« 英会話奮闘記(15) | トップページ | 吉田から御前崎へ »

2008年2月18日 (月)

英会話奮闘記(16)

2008_02_17_049syuku

寒木瓜

このまま暖かい春になっていくのか、、と思ったら、全国的に寒波の襲来、

静岡も晴れてはいるが、冷たい風が吹き荒れる

それでも寒木瓜の花の蕾は次第に大きく膨らみ、一つ、二つと開花していく

ナベショーの英会話奮闘記(16) 思い出のヨーロッパ出張記(最終記)

40日間の出張を終えて、帰国のフランクフルト空港

心がわくわく、、気が弾む

空港でお土産に大きなチーズの塊や美味しそうなソーセージ類をたくさん買い物篭に、、、

側で、同じく日本人らしきビジネスマンが、、

「これ~ 日本に持って帰れれるんですか~?」

、、で

「駄目ですけど、いままで一度も成田で引っかかったこと無いから大丈夫でしょう」

JALの機内、

食事は日本食、、M君は肉にトマトケチャップ   若いな~

ついに成田へ、、、

フランクフルトでナベショーに聞いたビジネスマン、、ナベショーと目が合って、グ~の合図!

ナベショーはそのまま国内便で大阪伊丹空港へ

新大阪近くのビジネスホテルへ、、、

ヨーロッパでは、高級シテイーホテルばかりだったが、この格差たるや、、、

チェックインして、夕食を食べに街の中に、、、

ケースの中に焼き魚、煮魚、お刺身、冷奴、天婦羅、大根おろし、タラコ、おしんこ、、、などを入れたお皿の並ぶ一膳飯屋

ふ~、、食べた、、食べた、、2000円近く、、

こんな美味しい夕食、、感激!

翌朝、新幹線で広島へ、、

営業と工場との開発会議

ヨーロッパへの出発直前の本社営業から工場開発へ異動した人間、

帰ってきたら、立場が逆になって、工場の開発代表として会議を仕切る側、、

なんだか、変な感じだな~  立場が変わると言うことも逆!

今までの本社の仲間達が会議室のテーブルの対面に、、、

夕方、会議は終わり、広島へ、、新幹線で静岡の自宅へ、、

名古屋支社のMさんと名古屋まで新幹線が一緒、、

土産に買ってきて、東京本社で配るはずのスコッチのモルトウイスキー、、一本開けて二人で味わう

松の木の香りのする芳醇な味、、う~ん 美味しい

こちらのはどんな香りだろう?

これも、ちょっと異なるが、なかなな美味しいね~

これはどうだろうか?

こっちのもうまいぞ!

やはり、ブレンドよりモルトだね~

おい! 無くなるぞ~  かまうもんか!

何て、二人でやってるうちに、名古屋に着く頃には十数本の土産のミニボトルは、数本を残すのみ!

すっかり、いい気分になって、最終JRで帰宅できました。

まあ、自宅には、毎日ホテルからホテルの便箋でスケッチ入りレターをファックスしてた、、

翌日は東京本社へ出勤、書類を整理して、正式に工場へ、

新たに完成した新設の新製品開発センターに所長として赴任した。

40日間、ヨーロッパの駐在事務所にも立ち寄らず、かくも長い出張、、よくぞやったものだと呆れられた。

せいぜい、長くても3週間!だよ

その年が明けて、間もなくアメリカへ一週間、秋には再びM君と訪問した会社のフォローにヨーロッパへ3週間、、、、でも、それが最後!

相変わらず、英語は全く上達せず、、、代わりに若い人たちが、、

岩国米軍基地へ英会話に通った若い社員達、、その後のヨーロッパ市場は、彼ら若い営業マンが通訳無しで、しばしば出張して、今では大きな販売実績をあげてるという。

妻は時々ナベショーに言う

「貴方は、自分の子供達にも、会社の若い人達にも、語学教育だけは成功したね。

自分の得意分野では後継者が育たなかったようだけど、、、」

(完)2008_02_17_088syuku_3

モンタ、、、、それは、一面 真理だろうね~

指導者にとって、自分の不得意分野では部下が育ち、得意分野では育たない、、、、

ブログは、いつものようにモンタが更新!

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« 英会話奮闘記(15) | トップページ | 吉田から御前崎へ »

コメント

ハードな海外出張の後の、日本食の夕餉。。。
さぞかし美味しかったでしょうね。。。

最後のナベショーさんのお言葉・・・・・
わかります!!
できる上司のもとでは、なかなか人は育ちにくいですね~・・・
私も上司の苦手な分野で頑張ります!(笑)

投稿: koji | 2008年2月18日 (月) 22時09分

ナベショーさんの下で働きたかったなぁ~

今からでもいいですよぉ~

夢いっぱいの観光旅館『旅館ナベ庄』

実現しないかなぁ?夢ばっかり膨らんでるんだけど…

投稿: れおぽん | 2008年2月18日 (月) 23時39分

こんにちは

>まあ、自宅には、毎日ホテルからホテルの便箋でスケッチ入りレターをファックスしてた、、

お忙しいのに、ご家族への“愛”を感じました!

