに届けたのか、、と聞いたら、何もしてなくて、椎茸も捨ててしまったという、、

何をやってるのか、と叱ったが、ちょうど中国野菜が大量に日本市場に入ってきた頃のことであった。

その後、輸入野菜については、かなり検査体制も厳しくなり、ほぼ安全になったと聞いてたが、、、、

こんな時に、餃子を作る話で 不謹慎かと思うが、、、、、

昨日、浜松で食べた餃子があまりに美味しかったので、今日はその餃子の再現に挑戦!

今まで作ってた餃子は、野菜が少なく、豚の挽肉が多かった。

浜松餃子はキャベツを使い、その割合も多い

そこで、畑のキャベツの葉、3枚を軽く茹でる、、、細かく細かく刻む

ニラ 5本 これも細かく刻む

豚の挽肉 100gr 

ニンニク 半個をスライスして、これも細かく刻む

生姜の擦りおろし  少々

塩少々、 胡麻油 少々、 隠し味にウエイパー 少々

これらを、良く混ぜて練り合わす

スーパーで買った一番小さい餃子の皮に包む 、、、、40個

半分を水餃子に、、2008_01_31_014syuku  熱いうちに食べよう!、、、、、と言いながら写真を撮るから冷めてしまうよ!

残り 半分は焼餃子、、、、少し取り出すのが早かったかな?

フライパンから取り出す時に、少し、崩れてしまった、、

2008_01_31_016syuku

さて、お味のほうは、、、???

うん! 美味しい

でも、昨日、ラーメン屋 「大王」で食べた美味しい餃子のレベルには、まだまだ達していない。

口の中にジュワーとあふれ出てくる美味しい具のスープ、、フワ~とした外観、この感じが出ていないのだ。

でも、他のお店で食べた餃子よりは、格段に美味しい!

う~ん、、、、次の手は如何に?

モンタも真面目な顔して考えてる!

2008_01_31_007syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (20)

2008年1月30日 (水)

浜松餃子の食べ歩き!

2008_01_27_017syuku 少し寒さが和らいだとはいえ、本格的な真冬の冷え込み、日が照らない日は寒くて、冷えて、外に出るのも億劫になる。

さすがの寒い冬空に健気に咲いてるバラの花も、何時まで枯れずに持つものだろうか?

これは、小さな花のバラ、写真に撮らなければ全く目立たない

カメラの画面の中に収めて、周囲のごちゃごちゃした背景をぼかして消し去る、、

なんと可憐な美しい花であろうか!

美しい花を、より美しく撮る、、

秋山庄太郎先生の言葉を思い出す

今日は、妻と浜松へ行く

全国的に有名になった浜松餃子の食べ歩きをするためである。

餃子といえば、ご存知 宇都宮餃子!

しかし、もともと餃子の店は沢山あったが、全国で浜松市民の食べる餃子の量がもっとも多いのが浜松市!

ということで、浜松餃子が最近有名になったのである、、、、、って皆様はご存知?

静岡といえば、静岡おでん、富士宮焼蕎麦、そして浜松餃子、

浜松餃子を食べずして、静岡県人とは言えぬ!

まずは浜松駅構内の観光協会に

浜松の町の餃子マップをいただく、、、、、2008_01_30_039syuku

ところが、広い浜松市全体に餃子を食べられる店、約140店が点在、、

駅の近くに集まってるわけではないのである

浜松市の地理に疎いナベショーは、どうやって食べ歩きをするのか、、、

2008_01_30_040 2008_01_30_043syuku                               

浜松駅から数百m北、歩いて5~6分、肴町付近に数軒のお店があった。

浜松餃子の特徴は何か?

餃子にモヤシがついていることである、、、と、以前TVでやっていた。2008_01_30_010syuku 2008_01_30_016syuku

こんな風に、焼餃子にモヤシが付け合わされている

今回、妻と4軒の店を梯子した

特に不味い店は無く、それなりの普通の餃子、しかし、一軒のみ、際立って美味しいお店があった。

今までの人生、63年間で食べた中で、もっとも美味しい餃子と言って、決して誇張ではない。

お店の名前は「ラーメンハウス 大王 有楽店」2008_01_30_007syuku

従業員は5~6人、きびきびとした気持ちの良い動き!

今まで、宇都宮餃子を含めて、いろんなお店で餃子を食べたが、このお店の餃子だけは、一個、口に含んで、びっくり!

餃子は、そんなに大きくはない、

モヤシはついていない。

一口噛むと、皮の中から、口の中にジューシーな中身とお汁が一体となってにあふれ出てくるのである

なんという美味しさだろうか!

餃子、されど餃子、、、今まで餃子で、こんなに興奮したことは無い!

三種類の餃子を味わった

まずは、水餃子 2008_01_21_050syuku                                                 

水餃子の胡麻醤油タレ2008_01_30_003syuku                                        

次が、このお店の餃子新メニュー 若布皮の海鮮餃子 

若布を混ぜ込んだ皮に海老、貝、白身魚の具2008_01_30_004syuku                         

最後に、オーソドックスな焼餃子2008_01_30_005syuku                                  

中の具は、豚、キャベツ、ニラのようであるが、野菜が多く、良く練られて柔らかい

フワ~とした感じ、、、しかし、皮の焼いた側はカリっと心地よい!

その皮が、ジューシーな中の具と美味しい肉汁をソフトに包み込んでいる。

う~ん! 我が家でも、こういう餃子が作れないものか!

お値段? 

安い、、、他の店よりもむしろ安いくらいである。

レジで代金を払う時、とても美味しかったと、、

そばにいた、カウンター内の料理人、、ニコッとうなずいてた!

近いなら、幾度でも行って食べたい餃子であった!

餃子の食べ歩き、、、一人だとしんどいが、二人で一皿を注文して食べる

一皿 300円前後、、5~6軒梯子しても、それほどお金もかからないし、お腹も丁度!

モンタ、、お留守番 ごくろうさま!

2008_01_30_035syuky

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (36)

2008年1月29日 (火)

大井川沿いをプチドライブ

2008_01_29_076syuku 

今日も冷たい雨、

義母は今日から二日間のショートステイ

さて、どこへ行くか、、、、寒いから家の中でじ~としてるか、、???

それじゃ、、つまらないし、、、、

で、大井川埠頭から大井川沿いを溯るプチドライブに

大井川港埠頭にある「浜料理 みなと家」で昼食

刺身定食と金目鯛煮つけ定食、それに桜海老かき揚げを注文、

桜海老のかき揚げ2008_01_29_039syuku                                          

これは ボリュームもあり二人で食べて満足、、、さくっとした感触、、美味しい!

刺身定食のお刺身2008_01_29_044syuku                                         

鯵、マグロ中トロ、鰹、海老、烏賊、金目、 十分に二人分  新鮮で何と美味しいことか!

金目鯛の煮付け2008_01_29_045syuku                                              

金目鯛の切り身が分厚いため、美味しい煮汁が十分に魚の身に馴染んでいなかったのは残念であるが、美味しかったよ!

それぞれに、アサリのお味噌汁、茶碗蒸し、おしんこがついてるボリュームたっぷりの豪華定食である。

大井川の堤防に沿った道路を走っていくと、世界一長い木造歩道橋 「蓬莱橋」 長さ897m2008_01_29_058syuku  

明治2年、最後の将軍 慶喜公の幕臣達が、刀の代わりに鍬を持ち、開墾したのが牧の原台地の大茶園、

小舟での大井川の渡航は危険かつ不便、、そこで静岡県令に申し出て、明治12年に完成2008_01_29_071syuku_2

大井川に沿って、大井川鉄道のSLが走る

赤い鉄橋が川を横切る

塩郷駅の近くの吊橋2008_01_29_078syuku を渡ると、広い河川敷にキャンプ場がある                            

そのはずれに、藤沢修平 原作 木村拓也 主演の映画 「武士の一分」のロケ地がある。

盲目になった主人公が、武士の一分にかけて妻を辱めた剣の達人である上司と決闘した最後のシーン

大井川の広い川原、、、、、もう正確な場所がわからない

2008_01_29_081syuku

大井川をさらに溯っていくと、大井川鉄道の駅 「田野口」がある。

昭和の初期の木造の古い駅舎 そのまま保存されている2008_01_29_099syuku_2 2008_01_29_111syuku_2 2008_01_29_109syuku    

夕方の薄く暗くなったころ、汽車から降りてくる母を待った子供の頃の記憶が蘇る。

心の故郷のような、私達の潜在意識の中にある懐かしい原風景である。2008_01_29_098syuku

あっ SLが走っている!2008_01_29_093syuku                                         

あまり、遅くなると暗くなるので、この辺で引き返して自宅へ向かう

大井川に沿った道路の両側は川根茶で有名なお茶畑が広がる。

背後は南アルプス深南部と呼ばれる2000m前後の深い山々

ナベショーも妻と年に数回は登る

2008_01_29_121syuku

お昼にご馳走を食べたので、夕食は昆布の佃煮と烏賊の塩辛でお茶漬け

モンタ2008_01_29_031syuku  ナベショーを上から見下ろすとは、、、

    

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング                       

| | コメント (20)

2008年1月28日 (月)

もうフキノトウが、、

2008_01_27_004syuku

日当たりの良い山道の岸、なんとフキノトウがもうこんなに大きくなって花が開きかけている

2008_01_15_030syuku_2まだ、一月末だというのに、もうこんなに大きくなって!

我が家の庭のフキノトウはまだまだ固く丸まって、なかなか開きそうにはない。

年末から、観察してるが、まだほとんど動き出そうとはしない。

昨年秋、種を蒔いたスナックエンドウが芽を出して、もう20センチくらいまで伸びて地面を這っている。

蔓が蒔きつくための支えを作ってやらねばならない。

ナベショーは一反二畝、約360坪の茶園を管理しているが、実はさらに別に 一反、 300坪の茶園を借りている。

そこは、周囲を竹藪に囲まれた急な斜面、持ち主が放棄した茶園である。

草や羊歯が生え込んで、茶樹はどんどん伸び、側の竹藪から竹の根が入り込んで、春になると筍が沢山にょきにょき出てくる。2008_01_25_071syuku

何とか元の美しい茶園に再生すべく、悪戦苦闘するも、徐々に押されて、ますますジャングル化しつつある。

あきらめるのは簡単だが、側の竹藪も一緒に借りてるので、筍の収穫は将来とも続けたい。

まあ、茶園は半分、または1/3に縮小して、何とか茶園も再生したいと思っている。2008_01_25_syuku

国道一号線藤枝バイパス沿いの山なので、国道を走る車から良く見える。

ナベショーさん 最近 あまり進んでないね~

ますます、竹が生えこんで来てるようだね~

なんて、お茶関係の知ってる人に冷やかされる。

今日はスナックエンドウの蔓が蒔きつく手を作るため、竹を一本切る。2008_01_25_067syuku           

軽トラで畑に運んで、竹の杭を打ち、竹の枝を立てて、紐で結わえて完成!2008_01_25_073syuku        

スナックエンドウ、、さっと塩茹でして、サラダで食べる、、甘くて美味しい

春の収穫が楽しみである。

今日は大きなフキノトウを採って来たので、フキノトウは 天婦羅だね。

ならば、春の魚 ワカサギも、、、2008_01_27_074syuku

スーパーにハウスものの独活も出てるね~

今日は、一足先に春尽くしの天婦羅

左から 独活、独活の先っぽの葉、フキノトウ、下がワカサギ

2008_01_27_077syuku_2

せっかくの独活なので、酢味噌和え2008_01_27_080syuku                                 

一足先に春の料理でした。

モンタ、、寒いのに隙を見て外へ脱出

それ見たことか、、、寒そうに帰ってきた、、、、

早く家の中に入れてよ!

2008_01_28_005syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (22)

2008年1月27日 (日)

ブログ、二年間を振り返り、、、

2008_01_27_035syuku_2 このお花の名前は?

花大根みたいな花だけど、葉っぱが異なる。

鮮やかな紫の美しい花!

忘れてしまってたけど、先日の1月24日で、ブログ「ナベショーのシニアーライフ」が二年目を終えて三年目のスタート!

ちょうど、二年前、息子がブログでお金儲けが、、、、何て言ってるのを嫁さんから小耳にはさんだ。

しょうもないことに引っかかって、取り返しがつかなくなってはたいへんだな~と、、、、

そもそもブログとは何じゃいな?

ホリエモンが自分のブログで身の潔白を、、、なんとかいう相撲取りがブログで、、、

まあ、どんなものか、、と思ったら,、インターネットのプロバイダーTOKAIがニフテイーのココログをやってるではないか!

試しに、チョコチョコと必要事項を入力し始めたら、おやおや2時間もかからないで「ナベショーのシニアーライフ」が立ち上がってしまった!

これは如何に!

会社時代の友人、後輩、たまたま飛び込んだ方、、とか、少しづつ訪問者が増えていった。

その後、ココログにアクセス解析のサービスが始まったので、

どんなサイトから、ブログに入ってこられる方が多いか、、などもわかるようになった。

より多くの方の目に留まりやすい人気ブログランキングにエントリーしてみた。

どんなカテゴリーに属するのか?

料理、猫、花、ガーデニング、写真、旅、、、、ごちゃ混ぜだからな~

シニアーライフだから、本来は日記、雑談、、、かな?

