« 定年後の人生はこの一冊の本によって! | トップページ | ホタテ貝の酒蒸し料理 »

2008年1月11日 (金)

豚糞堆肥を取りに行く

2008_022syuku_2

一昨日に載せたのと同じ、、ホトケノザ

こんな小さな花でも、カメラのレンズの向うから、

「ねえ、ねえ ナベショーさん、 ブログに載せるんでしょう?

綺麗に撮ってね!」

という声が聞こえてくるのである。

ホトケノザ、、難しい花だけど、まあ、、何とか可愛く撮れたかな。

藤枝市と島田市伊久美との境に檜峠がある。

その近くに、数千匹の豚を飼育する大きな養豚場がある。

そこから出てくる豚糞堆肥、、、

隣接する市町村、遠くは掛川のほうからも軽トラで取りに来る。

普通車で来て、ポリ袋に沢山詰めて、乗せていく人も居る。

競争率が激しいのである、、、、なんせタダ、無料!

せっかく、行っても、無い時もある。

今日はラッキー、車一台分の豚糞があった。

掘り返すと、カブトムシの大きな幼虫が幾つも出てきた。

半年以上、発酵熟成されており、全く臭気はない。2008_1_10_003syuku_2 2008_1_10_005syuku_2                       

豚糞で荷台は満載!

かなりの重量だよ!

帰途にバイパスを走ったが、時速60kM以上で走るのが恐ろしい

ナベショーの軽トラの後ろに、沢山の車の列が出来てしまった。

蛇行運転になって、転倒したら大変だよ!

ひやひやしながら運転、やっとバイパスを出て、畑に着く

荷台から豚糞を降ろす、、、別にドアップして載せるような写真ではないが、、、、

2008_006syuku

これで、一年分

茶畑に蒔くのも欲しいから、あと1~2杯は運ばねばならない。

先日から耕して、石を除いてる畑、、、やっと予定の半分終わった。

この堆肥を春、秋と土に入れる2008_050syukuと、だんだん土がサラサラで軟らかくなり、ミミズも沢山住むようになる。           

側を通る農家の人、、ほとんどの人とは、顔見知りである。

おじいさんたちが声をかけてくることは稀だが、おばあさん達は必ずニコニコして話しかけてくる

「まめったいね~」、「何を植えるね!」、「よくやるね~」、「いい畑になるよ」、「いくつかね~」、、、

今晩から雨、土、日も雨、、その後晴れても土が泥どろになるから、来週は後半以後まで作業は出来ない。

冷蔵庫にまだまだ昨年からの在庫があるぞ!2008_1_10_013syuku

昨年、北陸、金沢へ行ったときの、福井駅で買った赤カレイの干物、、、、

3枚買って、残りの一枚、、、実に美味しい

畑の白菜での即席和風サラダ2008_1_10_009syuku

なんていうほどのものじゃ~ない!

白菜を刻んで、塩をぱらっと振り、よく混ぜて、じゅ~と絞って、お皿に盛る

その上に、土生姜、ニンニク、ネギのみじん切りを振りかけて、最後に柚子皮、鰹節をかける

これに、醤油を少しだけ上からかけて出来上がり!

義母が、自分のお皿に沢山あるのに、箸を伸ばして取ろうとする

全部、食べ終わってからも、いくども箸を伸ばして自分の皿に運ぶ、、、

これが余ほど美味しくて好きなんだな~

義母は、美味しいものは、自分のお皿にあっても、

中央のお皿のを我々が全部食べてしまわないうちに、箸を伸ばして余分に確保しようとするのである。

モンタ、、ほんとによく眠るよ

起きてるとき以外は全部眠ってるのではないだろうか?

当たり前だ!

2008_1_10_018syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« 定年後の人生はこの一冊の本によって! | トップページ | ホタテ貝の酒蒸し料理 »

コメント

れおぽんの今日のupよかったら読んでみてくださいませ。

白菜は刻んで『昆布茶』を混ぜてビニールに入れて

空気を抜いて、冷蔵庫にいれたらおいしい即席漬けが

完成します!って載ってます。

自分の宣伝をしてますね。ごめんなさいです。


ナベショーさんはお花と会話できる超人ですね。了解♪

投稿: れおぽん | 2008年1月12日 (土) 00時19分

こんばんは~。
臭気がないというのは魅力ですね~。
こちらは国道を走っていても
北へ進むにつれ 鶏糞の匂いが増していきますよ。

お義母様 それだけ食欲を誘うのは
さぞかし ナベショーさんの味付けが良いのですね。

昨日の記事の贅沢・・
自販機で缶を買うことを考えれば
随分リーズナブルですね♪

私も昆布茶を使いますよ。
昆布茶はたらこスパゲッティの
隠し味にもお奨めです。

投稿: coltlamp | 2008年1月12日 (土) 00時23分

出てきたカブトムシの幼虫が
ほしいのは私だけ???

