« ウドンの豚シャブシャブ | トップページ | 英会話奮闘記(16) »

2008年2月17日 (日)

英会話奮闘記(15)

2008_02_17_011syuku 水仙

これは、花弁が白、中が薄い黄色、、

先日、ご紹介した花弁も中も白、純白の水仙に極めて近い

しかし、花が若干大きく、花弁も幅が広いところが、異なっている。

これらの水仙、お花屋さんに行っても、ほとんど見かけない。

店舗に並んでいるのは、かなり品種改良された八重のもの、花がもっと大きくて複雑なもの、、

色もピンクがかったの、反対に小さなミニ水仙、、、、

このような昔からあるポピュラーな水仙は無い、、

ナベショーの庭に咲いてるのは、丹波の故郷の母が亡くなった時、庭にたくさん咲いていたのを、球根を掘り起こして、静岡に持ってきたものである。

数個の球根が、年々増えて、寂しい冬の庭を賑わしてくれる

この黄色ー黄色のい水仙2008_02_17_027syuku                                       

寒々した冬の殺風景な庭に、この黄色い水仙が群生した一角のみが、一足早く春が来たような暖かさである

ナベショーの英会話奮闘記(15) 思い出のヨーロッパ出張

もう、日本を出てから幾日経ったのであろうか、、、

相棒のM君も、若いとはいえ疲れ気味

パリのドゴール空港でロンドン行きの飛行機を待つため、空港ロビーでコーヒーを飲みながら、下を行き来する人々を眺めていた。

すると、見慣れた人が荷物を持って歩いてるではないか!

ここはパリだよ、、、そんなことある、、?

ナベショーの上司、事業部長のTさん、

「お~い! T さ~ん こんなとこでなにしてるんですか~」

「ナベショーこそ、こんなとことで、、、なんとか生きておったか~?

お前、、一ヶ月前の11月1日付けで、広島の工場に異動になってるの、知ってるな~?」

実は、出発前のドサクサに自分の人事異動を聞いて、赴任する工場長宛に40日間の出張予定表をファックスして発ったのであった。

「そうそう、、ナベショーの帰国にあわせて、工場との開発会議が設定してあるから、成田からそのまま伊丹、広島へ行くように、、」、、、、、、、やれやれ、、、

T事業部長は、別件でドイツの会社へ出張途中であった。

パリからロンドンのヒュースロー空港、、、この出張の間、幾度も入ったり、出たり、、

最後の週末をスコットランドのエジンバラで過ごした。

商品カタログや技術資料がいっぱい詰まった大きなバック、、、もうほとんど空になりつつあった。

小高い丘の上に立つエジンバラ城、、いや、丘全体が高い城壁で囲まれて、そびえ立つ、、、

エジンバラはスコッチウイスキーの街

街全体に発酵した酵母の臭いが漂う、、

城壁の中は古い中世の石の建物、石畳の町、、、

ウイスキー博物館を見学して、会社の人たちへのお土産に

スコッチのモルトウイスキーのミニボトル

木の樽の中で十数年熟成され、ブレンド前のモルトウイスキー、、いろんな種類がある。

それらを十数種類、買い込んだ。

例によって、中華料理を食べて、、、、

後は、イギリスでの最後の週の仕事が終われば、フランクフルト経由で日本へ帰れる、、、

しかし、40日間、、出発した時には、歯抜けだらけの訪問予定が、ただ一日の空白があっただけで、全部埋まった!

ヨーロッパ中、スペイン、ポルトガル、イタリア、オランダ、ベルギー、オーストリア、フランス、イギリス、ドイツ、、、

ロンドンだけでも3~4回出たり入ったり、、、訪問した会社は約30数社、、何とかなるものである、、

(次回は明日  最終回)

夕食は、カキフライと串カツ、、、、また揚げ物!                                

2008_02_17_071syuku

モンタの大きな目2008_02_17_087syuku_2

直ぐ、高いところに飛び上がる、、、

明日から一泊二日の小旅行、、、ほんの近くへ

ブログは、いつものようにモンタが更新!

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« ウドンの豚シャブシャブ | トップページ | 英会話奮闘記(16) »

コメント

ヨーロッパなんて映画でしかみたことない風景です。

れおぽんのバレエのm先生はフランス語で
レッスンをしてくれます。

が…アン、ドゥー、トロワまでは分かるのですが、
4,5,6,7,8…が聞き取れません…

今度ナベショーさんに語学のレッスンしてもらいますね。

投稿: れおぽん | 2008年2月18日 (月) 09時19分

海外で、知り合いにばったり会ったときの衝撃は、happy02coldsweats01weephappy01
という状態です。

ムシコは、クリスマスにディズニーランド(カリフォルニア)で友人とバッタリ。
あと、夏休みにカリフォルニアのオランダ移民の町(日本の観光ガイドにもんってい無い町)で、留学中の別の友達とバッタリ・・・・

地球って、思ったよりせまいんですね。

投稿: ムシコ | 2008年2月18日 (月) 09時21分

海外出張も長期になると辛いですね~

日本食が恋しくなったでしょうね~

ナベショーさんは特に~

現地で料理はしなかったのですか~?

休みが1日じゃ~無理ですか~?

次回最終回~楽しみ~


ぽちと!

投稿: マグロ君 | 2008年2月18日 (月) 09時30分

私は、海外に長期出張は無かったんです。
いつも駆け足で~。

しかも行ったついでと称して、あっちもこっちもで、何処がどうだったか記憶もゴチャゴチャになります。

個人的にも幾つか行きましたが、6泊くらいでも思い出はしっかり残ります。
6泊くらいだと現地食を楽しめますしね。

実際にあったらきつくて音を上げていたかと思いますが、一度くらいはじっくり滞在してみたかったかも。

投稿: ば~ば | 2008年2月18日 (月) 10時20分

随分とご多忙でしたね。帰国なさってすぐに会議ですか?すごいスケジュールですね。

水仙のお写真、綺麗です。おかあさまの想い出があるのですね。わたしは母にシランを株分けしてもらい、育てております。

夕食もとってもおいしそう!

投稿: hiroko | 2008年2月18日 (月) 11時19分

こんにちは~。
とても充実した海外出張だったのですね。
働く日本のお父さん!
日本人は働きすぎとよく耳にしますが
仕事に情熱があるからこそ ですね♪

越前水仙 とっても良い香りでお好きな方も多く
庭で楽しまれてる方がほとんど・・
で 置いていない花屋さんが多いのでは?
うちの店には あります。
お稽古花のご注文があるので
仕入れますが完売は難しいです(笑)。

投稿: coltlamp | 2008年2月18日 (月) 13時15分

Scotland no whisky disterelly wo megutta kotoga arimasu. 15-nen mono no oishikatta koto!

Heath de owareta oka, soreni hagisu no nantomo
kotterito shita aji, bag-pipe no enso nado, nado,
izuremo natukashii!

投稿: M.K. | 2008年2月18日 (月) 19時05分

れおぽんさま
ヨーロッパは、数百年の歴史の重みが今もそのまま、、是非、機会があれば訪れるといいですよ。
圧倒されてしまいます。

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 19時41分

ムシコさま
世界は広いようで狭い、、、集まるところは、空港か観光地、有名レストラン、ブランドのお店ですからね。
でも、びっくりします!

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 19時44分

マグロ君さま
海外で一箇所に数ヶ月滞在なら、自炊可能な宿に泊まるでしょうが、長くて2~3日の滞在、、、、ず~と外食なので嫌になりますね~

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 19時47分

ば~ばさま
やはり醤油と塩、胡椒は持参すべきでしょうね~
蒸し焼きの魚に変なソースではなく、醤油や塩胡椒ならどんなに美味しいだろうか、、と幾度も思いました。
ホテルの朝食はまだしも、3食全部現地料理は堪えます。
中国の場合はそうでもなく、美味しくいただきましたが、、

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 19時52分

hirokoさま
日本に帰ってしまえば、一日出張が伸びようが、会議があろうが、通常通りでどういうことないのですが、、、
庭の花の中には、思い出のあるのが、いろいろあり、花が咲くのがたのしみです。
シラン、、美しいですね。

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 19時55分

coltlampさま
面白くて遣り甲斐がる仕事なら、多少の大変さも苦にならないのですが、、、
水仙の花、、香りがいいのですが、部屋の中では酔う人もいるとかで、妻は部屋に生けるのを好みません。
お花、、仕入れる最小単位があるでしょうが、水仙の完売は難しいのですね。

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 20時01分

M.Kさま
スコットランドを旅行されたんですね。
緑の丘にそびえるエジンバラ城、、モルトウイスキー、、、懐かしいですね。
出張の合間の駆け足観光ではなく、ゆっくりと巡ってみたいものです。

投稿: ナベショー | 2008年2月19日 (火) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウドンの豚シャブシャブ | トップページ | 英会話奮闘記(16) »