« トサミヅキの花 | トップページ | 早春の山登り »

2008年3月17日 (月)

焼鯖寿司

2008_03_17_070syuku

ユキヤナギ

小さな白い花がしだれ柳のような垂れ下がった細い枝にたくさん連なって咲く

まるで雪のように、、

フェンスの際に植えたユキヤナギ、下の道路にフェンスを越えて大きく垂れ下がる2008_03_17_078syuku

緑の葉と白い花、黄色い花芯が美しい2008_03_17_073syuku                             

庭に小さなユキヤナギの苗がたくさん生える

ポットに入れて、門の前に置き 「欲しい方はご自由にどうぞお持ち帰りください」と、、、

直ぐに無くなる。

鯖の酢〆で作る鯖寿司、、

最近は駅の売店で売られる小浜の焼鯖寿司

これがなかなか美味しい

いつも鯖寿司なので、好きですね~ また鯖寿司ですか?

と言われるので、今日は焼き鯖寿司2008_03_13_012syuku

福一焼津流通センターで買った真鯖を三枚におろして、身のほうにぱらっと塩を振って、ガスオーブンで身のほうをじっくりと焼く。

身が焼けたら、皮を焦がさないようにさ~と焼く

まあまあだな、、、

脂の乗った真鯖

このまま食べても美味しいのだが、、、

4枚なので,2合のご飯を炊いて酢をあわせて、酢飯を作る

4個にあらかじめ分けて、 軽く固めておく

竹スダレにラップフィルムを敷き、鯖を皮を下にして、その上に酢飯を置く。2008_03_15_023syuku 2008_03_15_024syuku         

ラップフィルムで全体を包み込み、竹スダレを巻いて、ギュウギュウと押さえ込む2008_03_15_025syuku 2008_03_15_020syuku

竹スダレを外して出来上がり2008_03_15_026syuku 2008_03_15_028syuku

ラップフィルムで包んであるので、このまま2008_03_15_032syuku 保存できる

冷蔵庫で少し冷やしたほうが包丁で切りやすい。

ラップフィルムを撒いたまま刺身包丁、あるいは薄い肉切り包丁を蒸らして布巾で拭きながら切り分ける

切ってから、ラップフィルムを外すと形が崩れにくい

、、、とここまでは良かったのだが、包丁で切り分けようとして、しまった!

ベテラン ナベショーがなんとしたことよ、、、猿も木から落ちる

中骨を毛抜きで取り除くのを忘れてた

骨が引っかかって切れない、、、トホホ!

酢〆の鯖寿司の場合は、しっかり毛抜きで骨を取ってから、お寿司を作ったのに、、、

ラップを外し、焼鯖の身から毛抜きで骨を取り、再びご飯の上に鯖を置く

再びラップを撒いて、包丁で切り分ける

キャッハ~angry  ぐちゃぐちゃになって、身がかなり崩れてしまった、、、、、トホホのホ!

美味しいことには変わりは無いのだ

2008_03_15_053syuku

別の大皿には、崩れた焼鯖の身と寿司ご飯が適当に盛られている

美味しいことにはちがいのだが、、、、、

先日、NHKで番組では、スーパーで売られている酢〆の鯖を焼いて、それで焼鯖寿司を作ってた。

酢〆の鯖を焼く、、、どうなんだろうな~、、、、、、モンタ?

2008_03_13_003syuku_2

今日も応援クリック よろしくお願いします。

花・ガーデニング部門にエントリーしています。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« トサミヅキの花 | トップページ | 早春の山登り »

コメント

これは!!
今度絶対やってみます!!
焼きサバ寿司。。。
美味しいですものね!!先日魚屋さんで売っていた
塩サバ(〆サバにも最適!って書いてあったもの)
でも、焼きサバ寿司大丈夫でしょうか???やっぱり、生の真サバの方がよろしいのかしら???

投稿: koji | 2008年3月17日 (月) 23時26分

ナベショーさんmoon3
美味しそうな焼きさばの押し寿司作って見たいです
若狭は、さば街道から京都へのルーツですものネ
本場、仕込みですね、ユキヤナギ咲き始めましたね
我が家も新芽が綺麗に成って来ましたもう直ぐかな
カスミソウやユキヤナギ大好きですheart04

投稿: kyutarou | 2008年3月17日 (月) 23時30分

やってみよう!骨は抜こう!
れおぽん、カレー粉を少し使ってみようかな?

