« 冬空のバラ | トップページ | 久々の関西へ »

2008年1月21日 (月)

英会話奮闘記(13)

2008_01_20_135syuku

山茶花の花

11月頃から咲き始めた山茶花、

さすがに、一月も半ばを過ぎると、開き切ったのや、花びらが褐色に痛んだのやら、、、

ボツボツ終わりである

しかし、これは綺麗でしょう!

バラではなく山茶花です。

ナベショーの英会話奮闘記(13) 思い出のヨーロッパ出張

ロンドンのホテルに忘れてしまった下着とワイシャツ

幸いなことに、手持ち用にバックに一揃い入れてあったのである。

したがって、身に着けてるものと、着替え用 あわせて 2セット

これで、あとの3週間をくるくる回転させて着続けることになる

ホテルでシャワーする時に洗って、バスルームに架けておくと、翌朝にはほぼ乾いている

妻が心配して、いろいろ揃えてくれるが、

まあ~ これだけの着替えでも何とかなるものである。

出張2週間から3週間目くらいになると、何となく精神的におかしくなってくる

昨日のこと、一昨日のこと、、直ぐには思い出せなくなってきた。

どこの会社を訪問して、どんな人に会ったか、、記憶を直ぐに呼び出せないのである。

それどころか、一週間前、二週間前、、、、日本を出発したのが、はるか半年、一年前のことのように思える。

だから、今日の訪問記録は、直ぐに書いて、ホテルから日本にファックスしないと、どんどん忘れてしまうのである。

観光したこと、楽しいことなどは、ホテルの便箋に絵入り文字で書いて、自宅にもファックスした。

ちょうど、提携先のベルギーの会社へ2か月前から語学を兼ねた研修に来ている部下(広島での米軍基地へ英会話を学びに行ったA君)と休日に会う事が出来た。

彼曰く、、、

「最近、無性に寂しくなって、空港の近くに行くんです。

赤い鶴のマーク、JALが上空を飛び立っていくのを見ると、涙がぽろっと流れてくる、、、」

我々も、後 二週間、、、、出発する時、歯抜けだらけだったスケジュールも、ほとんどギッシリと詰まっている

ロンドンだけで5回、出入りした。

オランダ、ベルギー、ドイツ、デンマーク、フランス、スペイン、オーストリア、イタリア、、、主要なヨーロッパの国と都市、、

ほとんど、訪問した!

朝はホテルの豪華なバイキング料理、

沢山の種類のハム、ソーセージ、チーズ、魚の酢漬け、果物、、、

昼は、ほとんど訪問先の会社の人とゲストハウスのレストラン、あるいは郊外のレストランで食べることが多い

夜は、接待が無くて、二人だけのときは、日本レストランを探した

見つからない時は、中華、次はコリアン、それも無い時はイタリアン

日曜日はレストランが休みのところが多いので、自然と中華レストランに行くことが多くなる。

後、二週間、、、、後、一週間、、、日本を発ったのは何時のことだったろうか?

(続きは また後日)

モンタは、一日のうち、もっとも暖かいところを移動する、、、

朝、冷え切った部屋 石油ストーブに点火すると、、、、

2008_01_20_023syukusyou_2

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« 冬空のバラ | トップページ | 久々の関西へ »

コメント

出張でせっせと洗濯という図は、父を思い出してしまいます。わたしのパリ留学時代、出張に来ていた父が泊まっていた豪華ホテルでも、これをやっていて、思わず笑ってしまったけど、長い出張をしながら、育ててもらったことは、忘れられない。留学しているときに、何度、来てくれたことだろう。ロンドンに始めて連れて行ってくれたのも父。アフリカまで来てくれたし。本当に親はありがたいです。長い出張のときには、食事が、外食ばかりになると、和を求めてしまうのでしょうね。なんか食事の選択の順番が、身につまされるものがあります。

投稿: les fleurs | 2008年1月22日 (火) 00時03分

私も今でこそへっちゃらになったものの、アメリカに来た当時は、青空を見上げては、“日本もアメリカも、同じ空の下、そんなに遠くないさ、泣くことないさ。”
たまに途方もなく寂しくなり、海辺に行って広がる水を見て、あの向こうに日本があるんだなあ、ちょこっとみえればいいのになあ、”なんて思った時もあった。

今ではこちらの生活にどっぷりつかってしまっているものの、たまに行く日本のラーメン屋さんで、思いもかけず店員のおばちゃんがコテコテノの広島弁で、"おおよく来たね、風邪ひいとるん?いっぱい食べていきんさいね。”なんて言ってくれるとぎゃくにたまらなくなっちゃう。

