« クロッカスの花が咲いた! | トップページ | 菜の花の季節! »

2008年2月28日 (木)

馬酔木の花が咲き始めた!

2008_02_28_095syuku

馬酔木(アシビ) ツツジ科 毒

馬が食べると酔ったようになる、、

子供の頃、田舎の家では、山羊を飼っていた。

乳搾りと餌の草刈は子供の仕事、

冬は、薩摩芋の蔓、芋茎、大根の葉、、、などの影干ししたのが餌だった。

山羊が小屋の板の仕切りの間から、薪用の柴束の枯れた木々の葉を食べた、、、らしい。

口から泡を吹いて二週間苦しんだ、、、、死なずに助かったけど、柴の中に馬酔木の葉が混じっていたのである。

その馬酔木の釣り鐘のような花、青い空を背景に美しい2008_02_28_088syuku                   

まだ、咲く始めたばかり、ほとんどは蕾である2008_02_28_082syuku                         

2008_02_28_067syuku 2008_02_28_075syuku                                

今日は風も無く、ポカポカの春の陽気!

2月3日に、今年はじめて蜜蜂の箱を開けて様子を検査した。

すでに、女王蜂は産卵を開始し始めていた。

この間、空いてる予備の巣箱を消毒し、塗装を行い、先日には消毒済みの巣箱に蜜蜂を入れ替えた。

2008_02_28_035syuku 2008_02_28_036syuku

冬の間のこうした作業は、風の無い晴天、暖かい日の午前中に行わねばならない。

最初の内検〔内部検査)より、3週間以上経つ

働き蜂が孵化するまで21日間、 もう新しい働き蜂がどんどん誕生しかけているはずである。

上蓋を開けると、真ん中にかたまっている。 

煙を吹きかけておとなしくさせて、巣脾枠を一枚ずつ、両手で引き上げて観察する

2008_02_28_026syuku_2 2008_02_28_028syuku                           

左側周辺の白い蓋がされてるのは、昨年秋からの冬越し用の蜂蜜である。

働き蜂がびっしりと密集しているところは、全部、産卵された卵が入っているか、成長した幼虫、さらに蛹になって、蓋をされている場所である。

もう日々、どんどん孵化して、空室になったところには新たに産卵される

働き蜂は何してる?

外から幼虫の餌になる花の花粉を集めてくる

花粉を幼虫に食べさせる、

巣箱の中のお掃除

女王蜂のお世話、

さて、女王蜂は元気かなnote2008_02_28_031syuku

アッ! いたいた、元気に動き回ってる、、、、よくわかんないという方のためにアップ!2008_02_28_033syuku

女王蜂の長くてつやつやした美しいお腹、、実に立派でしょうsign03

働き蜂が春から秋までは1~2ヶ月、秋から春にかけて冬の間は4ヶ月くらいの寿命なのに、

女王蜂の寿命は4~5年

しかも、冬の間と真夏に産卵をお休みする他は、ず~と一日、1500~2000個の卵を産み続けるのである。

えっ、、、、 そのための精子は?

女王蜂が誕生して一週間目に空中で雄蜂と数回交尾して、一生の間に必要な精子をお腹に貯えるのである。

アクシデントに会わず、働き蜂が増えて、花がいっせいに満開となる4月には、大きな群れに成長して欲しいものである。

養蜂を始めて、今年は3年目、、、、

今まで、いろんなアクシデントに遭遇した。

そのたびに、新たに学び、経験した。

また蜂蜜の採取だけでなく、蜜蜂の群れ、組織のすごい知恵に驚き、人間の社会の浅はかさを知る

さあ、、今年はどうかな!

モンタ、、蜜蜂は2Kmも離れた遠くからでも、自分の巣箱に帰って来れるんだぞ!

モンタは帰れるかね~?

