« オレンジムースゼリー | トップページ | 里山の春(1) »

2008年3月11日 (火)

炭焼きしたが、、、

2008_03_10_007syuku

ミツバアケビ

昨年は、もっと早くミツバアケビの花をアップしていた。

今年はやはり寒いのだね!

やっと、新芽が出て、蕾が膨らんで、紫色の美しい花が姿を見せた。2008_03_10_011syuku            

隣家との間のフェンスに、アケビの蔓が絡まって、美しい花と黄緑色の葉を楽しむ

もう10日近く前のお話

庭の世話をしてると、冬には樹木の剪定とか、虫に食われて枯れかけた樹木とか、、、

細い枝葉は細かく切って堆肥にする。

でも、太い幹や枝はどうするか、、、、、、

炭焼き、、、、子供の頃、田舎でやってたんだよ

もちろん、遊びだけどね!

まづ、庭に穴を掘る2008_03_002syuku

木をノコギリで適当な長さに切る2008_03_004syuku                                     

穴に木をきちっと並べて火をつけて燃やす2008_03_017syuku                            

ある程度、燃えたら、籾殻(JAの朝市で一袋100円で買ってきた)で被う2008_03_018syuku         

なかなかいい線行ってるよ!

この、籾殻の上に土をこんもりと被せて、スコップでぽんぽん叩く

端っこにアルミの蛇腹の煙突もたてる2008_03_08_007syuku                              

これで、完全密閉系の中で、木は空気の無い状態で蒸し焼きになり、樹木のセルロースは酸素の無い状態で、水と炭素に変わる化学反応が進んで、炭(カーボン)になる。

火入れは3月2日

10日間、、ぶすぶすと煙が出て、何となくそれらしき臭いが庭中に漂う、、、

今日の朝、煙も無く、土饅頭の中に手の指を差し入れても熱くない。

2008_03_10_083syuku

さあ、、掘り出すぞ~  窯出しだ~ 2008_03_10_086syuku

なぬ? 

灰と焼けた土しか出て来ない、、、????????????

燃え残りの木の枝が少しばかり、、、Syuku                                  

子供の頃には、このやり方で、けっこう立派な炭が焼けたんだが、、、、?

どうも、上に被せた土、これがぱらぱらで空気が中に入って、燃焼してしまったようだ。

土を漆喰のように水で練って覆い、、空気が中に入らないようにしなければならない。

再度、挑戦!

せめてBQ用の炭くらい自給しなくっちゃ、、!

今日の料理

独活と蛍烏賊、ナメコの天婦羅、、、また揚げ物                             

2008_03_10_073

蛍烏賊と独活の酢味噌和え2008_03_10_075syku

実はスーパーで大きく開いたナメコが安かったので衝動買い2008_03_10_070syuku

ならば、味噌汁に、、、2008_03_10_076syuku

天婦羅はどうだろうか?

しからば、独活の天婦羅もおいしいなあ~

酢味噌和えも、、、ならば旬の蛍烏賊も、、、という単純な行き当たりばったりの発想による夕食メニュー

モンタ2008_03_07_003syuku 、、、、貫禄がついてきたね~

    

人気ブログランキングの「花、ガーデニング」部門に参加しています。

一日一回の応援クリック よろしくお願いいたします。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« オレンジムースゼリー | トップページ | 里山の春(1) »

コメント

私も間引きした竹で炭作りたいんです~。。。
今回の炭作りも参考にさせていただきますね!!

窯がわりに大きいオイル缶を使用して挑戦しようかと。。。
また今度頑張ってみますね!!

投稿: koji | 2008年3月12日 (水) 00時47分

ナベショーさんは、子供の頃に炭焼きもされた
ことがあるのですね。納得です。
会社では、技術畑の先端を行かれた方なのに
自然に親しむ知恵が豊富であられる事に
常に感嘆していました。ミツバアケビの花も
アップで見ると造形が美しい!
モンタちゃんは、ナベショー家の猫にふさわしい!
いつも違う顔を持っていますね。

投稿: cchiyochiyo | 2008年3月12日 (水) 04時46分

kojiさま
大きなオイル缶なら密閉できるから、燃えてしまうこと無く、蒸し焼きに出きるかも、、、
竹炭もやりたいですね。
穴の周囲にレンガを積んで、本格的な炉を築いて、燻製炉、陶器の窯、炭焼き窯など多目的炉にしたら楽しいだろうな、、、と考えてるんですが、、
果たしてどんな構造にするか、、、

