« ホタテ貝の酒蒸し料理 | トップページ | 英会話奮闘記(12) »

2008年1月13日 (日)

英会話奮闘記(11)

2008_01_13_086syuku

今年、最初に咲いた梅の花 一個だけだよ!

梅 一輪 いちりんほどの暖かさ

一雨ごとの暖かさ、、、ともいうね

一昨日から雨、今朝にはあかり、午後から日も照って、風のない暖かい日和となった。

我が家の庭で、もっとも早く咲く梅 ピンク色の一重の梅 「道草」

10年ほど前、大阪営業事務所の受付に飾られていた松竹梅の盆栽、もうお役目が終わって捨てられそうになったのを、もらって帰った。

ピンクの可愛い梅の花、藤枝の自宅の庭に植えた。

高さ20センチにも満たない小さな梅の盆栽、数年経つうちに、ぐんぐん成長して、今では5mくらいの高さになった。

当時、「趣味の園芸」に載ってた梅の種類 「道草」 であると説明されていた。

八重の梅はあまり好きではない。

シンプルな一重の花が好き、中でもこのピンクの一重の花「道草」が好きである。

ナベショーの英会話奮闘記(11) 思い出のヨーロッパ出張

アムステルダムで生の牡蠣やいろんな貝類を食べてお腹を壊して、酷い下痢に悩まされながら、アムスからロンドンに移動する。

ヒュースロー空港から、地下鉄でロンドンの中心街へ

ロンドンのオースチンのタクシーに乗り、運転手に行く先を告げる

「ホテ~ル ヒルトン 、、、、、」

「OK」

やがて、古風な風格のある立派なホテル ヒルトンに到着

いかめしい服装のボーイが待ち構えて荷物を持ち、カウンターへ

海外出張の時は、セキュリテイーのために、最高クラスの一流のホテルに泊まらせられるのである。

ヒルトンの場合、当時一泊が4~5万円であった。

カウンターの少し年配の上品な女性がにこやかに迎えてくれる

チェックインのため、差し出されたカードに氏名を書いて女性に渡す

何やら、手間取ってるみたい、、、

どこかに電話してたが、やがてにっこりと微笑んで、ルームキーを渡してくれて、ボーイの案内で広くて立派な部屋に案内される。

彼にチップを渡して、一安心!

実は同じホテルに宿泊している日本の商社の若い人たちと待ち合わせて食事をすることになっていた。

その時間にホテルのロビーに下りていったが、何時まで待てども彼らは現れない。

しかも、そのホテルに彼らは泊まっていないという、、、え~!

しかし、1時間ほど経って、やっと彼らが現れた。

彼らもホテルでず~と我々を待っていたという。

実はこういうことであった。

ロンドンに ホテル ヒルトンは幾つもある。

タクシーに乗って「ホテル ヒルトン、、、、」と行き先を告げたのだが、、、

タクシードライバーは我々が予約したのとは別のロンドン ヒルトンに行ったのである。

ホテルのカウンターの女性は、我々がヒルトンホテルを間違えて来たことに気づいて、

気を効かせて予約されているヒルトンと連絡を取って、このホテルに泊まれるように計らってくれたのであった。

日本の商社マンたちは、我々が現れないこと、そのヒルトンではない別のヒルトンにチェックインしたことを、そのホテルから聞き出して、タクシーを飛ばして来てくれたのであった。

まあ、この5週間のヨーロッパ出張期間、ロンドンには5回も入ったり、出たり、、

有名な見所はほとんど観光することが出来た。

英語のできるM君が付いてくれるので、何とかなってるが、一人だったらどうなってたであろうか?

ところで、仕事のほうはちゃんと出来てるのかと思うでしょう?

(続きは また後日)

今日の料理 牡蠣と野菜炒め中華風!2008_01_13_107syuku

味醂と醤油に漬け込んだ生牡蠣に片栗粉をまぶす

中華鍋の胡麻油を熱して、ニンニクと生姜のみじん切りを炒めた中に、片栗粉をまぶした生牡蠣を加える。

薄いフライパン返しで、牡蠣が鍋の底にくっついて焦げ付かないように、軽く返しながら、火を通し、軽く焦げ味をつける

そこへ、ブロッコリー、シメジ茸、山芋の輪切りを加えて炒める

牡蠣をつけた味醂、醤油液、片栗粉の残り、を入れて、さらにお酒をざ~と加えて強火で炒める

味は醤油と味醂で整えて出来上がり!

所要時間、、、わずかに15分

牡蠣の代わりに肉や魚、

野菜もいろいろバリーション

台湾の家庭料理のお店で教えてもらった料理 とっても美味しくてビールもご飯もすすんでしまうよ。

モンタは太ってるといわれるが、こうして見ると、そうでもないような気がするが、、、

Img_7449syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」のカテゴリーに参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« ホタテ貝の酒蒸し料理 | トップページ | 英会話奮闘記(12) »

コメント

ところでその"道草”は実のなる梅ですか、それともただ観賞用の梅ですか。

花も実もある梅のほうが、ワタクシ好みでございます、、、。

投稿: なぎさ | 2008年1月13日 (日) 23時11分

ナベショー様
わたしも、八重よりも一重が好き。一つ一つの花が、よりきれいに見える気がするから。花木ものは、いけばなにすると、日本的になるものですね。ロンドンでも、花木をアレンジメントに使うようになり、手に入りやすくなりました。捨てられそうになった盆栽を、というくだりは、いかにも優しいナベショーさまらしいです。大切に育ててくださいね。

