« 紅梅の花 | トップページ | 白加賀梅の花 »

2008年2月25日 (月)

ロスのランチ料理

2008_02_25_021syuku

マンサク(万作)の花

我が家のマンサク、、、長らく蕾

今まで、狭苦しい小さな蕾の中に閉じ込められていた

やっと黄色い姿を覗かせて、今日の暖かさで、クチャクチャの花びらが開いたnote

早春、山へ行くと、雪解け水で増水した渓流の河岸、、

まだ、落葉したままの木々のなかで、黄色い小さな花を枝いっぱいにつけたマンサクの木ガ目立つ!

昨日からアメリカのロスの話題が賑やかである。

一つは27年前のロス疑惑事件、日本の最高裁で無罪となった三浦氏がサイパンの空港で逮捕された。

27年前の若くて二枚目の三浦氏、、、なのに頭も薄く、年老いた顔への変貌に驚いた。

もう一つはロスのコダックシアーターでの米アカデミー賞の発表、授賞式の話題

コダックシアーターの直ぐ近く5分のところに住むLAの次女さん

ロスでも数人の女寿司職人の一人、、

もともとはお菓子のパテシエからスタート

寿司レストランで寿司握りながら、昨年秋から自分でケータリング(YUKO KITCHEN)の仕事を始めた。

お客は映画やファション関係が多い

クリスマス、サンクスギビングなどのスポットのパーテイーの仕事、

最近になって、オフィスのランチの注文が入り始めたという、、

50~60人分のランチの注文が毎週定期的に入ると、ケータリングの仕事だけで収入が安定するのだが、、と。

オフィスのランチ料理(50人分)の写真が送って来たので紹介します。

野菜盛りCookie_004                                                

アメリカでは、パーテイー、オフィス、必ずベジタリアンがいるので、野菜メニューは必需

生野菜を切って並べるだけではなく、野菜ロールもサラダ感覚で盛り付け 大好評!

サーモンの皮サラダGennki_106                                         

サーモンの皮をパリパリの油で揚げて、キャベツの千切り、コリアンダー、刻みネギ、

ポン酢であえたサラダ

盛り皿Gennki_130 Gennki_134

オレンジ色のは、ご飯の押寿司を一口サイズに切って油で揚げ、その上にスパイシーサーモンをのせたものhappy01

これで、50人分のランチ

よくぞ、一人で、これだけのランチ料理、週末には数十人のパーテー料理のケータリング、、、

忙しくて、料理の写真もじっくり撮れぬらしい

さもあらん、、

ナベショーが近くにおれば、料理の写真、撮ってやるんだが、、、

また、夜働いてる寿司バーのフラワーアレンジメントも彼女の仕事Cookie_022 Gennki_057

モンタ、、、のお手手も借りたいほど忙しいそうだよ!2008_01_31_005syuku_2

       

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」部門に参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« 紅梅の花 | トップページ | 白加賀梅の花 »

コメント

いよいよ、もんたくん、海外出張の話がairplane
出てきましたね。

いつもLAの次女さまのお話はカンドウしてしまいます。
すっごく頑張っているんだなぁ~
エライなぁ~っていつも思います。

お花も立派に生けられて…お勉強いっぱいされたんですね。
今後も楽しみにしてます。

また写真送ってくれるといいですねっ!camera

投稿: れおぽん | 2008年2月25日 (月) 23時41分

次女様の活躍すごいですね!!

この間、TVドラマ化された「バンビ~ノ」の原作で、ちょうどケータリングのお話の連載中!!
しかも、舞台はアメリカ!
この話を見ているとき、ナベショーさんの娘様の活躍の話とダブりました。。。

投稿: koji | 2008年2月26日 (火) 00時53分

YUKO KITCHINの画像にもうっとりしてしまいました。
近くだったら~下働きさせていただくのに~!!
役に立たなくても、営業おばさん井戸端会議で宣伝するわ!
若々しいエネルギーと、これまで培われた美的センス。
そして腕前・・・。
全てが揃って確立された様子。
遠く日本からファンが応援しています!!

投稿: viviel | 2008年2月26日 (火) 02時22分

お料理にしろ、お花にしろ、
なんと、素敵な才能を持っていいるお嬢様なのでしょう。
お父様のご自慢の娘さんですね。

ベジタリアンといえば、我が娘のパートナーの双子の片割れちゃんがロスに住んでいます。彼女はベジタリアンです。
アメリカにはベジタリアン多いですね。

お料理の紹介の中の鮭の皮のサラダ・・・おいしそうですね。これだったら作れそうです。今度挑戦してみようかしら?
ナベショウサン、絵文字を取り入れたのですね。

投稿: にりんそう | 2008年2月26日 (火) 09時05分

ナベショーさんのお子さんたちは、どなたもそれぞれに才能豊かで、個性を活かした活躍ですねshine

次女さんは、有能なアシスタントが必要ですね(もう居るんでしょうが、料理そのものより雑用やカメラの係が欲しいですね)。

ナベショーさんとしても、一度は生で活躍の場をご覧になりたいでしょう。
cameraカメラ一式を持って、ロスへairplaneいざ。

投稿: ば~ば | 2008年2月26日 (火) 09時59分

すばらしいですね~

次女さん~将来は・・・ハリウッドスターと・・・

なんてこともあったりして~

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年2月26日 (火) 12時23分

次女さん、ご活躍の様子!happy01
嬉しいですね~
若いから大丈夫だと思うけど・・・
身体にだけは気をつけてほしいですnotes
一歩ずつ、目指すように・・・
祈ってますwink