よし!「日記、雑談」のカテゴリーにしよう、、そして数ヶ月

ところが、このカテゴリーには、超有名ブログが並んでいるのではあるが、、、

ほとんどは、年寄りには刺激が強すぎる、、、、、

ならば、料理 に引っ越すか?

ところが、料理 は料理研究家とか料理人とか、レベルの高い料理のブログばかり、、、、

ナベショーの素朴な手前味噌、居酒屋料理じゃ、とてもとても、、、

ということで「花、ガーデニング」が一番無難かな、、、

でも、センスのよい素晴らしい四季のお花いっぱいの素敵なお庭、

花 命 と庭に人生をかけたブログがひしめいている。

花の写真だけでは、とても太刀打ちできないね~

そこで「花」の他に、料理で補強、さらに途中から猫のモンタも応援、蜜蜂も登場、畑やお茶、山や風景、旅の記事でこれでもか、これでもか~と強化する

まあ、そんな具合で、ごちゃ混ぜブログになってしまった。

ところが、応援してくださる方が次第に増えて、「花、ガーデニング」のカテゴリーで、とうとう二位になってしまった。

以前、瞬間風速で10位になったときは、まさか、まさか信じられんと、、友人達からお祝いのメールが来たほどであった。

ナベショーに、そんな才能があったとは知らなかったという、、、なんと人を見る目が無いことよ!

会社時代に気づいて欲しかった!

親しくコメントで励ましてくださる方々も素晴らしい方ばかりである。

最初に、Google や yahoo などのキーワード検索でやってこられる方も多い

この二年間、キーワード検索で入ってこられた頻度の多いブログを紹介しましょう。

秋からず~と毎日トップのブログ

銀杏の調理  銀杏を電子レンジで調理することの是非を検証した実験の記事

次に多かったのが、、これらである

大根の甘酢漬け   簡単で美味しく、直ぐに食べられる大根の漬物

鮭の料理    しばしば紹介する冷凍新巻鮭 丸ごと一本の料理法

貴婦人のキス これはイタリアの古いお菓子 アーモンドチョコレートクッキーのレシピー

カリンジャム  この美味しいカリンジャム、、、意外と知られてないようです。

季節になるとぐ~ンとアクセスが増えるのが、これらのブログ

青紫蘇の実の佃煮   新生姜の佃煮  野蕗の佃煮、、、、

旅行、旅では ほぼ毎日のように数件のアクセスがあるのが

富山 新湊で泊まった民宿 信一  今まで体験したことの無いすごい魚料理

大阪梅田の赤い大観覧車  ナベショーのブログの中では最高の作品であると自画自賛

歴史ものでは

藤枝に墓のある戦国大名 今川家の軍師 雪斉  

これらのブログはGoogleやYahooのキーワード検索のトップまたは2ページ目にアップされている。

これじゃまるで料理ブログ、、

花に関するのが無いのは残念しごく、、、

ナベショーのシニアーライフ」というタイトルのごとく、会社人生を終えて定年退職する団塊の世代を対象に

楽しい第二の人生を送っていただくことが、このブログの目的なのだが、、、、

読者の大部分は、ご婦人の方々のようである。

花、料理、猫 旅、、、確かにこの内容じゃ、男性向きではないね~

三年目、、これからもよろしくお願い申し上げます。

モンタだけに会うために訪問して下さる方も多いようですね~

2008_01_27_071syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (51)

2008年1月26日 (土)

横浜の中華街へ

2008_01_26_005syuku

横浜の中華街

大学の研究室の一年後輩のTさん 化学大手のM化学(株)に入り、今は退職して関連会社の仕事をやっている。

現役時代から、時々会っていたが、退職してからは年賀状で、今年こそはお会いしましょう と、

今日はTさんの住む横浜へ

普通列車で、静岡から横浜まで3時間、、浅田次郎の「蒼穹の昴」を読みながら、、、ついに4巻まで読んだよ

中華街で昼の食事をしながら、懐かしい話や、友人達の消息、これからどのように生きるか、、など話は尽きなかった

ナベショーは、家族とともに広島に10年住んで、平成元年に東京へ単身赴任、家族は妻の実家の静岡へ、、

単身赴任は東神奈川のマンションに住む、

ちょうど、みなとみらいで横浜博覧会が開催されて、土曜日の午後に子供達が静岡からやってくる。

博覧会の跡地は、沢山の高層ビルが立ち並び、ビジネス街となっている。

東神奈川から新横浜へ迎えに行き、この中華街でお腹いっぱい中華料理を食べて、単身マンションに泊まり、

翌日の日曜日に横浜博を見て、夕方帰る。

次男は、まだ小学生だったが、肉マンを15個だったか20個だったか、お土産にリュックにいっぱい詰めて帰った。

学校でクラスの先生や友達への土産だったそうだ。

中華街は20年前の記憶よりも、さらに通りも増えて大きな町になっているようだった。2008_01_26_009syuku

大きな寺院もあり、土曜日だったのか、人で埋まっていた2008_01_26_012syuku                     

山下公園、赤レンガ倉庫、、、、たくさんの見るべき名所がある。

これから、時々、静岡から東のほうへゆっくり遠出するのもいいなあ~

関西出身のためか、どうしても、ちょっと出かけるとなると、土地勘のある西のほうへ足が向いてしまうものである。

モンタ、、怖い顔してるね!

2008_01_20_014syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (25)

2008年1月25日 (金)

久々の魚デー!

2008_01_25_028syyku

木瓜の蕾が膨らんできた。

これは寒木瓜、、

5月頃まで、次々といろんな種類の木瓜が開花する

この花も一輪挿しの花瓶に一枝生けると様になる。

冷蔵庫、冷凍庫の中が、ついに空っぽになって、妻から福一へ魚を買いに行くお許しを得た。

福一焼津流通センターの店長Oさん

ナベショーさん 御前崎の鰹があるよ!2008_01_25_042syuku                             

美味しそう、、、、でも、こりゃ~大きすぎるよ!

マグロはどうかね?2008_01_25_043syuku                                            

うちは料理屋ではないぞ~

ながらみが今日も2008_01_25_045syuku 安いよ~                                   

一箱 1470円、、、どうしょうか、、、どうしょうか、、、

さっと塩茹でして、中の身を取り出して、冷凍しておけば、炊き込みご飯、スパゲテイー、

卵とじ、チャーハン、、、いろいろ使い道がある

また衝動買いした、、私も一緒に行かないと駄目ね~ と妻の怖い顔が、、、、

今日は ナマコが安いよ!2008_01_25_044syuku_2                                       

おお! これなら一個くらいどういうこったね~

出きるだけ小さいのを選んで買い物篭に、、、

ナマコはね! 大きいのは硬くて噛めない、、

小さいほど、柔らかくて、普通は値段が高い

おお、このハマチ、、、、一本買って、刺身で食べて、切り身にして西京味噌漬けに、、2008_01_25_048syuku 鰤大根に、、

ナベショーさん、、このハマチは3日前のだから刺身は駄目、、買わないほうがいいよ、、

と店長さん

ここ数日、海が大時化で近海の魚が少ない、、、しょうがないな~

やはり、これか~  、、、と冷凍新巻鮭をゲット!2008_01_25_062syuku_2                         

ついでに、これも、、、小女子の干物2008_01_25_051syuku   

これ、読めますか?

こおなご って読みます。

いかなご の別名

1~2センチの小さいのの生を佃煮にしたのが釘煮

関西では早春になると、どこの家も釘煮をたくさん作って、親戚に贈る

関西の春の風物詩である。

関西では、2年もの、3年ものの大きくなった小女子の茹でたのを売っている

これを、じゅ~と焼いて三倍酢で食べる、、、、こんな美味しいものは無い

この2年物の小女子の干物  即、迷うことなくゲット!

お昼ごはんのおかずは、、、2008_01_25_058syuku もちろん 小女子の干物の焼いたの!             

じゅ~と脂がにじみ出て、、、美味しい!

これ、、マグロ君様の伸漁丸にもあったかな~?

冷凍鮭を解凍して、包丁でさばく2008_01_25_078syuku 2008_01_25_081syuku                                 

頭を落とし、二枚におろし、中骨を取って三枚にして、一枚は皮ごと切り身に、、

切り身は焼いたり、西京味噌漬けに

もう半分は、布巾で滑らないようにして、皮をはぐ

冷凍してルイベに、また塩して酢で〆て、、、

頭の先は薄く切って,氷頭ナマス、骨や皮のアラは潮汁や粕汁、焼いてお茶漬けに、、

部位によって切り分けて保存2008_01_25_108syuku                                 

この後は、妻にバトンタッチ!

2000円の鮭一本、、がこうなります   お買い徳でしょう!

今日の夕食料理は、、

ナマコの酢物2008_01_25_111syuku

鮭の氷頭ナマス

頭を薄く切って、酢に漬けるだけ、、

2008_01_25_114syuku

マグロの立ち落としが安かったので、、、

マグロとアボガドサラダ   これを柚子ポン酢で、、、でもやはり山葵醤油が美味しかった。2008_01_25_115syuku

蛋白質ばかりだと、、、、野菜も、、

2008_01_25_116syuku 畑のほうれん草の間引きの和え物、

根もついてるので甘い

ついでに,もう一品

ネギを茹でてオヌタを2008_01_25_118syuku

モンタ、、、この間、モデル猫ばかりやったから、今日は眠り猫!2008_01_25_121syuku              

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (24)

2008年1月24日 (木)

秋山庄太郎 女優さんの写真

2008_01_24_034syuku すでに亡くなられたが、秋山庄太郎先生

女性を撮り続け、後半からは花も撮られた。

美しいものを、それ以上に美しく撮ることに生涯をかけられた、、

ナベショーも主に花を撮り続けるアマチュアであるが、美しく撮れた時は嬉しくなる

美しいものを美しく撮る、、それ以上により美しく撮ることが、いかに難しいことか!

女性を撮る有名な写真家 篠山紀信氏だったか、他の写真家だったか、、忘れたが、

こんなことを言っておられた。

その女性、女優さんを初めてモデルで撮る時、

幾度も沢山撮って、数日後に再び撮って、また数日後に撮る

この間、お茶飲んだり、雑談したり、、、

そうして、次第にカメラを向けられること、シャッター音に慣れてきて、写真家に対して構えや硬さが消えて、自然な表情、ポーズに出きるようになった頃、はじめてカメラにフィルムを装填する。

今までは、フィルムの入ってないカメラで、ひたすら、カチャ、カチャと空撮りしてたのである。

もちろん、その女優さんは、そんなことは知らない!

なるほどな~ と、なかなか含蓄のあるお話である。

秋山庄太郎先生の作品集から、往年の女優さんたちの写真を紹介しましょう。

クリックして、写真をアップしてご観賞ください。 2008_01_24_003syuku 2008_01_24_007syuku 2008_01_24_008syuku 2008_01_24_009syuku 2008_01_24_010syuku 2008_01_24_013syuku 2008_01_24_014syuku 2008_01_24_016syuku 2008_01_24_018syyku 2008_01_24_021syuku 2008_01_24_023syuku 2008_01_24_024syuku 2008_01_24_026syuku 2008_01_24_027syuku 2008_01_24_028syuku 2008_01_24_030syuku 2008_01_24_075syuku 2008_01_24_078syuku 2008_01_24_077syuku 2008_01_24_079syuku 2008_01_24_080syuku 2008_01_24_082syuku

2008_01_24_020syuku 2008_01_24_032syuku_3

2008_01_24_081syuku 2008_01_20_005syuku

いかがでしたでしょうか!

NHKの朝の連続ドラマのチリトテチン 出演のおばあちゃん役の江波杏子さん

怪しいほどの美しさと凄み、、、、

吉永小百合さんも可愛いですね。

女優さんたち、、どの方もお分かりになったでしょうか?

ナベショーは、幾人かわからない方があります。

写真には、女優さんの名前が記されてないのです。

「花、ガーデニング」のブログなので、秋山庄太郎先生のお花の写真も、、、2008_01_24_029syuku 2008_01_24_031syuku 2008_01_24_036syuku_2 2008_01_24_083syuku

モンタがどこかに行っちゃったぞ、、、?

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (22)

2008年1月23日 (水)

花の写真 秋山庄太郎先生

2008_01_20_107syuku

侘び助 椿

ほとんど白に近い色、、、近くの住宅団地を散歩してた時、白い侘び助が一個のみ咲いていた。

ナベショーの庭のはピンク

これは、ほとんど白に近いが、ほんのりとピンクがかかっている

先日の侘び助と冬空のバラが、ナベショーの技術にしては、上出来すぎたので、後が続かない。

十数年前、花の写真を撮り始めて間もなく、倉敷へ行く機会があった。

倉敷で毎年3月に開催されるウオーキング大会に参加するためである。

倉敷駅に着いたら、デパートで「秋山庄太郎 花の写真展」その初日!

さっそく覗いてみたら、会場に、その「秋山庄太郎」先生がいらっしゃるではないか!

もう、びっくり  

秋山庄太郎先生は、花の写真、それから女性のポートレートでは、日本の代表的な写真家、

大御所に近いかた!