故郷は遠く離れておもうもの、だね。

投稿: LAの次女 | 2008年1月22日 (火) 03時44分

色々な国に行けていいですね~

マグロ君はヨーロッパに上陸した事ないです~

アメリカ本土もありません~

一生無理かも・・・


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年1月22日 (火) 09時17分

こんにちは
きょうは朝から体調がよくなくって。今からネットを徘徊です。
淡いピンクの山茶花のお写真、綺麗ですね!こういうお花はピントを合わせる位置が難しいです。

私は海外へ行った事ないです。(でも、ナベショーさんの下着の謎が解けてヨカッタ!)
私がもし、海外へ行けるチャンスがあるなら、フランスへ行きたいですね~!パリのお洒落な雰囲気を味わいたいです。

投稿: hiroko | 2008年1月22日 (火) 13時17分

地元企業に勤め、地元の得意先回り担当の私は「出張」したくて。。。あこがれます。
海外出張なんて夢のまた夢。。。
あっ!中国は1度だけ行ったことありますが・・・・
アメリカや、ヨーロッパにも行ってみたいなぁぁと、
海外出張を観光か何かと勘違いしているおバカです・・・

でも、ナベショーさんの海外出張記を読ませていただいて、大変なこともやっとわかってきました。。。

投稿: koji | 2008年1月22日 (火) 13時43分

でも、世界は狭くなったね。

あの時は、お父さんがヨーロッパから電話をかけてきて
ほんの三分くらいで、もう高いからって、切らなくちゃいけなくて寂しかった。

今はインターネット電話のスカイプなどを使えば無料通話。 話したいほうだい。

お父さんのヨーロッパ出張といえば、思い出すのがお土産。

見たことのない、大きくて分厚い板チョコをスーツケースに一杯入れて帰ってきた。
色々な種類があったねー。

少しずつ、今日は何味の、って食べたね。

あれは忘れられない思い出。

投稿: ハワイの長女 | 2008年1月22日 (火) 16時33分

そうそう、板チョコ!!
同じ社宅の子供たちをみんな集めて、出刃包丁で一かけらずつきりわけて食べたね。
ホワイトチョコ、ミルクチョコ、ビターチョコ、みんな見たことないほど大きかった。それに色とりどりの美しい包装紙。みんな違った絵が描かれていて、いつまでも大事にとっておいたよね。
素敵な彫り物を施したロウソク、陶器のバラの砂糖つぼ、薔薇のブローチ、ドイツのビールジョッキ、闘牛の置物、そして、決して鳴らすことのできなかった不思議な形をしたカスタネット。

なんだかクリスマスのようだった。

投稿: LAの次女 | 2008年1月22日 (火) 17時54分

こんばんは
いいですね!おとうさん思いの娘さんたち。。。

投稿: hiroko | 2008年1月22日 (火) 19時18分

les fleursさま
お父様もしばしば海外出張なされたのですね。
出張のたびに、娘さんの留学先、滞在先に立ち寄られる、、やさしいお父様ですね。
豪華ホテルで下着の洗濯、、、同じようなことをやってられたのですか。
私も、この時以来、国内出張も、期間が長くとも下着の着替えは予備のワンセットのみになりました。
30代の頃の海外出張はそうでもなかったのですが、40才代後半になってくると、和食や中華など、日本で食べなれてる食事を食べないと元気がでませんでした。

投稿: ナベショー | 2008年1月22日 (火) 21時12分

LAの次女さん
そうだろうな~
高校生で小さいのに、一人で外国へ行って、生活するなんてよくやるな~と感心してたけど、やはり、寂しい思いのこともあったのだね~
LAでコテコテの広島弁に出くわすとは、、懐かしくて涙がでるね~

投稿: ナベショー | 2008年1月22日 (火) 21時17分

マグロ君さま
そのうち、世界各地の珍しい干物、珍味を地の果て、海の果てまで探しに行き、輸入して伸漁丸に並べる、、、そういう時が来るかもしれませんよ。

投稿: ナベショー | 2008年1月22日 (火) 21時21分

hirokoさま
マクロレンズで花を撮る時、ピントの位置が1mmづれても、影響うけるので、難しいですね。
小さな花だと、もっとシビアー、、
最近何となくマクロレンズの使い方が、すこしわかって来たような気がしてます。
ご主人さまと是非、海外に旅行しに行ってください。
ヨーロッパはいいですよ!
順番としては、スペインのバルセロナ、次がロンドン、最後にパリ、、ですね。

投稿: ナベショー | 2008年1月22日 (火) 21時30分

kojiさま
海外出張もしんどいけど、週末や移動の合間を利用して観光、、、これは楽しいですね!
kojiさまは、まだまだお若いから、これから国内も海外もいろんなところに仕事で出張する機会がたくさん出てくると思いますよ。

投稿: ナベショー | 2008年1月22日 (火) 21時37分

ハワイの長女さま
昔はね~、国際電話、、30分も話したら、とんでもない通話料、、
いまは安くなったね~
それに、インターネットのおかげでタダで話せるし、ブログで、こんなおしゃべりして、毎夕食に何食べてるかも分かるんだからね。
フランクフルトの空港で沢山買ったチョコレート、、そんなに嬉しくて思い出だったのだね。