投稿: MONA | 2008年2月26日 (火) 12時28分

こんにちは
次女さま、すご~~い!
いつも、素晴らしいご活躍ぶり、応援しております。
でも、お体にはお気をつけくださいと、お伝えを。

投稿: hiroko | 2008年2月26日 (火) 12時58分

れおぽんさま
頑張ってる姿、若きし日のれおぽんさま、、、ですね。
モンタの出張、、、やっぱり駄目だ!
シェパード見たいなワンちゃんがいる、、、

投稿: ナベショー | 2008年2月26日 (火) 16時08分

kojiさま
どの職種も同じですが、料理の現場は、基本的に男の世界、その中で女が伍して生きていくのは、人並み以上の大変さがあるようです。

投稿: ナベショー | 2008年2月26日 (火) 16時20分

vivielさま
井戸端会議での宣伝、、知り合いがロスにいて、、その縁で、注文が、、、てなこともあるかも、、
宣伝と応援ばんばん営業お願いしますよ~

投稿: ナベショー | 2008年2月26日 (火) 16時25分

にりんそうさま
小さい時から料理やお花が好きでしたね。
本格的には、ケーキ店で働きなが高校へ行き、辻調理専門学校へ、、でも、卒業後も男性と同じように体力的にやれるかどうか、いろいろ躊躇してました。
鮭の皮の料理、僕にも作れそう、、、今度鮭をさばいたら、皮でやってみたい、、
絵文字、、ちょっとわからないままにココログの画面触ってみたら、絵が入ってしまいました。

投稿: ナベショー | 2008年2月26日 (火) 16時46分

ば~ばさま
子供って親に似てるところもあるけど、全く似てないところもありますね。
英会話、、何故、僕だけ全く駄目だったんだろか?
外国コンプレックスが強くて、、、子供への反面教師ですね。
絶対、親に勝てるもので勝負、乗越えていく、、そういう負けず嫌いが強いにでしょうね。
料理や美への感性は、少々似てるか、、、レベルが違いすぎるけどね。

投稿: ナベショー | 2008年2月26日 (火) 16時53分

マグロ君さま
そんなことになったら、、、どうしよう、、、、、、

投稿: ナベショー | 2008年2月26日 (火) 16時55分

MONAさま
健康、、それだけが心配ですね。
どうしても無理せざるを得ない時もあるだろうから、、
一歩一歩、着実に、、ですね。

投稿: ナベショー | 2008年2月26日 (火) 16時57分

hirokoさま
応援、ありがとうございます。
みなさんから暖かい励ましや応援を頂き、喜んでるでしょう。

投稿: ナベショー | 2008年2月26日 (火) 16時59分

好きだったでしょ、と鮭の皮をくれ(女房が)
というような川柳がありました。
鮭の皮、私もあまり食べないのですが、チリチリと
やってみようかな~、という気になりました。

娘さんはとっても根気強いかたなのですね、脱帽です!

投稿: なぎさ | 2008年2月26日 (火) 20時40分

なぎささま
鮭で一番美味しい部分は、、といえば皮なんです。
食通はみんな知ってますがね~
焼いてよし、汁に入れてよし、、脂が乗って,マグロで言う大トロ!
一本鮭をおろすと、大きな皮が2枚取れますが、取り合いですな!
まあ、この川柳、、夫は外で旨いものを食ってるから、皮の旨さはよく知ってる、、
お結びには身を入れるから、皮は残る
妻は皮の旨さを知らず、、
自分が食べない皮(食べたことの無い)を夫に好きでしょうとくれてやってますが、、、旨いもの知らずの女〔妻)を皮肉った川柳なんですな~これは。

投稿: ナベショー | 2008年2月26日 (火) 21時40分

Daisukina mansaku, uchidemo sakidashimashita.
Uchinoha mousukoshi karashi iro desu. Suteki desu.
Aka no mansaku mo bonsai desuga mankai desu.

Los no ojosama gorippa desune-.
Hakushu!

Ii ojosama de Nabe-sho san oshiawase desu.

投稿: M.K. | 2008年2月26日 (火) 22時23分

M.Kさま
雪解けの山々、、春を告げる花、大好きです。
赤いマンサクのほうが、早く咲きますね。
もうすぐ、トサミズキやコブシ、木蓮、ミツバツツジ、いよいよ春です。
一人で、自分でケータリングやりだすなんて、、若さですね!

投稿: ナベショー | 2008年2月26日 (火) 22時39分

こんばんは~。
前回の記事のときも感動しましたが
本当に お嬢様 努力家なんですね。

そのうち お料理と花の写真に
ビッグスターのお姿も加わるのかしら
とっても楽しみですね♪

投稿: coltlamp | 2008年2月26日 (火) 23時10分

coltlampさま
料理を目指す日本の若者達、観光ビザだけでアメリカに渡り、寿司バーで働いて5~6年、グリーンカード〔永住権)が取れるまで日本に帰れず、、、でも、アメリカンドリーム、努力しただけの苦労と才能が報われる世界のようですね。

投稿: ナベショー | 2008年2月27日 (水) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅梅の花 | トップページ | 白加賀梅の花 »