以来、先生の写真集は、いくつか購入して、よく眺めたが、美しく素晴らしい写真ばかりであった。

女優さんも、お花も、美しいものを、かくも美しく魅力的に撮ることが出来るとは!

ある時、写真フィルムメーカーのF社を仕事で訪問した事があった。

通された応接室の壁にトルコギキョウの花の写真が飾ってあった。

しかし、額の前面ガラスはタバコの油煙で汚れ、写真は少しずれて歪んでいる。

用件が終わった後、おもむろにその花の写真について訊ねてみた。

自分が趣味で花の写真を撮っており、F社のリバーサルフィルムをかなりの本数消費してること、等など、、

の前置きの後、

「ところで、この写真は、かなり粗末な扱いを受けてるようですが、差し支えなければナベショーに譲っていただけないでしょうか?」

と切り出した。

F社の部長さん、、課長さんに

「これ、何時からかかってるか知らんけど、、いいよね~」

課長さん

「特に、、、いいんじゃないですか~」

ナベショー、、その写真を額ごといただいて、事務所に急いだ

はやる気持ちを抑えながら、帰るなり、額から写真を取り出した

写真がずれて、歪んでいたために見えなかったが、写真の下の端っこに

まさしく「秋山庄太郎」自筆のサインが現れたのである。

もしや、、と密かに期待してたように、、、

先生は、もう既に亡くなられたが、、、、、

今日のモンタは、秋山庄太郎先生風に撮ってみました。2008_01_21_054syukusyou                   

まあ、こんな風にソフトフィルターで輪郭をぼかした写真ばかりではないけれど、、、

今日は雪こそ降らなかったが、終日冷たい雨、、

久しぶりの屋内作業、、、

パソコンのデータ整理や部屋の掃除

晴れた日ばかりだと、屋外作業が主になるので、中がメチャメチャになってしまう

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (22)

2008年1月22日 (火)

久々の関西へ

2008_01_21_001syuku

伊吹山

全国各地は雪、、、という予報、、、

関が原、米原は雪かな、、、、もし、雪が積もってるなら、途中下車して雪道を歩きたいなあ~

2008_01_21_004syuku と思ったけど、、、、

伊吹山の山頂付近や、琵琶湖北の山々の頂付近に、昨夜に少々降った雪が見えるのみ、

平地にはまったく積雪なし

例年と比べてめずらしいことである

春または夏、青春18切符で、関が原の古戦場を歩き、また伊吹山に登ってみたいと思っている

京都駅で途中下車、地下鉄で四条烏丸へ

京都の中心、四条通りを歩き、鴨川へ2008_01_21_023syuku_2

先斗町にも雪は無かった

マヒナスターズのお座敷小唄なんて流行ったのは何時頃だったろう?

京都府出身とはいえ、京都の町をほとんど知らない

京都駅から、地下鉄が走ってることさえ、最近まで知らなかったのである。

2008_01_21_027syuku

2008_01_21_031syuku 南座、、、これも初めてではないだろうか?

京都の地理の感覚が分からない

二条、三条、四条、、、、

堀川通り、烏丸通り、河原町通り、鴨川通り、、

それらの条と通りが交差した五番目になってるんだけど、、、

京都の寺院、有名な観光コースだけではなく、周辺の多くの寺社、史跡などを、ゆっくりと回りたいものである。

京阪電車で、大阪淀屋橋、さらにJR大阪へ

ナベショーが勤務してた会社の大阪本社と大阪営業事務所が昨年夏に大阪駅前移転した。

新しい本社を是非見に来てくださいとのお言葉に甘えて、やってきたのである。

しかし、聞いた場所を書いたメモを忘れてきたよ、、、トホホ!

確か、毎日新聞のビルだったかな~?

昔、入学した大学が中ノ島の堂島川沿いにあった時、大阪駅から歩いて通った。

たしか、桜橋交差点から、ず~と歩いて行く途中に、大毎地下劇場という映画館があった。

洋画が3本で100円、、大学の帰りに良く見に行った。

今も有名なスクリーンミュージックの映画は、ほとんど、ここで見たな~

「シェルブールの雨傘」なんか3回も見た。

大阪駅の前、全く変わってしまい、高層ビルが沢山立ち並んで、全く、かいもく分からない2008_01_21_034syuku

仕方が無いので、毎日何とか,かんとかいうビルはどこですか?

って聞きながら、やっとたどり着いて、表示板に、会社の名前を発見した。

毎日新聞社の隣のビルだった。

2008_01_21_035syuku

会社のある階でエレベーターを降りたが、最近は、セキュリテイーのために、受付を通して内部の人を呼んもらわないとオフィスに入れない。

以前は、フリーパスで、ヨオッ!なんて言って、勝手に入っていったものだが、、、

まずはトイレに入ったら、よく知ってる社員に出会った。

ナベショーさんお久しぶり、、、どうぞ、わたしと一緒に、、、とオフィスに入れてもらった。

しかし、昔、大阪営業事務所で好き放題やってたのは、かれこれ8年前、、

知った人間も、少なくなっている

オフィスの窓からは、大阪駅北側の再開発地域が良く見える

5~6年後は、どんな風に変貌するんだろうか?

2008_01_21_036syuku

5年間、新事業の立ち上げのために、頑張ってくれたM君、、、

残念ながら計画通りの成果が出るのが遅れて、組織を解散、事業開発室の幕引きをせざるを得なかった。

出身事業部に出戻るのを潔しとせず

同時に、ナベショーは会社を辞めて、全く関連の無い子会社に転籍した。

男の美学だな!

ナベショー55歳の時であった。

私の出身事業部に移ったM君は、大阪の営業を一手に担当しながら、執念深く市場開拓を続けた。

M君の頑張りのおかげで、2年前には、生産設備を増強し、やっと日の目を見たのであった。

設備投資を決める企画会議において、社長が、他の役員さんたちに

「ナベショーがいたら、一番喜んだろうな~!」と言われたと、、、

そんなことで、M君たちと美味しいお酒と料理を食べて、懐かしく楽しい時を持たせていただいた。

そんなM君も41歳、立派な課長さんである。

彼が60歳になる頃は、ナベショーは生きてるだろうか?2008_01_21_040syuku

80歳を越えている、、、

モンタ2008_01_20_012syuku  昨日のモンタとは別人〔猫)みたいでしょう。

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (16)

2008年1月21日 (月)

英会話奮闘記(13)

2008_01_20_135syuku

山茶花の花

11月頃から咲き始めた山茶花、

さすがに、一月も半ばを過ぎると、開き切ったのや、花びらが褐色に痛んだのやら、、、

ボツボツ終わりである

しかし、これは綺麗でしょう!

バラではなく山茶花です。

ナベショーの英会話奮闘記(13) 思い出のヨーロッパ出張

ロンドンのホテルに忘れてしまった下着とワイシャツ

幸いなことに、手持ち用にバックに一揃い入れてあったのである。

したがって、身に着けてるものと、着替え用 あわせて 2セット

これで、あとの3週間をくるくる回転させて着続けることになる

ホテルでシャワーする時に洗って、バスルームに架けておくと、翌朝にはほぼ乾いている

妻が心配して、いろいろ揃えてくれるが、

まあ~ これだけの着替えでも何とかなるものである。

出張2週間から3週間目くらいになると、何となく精神的におかしくなってくる

昨日のこと、一昨日のこと、、直ぐには思い出せなくなってきた。

どこの会社を訪問して、どんな人に会ったか、、記憶を直ぐに呼び出せないのである。

それどころか、一週間前、二週間前、、、、日本を出発したのが、はるか半年、一年前のことのように思える。

だから、今日の訪問記録は、直ぐに書いて、ホテルから日本にファックスしないと、どんどん忘れてしまうのである。

観光したこと、楽しいことなどは、ホテルの便箋に絵入り文字で書いて、自宅にもファックスした。

ちょうど、提携先のベルギーの会社へ2か月前から語学を兼ねた研修に来ている部下(広島での米軍基地へ英会話を学びに行ったA君)と休日に会う事が出来た。

彼曰く、、、

「最近、無性に寂しくなって、空港の近くに行くんです。

赤い鶴のマーク、JALが上空を飛び立っていくのを見ると、涙がぽろっと流れてくる、、、」

我々も、後 二週間、、、、出発する時、歯抜けだらけだったスケジュールも、ほとんどギッシリと詰まっている

ロンドンだけで5回、出入りした。

オランダ、ベルギー、ドイツ、デンマーク、フランス、スペイン、オーストリア、イタリア、、、主要なヨーロッパの国と都市、、

ほとんど、訪問した!

朝はホテルの豪華なバイキング料理、

沢山の種類のハム、ソーセージ、チーズ、魚の酢漬け、果物、、、

昼は、ほとんど訪問先の会社の人とゲストハウスのレストラン、あるいは郊外のレストランで食べることが多い

夜は、接待が無くて、二人だけのときは、日本レストランを探した

見つからない時は、中華、次はコリアン、それも無い時はイタリアン

日曜日はレストランが休みのところが多いので、自然と中華レストランに行くことが多くなる。

後、二週間、、、、後、一週間、、、日本を発ったのは何時のことだったろうか?

(続きは また後日)

モンタは、一日のうち、もっとも暖かいところを移動する、、、

朝、冷え切った部屋 石油ストーブに点火すると、、、、

2008_01_20_023syukusyou_2

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (24)

2008年1月20日 (日)

冬空のバラ

2008_01_20_053syuku

冬空に咲くバラ

今日は特に寒くて、全国的に雪のところが多いという、、

明日も午前中は雪らしい2008_01_20_071syuku

午前中は晴れていたのに、午後はどんよりと曇り空

この灰色の空をバックに咲くピンクのバラ  また趣を感じさせる美しさ!

15年前、カメラ屋さんに、花の写真を撮りたいと相談したとき、

一眼レフのカメラに装着する交換レンズはマクロレンズ 

これ1本で3年間、花を撮り続けなさいと言われた。

他の標準レンズ、望遠ズーム、広角レンズ、、

それらは必要なし

ひたすらマクロ100で花を撮り続ければ、写真を撮る上での基本的なことを身体が覚えるでしょう、、、と。

光、構図、背景処理、、、

それからプロの作品をたくさん見ること

他の交換レンズはその後でいいよ!

これこそどうだ!と気に入った作品を見せても、

いつもケチはつけるが、誉めたことが無かった。

「迫ってくるものが無い」

「何をとりたいのか分からない」

「電線が写ってるよ」

「背景がごちゃごちゃうるさいね」

、、、、、、

そうして、数年後、真冬の白い雪と灰色の空をバックに撮ったピンクのバラの花

写真屋さんは、にこりともせず、富士ネイチャーコンテストの応募案内書を差出し

「ナベショーさん こんなのもあるよ!」

そういうわけで、冬の灰色の空をバックにしたバラの花には思い入れがある。

この蕾は何時ごろ咲くのだろう?

花びらが開く時、撮ってみたい

2008_01_20_062syuku

白とピンクの色合いが美しいね!

2008_01_20_070syuku

農家の側の畑の隅の忘れられたようなバラの木

茶色に変色し、枯れかけた花の中に、こんな美しい花が残ってるとは誰が知ろう

ほとんどの人は、目も留めずに通り過ぎてるのだろう

2008_01_20_078syuku

今日は、ときおり小雨がポツリ、ポツリ、そのうち雪花が舞いそうな午後だった。

2008_01_20_086syuku_2   

今日は、存分に冬のバラを楽しむことが出来た!

今日の夕食は、昨日買ったエテガレイの干物のムニエル2008_01_20_154syuku                  

薄塩の一夜干しのカレイ、、干物は焼いて食べる以外に、ムニエルが美味しい

むしろ、生よりも美味しさが濃厚である。

今日のモンタ、、どうだ! こんな顔だって出きるんだぞ~2008_01_20_006syuku

明日から、ちょっと二日ほど関西へ

ブログはモンタが更新を!

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (26)

2008年1月19日 (土)

青春18切符の旅、ぐるっと一周!

2008_01_19_004syuku

朝 8時前に自宅を出たので、そんなには遠くに行くことは出来ない。

青春18切符も期限は20日まで

一枚残った切符で日帰り汽車の旅

大学入試センター試験のため、電車も静岡駅構内も高校生、若者でいっぱい!2008_01_19_002syuku     

今年最高の冷え込み、0度だったが、電車の中は日が射して暖かい

すこし霞がかかっているが、雪を被った富士山

新田次郎の小説 「怒る富士」 の富士山の噴火、それによって出来た宝永山の火口が良く見える

東海道線を東に向かって進み、熱海から快速に乗り換えて、茅ヶ崎へ、

茅ヶ崎から相模線で八王子へ

ちょうど手前の橋本駅でお昼、ホームに漂う良い香りに導かれて、かき揚げ玉蕎麦を!2008_01_19_008syuku

八王子から中央線に乗り換え、、、

高尾で乗り継ぎ、さらに中央線を甲府へ2008_01_19_012syuku

甲府は盆地、町の周囲は丘陵、葡萄やモモなどの果樹園やワイナリー2008_01_19_022syuku2008_01_19_027syuku 

はるか遠くには南アルプス

薬師岳、観音岳、地蔵岳のオベリスク、右手には甲斐駒ケ岳

2008_01_19_043syuku

甲府から見る富士山2008_01_19_039syuku

甲府では、甲州ワインを買って、身延線に乗る

ここは、幾度も乗った線なので、終点の富士駅まで読書に集中

4巻ある浅田次郎の「蒼穹の昴」 の一巻を読み終えた。

静岡では、またまたセンター試験を終えた高校生たちでいっぱい

静岡駅で途中下車

静岡パルシェの塩干物の店、吉川水産の伸漁丸へ 

店長さんの姿は見えなかったが、若いお嬢さんがお店番

例のごとく、好物のニギスとエテガレイの干物を探して買ってると、

お嬢さんが、首から下げてるカメラをみて、、、

「写真 撮ってられるんですね。  ブログをやってられないですか、、?」

「はあ~、、、、」

「ナベショーさんではありませんか? 伸漁丸を検索した時、ナベショーさんのブログを見ました」

これは、マイッタ マイッタ 完全に素性が割れてる!