外へ飛び出しても、家の周りを一周するだけだからね。

2008_02_28_004syuku

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」部門に参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« クロッカスの花が咲いた! | トップページ | 菜の花の季節! »

コメント

ナベショーさん今晩は~~
アシビにそんな作用があるの知りませんでした~~
花だけ見ていると想像できませんね、釣鐘状の小さな
花で可愛い感じですものね~~

ミツバチ活動し始めたのですね、解りませんが美味しい
蜂蜜、正真正銘の純正で、元気の素ですね。

投稿: kyutarou | 2008年2月28日 (木) 22時53分

れおんは、怖がりだから、すぐ戻ってきますよ。
ベランダ出ても一分おきに、サッシが開いているか
調べに来ます。
開いてるのを確認してまた土を掘りに行きます。
それの繰り返しです。
ウサギは普通、小さい小屋に入れられっぱなしですが、
れおんは24時間好きにさせています。
小屋はありますが、藁と水飲むときだけです。
トイレも四角いのですが、左端はオシッコ専用。右側は●だけ。
分別しているのです。
蜂さんもすごいですが、ウサギ…侮れない動物ですよ!

投稿: れおぽん | 2008年2月28日 (木) 23時11分

楽しそうですね。。。
私も早くこういう風になりたいです!

ナベショーさんでも苦労された日本ミツバチ、、、、
がんばってみます!!

投稿: koji | 2008年2月29日 (金) 01時02分

蜂=怖いでしたが~、
ナベショーさんのお話に引き込まれて、
愛おしさを感じます。
働き蜂は数ヶ月・・・女王様は10倍以上・・・。
ウ~ン・・・・。
深くは考えずに美味しい蜂蜜を思い浮かべましょう・・・。

投稿: viviel | 2008年2月29日 (金) 02時16分

こんばんは
アシビは実家にもありました。はて、弟は残してくれてるでしょうか?最近は少しもめ事があって、主人がこちらからは一切電話をかけるな!と申しております。(どうやら、荷物の整理が大変そうです。)

蜜蜂社会も複雑なんですね。
女王蜂の姿、よくわかりました。

投稿: hiroko | 2008年2月29日 (金) 03時42分

kyutarouさま
奈良公園にはたくさんの馬酔木があり、春はうつくしいです。
鹿は馬酔木が毒なのを知っているんですね。
他の植物だったら、丸坊主になるでしょう。
今はスーパーの蜜蜂、ほとんど混ぜ物、、ホントの蜂蜜の風味を知る人のほうが少なくなっています。
今年も採蜜が楽しみです。

投稿: ナベショー | 2008年2月29日 (金) 08時57分

おはようございま~す♪ナベショーさま
中2の教科書に出てて 必ず漢字テストに出ますよと教えてくれる優しい美人な国語の先生を思い出しました。
馬酔木は こんなかわいい お花の集合体だったのですね。
その頃植物事典で確認はしたものの気にも留めていませんでした。

今日は此方も10度を越えそうな予報です。 
sunがいいので 本日勝手に啓蟄だ~~~snaildash

投稿: キュリー | 2008年2月29日 (金) 08時59分

れおぽんさま
ウサギもちゃんとトイレの習慣ができるのですね。
かしこい、かしこい!
蜜蜂も、綺麗好きで、けっして箱の中ではしないよ!
家の中で放し飼いが出きるなんて素敵です。
ハムスターを飼ったことがありますが、夜篭から逃げ出して、押入れにはいり、お客さん布団を齧られました。

投稿: ナベショー | 2008年2月29日 (金) 09時01分

kojiさま
僕が買ってるのは西洋蜜蜂です。
日本蜜蜂のことは知らないのですが、時々、日本蜜蜂やってる人が話しにきます。
山に置いた巣箱、やっと蜂が入ったと喜んでたら箱ごと盗まれた、、、そういう哀しいこともあるそうです。

投稿: ナベショー | 2008年2月29日 (金) 09時04分

vivielさま
スズメバチなどは恐ろしいけど、蜜蜂はちゃんと愛情をもって世話してやれば、蜜蜂も飼い主を信頼してて、可愛いものですよheart01
女王蜂は生まれたときから特別のロイヤルゼリーを食べて育てられるので、あんなに立派で若々しく長生きできるんです。
女王蜂も、働き蜂も同じ雌蜂、、食べ物だけでこんなに違ってくるんです。
冷凍食品ばかり食べさせられてる日本の子供達は、長生きできるのか?