投稿: ナベショー | 2008年3月12日 (水) 07時02分

cchiyochiyoさま
最先端の技術といっても化学ですから理科の実験みたいなもの、、材料を、混ぜて、煮て、取り出して、、お料理と同じなんです。膨大な容器や反応器の洗い物もね。
容器の中での化学反応を「クッキング」と言うんですよ。
化学反応、化学現象の切り口で身の回りを眺めると実に楽しいものです。
まあ、会社時代の仕事も、半分子供時代の遊びの延長みたい、、楽しく仕事させてもらいました。
ミツバアケビは美しくて気品があります。
もう少し咲いたら再度、撮りたいと思っています。
モンタはカメラ向けるといろんな顔するんです。

投稿: ナベショー | 2008年3月12日 (水) 07時10分

@0@!
こうやって炭が化学反応で出来るんですね。
これはジャガイモの断面につける草木灰
にもつかえるのかなぁ?上の写真は見た目似ていると
思ったのですが…?

投稿: れおぽん | 2008年3月12日 (水) 07時40分

炭焼きお疲れ様です。

ムシコのマンションのお向かいには、炭焼き釜があります。しかも2つ!

3月になって、年度末で公園の樹木の伐採の仕事が毎年発注されるのか、この時期、フル回転です。月曜日に火入れするので、火曜日には独特の木酢系の臭いがします。
(マンションに引越しした当時、この臭いを知らない人が異臭騒ぎで通報してましたが・・・)

そういえば、小学校の理科の実験で割り箸で炭を焼いた記憶があります。


投稿: ムシコ | 2008年3月12日 (水) 08時41分

旬ですね~蛍烏賊・・・酢味噌は先日用意しました~

市販の奴ですが・・・

そろそろ・・・サクラエビ~?

4月1日でしたっけ~?解禁!

その前にシラスかな?

ぽちと!

投稿: マグロ君 | 2008年3月12日 (水) 09時30分

山菜も、魚介も、どんどん春の味覚が出てますね。

間もなく筍もたくさん出ますね~。

れおぽんさんやムシコさんと話している、ナベショーさんにお目にかかって、伸漁丸で買い物・・・筍の頃伺いましょうかしら。
踏み潰すほど出てくると仰ってましたものね。

桜海老やシラスの時期と重ならないかしら。

投稿: ば~ば | 2008年3月12日 (水) 10時15分

「簡易炭焼き」・・・初めて知りました。へえ~。ナルホド・・・です。面白いですね。

投稿: 花譜 | 2008年3月12日 (水) 14時05分

れおぽんさま
そうそうジャガイモを切った面につける灰、、偉いな~
僕なんか、何もつけずに一日乾かしたままで植えるよ。

投稿: ナベショー | 2008年3月12日 (水) 17時28分

ムシコさま
炭焼き釜、、2個もフル回転!
この臭い、、そんなに悪い臭いではないけどね。
小生も小型ながらちゃんと炭が焼ける釜をレンガで作りましょう。

投稿: ナベショー | 2008年3月12日 (水) 17時32分

マグロ君さま
蛍烏賊、、兵庫産は安いけど、富山産は、さすがに大きくてぷりぷり、、高いですね~
なかなか手が出ない、、、
桜海老、シラス、、旬がいっぱい!

投稿: ナベショー | 2008年3月12日 (水) 17時34分

ば~ばさま
気候も良し、山菜も、魚も旬
昨年のブログを見ると、筍、蕨、蕗、、4月初旬からですね。
多分、桜海老、シラスも出てるでしょう。
具体的にはメールにて。
ぎっくり腰にならぬよう足腰鍛えておいてください。

投稿: ナベショー | 2008年3月12日 (水) 17時47分

花譜さま
簡易炭焼き、、、今回は失敗
再度 挑戦、、ご期待を!

投稿: ナベショー | 2008年3月12日 (水) 17時49分

炭焼き・・・・。すごいですね!
ここまでおやりになるんですね。
炭焼きなんて気が遠くなるような世界のことと思っているのに、身近で、しかも楽しげになさっている。
ますます感服しております。

あけびの花、初めて見ました。いいえ見過ごしていたのかもしれませんが・・・。
とっても素敵な花なのですね。
ちょっとハーブのオレガノに似ています。

投稿: にりんそう | 2008年3月13日 (木) 07時44分

にりんそうさま
炭焼き、、すごいなんて、、これ失敗なんです。
今度やるときは、旨く炭ができますように、、、
アケビの花は、これからいろいろな種類が咲きますが、とても絵になるんです。
小さな花で目立ちませんが、とても美しい花です。

投稿: ナベショー | 2008年3月13日 (木) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オレンジムースゼリー | トップページ | 里山の春(1) »