80時頃、自宅に帰りついた。

買った干物はこの通り2008_01_19_055syuku 2008_01_19_059syuku  ニギスの干物二箱とエテガレイの干物、それに茹でシラス

甲州ワインと、これを買うために、今日は青春18切符でぐるっと一周してきたんだ!

お風呂に入って、遅い夕食

おかずは当然2008_01_19_062syuku !                                          

薄塩のエテガレイとニギスの干物、、、こんな美味しい干物は無い!

これ、ムニエルにしても美味しいよ!

数匹づつラップして冷凍庫に保存

今日のモンタは、そんなにまるまるではないよ!

2008_01_17_129syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (22)

2008年1月18日 (金)

昆布の手作り佃煮

2008_01_13_055syuku

日本水仙

この水仙は黄色に黄色、

他に白に白、白に黄色という組み合わせは歩けど、黄色に白というのは、まだ見たことが無い。2008_01_17_119syuku

しかし、こうしてよく見ると、水仙の花は全部ばらばらで勝手な方を向いてるね!

上を見てるのも、横を向いてるの、下を向いてるの、斜め下の、、、

まったくまとまりが無いことはなはだしい!

昔に、数株植えたのが、だんだん増えて、沢山の株になった。

花のあと、球根の周囲に肥料を蒔いておくと、また元気に葉を繁らせて、来年再び花茎を出す。

ほっておくと、葉ばかりで、花茎が出なくなってしまう。

水仙はヒガンバナ科、リコリンという猛毒のアルカロイドを含むので、くれぐれも口にしないこと!

花壇の側の畑でニラを栽培し、誤って収穫したニラに水仙の葉が混入、

家族全員中毒、、、こういう類の事故が毎年後を絶たないそうである。

お正月のお料理のお出汁を取った後の昆布、その後、お味噌汁や煮物の出汁に使った昆布

それらは、もったいないので冷凍庫に保存している。

貯まってくると昆布の佃煮をつくる。

出汁を取った後の昆布ばかりでは、美味しくない。

出汁をとる前の昆布も半分使う

昆布は知床の羅臼昆布、、、ナベショー家の唯一の贅沢

2008_01_18_001syuku 2008_01_18_007syuku

さらに、干椎茸と山椒の実2008_01_18_005syuku 2008_01_18_009syuku

昆布と干椎茸は水で戻して、適当な大きさに切り、戻した出汁水と一緒に鍋に入れて、醤油、味醂、砂糖を加えて、くつくつと煮る。

水分が無くなるにつれて醤油を足し、味加減を見ながら砂糖も加える。

山椒の実を適当に加えて、最後に水分がなくなるまで煮詰めて出来上がり!2008_01_18_019syuku

市販の佃煮よりも塩辛さは控えめ

御飯がどんどんすすむよ

プラスチックの容器に入れて冷蔵庫で保存する。

ちょうど、食べつくして無くなる頃には、また冷凍庫に出汁を取った昆布が貯まる

この昆布は羅臼昆布、とても柔らかいので、酢など加えて煮なくとも良い。

今日は久しぶりに餃子を作った

白菜、ニラを刻んで塩振って揉んで絞る、

ひき肉、生姜、ニンニクを加え、さらに胡麻油を少々加えて、良く混ぜて、市販の餃子の皮に包む

まずは焼き餃子(一人分)2008_01_18_013syuku

次に水餃子2008_01_18_011syuku

義母は餃子が大好きらしい。

5個お皿につけたけど、全部食べて、なおも催促、、、全部で7個食べた。

単身赴任中も、餃子は良く作った。

焼き餃子、水餃子、余った中身を団子にしてスープ、ハンバーグ、、、、

挽肉のかわりに海老を使ったり、、、

餃子の皮はあまり厚くて大きいのは美味しくない。

薄くて小さめのほうが美味しい、

中身と皮の比率は美味しさに関係してるようである。

このモンタはお目目パッチリだよ!

2008_01_17_110syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (17)

2008年1月17日 (木)

侘び助 椿

2008_01_17_078syuku

侘び助 椿

侘び助は椿の中では、小さくて一重の花、2008_01_17_118syuku

ネットで調べると、文禄、慶長の役の際に、侘助という人が(朝鮮から)持ち帰ったと言われているそうである。

色は白、ピンク、赤、などいろいろある

初めて、侘び助の花を見たとき、欲しくなって、ピンクと濃赤の二本の苗を求めて庭に植えた。

成長が遅くて、なかなか大きくならなかったが、最近、やっと枝が張ってきて、ぐんぐん伸びるようになってきた。

ピンクの侘び助は今咲いているが、濃赤のは春になってからである。

最近、二回ばかり、このピンクの侘び助の写真を載せた。

なかなか写真に撮るのが難しい花である。

一昨日にも、ブログに載せたが、読者のcoltlampさまより、椿は花に比べて葉っぱの自己主張が強すぎるので、生け花には、椿の葉を落として生けるとのコメントをいただいた。

なるほど、、そういうことだったのか!

やっと、納得!

といっても、納得したからといって侘び助に挑戦しないのは無い。

美しい花を人の視覚以上に美しく撮りたいと思うのがカメラマンの人情

本来、マクロレンズの機能を使えば、これくらいにはアップできる

雌しべと取り巻く雄しべの集合体、、ちょっとアップしすぎたかな?

2008_01_17_082syuku

これくらいなら、オーソドックスな感じだね!

2008_01_17_085syuku

こういうコントラストの強いアップ写真はいかが?                          2008_01_17_088syuku   

こんな感じのほうが無難かな?

2008_01_17_093syuku

今まで、侘び助は難しいとの先入観のため、あまりカメラを向けることが少なかった。

でも、まあ、、未熟ではあるが自分なりに満足できる範囲内で綺麗に撮れたかな

今日は、朝から携帯が見つからなくて、困った。

家の中のあらゆる部屋で、別の電話からかけて、受信音を聞こうとしたが、マナーモードしてるためか、手がかり無し、、

今朝、可燃ゴミを出した時、ゴミと一緒に紛れて捨てたのだろうか、、、

まあ、電話アドレスの整理になって、ちょうどいいかな~

夕方、妻が家の中、外回りをぐるっと一周

ありました!

庭の芝生の上、引いた草や枯れ枝の山の間に、、、

だんだん、こういう探し物に費やす時間が多くなりそう、、、、

今日の料理

昨年末、塩時鮭の冷凍を一本買って、ルイベ用に冷凍してあった身のブロックがまだあった。

ネギや生姜、ニンニクなどの薬味で食べるタタキ

少し、塩味がするので、ちょうど良い美味しさ

まだ、半分 凍ってるよ!

2008_01_17_136syuku

焼き物用の切り身でしか売っていないところが多い、

丸ごと一本買えば、こういう食べ方も出きるのに、、、、

昨日、義母が好んでたくさん食べたので、クワイ、山芋に加えて里芋のチップス2008_01_17_132syuku      

モンタの丸々のお顔、好評につき、今日もポーズ!

眩しくてお目目つぶってるけど、、、

2008_01_17_112syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (32)

2008年1月16日 (水)

蝋梅の花

2008_01_15_040syuku

蝋梅

暖かかったり、寒くなったり、、今年の蝋梅は、年末から新年にかけて、1~3部咲き

二週間経って、ほぼ7~8部咲き、

庭いっぱいに良い香りを漂わせている

これからは、花が少しずつ褐色に生り、汚くなってしまう

2008_01_15_034syuku

花のほとんどは下か横を向いて咲く2008_01_15_043syuku                                

たまに、上を向いているのもある2008_01_15_047syukuが、稀である                          

半透明の蝋細工の花びらのようなので、蝋梅

決して 老梅 では無い

10年前に庭に植えた蝋梅の木、もう5mくらいに成長し、そうとう思い切った剪定をしないと、

お化けのように繁ってしまう

今日も一日、庭の手入れ

脚立に登って、桃の木の剪定

落っこちて腰の骨を折らぬように、注意しながら、、、、

12日に作った米麹、柚子いり烏賊の塩辛、、

ちょうど良い塩梅に出来上がったよ!

12日の配合直後2008_01_12_015syuku

冷蔵庫に入れて毎日かき混ぜて、熟成 出来上がり2008_01_15_061syuku !!!                  

柚子入り烏賊の塩辛、米麹入り烏賊の塩辛、、、いづれもネットで検索すると出てくるが、

柚子、米麹、烏賊の三点セットの塩辛は出てこない、、、

こんな美味しい塩辛は、他に無いのにな~

12日に三枚におろして塩してた真鯖を酢で〆た。2008_01_15_095syuku                       

塩してる時間は幾日でもいいが、酢で〆る時間は、半日、せいぜい一日が美味しい

おまけに、もう一品

年末に買って、残ってたクワイ、畑の山芋を小麦粉つけて油で揚げる。

ついでにニンニクも、、、、、塩をパッパと振って暖かいうちに、、2008_01_16_003syuku                 

義母は しめ鯖よりも、先に山芋のから揚げに箸を伸ばし、さらに余分に自分の皿に数切れ運んだよ!

今日のブログは、花も料理もでした。

でも、料理と言っても誰でも知ってる単純なものだけどね、、、

モンタ、、怖い顔してるよ!

2008_01_14_066syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (26)

2008年1月15日 (火)

藤枝東 サッカー準優勝パレード!

2008_01_15_014syuku 侘び助椿

ナベショーの花の作品としては、珍しい撮り方

侘び助は、一つの花をアップしても、イマイチ、、、、

先日は小枝を一輪挿しの花瓶に生けて、部屋で撮影

これは、野外にて数個の花、枝、全体の一部分

ぎりぎりの構図、、何とかまとまった絵になったかな~

絵画や生け花の素養でもあれば、もう少し花の写真にも生かせるのだろうが、、、

昨日、今日と晴れの日が続いたので、畑へ行き、ツルハシで掘り起こして畝の拡張

しかし、土が湿っているので、今までに耕した土を踏みつけると、泥どろに固めてしまう、、、

仕方なく、午前中でお仕舞い

午後は、我が雑木林風里山ワイルドガーデンの手入れ、草引きを行う

昨年秋からの枯れた野菊やサクラタデを刈り取り、芝生に生えてきたタンポポやハコベ、その他諸々を引く

雑草や枯れ草の掃除の、次の作業は、昨年の剪定枝の堆肥、コンポストの生ゴミ堆肥、

豚糞堆肥を庭の樹木やバラ、牡丹の下に埋め込む作業

その次は、果樹、樹木の剪定

剪定枝を押し切りで細かく切って、枯れ草と共に積み上げる、、、、これは来年の堆肥となる。

梅は花が咲き終わってから剪定する。

さて、夕方には、昨日の高校サッカー決勝戦で負けたけれど、立派な準優勝

藤枝東の選手達の市内パレードである。

手に手に旗を持ち、まだか、まだか、、、、と待ちわびる

2008_01_15_071syuku

おおっ! 来た来た、先導の白バイ

2008_01_15_075syuku

自衛隊のジープに乗った選手達 キャ~、、おめでとう、おめでとうの声援

パレードは藤枝駅から白子通りを進んで、藤枝大手交差点でUターンし、藤枝東高校へ

2008_01_15_079syuku

選手たちの喜びに溢れた顔、顔、顔                          

2008_01_15_080syuku  

みんな、まだあどけない可愛い顔の高校生

でも、とても素晴らしい顔、良い表情!

大きなことを成し遂げた達成感に満ちた顔!                              

2008_01_15_081syuku

堂々たる準優勝の表彰状                                         

2008_01_15_090syuku 

笑顔の服部監督の姿も!

2008_01_15_091syuku 

日本の高校サッカー草分け、、サッカー王国の藤枝

にもかかわらず日本で開催されたサッカーワールドカップの試合会場、

静岡では、清水と磐田に取られて、藤枝は新設のサッカー場の規模が小さくて外れた。

Jリーグも清水エスパルスとジュビロ磐田、、、、藤枝市民チームは無し、、、

しかし、そのサッカー場と運動施設建設費用が市の財政赤字の元という理由かどうか、、

焼津市、大井川町、岡部町、藤枝市の市町村合併は、焼津と大井川が反対して解消、、、、

昨年には、藤枝市民総合病院が社会保険庁から保険での診療の指定を取り消されるなどの事件、、、

藤枝市にとって、あまり良いことが無かったこの数年

これほど、市民みんなが大喜びで盛り上がったことは無かったよ!