投稿: hiroko | 2008年2月19日 (火) 10時01分

松の香りのスコッチ・モルト・・・いま、舌や喉が芳醇な味わいを思い出してます。

12年前の最初の定年で、強い酒は止めました(夫が)。
私も付き合って、家ではウィスキーやブランディーは一切買わないことにしてます。

それまでの我々夫婦のウィスキー遍歴は並々ならぬものでしたから・・・。
酒代も減りましたが、強い酒を飲まなくなったら、煙草も止められて、一石二鳥。
健康的になったかも。

スコッチ・モルトの香りも忘れかけていました。

投稿: ば~ば | 2008年2月19日 (火) 10時34分

こんにちは~。
新大阪~名古屋って結構あっというまですよね(笑)。
ピッチ早すぎ。
楽しい会話も弾んだでしょうね。

さすがはナベショーさんの奥様ですね♪

投稿: coltlamp | 2008年2月19日 (火) 12時51分

たまらんでしょうね~

日本食~

やっぱり、日本人ですね~

マグロ君はもって週間かな~?


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年2月19日 (火) 15時01分

あれー、広島にまだいたときの出張と、静岡時代のとごっちゃになっちゃった。静岡にいた頃にいった出張のときには、アムステルダムからわざわざ私宛に絵葉書だしてくれたよね。

”今、アンネの日記の隠れ家に来ています。小さな部屋に飾られているたくさんの写真、ポスター、そして手書きの彼女の日記。涙が止まりません。”

と確かそんな内容だった。どうしてわざわざ私宛てだったのだろうって考えていたら、お母さんが、

”きっとアンネがあなたと同じ年頃だったからよ、”

って言っていた。
改めてその絵葉書を見て、涙が噴き出てきた。
忘れられない思い出の絵葉書だよ。

投稿: LAの次女 | 2008年2月19日 (火) 18時06分

kojiさま
そうですよ、、上司の得意分野で張り合っても、絶対に越えることは出来ませんからね。

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 20時11分

れおぽんさま
もうナベショーはご隠居さん生活だからね~

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 20時16分

hirokoさま
食事を終えてホテルへ帰ってくると、夜は何もすることが無いんですよ。
TVも言葉がわからないし、、、
手紙を書いて、ファックスをしてもらうのみ、、、

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 20時18分

ば~ばさま
スコッチのモルト、、芳醇な香りと味わい、、
私もウイスキーを飲むことはほとんど無くなりました。
ブランデーにいたっては、在庫の超高級品に至るまで、いつのまにか妻のケーキに化けてしまいました。

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 20時23分

coltlampさま
飲んだのは、広島から名古屋の間ですよ~
でも、ミニボトルとはいえ、良く飲んだものでした、、、
妻、、あういう皮肉っぽいのさえなかったら、、、

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 20時26分

マグロ君さま
やっぱり日本人でした、、、
醤油とお出汁の食、、、がなければ生きられません。
一週間、、持たないでしょうね~
中華なら大丈夫のようです。

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 20時29分

LAの次女さん
僕も広島と静岡時代の出張がごっちゃになってしまう。
ヨーロッパは4~5回行ったけど、アムステルダムからアンネの隠れ家の絵葉書を出した、、もう忘れてたよ。
え~、、まだ持ってるの?

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 20時34分

前回の白梅にも劣らずに、紅梅もいいですね~。
白梅は大人の雰囲気、そしてこちらはさしずめ、乙女の雰囲気でしょうか。

フランクフルト空港・・・懐かしいです。
娘はミュンヘンに住んで、もう10年近くになります。
ミュンヘン直行便が無くて、フランクでよく乗り換えたものでした。国内線は、一番端。長い空港を端から端まで移動したことが思い出されました。

投稿: にりんそう | 2008年2月21日 (木) 08時38分

にりんそうさま
梅の名所、あちこちいっせいに咲き始めましたね。
ドイツへ行く時は、まずフランクフルトへ行き、そこから国内線に乗り換えですね。
ほんとに大きな空港です。
お嬢さん、ミュンヘンに10年近く、、、では、にりんそうさまのブログはお嬢様も見てられるんですね。
ミュンヘンでは、広い体育館ほどもあるビアホールで、両手でないと持てないほどの大きなジョッキでビールを飲みました。

投稿: ナベショー | 2008年2月21日 (木) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英会話奮闘記(15) | トップページ | 吉田から御前崎へ »