投稿: ナベショー | 2008年2月29日 (金) 09時13分

hirokoさま
引越しは大変、特に荷物の整理、、、
私も18年の単身赴任を終えて帰ってきたとき、家中のものの整理して、家族とおおもめしました。
蜜蜂の社会、数万匹の働き蜂が一匹の女王と数百の雄蜂を支配して、見事な管理社会を運営してる、、、すごいです。

投稿: ナベショー | 2008年2月29日 (金) 09時17分

キュリーさま
今日は風も無く、全国的に暖かい晴れ、、朝日が燦燦、、です。
馬酔木、あしび、、、とても美しい響きの日本語ですね。
花も可愛い!
振ると、からからと音がしますよ。

投稿: ナベショー | 2008年2月29日 (金) 09時22分

馬酔木の花、ちょっと見はアセロラの花に似てますね。

馬酔木って実が付くのかしら?

いろんな花が咲く季節は=蜜蜂が活動を始める季節ですね。
2年前には見分けが付かなかった女王蜂、流石に3回目ですからUPじゃなくても何とか当たりました。

投稿: ば~ば | 2008年2月29日 (金) 10時33分

ば~ばさま
アセロラというのは見たことがありませんが、似てますか。
ツツジ科なので、ドータンツツジやブルーベリーの花にそっくりです。
馬酔木、、実はどうでしょう、、、実も猛毒でしょうね。
馴れてきたとはいえ、三つの箱を見ますが、幾度も繰り返して見ても、見つからない時もあります。
大体、巣脾枠の周辺付近を動いているんですが、表側を見てるときは裏側にいて、裏返しにした途端、反対側に移動する、、
見つからなくても、小さな卵が産みつけられてる時は心配ないのですが、女王の姿も見えず、産卵もされてない時は、アクシデントで女王がいなくなったときです。

投稿: ナベショー | 2008年2月29日 (金) 18時05分

こんにちは

 馬酔木の花も花だけで見ると分かりませんね。こんなにきれいでしたっけ?写真の写しかたがいいからなのかな。

 日陰にも強く重宝な低木なんだけど、毒があると聞くと敬遠する人がいます。

 養蜂もやってるんですね。大変そうだな。庭仕事をやってる僕はたまに刺されるのですが、刺されることはないですか?

投稿: イワタ | 2008年2月29日 (金) 18時06分

こんにちは。
青い空をバックにした写真
とっても 綺麗ですね~♪
女王蜂と働き蜂 どちらかに生まれ変わるとしたら
どちらかな?
それよりモンタかなあ
幸せそうです(笑)。

投稿: coltlamp | 2008年2月29日 (金) 18時29分

ごめんなさ~い。

アセロラではなく、ブルーベリーでした。
こちらに伺う前に、アセロラ栽培の話を見てきたので・・・。

ドウダンツツジ、ブルーべリー・・・良く似た花ですね。

投稿: ば~ば | 2008年2月29日 (金) 18時56分

イワタさま
馬酔木の花、、、、こんなに綺麗、、、う~ん 写し方がいいからです、、なんて!
女性もそうですよ、、、カメラマンの腕しだいで、すっごく魅力的な美人に写せるんです。
蜜蜂、、こちらが乱暴で無神経に扱うと、蜂も乱暴になり、攻撃してきます。
でも、やさしく扱うと、蜂も安心して大人しく、刺しませんよ。
ちなみに、蜂の作業は防護面はつけますが、素手でやります。

投稿: ナベショー | 2008年2月29日 (金) 19時59分

coltlampさま
働き蜂は一生懸命勤勉に働いて死んでしまうし、女王蜂は子供を産む機械みたいだし、、、、
絶対、モンタだね!
三食昼寝つき、、

投稿: ナベショー | 2008年2月29日 (金) 20時03分

ば~ばさま
やはり、ブルーベリーでしたか。
ほんとによく似た花ですね。

投稿: ナベショー | 2008年2月29日 (金) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クロッカスの花が咲いた! | トップページ | 菜の花の季節! »