昨日の決勝戦には、藤枝から東京国立へ100台の観光バス、

今日のパレード、沿道は多くの市民でいっぱい!

みんな、心から、有難うの声援を送った!

今日のモンタ、、、

どうだ! どうだ!

この鋭い眼光! 開きかけた口には鋭い牙が、、、野生のモンタだよ!

2008_01_14_064syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (22)

2008年1月14日 (月)

英会話奮闘記(12)

2008_046syuku

今日は最高気温が上がらず、暗い冬空の寒い一日であった。

昨日は今年初めての梅の開花だったのに、、、、

でも、まだ一月中旬、寒くて当然である。

冬のバラ、この美しい蕾のままで春になり、枯れてしまうのだろうか?

ナベショーの英会話奮闘記(12) 思い出のヨーロッパ出張

ロンドンに三日滞在して、再びドイツへ

もう2週間くらい経ち、あちら、こちらの化学会社を訪問し、新商品の説明をする。

まず、M君が会社の英文パンフレットで

わが社はどのようなヒストリーの会社であって、どのような事業、製品を扱っているか、、という紹介を行う。

さらに、我々は、どの事業、部門の人間であり、何を紹介しようとしてるかを話して、

いよいよ、ナベショーがバトンタッチ、

英語で書かれた図(文章ではない、、)を見せて、我々が開発した新商品がいかに素晴らしいものかを説明する。

優秀な化学者であれば、図に描かれた商品の化学構造式を見るだけで

それがいかに素晴らし性能を持っているかが、たちどころに理解できるのである。

彼らは、ナベショーのたどたどしい理解不能の英語は無視して、どんどん、英文資料のページをめくって先に目を走らせていく。

説明が終わるのを待ち兼ねて、どんどん質問が飛んでくる

それを、M君が通訳して、ナベショーが日本語で答えて、M君が英語で伝える

デスカッションが終わると、彼らが評価のためのサンプルを要求する。

訪問が終わり、ホテルに帰り、M君と訪問記録とサンプルリストを作成して、ホテルから日本にファックスしてその日の仕事は終わる。

それっ!飯を食いに行こう

今日は中華、コリアン、寿司、イタリアン、、、何を食うか!

昨日も、一昨日も、中華でしたよ!

今日も中華、、ちょっと安易かな~、、、、じゃ~寿司だ!

M君は事務屋ながら、毎日同じようなナベショーの説明とQ&Aを聞いて通訳してるうちに、ほとんど理解して覚えてしまった。

ナベショーさん、今日は全部私が最後まで説明しましょうか?

とうとう、ナベショーは、M君と相手さんのデスカッションを聞いてるだけ、、、

M君が理解できないこと、質問に答えられない時だけ、

「ナベショーさん、こんなこと彼が聞いてるんだけど、、わかります~?」

って、、、、

そういうわけで、M君はどんどん学習していくのである。

さて、ロンドンからドイツに移動した最初のホテルの部屋で、、

ややっ! 

サムソナイトのバッグの中に入ってたはずの、下着とワイシャツの予備がほとんど無い。

パンツ、ランニングシャツ、ワイシャツ、靴下、、それぞれ3セット以上、、、どこへ行った?

ロンドンのホテルに三日滞在してるうちに、部屋に備えられてる箪笥の中にそれらを仕舞い込んだのを思い出した。

何と、何と、、、出張はまだまだ、、あと3週間もあるんだぞ~

(続きは また後日に)

今日の高校サッカー優勝戦、藤枝東、、残念ながら負けてしまった、、、

相手の流経大柏が強すぎた!!!!

モンタ、、、こういう正面から写すと、顔が丸々して太った巨大猫だね~

2008_01_14_060syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

英会話奮闘記(11)

2008_01_13_086syuku

今年、最初に咲いた梅の花 一個だけだよ!

梅 一輪 いちりんほどの暖かさ

一雨ごとの暖かさ、、、ともいうね

一昨日から雨、今朝にはあかり、午後から日も照って、風のない暖かい日和となった。

我が家の庭で、もっとも早く咲く梅 ピンク色の一重の梅 「道草」

10年ほど前、大阪営業事務所の受付に飾られていた松竹梅の盆栽、もうお役目が終わって捨てられそうになったのを、もらって帰った。

ピンクの可愛い梅の花、藤枝の自宅の庭に植えた。

高さ20センチにも満たない小さな梅の盆栽、数年経つうちに、ぐんぐん成長して、今では5mくらいの高さになった。

当時、「趣味の園芸」に載ってた梅の種類 「道草」 であると説明されていた。

八重の梅はあまり好きではない。

シンプルな一重の花が好き、中でもこのピンクの一重の花「道草」が好きである。

ナベショーの英会話奮闘記(11) 思い出のヨーロッパ出張

アムステルダムで生の牡蠣やいろんな貝類を食べてお腹を壊して、酷い下痢に悩まされながら、アムスからロンドンに移動する。

ヒュースロー空港から、地下鉄でロンドンの中心街へ

ロンドンのオースチンのタクシーに乗り、運転手に行く先を告げる

「ホテ~ル ヒルトン 、、、、、」

「OK」

やがて、古風な風格のある立派なホテル ヒルトンに到着

いかめしい服装のボーイが待ち構えて荷物を持ち、カウンターへ

海外出張の時は、セキュリテイーのために、最高クラスの一流のホテルに泊まらせられるのである。

ヒルトンの場合、当時一泊が4~5万円であった。

カウンターの少し年配の上品な女性がにこやかに迎えてくれる

チェックインのため、差し出されたカードに氏名を書いて女性に渡す

何やら、手間取ってるみたい、、、

どこかに電話してたが、やがてにっこりと微笑んで、ルームキーを渡してくれて、ボーイの案内で広くて立派な部屋に案内される。

彼にチップを渡して、一安心!

実は同じホテルに宿泊している日本の商社の若い人たちと待ち合わせて食事をすることになっていた。

その時間にホテルのロビーに下りていったが、何時まで待てども彼らは現れない。

しかも、そのホテルに彼らは泊まっていないという、、、え~!

しかし、1時間ほど経って、やっと彼らが現れた。

彼らもホテルでず~と我々を待っていたという。

実はこういうことであった。

ロンドンに ホテル ヒルトンは幾つもある。

タクシーに乗って「ホテル ヒルトン、、、、」と行き先を告げたのだが、、、

タクシードライバーは我々が予約したのとは別のロンドン ヒルトンに行ったのである。

ホテルのカウンターの女性は、我々がヒルトンホテルを間違えて来たことに気づいて、

気を効かせて予約されているヒルトンと連絡を取って、このホテルに泊まれるように計らってくれたのであった。

日本の商社マンたちは、我々が現れないこと、そのヒルトンではない別のヒルトンにチェックインしたことを、そのホテルから聞き出して、タクシーを飛ばして来てくれたのであった。

まあ、この5週間のヨーロッパ出張期間、ロンドンには5回も入ったり、出たり、、

有名な見所はほとんど観光することが出来た。

英語のできるM君が付いてくれるので、何とかなってるが、一人だったらどうなってたであろうか?

ところで、仕事のほうはちゃんと出来てるのかと思うでしょう?

(続きは また後日)

今日の料理 牡蠣と野菜炒め中華風!2008_01_13_107syuku

味醂と醤油に漬け込んだ生牡蠣に片栗粉をまぶす

中華鍋の胡麻油を熱して、ニンニクと生姜のみじん切りを炒めた中に、片栗粉をまぶした生牡蠣を加える。

薄いフライパン返しで、牡蠣が鍋の底にくっついて焦げ付かないように、軽く返しながら、火を通し、軽く焦げ味をつける

そこへ、ブロッコリー、シメジ茸、山芋の輪切りを加えて炒める

牡蠣をつけた味醂、醤油液、片栗粉の残り、を入れて、さらにお酒をざ~と加えて強火で炒める

味は醤油と味醂で整えて出来上がり!

所要時間、、、わずかに15分

牡蠣の代わりに肉や魚、

野菜もいろいろバリーション

台湾の家庭料理のお店で教えてもらった料理 とっても美味しくてビールもご飯もすすんでしまうよ。

モンタは太ってるといわれるが、こうして見ると、そうでもないような気がするが、、、

Img_7449syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (16)

2008年1月12日 (土)

ホタテ貝の酒蒸し料理

2008_041syuku

冬イチゴ

野山にある食べられるイチゴとしては、初夏に実るキイチゴ、冬の冬イチゴがある。

子供の頃、山に積もった雪の間から顔を出している赤い冬イチゴ、

冷たい手をガマンしながら、摘んで口に頬張った。

甘酸っぱくて懐かしい味である。

昨年の12月28日のブログに子供の頃の「冬イチゴの思い出」について書きました。

今日は朝から久々の雨、冷蔵庫の食材もあらかた無くなった

今年、初めての魚デー、、、福一焼津流通センターへ行く

大きな帆立貝

どうしょうかな~って躊躇ってると、、

横にいた板前のお兄さん、、

こんな大きいのは珍しいよ、、、身が太ってて美味しい、、とにっこりとうなずくではないか!

ということで、今日の買い物

帆立貝、真鯖、スルメ烏賊2008_01_12_006syuku  それぞれ二つずつ

まず、真鯖 一本は三枚におろして塩をする2008_01_12_010syuku                           

酢で〆て、お寿司にするか、〆鯖で食べるか、、、、

もう一匹の鯖とアラは煮付けに、、、

お酒と醤油、味醂と砂糖、、、土生姜を入れて、2008_01_12_013syuku 、、、これはこのまま保存食に!                                   

年末に作った烏賊の塩辛は,もう無くなった。

二本のスルメ烏賊を細く切り、墨を除いたワタ、5%の塩、それに柚子と米麹、味醂、それにお砂糖少々を加えて、よくかき混ぜる2008_01_12_016

毎日、かき混ぜて、次第に馴染んできて一週間が食べ頃、、、お楽しみ!

さて、夕食はでっかいホタテ貝料理!!!2008_01_12_024syuku

ホタテの洋風酒蒸し、、、て感じかな、、

中華鍋にオリーブオイル、バター少々を加えて、ニンニク一個のスライスを炒める

そこへ、殻のままの帆立貝を入れて、お酒をざ~と注いで蓋をする

二、三分でホタテ貝の殻が開きかけるので、火を止める。

ホタテ貝を鍋から取り出し、鋭いナイフの先で、殻と身を切り離す

中華鍋にホタテ貝の丸くなった身を戻し、銀杏の実、ブロッコリー、エノキ、シメジ茸を並べて、塩コショウを振って、蓋をして、数分間火で煮立て出来上がり、

洋風の場合は、月桂樹の葉、白ワイン、トマト、アスパラカス などを使う

スープ皿にホタテの貝殻を置き、ホタテの身と野菜を並べて、スープを注ぐ

まあ、貝殻は見かけだけだから、除いたほうが食べやすい

大きな丸いホタテの身、貝柱を、ナイフで切り分けて、スープと一緒にいただく、、、

また、衝動買いをして、しょうがない人、、と文句タラタラだった妻も、感激、ニコニコ!

野菜サラダの前菜、焼いたフランスパン、ヨーグルトジャムのデザート、紅茶などをつければ、美味しいランチメニュー

親しいお客さんをランチに招いた時の、 ナベショーシェフの定番料理である。

生きた殻つきホタテ貝も最近は、大きいのが一個200~300円、、、ちょっとオシャレでリッチな感じの美味しいランチメニューはいかが?

モンタは今日も眠り猫   サービスに肉球をちょっと見せて!

2008_056syuku_2

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (27)

2008年1月11日 (金)

豚糞堆肥を取りに行く

2008_022syuku_2

一昨日に載せたのと同じ、、ホトケノザ

こんな小さな花でも、カメラのレンズの向うから、

「ねえ、ねえ ナベショーさん、 ブログに載せるんでしょう?

綺麗に撮ってね!」

という声が聞こえてくるのである。

ホトケノザ、、難しい花だけど、まあ、、何とか可愛く撮れたかな。

藤枝市と島田市伊久美との境に檜峠がある。

その近くに、数千匹の豚を飼育する大きな養豚場がある。

そこから出てくる豚糞堆肥、、、

隣接する市町村、遠くは掛川のほうからも軽トラで取りに来る。

普通車で来て、ポリ袋に沢山詰めて、乗せていく人も居る。

競争率が激しいのである、、、、なんせタダ、無料!

せっかく、行っても、無い時もある。

今日はラッキー、車一台分の豚糞があった。

掘り返すと、カブトムシの大きな幼虫が幾つも出てきた。

半年以上、発酵熟成されており、全く臭気はない。2008_1_10_003syuku_2 2008_1_10_005syuku_2                       

豚糞で荷台は満載!

かなりの重量だよ!

帰途にバイパスを走ったが、時速60kM以上で走るのが恐ろしい

ナベショーの軽トラの後ろに、沢山の車の列が出来てしまった。

蛇行運転になって、転倒したら大変だよ!