鯖とカレー粉は結構相性が良いのです。
その場合、すし飯にせず、少し塩を入れたご飯の中心に
マヨネーズを一本入れてみる…

ケチャップバージョンだとすし飯でもよさそう!
れおぽん、鯖は毎日でもいいよ。いっぱいバリエーションがあるから…
もんたくん?起きてくださーイ。

投稿: れおぽん | 2008年3月17日 (月) 23時51分

切り口の乱れは、、、老眼なので見えませんでした。

お味はしっかりと伝わって参ります。 美味しそう!

投稿: やまんば | 2008年3月18日 (火) 05時50分

おはようございます
おいしそう。。。
そういえば、コンビニ弁当で一度買ったことがありました、紅しょうががまたいい味を引き立てるんですよね。

投稿: でつ | 2008年3月18日 (火) 06時19分

おはようございま~す♪ナベショーさま
真冬にちらほら咲いている雪柳も風情がありますが、こぼれるように咲き、真っ白のはなびらが はらはらと散る
景色はさくらにも匹敵しますね~

一瞬 まさか 中骨 まさかまさかやるはずないよねと思いつつ 読み進みましたら
 ぷふ~~~やったーー安心しました。仲間がいる~~~

Zzzz 生がいいーーZzzzzcat

投稿: キュリー | 2008年3月18日 (火) 07時27分

満開のユキヤナギきれいですね。

最近アレルギー値があがり、サバもドキドキしながら食べています。
ようやく、マルミヤさんにべにふうき注文しました。

投稿: ムシコ | 2008年3月18日 (火) 08時01分

ユキヤナギの花。
遠目にみると、枝に雪が降り積もったようでハッとする白さですね。昔、庭にコデマリと隣り合わせに植えられていました。懐かしい花です。

焼き鯖寿司、これも主人が大好き。とても美味しそうです。
紅ショウガと水菜の葉(?)がさりげなく添えられて
素朴な器の中で お寿司もうれしそうにわらっていますね。^^


NHKで酢〆の鯖を焼いて焼き鯖寿司って・・・
賢いモンタくん、黙して語らず!

投稿: もも | 2008年3月18日 (火) 09時55分

もう雪柳がこんなに咲いているのですか・・・。
こちらは、まだあまり見かけないようです。
これからでしょうか。

ベテランナベショーさんにもこんなことあるのですね(笑)
いつもパーフェクトでいらっしゃるから、少し、身近にかんじられました。

そうそう、昨日、ブログに乗っていた酒蒸しをしました。
いとよりという魚が売られていたので、2匹形のまま、お野菜と共にお酒とお醤油昆布で蒸しました。簡単でとってもおいしくいただけました。ありがとうございました。

投稿: にりんそう | 2008年3月18日 (火) 09時59分

雪柳、垣根にたっぷり咲いていると綺麗ですね。

ただ、散り始めるとちょっと大変かな?

本当に今回は“猿も木から落ちる”と言うか“弘法も筆の誤り”・・・ナベショーさんにも失敗がある、でホッとしました。

いつもの酢〆と違って、焼くことで骨抜き忘れる・・・これ、私もやりそうですもん。

投稿: ば~ば | 2008年3月18日 (火) 10時14分

しめ鯖を焼く?
想像できないですね~
やはり、ナベショーさんのレシピで!lovely
今、沈丁花が良い香り。
マスクの中にも匂うほど・・・
ナベショーさん、沈丁花撮りました?
難しそうですdespair

投稿: MONA | 2008年3月18日 (火) 12時49分

すし飯の中に焼き魚を混ぜ込む、ということは
よくやりますが、姿のままで、巻いたら、ぐぐーつと
ごちそうに変身しますね。

お客のとき、やってみましょ^^

投稿: なぎさ | 2008年3月18日 (火) 16時15分

こんにちは ナベ匠さま
今日の作業の報告とご指導賜りたくお邪魔致しました。
約1坪のジャガイモ畑ができました。苦土石灰1キロバーク20リットル 牛糞20リットル バーミ20リットル鋤きこみました。石ころと草を除いて再度スコップで偽天地返し

しかし苔が生えるほど湿気が多い土質の様子ふわふわしません。何を加えたら良いでしょうか

投稿: キュリー | 2008年3月18日 (火) 17時17分

今流行の焼サバ寿司まで作るんですか~

脱帽です!

