« 山での遭難事故 | トップページ | フキノトウの天婦羅 »

2008年2月12日 (火)

一酸化炭素中毒

2008_02_12_008syuku 冬のバラ

住宅の庭、フェンスの中、農家の庭先、、、

冬のバラを見つけると、写真に収める

咲き終わって、茶色く枯れかけたのもあり、

まだ蕾のもあり、、

ウオーキングにカメラは手放せない

久しぶりの新聞の夕刊

昨日、早朝に起きた八ヶ岳連邦、赤岳頂上付近の山小屋、赤岳天望荘で起きた一酸化炭素中毒事件の記事

今朝の朝刊が休みだったので、気になっていた。

夕刊の記事によれば、男女15人がヘリコプターで病院に運ばれ、自力下山した5人も病院で治療

いずれも軽症だが6人が入院とのこと

客の多くは石油ストーブのある「談話室」で寝ていて気分が悪くなったという

窓は積雪で開かず、換気が不十分な状態だったため、、石油ストーブが不完全燃焼を起こし、一酸化中毒を起こした可能性があるとのことである。

この赤岳天望荘は2年半前に、定年退職後の夏、妻と八ヶ岳に登って宿泊した懐かしい小屋であった。

実は今から30年前、埼玉県入間郡大井町にある化学会社の研究所に勤務してた。

結婚して、側の3LDKの社宅に住んでいた。

その頃、東京本社の企画開発部のM主任さんが、毎夜のごとくナベショーのところを訪問し、夜中まで仕事に関する議論をしていた。

新婚間もない妻にとっては、この上なく迷惑なことであったろう。

埼玉時代の最後の4年間、Mさんは一週間のうち4日は来ていたと思う。

Mさんは副工場長兼開発部長で広島へ転勤、ナベショーも一緒に広島へ、、

さらに4年間、、ず~と夜の訪問は続いた、、

この怪物のようなMさんとのエピソードは、後々に詳しくブログに書こうと思っている。

ある冬の寒い夜、ナベショーの社宅の玄関脇の4畳半の部屋でMさんとナベショーは、あ~でもない、こ~でもないと議論していた。

話はいつも堂々巡り、ぽ~んと飛躍したり、全く別の話題に変わったりする、、、

そのうち、二人とも疲れてきたのか、眠くなったのか、、話も途絶えがちで、、同じ話の繰り返し、、、

側の石油ストーブの炎がやけに赤っぽい

時折、ふわ~ふわ~と炎が細く舞い上がる、、、

変な炎だな~と、ぼ~と眺めながら、、、、、、、

その時、妻がお茶とお菓子を持って、部屋の襖を開けた、、瞬間!

石油ストーブは、突然 青い炎に変わり、勢い良く燃え始めた。

横になって、もうろうとしている二人を見て、

みんな、どうしたのよ!!!!

妻の大声に我に返った二人 、

石油ストーブが不完全燃焼 をし始めていたことに、初めて気がついたのである。

妻が部屋に来るのが、もう少し遅かったら、、、、、

会社の今の事業は、また別の形になってたであろう、、

赤岳での一酸化炭素中毒では、宿泊客が、寝ていて気分が悪くなったと書いてあった。

30年前の時は、何もわからず、ただ、意識がもうろうとして、動作も緩慢、、、、

間もなく、そのまま、ふぁ~と眠ってしまって、永遠に意識がなくなって仕舞ったのではなかろうか。

締め切った部屋での石油ストーブ、、換気を十分に!

カレーライス、、、これも時々無性に食べたくなる

2008_02_12_055syuku_2 玉ネギのみじん切り、よく炒めてジャガイモと人参を、、

良く煮えたら、グリコのカレールーを!

その後に、牛肉の薄切りをフライパンでさっと炒めて塩コショウ2008_02_10_017syuku

それをカレーに混ぜて出来上がり

牛肉の美味しさがしっかりと味わえる

もちろん、カレーライスには生卵!

関西風ナベショーカレーはいかが?

モンタも好きになると思うよ!