ひやひやしながら運転、やっとバイパスを出て、畑に着く

荷台から豚糞を降ろす、、、別にドアップして載せるような写真ではないが、、、、

2008_006syuku

これで、一年分

茶畑に蒔くのも欲しいから、あと1~2杯は運ばねばならない。

先日から耕して、石を除いてる畑、、、やっと予定の半分終わった。

この堆肥を春、秋と土に入れる2008_050syukuと、だんだん土がサラサラで軟らかくなり、ミミズも沢山住むようになる。           

側を通る農家の人、、ほとんどの人とは、顔見知りである。

おじいさんたちが声をかけてくることは稀だが、おばあさん達は必ずニコニコして話しかけてくる

「まめったいね~」、「何を植えるね!」、「よくやるね~」、「いい畑になるよ」、「いくつかね~」、、、

今晩から雨、土、日も雨、、その後晴れても土が泥どろになるから、来週は後半以後まで作業は出来ない。

冷蔵庫にまだまだ昨年からの在庫があるぞ!2008_1_10_013syuku

昨年、北陸、金沢へ行ったときの、福井駅で買った赤カレイの干物、、、、

3枚買って、残りの一枚、、、実に美味しい

畑の白菜での即席和風サラダ2008_1_10_009syuku

なんていうほどのものじゃ~ない!

白菜を刻んで、塩をぱらっと振り、よく混ぜて、じゅ~と絞って、お皿に盛る

その上に、土生姜、ニンニク、ネギのみじん切りを振りかけて、最後に柚子皮、鰹節をかける

これに、醤油を少しだけ上からかけて出来上がり!

義母が、自分のお皿に沢山あるのに、箸を伸ばして取ろうとする

全部、食べ終わってからも、いくども箸を伸ばして自分の皿に運ぶ、、、

これが余ほど美味しくて好きなんだな~

義母は、美味しいものは、自分のお皿にあっても、

中央のお皿のを我々が全部食べてしまわないうちに、箸を伸ばして余分に確保しようとするのである。

モンタ、、ほんとによく眠るよ

起きてるとき以外は全部眠ってるのではないだろうか?

当たり前だ!

2008_1_10_018syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (16)

2008年1月10日 (木)

定年後の人生はこの一冊の本によって!

2008_1_08_021syuku

侘び助椿

椿もいろいろ種類がある。

山に咲いている素朴な薮椿、園芸種の様々な色とりどりの椿、、、

一輪挿しの花瓶には、この小さな可愛い一重の侘び助がふさわしい。

3年半前、定年退職する時、友人達は言う

「ナベショーさん、定年後は何するの?」

「うん! お茶をやろうと思ってね!」

すると怪訝な顔をし、手でかき回すしぐさをして

「お茶~?」

茶道のお茶でないことを知ると納得!

そして、一反以上の茶園でお茶を栽培し、製茶工場で製茶までやると知ると、びっくり、呆れてしまう。

ナベショーの定年後の人生に決定的な影響を及ぼしたのが、この一冊の本と、その中に登場したお茶関係の人達との出会いであった。2008_1_09_004syuku

親会社から、子会社に転籍して一年後、大阪の堺筋本町で昼休みにちょっと覗いた本屋、

新刊書のコーナーで見つけた本、PHP新書

著者の波多野公介氏は朝日グラフの編集長もした人、

朝日新聞静岡支局時代に、素晴らしいお茶に出会い、以後各地の美味しいお茶を捜し求めた!

波多野氏が出会った凄いお茶、香りのお茶にこだわり続けた茶師の小柳翁、彼の良き理解者、支援者であった製茶問屋「マルミヤ製茶」の宮崎社長のことが、この本には詳しく紹介されていた。2008_1_09_005syuku 2008_1_09_009syuku

この二人の人は、ナベショーの藤枝市内に住んでられたのである。

お茶好きであったが、最近、美味しいお茶に感動したことが久しくなかった。

週末に帰省したときは、マルミヤ製茶の宮崎社長さんを訪ねて、素晴らしい美味しいお茶を、これでもか、これでもかと飲ませていただいた。

以来、急速にお茶に深くのめり込んでいく。

既に80歳に近い老茶師、小柳翁からは、生涯こだわり続けて創り上げた香りのお茶「藤かおり」のお話を伺い、いろいろと教えてもらった。

脳梗塞で倒れて、手足が不自由になられてからは、製茶の時期には手伝いをさせてもらった。

これは、老茶師のお茶造りの秘法を教えていただくことにもなった。

(今は、小柳翁は高齢化と脳梗塞、、師の幾多のコンテストで優勝した美味しい香りの幻のお茶は、ほんとに幻のお茶となってしまった)

自分自身も、山の放棄された茶畑から葉を少量摘んで、美味しい香りのお茶作りを楽しんだ。

そのためか、JAや藤枝市から依頼されて「藤かおり」の製茶における微発酵工程を製茶工場で指導したこともあった。

そして、会社を定年になる前に、「マルミヤ製茶」の宮崎社長さんから、

「ナベショーさん、本当に定年で会社辞めるんでしょうね?

中古の小型製茶機械一式を購入して試験製茶工場を作るから、こだわりの美味しいお茶作りをやってみないか」と言われたのである。

宮崎社長は、農家から一反二畝の山のお茶畑も借りてくれて、指導してくれる生産農家のUさんも紹介してくれた。Img_4799syuku

また、150坪の自分の土地を耕して畑にして使ってもいいよ、、とも。

こうして、定年後はお茶と野菜つくりの人生がスタートしたのである。

自宅の庭、雑木林里山ガーデンは、その15年前から造りつつあり、庭での蜜蜂も加わった。

また、お茶とのかかわりにより、藤枝市のお茶関係の方々ともお知り合いになれたのである。

お茶作りは、なかなか難しいものである。

ナベショーのように、趣味、道楽のお茶造り、プロの専業農家と同じようなお茶を目指したのでは、絶対に彼らの茶を越えられない。

逆に、プロの専業農家、生産者が絶対に造る事の出来ないお茶、、、このコンセプトに挑戦して、昨年で3年目、

「素人仕立てのナベショーのお茶」を10Kg造ることが出来て、ブログの読者の方々に買っていただいた。

昔、懐かしい素朴なお茶、、これはこれで美味しいお茶と我ながら気に入っている。

今年は、どのようなお茶が出きるであろうか!

マルミヤ製茶さんから、いつも買うナベショーの愛飲してる好きなお茶 3点2008_1_09_015syuku        

左から

「瀬戸谷」 品種 ヤブキタ ハサミ摘み 100gr

「美緑」   品種 ヤブキタ 手摘み  50gr

「藤枝かおり」 品種 藤かおり(瀬戸谷) ハサミ摘み  50gr

以上、3点セットで2000円少々、、、(飲んでみたい方は、マルミヤ製茶さんへTELを!)

これらを、ほぼ一ヶ月間で飲み尽くす、、、が、これを贅沢と言うべきか?

「瀬戸谷」は、若き優秀な生産家が作る爽やかな香り、美味しい上品なお茶 

「美緑」は、伊久美の深い山奥の茶畑、農家のお婆さん達が丁寧に摘んだお茶、生産量が限られている。

昔ながらの美味しいお茶、 これほどのお茶を他に知らない。

「藤枝かおり」 老茶師小柳翁が育てた品種「藤かおり」、紅茶のアッサム種やヤブキタが交配された、独特の高貴な香りのお茶

茶器は、姫路城のフリーマーケットで知らずに買った初代「小西陶古」の備前焼2008_1_09_010syukuの急須と湯冷まし、益子焼の女流陶芸師大宮司道子さんの湯のみ

                                                                                                                                                                            

2008_1_09_034syuku 2008_1_09_035syuku                           

一煎目、二煎目、三煎目、、、急須の葉の色、香り、お茶の香り、美味しさ、飲んだ後の余韻を味わう。

忙中閑有、、、単身赴任マンションに帰宅、くつろいで一人で淹れて楽しむお茶、、、

定年後に、道楽とはいえ、自らお茶作りを始めようとは、この当時は想像だにしなかった。

モンタ、、、今日の話は難しくて分からない!

2008_1_10_015syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (22)

2008年1月 9日 (水)

畑の作業が始まった!

2008_1_08_082syuku ホトケノザ

春の七草のホトケノザとは別の草花である。

しかし、一般的には、このホトケノザのほうがよく知られている。

この小さな可愛い花、、葉っぱは仏の座るハスの花に似ている

お正月も明けて、一月ももう中旬、

年末から、何かといろいろあったが、いよいよ屋外での農作業のスタート

これから、4月末から始まる新茶の時期までに、やり終えておかねばならない作業がたくさんある。

1)畑

ツルハシで掘り起こして、石を除き、畝を増やす

養豚場へ行き、軽トラ2杯の豚糞堆肥を取ってくる、

ジャガイモの種芋植え付け

4月からは、春、夏野菜の植え付け

、、、、、

2)お茶、、

寒肥料   2月、3月

整枝    3月

3)庭、、

樹木への寒肥

樹木の剪定

それ以外に、蜜蜂の世話、

4月になると、山菜採り、筍採り、、、、、いよいよ超多忙な一年が始動し始める

春の青春18切符の旅も忘れないように、、、

さて、今日はジャガイモの植え付け用に、まだ耕していない硬い土地を掘り起こして畑の畝にする作業

昨年、耕した二畝、、薩摩芋を収穫した。

更に、最低、二畝は欲しい。

硬い土にエイッとツルハシを入れたら、根元でポッキリ折れてしまった。

軽トラを走らせて町の刃物屋さんへ行って、ツルハシの柄を新しいのに交換してもらった。2008_1_08_030syuku 2008_1_08_034syuku

大小、沢山の石が出る

ここは水田の後に、どこかから土を持ってきて埋めたところ

2008_1_08_043syuku 2008_1_08_045syuku

今日は、午後4時間くらい作業をした。

午前、午後と一日中作業をすると、後で腕や腰が痛くなる。

必ず、同じ作業を一日通してやらないことである。2008_1_08_060syuku

左側に積まれた大きな石、、、これらが、午後だけの作業で出てきた石、

中央から右奥へ続く石の小山は、3年前から始めた畑作りで、出てきた石である。

今日午後の作業で石を除いて耕した畑は、、、、、2008_1_08_047syuku 幅約1.5M 長さ 3M

やっと全体の長さの1/3 全部石を取り除くと、、

左側の二畝と共に石灰を蒔いて耕し、更に豚糞堆肥を混ぜ込む

こうして、畑が出来上がり、、、畝を作ってジャガイモの植え付け準備OKとなる。

毎年、春、秋と作付けするたびに、堆肥を入れて、小石を拾う、

ミミズの繁殖し、次第に土が柔らかくなっていく

秋に種を蒔いたスナックエンドウもほうれん草も育っている

2008_1_08_061syuku 2008_1_08_052syuku

ブロッコリー、白菜、キャベツ、、、やっと収穫できるとこまで成長した。

美味しい大根は、もうあと4本しか残っていない

2008_1_08_054syuku

定年退職した3年半前、秋野菜を植えたいため、借りた土地を毎日、ツルハシをふるって耕した。

確か、6畝作って、大根やキャベツ、白菜、小蕪を作った。

でも、無理したため、腕も腰も痛くなり、回復するのに半年以上かかったのである。

いまは、その当時の2倍以上の面積となった。

何故、小型耕運機を使わないのか?

土が固くて、小型耕運機では全く刃がたたないのである。

それに、鍬、ツルハシで耕すほうが、体力増強になる。

2008_1_08_064syuku

この写真の畑に隣接した左側には、山芋,九条ネギ、ラッキョウを植えてる畑もある。

今、ナベショーの畑で収穫できる野菜は、白菜、キャベツ、大根、春菊、京菜、ブロッコリー、レタス、チシャ、九条ネギ、、、、野菜はほとんど自給できる

というよりは、畑で採れる野菜と野山の山菜の範囲内で、出きるだけ料理を作るようにしている。

今日の料理は、お正月の焼き鯛の残りの 身で炊き込みご飯と茶碗蒸し2008_1_08_006syuku_2 2008_1_08_087syuku_3          

炊き込みご飯は鯛の身、百合根、人参、牛蒡、山芋、柚子

茶碗蒸しは卵、出汁、鯛の身、百合根、銀杏、鶏、牛蒡、人参、山芋、セリ、柚子

ほとんど、中に入ってるものは同じだね!

いよいよ、これで冷蔵庫の中は空っぽだよ!

モンタはいつも特等席

2008_1_06_026syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (16)

2008年1月 8日 (火)

囲炉裏で猪鍋を!