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年3月18日 (火) 17時28分

kojiさま
関西で売られてる塩鯖、、実は焼津の新鮮で大きな最高品質の真鯖が塩鯖に加工されて、京都他関西各地に鯖寿司用に出荷されています。
亡母はいつも焼津の塩鯖で鯖寿司を作っていました。
やはり鯖寿司用の上等の塩鯖は鯖寿司にするのが最高です。
焼鯖寿司なら、生鯖で十分です。
駅弁の若狭小浜の焼鯖寿司はノルエー産の冷凍鯖を使っています。

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 18時52分

kyutarouさま
駅弁の小浜の焼鯖寿司がノルエー産の冷凍鯖を使ってるので、こちらは焼津の最高品質の真鯖を使いましたよ!
焼鯖、、散らし寿司にも美味しいですね。
ユキヤナギ、、来週には散ってしまいます。
今がもっとも美しい。

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 19時01分

れおぽんさま
寿司飯をマヨネーズ、、トマトケチャップで、、
う~ん、、、れおぽんレシピーについていけないです、、、
モンタ、、まだまだ寝足りんで~す!

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 19時05分

やまんばさま
内輪のお客でよかったです、、、、
切った寿司ご飯とばらばらの焼鯖が無造作に積まれたおお皿を想像してください。

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 19時07分

でつさま
コンビニでも売ってるんですか、、
焼鯖寿司も全国的に有名になりましたね。
鯖寿司なら抵抗あるけど、焼鯖寿司なら食べられる、、ということかな?

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 19時09分

キュリーさま
巨大な大株に育てて、圧倒されんばかりに覆いかぶさるように咲かす、、、僕の夢だったんです。
でも、真冬にわずかに咲くユキヤナギも風情がありますね。
はは、、、やってしまいました~
焼鯖寿司、、、無残な姿、、、お客が次男夫婦でよかった!

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 19時14分

ムシコさま
鯖は体調が悪い時はあたることもありますね。
マルミヤさんのベニフウキ、、お徳用の袋詰めが便利で安くていいですよ。
是非、花粉症に効いてくれるといいですね。

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 19時20分

ももさま
ユキヤナギを大きく咲かす、、緑の葉とマッチして雪のような美しさ、コデマリも綺麗な花、思い出の懐かしい花だったんですね。
ご主人の料理の好みと僕の好み、似てますね。
そう、緑が欲しくて、本来なら青紫蘇の葉なんですが、その場にあった水菜の葉を添えました。
器も料理も、少し素朴すぎたかな、、、
次回はNHKのように、酢で〆た鯖の焼鯖寿司にしてみましょうか。

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 19時28分

にりんそうさま
静岡は少し暖かいのでしょう、、、でも暖かい日が続くので、一日、一日新しい春の花が咲き始めてます。
にりんそうさまのところも、このニ、三日で咲くでしょう。
良く失敗をするんです。
まあ、塩と砂糖を間違えず、真っ黒に焦がさない限り、形は別として美味しく食べられる、、と。
でも、そんな失敗も時々、、
いとより、、ピンクの美しい魚ですね。
基本的には白身魚なら、酒蒸し料理にあいますね。
魚にちょっと塩しておくと、身も絞まり、さらに美味しくなります。

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 19時36分

ば~ばさま
ユキヤナギ、、来週には散り始めるでしょう
垣根に、大きく咲かす、、、見事ですが、散ると道が白く花びらが積もります。
弘法なんてもったいない、、お猿さんです。
料理だけでなく、いろんな失敗を時々、、、

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 19時45分

MONAさま
TV見てて、ちょっと以外だったのですが、、三枚おろしの生鯖は売っていないし、焼いたのも無いし、まして一本三枚におろせる人は少ないし、、、、
手っ取り早く、三枚おろしの鮓〆ならスーパーに売ってるからなんでしょうね。
沈丁花、、咲き始めましたね。まだ撮っていないけど、難しそう、、、どんな写真になるか、、やってみようかな。

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 19時53分

なぎささま
お客さんの時、失敗しないように練習しておくほうがいいですよ。
焼鯖のちらし寿司のほうが美味しくて無難だとおもうけどな~

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 19時55分

キュリーさま
一坪の畑に石灰1kg、、、う~ん 多すぎないでしょうか?
牛糞も20L、、すごく入れたのですね~
あとはね~、、、ミミズさんが増えて土を食べて糞をして、、、2~3年耕して、野菜を育て、また堆肥を入れて耕して、、、そうすると、ふかふかと柔らかくなるでしょう。
野菜作りは土作りといいますが、僕も固い土地の開墾殻始めましたが、最近やっと、柔らかくなり、鍬で起すのがすこし楽になってきました。

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 20時03分

マグロ君さま
焼鯖鮓を考えた人は偉いですね。
普通の鯖寿司は食べられなくとも、焼鯖寿司なら食べれる、、
全国的に、どの駅いっても売ってますね、、
スーパーにも、、

投稿: ナベショー | 2008年3月18日 (火) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トサミヅキの花 | トップページ | 早春の山登り »