投稿: les fleurs | 2008年1月13日 (日) 23時31分

なぎささま
当然、実のなる梅でござります。
すこし小粒ですが、沢山沢山収穫しました。
こんな可愛い花で、実が沢山生るなんて、素晴らしい梅です。
花も実も楽しめる里山ガーデン、、、というのがナベショーの庭のコンセプトなんです。
一重の花には実が生りますが、八重の梅は実がなりません。

投稿: ナベショー | 2008年1月13日 (日) 23時35分

一重の梅は、より梅らしく私もこちらが大好きです。。。

出張話!!
仕事の進み具合は~~~!!
いろんなハプニングにもかかわらず、大きい仕事GET出来たのでしょうか???

投稿: koji | 2008年1月13日 (日) 23時42分

les fleurs さま
やはり一重の花がお好きですか。
一重の花は、花弁がごちゃごちゃしてなくて、シンプルな美しさがありますね。
毎年、剪定を兼ねて、かなり枝を切りますが、生け花に使えばいいですね。
捨てられそうになった梅の盆栽、、、可哀想に、、と同時にもったいないという気持ちのほうが大きかったかな、、

投稿: ナベショー | 2008年1月13日 (日) 23時50分

kojiさま
ボツボツ、仕事のほうで、英会話の能力がどれくらい発揮できたかを書かねばなりませんね~

投稿: ナベショー | 2008年1月13日 (日) 23時53分

5㍍@0@”
になったのですね。この色は大好きです♪

ほて~る ひると~ん

の【て】と【る】を長めに発音すれば英語っぽく
聞こえるのですね。早速メモしときますっ!

でもヒルトンはいっぱいあるのですね。それもメモですね。

投稿: れおぽん | 2008年1月14日 (月) 00時19分

れおぽんさま
庭に植えた木々、、10年も経つと、どれも大木ですよ!
梅の実をたくさん収穫できました。
英語みたいな発音でしょう、、、
でも、その後の言葉が通じなかったみたい、、
ロンドン市内に、ヒルトンがたくさんあるとは知らなかったもの、、、
ヒルトンをしっかり大きな声で発音したら通じると思ったのに、、、

投稿: ナベショー | 2008年1月14日 (月) 07時12分

わァ~!
”道草”の梅一輪、お会いできました。
やはり名前どおりの素敵な梅ですね。
お写真の撮り方もお上手だから、美しさ、可憐さが倍増です。
色は薄いピンクなのですね。
私も、お花は、すべて一重咲きが好きです。

投稿: にりんそう | 2008年1月14日 (月) 08時48分

一泊4~5万ですか~

2万の所に泊って差額で美味しいもの食べたいですね~

牡蠣・・・美味しそうです~

魚料理が多いですね~

嬉しくなってしまいます~


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年1月14日 (月) 09時53分

にりんそうさま
薄いピンクの一重、色合い、可愛くて美しい花でしょう!
ただ、この「道草」という名前、十年前に庭に植えて、初めて咲いた花の名前を知りたくて、いろいろ調べてたら、NHKの『今日の園芸」に載ってた「道草」と名づけられた梅の花とそっくり、開花する時期も一月中旬で一致、、
しかし、今、ネットでいくら調べても「道草」という名前の梅は載っていません。
よく似たのに「道知辺」(みちしるべ)という一重のピンクの種類がありますが、それと同じなのかどうか、、、間違って名前を覚えてしまったのか、、、
いづれにしても、花も可愛くて美しく、「道知辺」であったとしても、ふさわしい素敵なネーミングだと思います。

投稿: ナベショー | 2008年1月14日 (月) 10時56分

マグロ君さま
こんな高いホテル、、世界一だと思います。
ロンドンが一番高かった、、、
まあ、セキュリテイーのため、こういうホテルに泊まることになってたんです。
会社へ実費請求なんで、半分の二万円のところに泊まっても、浮いたお金でご馳走を、、ということにならないのが残念、、、
ねえ~ 日本の出張じゃ、安いビジネスホテルを探して、なのに、、、
一生一度の贅沢でしたね。
寒くなり、ますます魚介類が美味しい季節です!

投稿: ナベショー | 2008年1月14日 (月) 11時06分

グフフフ~♪
ナメクジのいちばーん伸びた状態のモンタ君だね。
さすが!
ナベショーさんの撮影術!!!

こういう風に撮ればいいのか・・・目からウロコ・・・
○○歳になっても、美しい写真を残す方法が、今、分かりました~(^^

投稿: MONA | 2008年1月14日 (月) 12時38分

MONAさま
毎日、野の花を美しく撮ろうと修行してきた成果です。
こういうポーズで撮れば、たるんだお腹も目立たないでしょう?

投稿: ナベショー | 2008年1月14日 (月) 16時27分

最初の一花って特に綺麗ですよね、梅は良いですね、サクラもいいけど。

僕も今後いろんな人生経験していきたいですね。

投稿: トモ | 2008年1月14日 (月) 19時34分

トモさま
人生経験は、いいことも、悪いことも、後になって全て栄養のようになって、自分を養います。

投稿: ナベショー | 2008年1月14日 (月) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホタテ貝の酒蒸し料理 | トップページ | 英会話奮闘記(12) »