2008_1_07_089syuku

暖かい囲炉裏の炭火で猪鍋とニジマスの串焼

昨年秋、静岡から安倍川を溯り、山葵栽培発祥の地、有東木の茶店で出会った中高年の7~8人

彼らは梅が島の手前、新田温泉の「山の宿Pくさぎ里(クサギリ)」に泊まっての帰り、

猪鍋や鹿のお刺身など、料理は良かったよ、、、とのことであった。

義母にはショートステイしてもらい、妻と二人で安倍川奥の滝めぐりをして「くさぎ里」に泊まることにした。

毎度のこと、日曜日の6日に予約の電話をして翌日の宿泊

郵便局や銀行の用事を済ましてゆっくりと車で出発、安倍川沿いにRAV-4で走る

ガソリンが高くなり、これからは出きるだけどこへ行くにも軽トラで、、、と思ってるのだが、こういうドライブはやはりSUV車で、、、

安倍川の長い吊橋2008_1_07_009syuku     妻は嫌がるが、揺れる吊橋を往復

赤水の滝  2008_1_07_013syuku 洪水の時に滝の水が赤褐色になることから名づけられた。         

1707年の宝永大地震で、山全体が崩壊した大谷崩れ、土石流により下流に堆積した岩石は延長7kmに及び、その土石は1億2000万m3 10トンダンプで約2000万台分、

当時は安倍川はもっと東側を流れていたが、堆積物で埋められて、この赤水の滝のルートになったという。

更に車を走らせて終点の梅が島温泉駐車場に車を置いて、谷道を登る。2008_1_07_019syuku          

重く曇った空からは小雨、山の尾根付近は雪である2008_1_07_022syuku                        

大小のいくつかの吊橋を渡り、アップダウンを繰り返しながら、渓流に沿った山道を登っていく2008_1_07_030syuku

春の新緑、秋の紅葉、、、綺麗だろうな~2008_1_07_036syuku                               

2008_1_07_057syuklu

2008_1_07_066syuku

車道から約1.2kmの渓谷を歩き、ついに「日本滝100選」の一つ、「安倍の大滝」にたどり着いた。2008_1_07_04580syuku 2008_1_07_048syuku

滝の高さ 125m  厳冬期には滝の周囲は氷で覆われる

既に、落下する滝の周囲の岩の白く見えるのは、全て凍った氷である。

駐車場まで引き返し、今日の宿、民宿の「山の里P・くさぎ里」に着いた。2008_1_07_079syuku          

地元出身の老夫婦、公務員、家具会社社員を経て、25年前に始めたペンション、山と花が大好き

部屋はツインベットと暖かいコタツ、、他にも和室、洋室、様々で定員15名、

囲炉裏のある部屋

2008_1_07_syuku 2008_1_07_110syuku

温泉で温まった後は、この囲炉裏の部屋で夕食2008_1_07_090syuku_2                         

ペンションを始める前に、料理屋で料理の修業しをしようとしたら、料理屋の主人から、「そんなことをする必要はない、、田舎で母親が食べさせてくれた料理、田舎の御呼ばれの料理で勝負しなさい」と!

冒頭に載せた猪汁、、大根、コンニャク、豆腐、ネギ、白菜の味噌仕立て

ニジマスの塩焼、、   自分の養魚場で生きたのを串に刺して炭火で焼く

山芋や付き出しのお皿、、

鹿の肉と岩魚の刺身2008_1_07_092syuku_2 2008_1_07_096syuku  山葵は有東木の本山葵

コンニャクの柚子味噌  路地の椎茸と蓬餅

2008_1_07_098syuku_2 2008_1_07_100syuku                           

ほぼ料理を食べ終わった頃に、揚げたての天婦羅、 ご主人の手打ち蕎麦

2008_1_07_103syuku 2008_1_07_095syuku                           

最後に、おにぎりを炭火で焼いて焼おにぎりとおしんこ

デザートに蜜柑と干し柿

これでフィニッシュ!

美味しい吟醸酒をコップで冷で飲みながら、暖かい囲炉裏端で食べる田舎料理、、

最高の演出である。

料理は確かに蕎麦以外はナベショーでも作れる素人料理ではあるが、実に美味しく、量もあり、お腹もいっぱい

料理の出てくるタイミングも良い。

ご夫婦のこだわりとおもてなし、、、十分に満足であった!

同じ山奥、昨年訪れた佐久間町の民宿旅館「かじか荘」 有名な浜名湖舘山寺温泉「九重」の支配人からUターン、

実家の旅館を継いだご主人のおもてなしと料理を思い出す。

山の奥で川魚と山菜、山の素材を使った洗練されたおもてなし料理、、「九重」の最高の美しさと繊細さな料理に迫ろうとしている主人のこだわり

両者とも脱サラ経験者でおもてなしと料理へのこだわりを持ったおられる点で共通している。

会社時代の人生、民宿を始めようとした動機と、宿の建物、料理やおもてなしへの思い入れとこだわり、、

始めてから軌道に乗るまでの苦労と支援者達

このようなお話をお聞きき出きるのも、民宿に泊まることの楽しさである。

朝食は手作りパンと洋食で2008_1_07_106 2008_1_07_109syuku                                     

昨夜の雨があかり、、山々を覆っていた霧が晴れてきた安倍川沿いの道、、帰途についた。 2008_1_07_124syuku

2008_1_06_017syuku_2 モンタ、、お留守番ありがとう

家の前に車の止まる音がすると、玄関のドアのところに飛び出してくる

花の記事が一つも無くてごめんなさい、、、

あっ! あった  牡丹鍋  

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

応援のクリック 今日もよろしくお願いいたします。

 → 人気blogランキングブログランキング         

| | コメント (27)

2008年1月 7日 (月)

英会話奮闘記(10)

2008_1_02_005syukusyou

ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)

春一番、上のほうの葉が赤くなり、ちいさなピンクの花

まだ、まだ、葉は緑色、、、その上に白い霜がいっぱい、

日が射してくると、数分で溶けてしまう

ナベショーの英会話奮闘記、思い出のヨーロッパ出張記(10)

前回は12月27日(木)

オリーブオイルたっぷりのいスペイン料理の食べすぎで急性すい臓炎らしき痛みに襲われたナベショー

みぞおちの奥を押さえながら、バルセロナをたって、オランダのアムステルダムに着いた。

ここでは、3日間、インターナショナルペイントショー

そこに集まる世界各国の塗料、化学メーカーの展示を見て、彼らとデスカッション、

あやよくば、我々の商品を彼らに紹介、あるいは、彼らの研究所を訪問するアポをとるのが目的である。

あるドイツの有名な化学メーカーの年配のゼネラルマネージャーと話をする機会があった。

渡した英文資料をざ~と目を通して曰く、

「私だけが聞くのはもったいない、、、私の研究所に来て話をしてくれないか。

若いドクター達を集めておくから、、、何時来ることができるか?」

なんという嬉しいお話であろうか!!!

私達のスケジュールは、歯抜けだらけなのだから、エブリデイ オーケー なのであった。

こうして3日間、みぞおちの痛みもほとんど消えて、体調はやっと回復!

日本から来てた商社のN産業の知った若い連中と会場で会った、、、いっぱい飲んで食事をしようということになった。

高級レストラン、、

大きなガラスの器に氷が敷き詰めてあり、その上に、生の牡蠣、ムール貝、ハマグリ、海老、、、、などなどが沢山並んでいるのを、レモンを絞って食べる、、

ムール貝とセロリーを白ワインで蒸した料理、半端な量ではない、、

ビールやワインを飲みながら彼らと良く食べた、、、

しかし、翌朝、猛烈な下痢、、、、やっぱりな~!

相棒のM君も同じ、、、

N産業の連中はどうだったのであろうか?

(この続きは、後日)2008_1_06_003syuku

モンタはちゃんと仕事をしてます。

コメントへのお返事は、まだモンタは出来ませんので、すみません。

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

応援のクリック 今日もよろしくお願いいたします。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (10)

2008年1月 6日 (日)

簡単、美味しい和風ピザ

2008_1_01_094syuku シクラメン

初めてシクラメンの花を撮ってみたけど、難しい花だね。

いまはいろんな色、ミニのや種類が多い

毎年、年末に一鉢買って、リビングに置くけど、直ぐに花茎が寝てしまったり、、、

なかなか上手に維持することが出来ない。

昨年のは、ず~と鉢のまま、屋外においているが、沢山蕾が出てる。

お正月には咲かせることは出来ないが、庭に地植えしたほうがいいのかな?

今日は高校サッカー準決勝!

第二試合、地元藤枝東ー高山学園

昨日の準準決勝の試合の時刻、藤枝の市内の通りの人並みが消えたそうだ!

前半は押せ押せで相手ゴールを攻めまくり、見事なゴールを河井が決めた!

10本以上にシュートであったが、追加点が欲しかった。

後半は、前半ほどの元気がなく、追加点は取れず、、、

むしろ、押されていることもあり、一点返されるのではないか、、と最後まで心配であった。

第一試合の流経大柏が、前半、後半終始押せ押せで、6点も奪った勢い、、、、、こうであって欲しかった!

否、後半の高山学園の主将がレッドマークを冒してまでのふんばりを突破仕切れなかったのであろう。

14日の優勝戦が楽しみである!

企業は明日から本格的に仕事スタート!

我が家も冷蔵庫の中の在庫整理

美味しくて簡単な料理を!

以前にも紹介したナベショーの和風ピザ

お皿で、柚子味噌を御飯に塗って、その上にネギとノビル(たまたま庭に生えてた、、)と柚子皮をのせて、、

オーブンで230度5分!2008_1_06_031syuku

柚子味噌ピザ  

あまり焦げすぎると、御飯が硬くなって、歯の間に入って取れないこともある。

だから、ほどほどの焦げ具合で、、

次は、鮭や鰤の切り身を西京味噌漬けにした残りの味噌を御飯に塗って、柚子皮を!2008_1_06_033syuku_2

味噌ではないが、米麹、柚子入りの烏賊の塩辛、、、、食べるピッチが早すぎる

烏賊がほとんどなってしまった。

この残りを捨てるのはもったいない!

この残りを全部、御飯の上に塗って、ネギ、ノビル、を、、、230度5分!  2008_1_06_029syuku          

今日の夕飯は、これで終わり、、

妻曰く、、年末以来今日まで、お買い物無し、、達成!

この和風ピザ、、、いろいろバリエーションが可能、、

味噌、醤油、マヨネーズ、、、卵、シラス、桜海老、、、 柚子、紫蘇、生姜、茗荷 、、などの薬味

モンタ2008_1_06_022syuku 、、、あまり変なの、、食べないほうがいいよ!

明日から、ちょっと一泊二日で、、、、

更新はモンタがやりますよ。

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

応援のクリック 今日もよろしくお願いいたします。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (26)

2008年1月 5日 (土)

高校サッカー 藤枝東準決勝へ

2008_1_05_007syuku カラスウリ

葉が落ちた冬の木々の枝に巻きついた枯れた蔓

赤いカラスウリの実が二つ、三つとぶら下がる

夏、縮れた毛がたくさん出た五つの白い花びら

まさか、こんな赤い提灯みたいな実がなるとは思いもつかない

カラスウリとよく似て黄色い実の生るキカラスウリというのがある。

キカラスウリの根を採取し、細かく砕き、水を加えてミキサーで更に砕き、繊維質を除いた後、白く沈殿したデンプン、

これを天日で乾かしたのが天瓜粉(天花粉、テンカフン)

赤ちゃんのあせもの散布薬として昔はよく使われた。

天然、無公害のベビーパウダーである。

今は何を使ってるのだろうか?

天花粉って、カラスウリの根のデンプンのこととは知らなかった、、

全国高校サッカー準準決勝、我が地元の藤枝東高校は関東代表の三鷹高校を破り、明日の準決勝へ進出した。

今でこそサッカーが全国的に盛んになったが、藤枝東高校は日本のサッカーの黎明期における名門の草分け的存在

過去、高校サッカーでは4回も優勝しているのである。

藤枝東は受験校でもあり、かって馬鹿な校長が受験ばかりに力を入れてサッカーを冷遇した時代もあったが、

今は受験も、サッカーもである。

静岡はサッカーの強い公立高校が受験でもトップクラスで頑張っている。

静岡高校、清水東、藤枝東、、

藤枝に引っ越してきた時、小学生だった次男は町の小学校のサッカーチームに入った。

小学校の3年生から、小学校ごとにサッカーチームがあった。

藤枝市、焼津市、静岡市、清水市、、、、それぞれの小学校の学年ごとにチームがあって、学校のグランドを占領していた。

野球チームは片身狭く、端のほうで練習してる。

そして、学年ごとのチームの優秀な子供は、藤枝フットボールクラブのメンバーとなる。

それぞれのチームのコーチは、かっての藤枝東高校サッカー部員、全国大会優勝経験もある先輩、地元の役所、企業に就職したべてッラン達である。

こうして、3年、4年、5年、6年生と鍛えられて育っていく、、

土曜、日曜は他チームとの練習試合、子供の親は借り出されて、お茶の世話、グランドの整備、審判補助、送迎

夏には全国から藤枝に小学生チームを招いて、大会を行う

親達は分担してお客さんチームの送迎とお茶の世話、審判補助もする。

いや~、、たいへんだった!

しかし、藤枝の5年生チームが,他県から来た6年生のチームと試合したら、ほとんどボールを与えず、ぼろ勝ちした。

それぐらい、藤枝サッカー、静岡サッカーのレベルは高かったのである。

いつだったか、ワールドカップ日本代表選手の半分が静岡出身だった、、

三浦、中山、、、、 中山ゴンは藤枝東!

今は、高校サッカーの全国レベルも高くなり、静岡県チームはなかなか優勝できなくなってしまった。

しかし、今年は優勝するぞ~!!!

高校野球で春の選抜で、静岡県の常葉菊川高校が優勝し、夏でも大活躍したのだから、伝統のサッカーは負けられないぞ~

お正月料理の食材の半端、残り物の整理を兼ねて、、、にごみ(煮込み、煮混み、、??)