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」部門に参加しています。

一日一回の応援のクリック(10ポイント) よろしくお願いいたします。

他の方の素晴らしいブログも、見ることが出来ます。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« 山での遭難事故 | トップページ | フキノトウの天婦羅 »

コメント

ぞっとする経験ですね。
生卵を入れると冷めちゃいませんか?カレー
目玉焼きなら乗せることがありますが。。。

投稿: でつ | 2008年2月12日 (火) 22時08分

ここまで、危険な状況ではなかったですが
学生時代、友人と2人で飲んでいてストーブつけっ放しの換気もしない部屋で飲み疲れて2人とも爆睡・・・・
私が気分悪くなって起きなかったら、、、、

よく考えると、私の方もコワいですね、、、今考えると、、、、

投稿: koji | 2008年2月12日 (火) 22時14分

>会社の今の事業は、また別の形になってたであろう,,

いやです。れおぽん。そんなのいやですからね。

よかったぁ~ 奥さん来てくれて…

怪物って形相が?仕事ぶりが?
シリーズ楽しみにしてますね。

それだけの時間を費やしたって…なにか生まれますね。

投稿: れおぽん | 2008年2月13日 (水) 00時46分

背中がぞっとしちゃった。
Mさん、週4日も来てたの?
よく4人も子供つくる暇あったねえ、なんちゃって。
石油ストーブ、居眠り運転、木登り、遭難。気おつけてよ。考えるとハラハラ心配になってくるから、考えないようにしているけど。

投稿: LAの次女 | 2008年2月13日 (水) 03時30分

昔に比べて、建物の密閉率がよくなった分、別のリスクが出てきたんですね。

赤岳天望荘。八ヶ岳縦走の際にはよく使います。もっぱら夏季ですけどね。
雪は、怖いです。雪崩だけでなく、遭難の原因にもなるし、雪洞でもこういう事故がたまに見られます。

自然は怖い!年に何日も山や川で仕事をしていると思います。

投稿: ムシコ | 2008年2月13日 (水) 08時16分

おはようございます
・・・よかったですね。奥様がおふたりの命の恩人ですよね。現役時代もお仕事に熱中!いまも熱中!尊敬です。

投稿: hiroko | 2008年2月13日 (水) 09時07分

怖いですね~ストーブ・・

実はマグロ君の赤ん坊の頃あったんです~

マグロ君が泣いて、気がつき、窓を開け事なきをえたとか~

窓開ける際・・・腰が立たなくて、這って行ったと

聞いてますよ~

こわい~


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年2月13日 (水) 09時42分

そういえば、大阪の【むらかみ】のカレーにも卵黄が乗ってましたね。

関西では、カレーに卵黄が定番なのですね。

煙突の無い石油ストーブを使ったことが無いので、私には体験が無いのですが、夫は受験勉強中に“練炭火鉢(歳がわかる~)”で死にかけたことがあるそうです。

自分で「あれで頭をやられなければ、東大だったのに」と、いつも弁解します。

投稿: ば~ば | 2008年2月13日 (水) 10時46分

こんにちは。
Mさんも ナベショーさんの奥様に
頭があがらなくなる 貴重な体験なんですね。
私はエアコンがあたりまえの暮らしを
ず~と続けていますが やはり石油ストーブは
この地域では多いですね。
その上にヤカンや大鍋をのせたり・・。
団欒の道具も一歩間違えると
とても怖いことになるのですね。

投稿: coltlamp | 2008年2月13日 (水) 11時23分

良い(?)ときに奥さまがお茶を持ってきてくださって、ホントによかったですね。
可笑しなお話しですが「一酸化中毒」に対する、具体的な良い学習になりました。

投稿: 花譜 | 2008年2月13日 (水) 13時32分

PS
もんたかわいいー。

投稿: LAの次女 | 2008年2月13日 (水) 16時17分

でつさま
熱々のご飯の熱々のカレー、、熱くて焼けどしそうなのに生卵、、卵で少しずつ冷ましながら食べます。
目玉焼を載せる、、、関西では最近の流行なんかな~?

投稿: ナベショー | 2008年2月13日 (水) 19時10分

kojiさま
そりゃ~ ナベショーの場合よりコワイよ!
うちは妻が襖開けたけど、kojiさまが気分悪くて起きなかったら、、、、終わり!

投稿: ナベショー | 2008年2月13日 (水) 19時12分

れおぽんさま
まあ~ 死なない時は、なにがあっても死なないけれど、
死ぬ時はあっけないのかも、、、
いっぱい、怖い目にあったけど、まだ生きてますね。

投稿: ナベショー | 2008年2月13日 (水) 19時15分

LAの次女さん
Mさんが来るのは子供達が寝てから、、早いときは20時代、遅い時は23時、24時、、、今日は来ないと思って布団に入ったら、階段を上がる靴の音、、、飛び起きたね~
居眠り運転、、あったね
お盆で田舎へ行く時、、、一瞬、反対車線へ入ったことがあった、、危ない、危ない

投稿: ナベショー | 2008年2月13日 (水) 19時19分

ムシコさま
一年に幾度も山や川、奥地に行って仕事されるから、今まで怖い体験もあったでしょうね。
一酸化炭素中毒は、気がついたときはもう運動中枢がやられて身体が動かないのでしょうね。
そのまま、もうろうとなり意識もなくなる、、、
怖い怖い、、

投稿: ナベショー | 2008年2月13日 (水) 19時27分

hiroko1さま
現役の頃より、今のほうがよく働いてるかな~
朝も早いし、夜も遅いし、身体も良く動かしてるし、、

投稿: ナベショー | 2008年2月13日 (水) 19時29分

マグロ君さま
それは、ナベショーよりもっと怖い!
マグロ君さまが泣かなかったら、終わり、、、
みなさん、それぞれ、石油ストーブでは、怖い目に会ってるんですね~

投稿: ナベショー | 2008年2月13日 (水) 19時32分

ば~ばさま
関西のカレー、、生卵が定番ですね。
ただ、カレーもご飯も、生卵も、最初にぐちゃぐちゃに掻き混ぜてしまってから食べ始めるセンスの無い関西人も多いのが困りもんです。
練炭火鉢はもっと危ない、、、密閉した室内では、確実に死ねる、、、

投稿: ナベショー | 2008年2月13日 (水) 19時36分

coltlampさま
石油ストーブって暖かいし、冷たい手をかざして暖めることも出きるし、乾いてない洗濯物も乾かせる、、
クツクツの煮物も便利だし、、、で、エアコンのある居間で石油ストーブを炊いてます。
朝、石油ストーブつけると、直ぐモンタが前に寝そべります。

投稿: ナベショー | 2008年2月13日 (水) 19時40分

花譜さま
一酸化炭素中毒、、意外と楽に死ねるかも、、、
だから、事故のときは、気がつかないままに中毒で意識が無くなり、身体も動かせなくなるから怖い、、
お茶がもう少し遅かったら、、、、

投稿: ナベショー | 2008年2月13日 (水) 19時43分

LAの次女さん
モンタ、可愛いでしょう
最近はモデルの訓練してるからね!

投稿: ナベショー | 2008年2月13日 (水) 19時50分

まァ~!、怖い思い出があったのですね。
でも、神様は、こんな大事な方(いろいろな意味で)をここで終わらせませんよね。
よかったですね。奥様に感謝しなければ・・・。
私も毎日、こんなすばらしいブログを読ませていただき感謝です。

投稿: にりんそう | 2008年2月14日 (木) 08時26分

にりんそうさま
最近はエアコンでの暖房がほとんどですが、煮炊きに便利だし、エアコンの無い部屋の暖房に石油ストーブ使うこともあるので、換気には注意ですね。
現役時代は、単身マンションと工場との往復だけでしたけど、今は毎日のように車を運転し、いろんなことをやるので、不注意での思いがけない事故への遭遇の確率は高いのではないか、、と思います。

投稿: ナベショー | 2008年2月14日 (木) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山での遭難事故 | トップページ | フキノトウの天婦羅 »