投稿: ナベショー | 2008年1月22日 (火) 21時44分

こんばんは~。
一日100枚に驚きました。
それを見て選別する作業・・
私には出来ないです。

楽しくもあり過酷?な旅だったんですね(笑)。

投稿: coltlamp | 2008年1月22日 (火) 21時51分

LAの次女さま
チョコレート以外のお土産は、いまも戸棚の中にあるね~
大きな彫り物の蝋燭はケルンの近くの町のクリスマス市で、
バラの陶器の砂糖壷はロンドンで(これ高かった!)、ドイツのビールジョッキはハイデルベルグ、闘牛の置物とカスタネットはバルセロナのお土産だよ。
バックの中の仕事用の商品カタログや資料が少なくなって空間が出きると、お土産で埋めていったよ、、

投稿: ナベショー | 2008年1月22日 (火) 21時53分

hirokoさま
彼女達が子供の頃には、反抗して、さんざん苦労、心配かけさせられたのですが、、

投稿: ナベショー | 2008年1月22日 (火) 21時55分

coltlampさま
100枚なんて簡単ですよ。
撮る時は、気合入れて、ばっちりという感じて撮っても、パソコンに取り込んで、見てみると一瞬で判別、ほとんどがっかりで駄目、、一枚1秒、、100枚も1~2分で選別終了。
出張、後、二週間、後一週間、後三日、、日を数えておりました。

投稿: ナベショー | 2008年1月22日 (火) 22時01分

やっぱり、こんな時、うどんや、お蕎麦
食べたくなるだろうなぁ~

ホテルの朝食バイキング一日目は嬉しいけどなぁ~

赤い鶴のマークの飛行機?

れおぽん知らんねぇ~ 伊丹空港の近所なのにねぇ~

うそですよぉ~

投稿: れおぽん | 2008年1月22日 (火) 22時36分

こんばんは~~
バラと、サザンカ良く見ると花びらの感じやっぱり
違いますね、初めは種類の違うバラかと思いましたよ
海外出張の奮闘記、楽しく読ませてもらいました~~
ナベショーさんの会社、大体見当がつきました、
結婚するまで、私は網干に住んでいました~~
兄が住んでいたので、其処から姫路の仕事先まで
通勤していました~~お休みの日は良く兄嫁と散歩
して、何処の会社か、教えて貰いました、網干でも
その当時は一流企業はそんなに無く大体解ります
余談でしたが、海外出張も厳しいものですね~~
男の人の苦労を垣間見たような気がします。

投稿: kyutarou | 2008年1月22日 (火) 23時47分

13回目もおもしろかった!海外出張ってカッコイイと思われがちですが、大変なんですね。ベルギーのA君のお話には涙がポロッと。。お嬢さんたちのお土産のお話にも、なんだかほろっとしてしまいました。

今夜のニュース番組は、株安やら、勤務中に株取引をした社員が500人以上という某放送局やら暗い話題ばかり。ナベショーさんのところへ来て本当にほっとして、嫌な気分が吹き飛びました。

昨日の笑顔もすっごくかわいかった~。
モンタくん、更新ご苦労さまです!!

投稿: leonio | 2008年1月22日 (火) 23時53分

れおぽんさま
そうだよ~
うどんやお蕎麦、、食べたくとも食べられない
だから、イタリアンでスパゲテイーを、お好み焼きの代わりにピザを、天婦羅の変わりに小魚や烏賊のから揚げを食べるのあります。
ホテルの朝食バイキング、、、鰯やニシンの酢漬けを食べると生き返る!

投稿: ナベショー | 2008年1月23日 (水) 11時28分

kyutarouさま
すごい! すごい推理力だ!
網干に住まれてたのなら、すぐにわかりますね~
僕は広島の工場の事業構築を一貫してやってましたが、定年前に一年だけ網干にある子会社の工場をやりました。
飾磨のマンションから山電通勤でしたが、飾磨から歩いて姫路、さらに書写山へ行ったり、周辺の明石の魚市場、備前焼の伊部市、岡山、倉敷、尾道まで足を延ばしたり、楽しい単身赴任生活でした。
海外出張もいろいろあるけど、語学の出来ないものにとっては、しんどいですね。

投稿: ナベショー | 2008年1月23日 (水) 11時44分

leonioさま
海外出張、、、まだ日本の高度成長前の時や、明治、大正、昭和のはじめ、、、それこそ海外出張や海外留学なんて、すごい苦労があったと思います。
僕も、3週間以内の短期出張や、海外駐在員のフルアテンドの場合が多かったのですが、このときばかりは5週間の長期、駐在員もなし、しかも、飛び込みに近い市場開拓、、、
良い経験でした。
ほんとに、暗いニュースばかりですね。
このまま、日本も世界もどうなってしまうのだろう、、、て思ってしまう、、、

投稿: ナベショー | 2008年1月23日 (水) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬空のバラ | トップページ | 久々の関西へ »