去年とってきたカブトムシ、、、その幼虫、、、、
あと3匹しかいなくなってしまったから、、、です、、、


畑の堆肥がタダって、うらやましいですね~!!

投稿: koji | 2008年1月12日 (土) 00時27分

おはようございま~す♪ナベショーさま
私は 起きてる以外の時間は 会議をしたり 子供達を叱ったり いろいろしてるみたいです。自覚はないのですが…

投稿: キュリー | 2008年1月12日 (土) 07時32分

Hotokenoza ga konnani kirei datoha
omottemo mimasen deshita.

Uchideha gyufun desuga,
hakobunoga omokute taihen desu.

投稿: M.K. | 2008年1月12日 (土) 08時29分

おはようございます。。
堆肥の写真をみてヨダレが。。。。。
醗酵済みの大量の堆肥が身近にあるなんて羨ましすぎます。
土作りがしっかりしてると丈夫に育ちますよね。
私は近くの乗馬クラブで馬糞がもらえるのですが、醗酵済みでないので「どうしよう???」とナべショーさんに「醗酵はどうなさってるのですか?」とお聞きしたかったのです。
花、お料理も、このすばらしい堆肥の恩恵と、ナベショーさんの愛情の賜物ですよね!!

投稿: koba | 2008年1月12日 (土) 09時09分

れおぽんさま
見た、見たよ!
しかし、まあ~ いろいろやるね~
昆布茶で美味しいお吸い物もできるね。

投稿: ナベショー | 2008年1月12日 (土) 12時52分

coltlampさま
養鶏場や養豚場は、どうしても臭気がしますね。
こちらでは、山の谷あいにあります。
味付けだなんて、塩振って揉んで、絞って、薬味のせて、鰹節とお醤油だけなんですが、、、
経済的ですが、わざわざ茶葉から淹れて飲むのが面倒なのか、上手に淹れられないのか、、PETボトルのお茶が主流になってきていますね。
昆布茶はいろいろ使えますね!

投稿: ナベショー | 2008年1月12日 (土) 13時03分

kojiさま
昨年も庭の選定屑を積んでおいたら、中に沢山の幼虫がいました。子供達は喜びますね。
近くの牛を飼ってるとこでは牛糞堆肥 肥料袋一つが200円もします。
このタダの豚糞堆肥、、ありがたいです。
養豚場もどんどん出てくるから、処分に困るんでしょうね。

投稿: ナベショー | 2008年1月12日 (土) 13時07分

キュリーさま
え~、夢の中でも、会議や子供叱ったり、、
それは、お忙しいことですね~

投稿: ナベショー | 2008年1月12日 (土) 13時14分

M.Kさま
小さな目立たない花も、アップして見ると美しく可愛いのが多いです。
一袋 20Kgはある、、牛糞、重いですね。

投稿: ナベショー | 2008年1月12日 (土) 13時18分

Koba さま
今回のは、発酵済みでしたが、まだ生々しくて臭いがする場合もありますよ。
台所から出る生ゴミ用のプラスチックのコンポストの中に入れて、生ゴミと一緒に発酵させてしまえばいかがでしょうか。
私は庭にコンポストを2基置いて、交互に使ってますが、臭気もなく、半年くらいで完全に真っ黒な堆肥が出来ます。

投稿: ナベショー | 2008年1月12日 (土) 13時25分

お義母様、食が進むのは元気の素です。

少しくらい偏食気味でも、食べられるうちがいいですよ。
ちゃんと嚥下出来るのでしょ。

目では食べたそうでも、喉も胃も管で・・・お腹に袋じゃカワイソウ(母がそうでした)。

美味しいと思うからお箸が伸びる、たくさん食べる・・・嬉しい光景です。

投稿: ば~ば | 2008年1月12日 (土) 13時50分

赤鰈も美味しいそう~

最後の晩餐はかわってません?

エテガレイから・・・・

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年1月12日 (土) 14時02分

ば~ばさま
普段はいやいやゆっくりですが、好きなものは待ちきれないようです。
自分のお皿の上のが無くなってから取らないと駄目!
ってたしなめるのですが、、、、
人間、食べられなくなったら、生きてる楽しみがないですね。

投稿: ナベショー | 2008年1月12日 (土) 15時34分

マグロ君さま
まだまだ、、最後の晩餐は、エテガレイとニギスの干物 変わっておりませんよ。

投稿: ナベショー | 2008年1月12日 (土) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 定年後の人生はこの一冊の本によって! | トップページ | ホタテ貝の酒蒸し料理 »