広島の大竹にいた時、幼稚園の母の会で園児達に作った土地の料理

蓮根、小芋、大根、人参、牛蒡などの根菜類と鶏肉、油揚げを、椎茸、昆布、鰹出汁で煮て、醤油とお酒、少々の味醂で味を整える。

けんちん汁みたいだけど、油で炒めない。

柚子皮を少し浮かす

美味しくて温まり、お代わり,お代わり、、冬の料理に最適である。2008_1_05_021syuku

モンタ、、筋骨たくましく、デブチンのようには見えないでしょう!

2008_1_03_038syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

応援のクリック 今日もよろしくお願いいたします。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (23)

2008年1月 4日 (金)

もう小さな春が、、、

2008_1_04_062syuku

もう菜の花が咲いていた。

毎年、庭に沢山の菜の花が咲いて、沢山の種が出きる。

種の多くは小鳥が来て、ほとんど食べられてしまうが、秋になると地面にこぼれ落ちた種から芽を出して、

春には菜の花畑となり、蜜蜂が蜜を集める。

まだまだ苗は小さいのに、既に花が咲いてるのがあった。

庭のマンサクの木、2月になると、小さな黄色い花が咲くが、まだ蕾2008_1_04_036syuku                 

早春の山の渓谷はマンサクの花で黄色くなる

地面には、フキノトウがもう顔を出している2008_1_04_028syukju                             

まだ、可哀想だから、採ってはいけない。

庭で一番早く開花するピンクの一重の美しい梅「道草」

蕾が膨らんで、花びらがすこし顔を出している

2008_1_03_081syuku

白い木蓮は今年も沢山の蕾をつけた。

でも、蕾はまだまだ固いが、少しずつ膨らんでいくだろう。

2008_1_03_086syuku

お正月とともに一番早く咲いた蝋梅  でもまだ3~5分咲き2008_1_03_040syuku                 

ナベショーの雑木林風里山ガーデン、、、

2008_1_03_112syuku 

まだ冬景色ではあるが、もう着々と春の準備が進んで、ちいさな春をにたくさん見つけることができる。

今晩は、久しぶりに中華風

お正月のために買った食材の残り、端くれを使って、、、

中華鍋で鶏肉を胡麻油、ニンニク、生姜で炒めて、醤油、味醂で濃い目に味付け、

そこに、短冊切りにした長芋、大根、人参を入れて炒め、更に白菜と青ネギを加えて、醤油、味醂、ウエパー少々で味を整えて出来上がり!

全部で所要時間は15分、、、超簡単で美味しい中華風炒めもの

少し硬めの大根、人参、長芋の食感がいいね

2008_1_04_069syuku_2                 

モンタ2008_1_03_046syuku も庭の探索

今日は「花、ガーデニング」の記事でした!

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

応援のクリック 今日もよろしくお願いいたします。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (20)

2008年1月 3日 (木)

米麹、柚子入り烏賊の塩辛!

2008_1_03_135syuku

一月三日、風もなく、ポカポカと暖かい一日、

義母がTVの箱根駅伝を見てる間に、妻と自宅の近くの山に登る

東の方角、雪をかぶった富士山が良く見えた。

北の方角、、真っ白な雪の南アルプスや安倍奥の2000~3000mの山が顔を見せている2008_1_03_137syuku_2

お正月も三日目になると、おせち料理の残り物を食べたり、、年末から同じような料理ばかりの朝、昼、夜、少なからず嫌になってくる。

こういうときのために、烏賊の塩辛

昨年末 28日に作って、ちょうど美味しい食べ頃!

ナベショーの烏賊の塩辛は、米麹と柚子入り2007_12_28_040syuku 2007_12_28_041syuku 2007_12_28_042syuku

スルメ烏賊は新鮮な冷凍物のコチコチを解凍する、

米麹は麹屋さんから買ってくる

柚子は柚子皮を冷凍保存してある

材料は全部揃ってばっちり!

スルメ烏賊は腹を出して、墨を除いて、細く切って,ワタと身の重量800Grの約5%の塩、米麹は100gr、柚子皮も沢山入れて、十分にかき混ぜる。

味醂も少々入れる。

辛いよりは少し甘く、マイルドなほうが食べやすいので、隠し味に砂糖少々!

米麹はもっと沢山入れると、入れるだけ美味しくなるが、まあいいか!

冷蔵庫に入れて毎日かき混ぜて2~3日で食べられる。

塩辛ければ、味醂か砂糖を入れて、好みに合わせて丁度の塩梅にする

ほぼ一週間で美味しく出来上がり!2008_1_03_123syuku  1Kgはあるよ、、、                                   

米麹と柚子入りの烏賊の塩辛、、、、、2008_1_03_125syuku

会社に入って埼玉の研究所に配属された頃、

研究所長のYさんのお宅に、同僚達とお正月遊びに行った時、ご馳走になったのが手作りの米麹,柚子入りの烏賊の塩辛

この美味しさに感激して、ナベショーの作る烏賊の塩辛は、今に至るまで、ず~とこの塩辛である。

この塩辛を食べるとお酒が欲しくなる!

今日の食事はシンプルに、、、2008_1_03_132syuku   烏賊の塩辛、白菜漬け、大根の甘酢漬けに御飯!

これでお茶漬けサラサラ、、さっぱりしすぎかな~

それではふろふき大根とコンニャクに柚子味噌を!

エイ! 銀杏の焼いたのをおまけに!2008_1_03_152syuku 2008_1_03_149syuku

ひさしぶり、低いけれど山に登って汗を流し、さっぱりした美味しい食事

明日から仕事はじめ、、、というのは昔のこと

サンデー毎日、 明日も変わらず

久しぶりに2008_1_03_099syuku_2 庭に脱出したモンタ!

今日は花の話題がなかった、、、、けど、

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

応援のクリック 今日もよろしくお願いいたします。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

でっかい茶碗蒸し!

2008_1_02_013syuku

ツワブキの綿帽子

秋になり、花が少なくなると、黄色いツワブキの花が咲く

広島の玖波の社宅から一株、藤枝の庭に移し、グランドカバーとして植えた。

どんどん増えて、いまや庭のいたるところに増殖し、秋には黄色い花を楽しませてくれる。

花が終わると、やがてタンポポと同じ綿帽子が出きる。

それほど遠くへは飛ばないようだが、確実に庭のあちこちにひろがっている。

お正月の二日目、新聞も来ない、

いつもは妻と初山登り、、、

この10年は富士山周辺の毛無山、あるいは越前岳に登っていたが、今年は義母がお正月、家にいるので山登りはちょっと、、、

お正月、二日の夜のご馳走は、子供の頃から茶碗蒸し

鶏、蒲鉾、銀杏、長いも、百合根、牛蒡、人参、椎茸、、、最後にセリと柚子

今回は、鯛の塩焼きの身を入れる

ナベショーの担当は銀杏!2008_1_02_038syuku

丁度、静岡のパルシェへ行った時、銀杏が一箱500gr 600円で売ってたのを買っていた。

銀杏の調理に関しては、封筒に入れて電子レンジでチンすると簡単に調理できるなどと言われている。

しかし、常識で考えても、殻をあらかじめ割っておかないと、バンと弾けた瞬間に、中の実が破壊されるのが多い

一番、確実なのは,銀杏を金槌で叩いて殻に傷をつけるか、歯やペンチで割るかして、オーブントースターで焼いたり、茹でたりするが確実な方法である。

これに関しては、一昨年に電子レンジでの調理方法をいろいろな条件で試みた結果をブログに載せた。

この記事は、GoogleやYahooの検索で第1ページに載っているため、この数ヶ月は銀杏調理法の記事からナベショーのシニアーライフに入って来られる方が多い。

さて、妻が作った茶碗蒸し2008_1_02_050syuku!                                        

僕の分だけは、普通の茶碗蒸しの2倍

子供の頃から茶碗蒸しが大好き、、、母はいつもドンブリ茶碗のでっかい茶碗蒸しを作ってくれた。

今晩は長男の嫁さんが孫っちと一緒に夕方来て、おせち料理と茶碗蒸しのご馳走を一緒に!

大晦日と元旦を伊豆の実家で過ごしての帰途である。

長男はパソコンの病院のシステム立ち上げのため 年末、正月、ず~と泊り込みで出張、、

正月休み明けにシステムの実稼動のため、毎年正月はない。

5月のGWもなかったな~

今の若い人たちはたいへんだな~

ナベショーみたいなグータラは、今だったらとても役に立たなくて落ちこぼれだろう。

ハワイの長女はロスの次女のところへ合流して大晦日とお正月を!

なかなか家族全部そろってお正月はできないね!

モンタ、、、薄目開けて見てるよ!

2008_1_02_059syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

応援のクリック 今日もよろしくお願いいたします。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

ナベショー家のお正月

2008_1_01_120syuku_2 日本水仙

寒さの中出、次々と庭の地面から花茎を伸ばして白い水仙が咲き始めた。

水仙もやはりお正月の花!

長男が生まれる時、丹波の父は肺がんで他界した。

大きなお腹を抱えて、妻は田舎の家と病院を行き来した。

母は病院に看病のために付き添っていた。

春に倒れて入院し、夏には67歳で亡くなった。

長男が誕生したこともあり、それ以来 、一人になった母はお正月には、丹波の綾部からやって来て、埼玉県の私達のところに滞在するのが常であった。

お正月の御節料理を一緒に作るのが楽しみでもあった。

田舎で一人暮らしだと、一人分のおせち料理を作るのもたいへん、子供達も帰省してこない。

我々はもっぱら、5月の連休とお盆に車で帰るのを常とした。

伝統的なおせち料理、、と言っても丹波の田舎で昔から作っていたものではあるが、、、

母が87歳でなくなるまで、ほとんどのお正月は、埼玉、広島、藤枝で迎えたと思う。

今も一通りの同じおせち料理を妻が全部作る、、、、ナベショーの作る昆布巻き以外は、、

お重に詰めて、元旦の朝、テーブルに全部並べて記念撮影

その時ほど、満足そうで嬉しそうな母の顔はない2008_1_01_057syuku                        

今年のお正月は、浜松から次男夫婦 

兵庫県明石出身の次男の嫁さんも自分で作ったおせち料理を持ち寄り

6月には出産予定、実家からお祝いの明石鯛の塩焼き

お雑煮は、亡母が娘時代に京都で奉公してたときのもの、何故か白味噌仕立てではない。

昆布、鰹出汁に鶏肉と蒲鉾、柚子とせりのお澄まし汁に焼いたお餅2008_1_01_063syuku            

神戸三宮で商売してた父、母と結婚し、初めて食べた母のお雑煮、

今まで食べてた味噌汁のお雑煮と比べて、あまりに美味しかったので感激!

以来、我が家のお雑煮となって、今も続く

お正月3が日も終わり、しばらく経つ、、、

TVで山陰地方が大雪、というニュース、、、

母は 家の雪かきをしなければ、、、、畑に埋めてある野菜が雪で取り出せなくなる、、などと言いはじめる

そこで間髪いれずに、

じゃ~、、、指定席が取れかどうか解らないけど、明日一番に駅へ行ってみるよ

かあさん あったよ! 明日の丁度いい時間に指定席切符があったから買ってきたよ!

それはよかった、よかった、それで帰らせてもらいます、、と

ニコニコしながら母は丹波へ帰っていく

12月20日過ぎからお正月を挟んで2~3週間いると、だんだん母も妻もお互いに気を遣って疲れてくるのである。

母と妻、、、ご苦労様でした。

80歳を過ぎてからは、だんだん駅の階段がしんどくなる

綾部から京都までは、妹が、、、静岡までは妻が、、送り迎えをしたが、86歳の時、胆嚢癌が発見されて藤枝に来て8ヶ月後に他界した。

もう何十年も繰り返すナベショー家のお正月であった。

モンタはストーブの横の椅子の上でコックリコックリ、、気持ちよさそう!

2008_1_01_136syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

応援のクリック 今日もよろしくお願いいたします。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (24) | トラックバック (0)

お正月の花 蝋梅

2007_12_30_234syuku

蝋梅 お正月の花

お正月にあわせて蕾が開く2007_12_30_236syuku 寒い良く晴れた空

黄色い透き通るような蝋梅の花

良い香りを風に乗せて楽しませてくれる

10年以上前に植えた蝋梅の木、、もう10mくらいに成長した

沢山の枝を伸ばすので、立派な枝を惜しげもなく切ることができる

お正月の玄関のお花

近くの山へ行き、蔓梅モドキ、ウメモドキ、アオキの枝を取ってくる

後は庭の青い葉の枝と蝋梅の枝

妻と合作、お正月の玄関の生け花2007_12_30_251syuku_2

容器は次女と尼崎に住んでたときに、粗大ゴミ置き場から、次女が拾ってきた火消し桶

高さ、約2m

松や梅などおめでたい花ではなく、梅もどき、蔓梅もどき、蝋梅、、、

もどきばかりではあるが、、、、、

あけましておめでとうございます。

今年もつたないブログにお付き合い願えれば幸いに存じます。

病気や怪我、不意の事故などから守られて、シニアーライフ過ごしていけるように願っております。

読者の皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

モンタもますますモデル猫としての修行を積んでいきますので、よろしくお願い申し上げます。

2007_12_09_059syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

応援のクリック 今日もよろしくお願いいたします。

 → 人気blogランキングブログランキング

| | コメント (24)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »