« シデコブシ 天女の羽衣 | トップページ | 淡いピンクの白い木蓮 »

2008年3月28日 (金)

中国人研修生の帰国 

2008_03_27_011syuku

姫路から但馬の和田山までのJR 播但線

朝、7時に西焼津駅からJR 青春18切符で東海道線を西へ、

姫路から14時40分発の播但線に乗る

線路は大きくカーブし、やがて福崎の町へ2008_03_27_038syuku                              

福崎は中国自動車道が通る兵庫県の中国山地に囲まれた盆地の町

大きな工業団地があり、多くの企業が進出している。

福崎町文化センターで中国人研修生の閉講式

3年前の4月1日、山東省煙台市から6人の娘さん達が私の勤務する工場にやってきた。

日本の多くの企業が、中国からの技能研修生を受け入れていたが、私の工場でも受け入れることになったのである。

関西国際空港へ迎えに行き、姫路市網干の借家に着いたのは20時を過ぎていた。

6人が、その日から共同自炊生活できるように、借家には事前にいろんな生活必需品や備品を準備し整えた。

その時のリスト2008_03_27_087syuku

日本語はまだ、ほとんど話せない、、、

両親から離れて、3年間の日本での生活、働く工場は? どんな人達?

不安でいっぱいだったに違いない

10日間の受け入れ教育、安全教育、現場実習、

消防訓練の高所消防車を前にして記念撮影2008_03_27_084syuku                           

私はわずか2ヶ月半で定年退職して、工場を去ったが、3年の間、工場の人達、よく世話をしてくれた

あちこち旅行にも行ったそうだ

浜松の花博覧会、京都嵐山、道後温泉、岡山備前、城之崎

城之崎旅行はカニ料理のフルコース

仕事では中国と日本の文化や考え方の違いによる誤解や行き違い、いろんな問題もあったが、、、

しかし、3年間、、一人の脱落者も出ず、怪我もせず、頑張った。

技能取得や日本語、お金、、、それら以上に、多くのものを学び、体験した事と思う。、

他の企業への研修生等と共に3年間の研修の終了式2008_03_27_019syuku_2

 

私達の会社の6人の研修生のうち3人が日本語検定一級を取得、、、

一級を取得したのは我が社の研修生だけだった!

代表して謝辞を述べるUさん、、、

実に堂々たる見事な日本語、格調の高い感謝の言葉、、、

(日本人だってこれだけの文章が書ける人は少ないよ)

後で会社の人に、誰かが原稿を添削したのか、、と聞いたら、彼女自身の作文であったそうだ。

夜は近くの旅館にて送別の宴、

翌日の朝、いよいよ帰国

彼女達は昨日までの作業着のユニホームから着替えてドレスアップ

きちっとメイキャップもして、びっくりするほど美しい!

大型観光バスで関空へ

関空からわずか2時間で両親や恋人の待つ煙台へ

お土産がいっぱい詰まって、持ちきれないほどの制限いっぱいの荷物

2008_03_27_047syuku

泣くなよ、、泣くなよ、、と、目に涙を浮かべながら、、

互いにハグしゲートに中へ、、

無事、全員通過できたのを見届けて、これで安心!

研修期間中の恋愛はご法度、、、のはずだったが、工場の若いのと結婚の約束、秋には結婚して日本に帰ってくるTさんん、、、

上海に進出してる日本企業の工場に是非来て欲しいと、引き抜かれたUさん

それぞれの今後の人生

これからの将来、彼女達がいろんな困難も乗越えて、たくましく歩んで欲しいと願う。

今日も応援クリック よろしくお願いします。

花・ガーデニング部門にエントリーしています。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« シデコブシ 天女の羽衣 | トップページ | 淡いピンクの白い木蓮 »

コメント

ナベショーさん、お帰りなさい。
まだ六名の中国の研修生の方々との日々をあれこれ思い出しておられることと存じます。
お庭に咲く美しい花々のように彼女たちもそれぞれに大きく開花されん事を願わずにはいられません。
「貴婦人のキス」、、、今頃、神棚?に上がってるかも
しれませんよ。。。

投稿: もも | 2008年3月28日 (金) 01時52分

こんばんは。

思い出を辿る旅、いいですね。

三年間の滞在で、日本語検定一級合格素晴らしいですね。

研修生の方々が、母国で素晴らしい人生を歩まれることを、僕も願っています。

ポチン!

投稿: ぞう | 2008年3月28日 (金) 02時24分

たった2ヶ月でも彼女たちの心の中に温かい思い出を残されたんですね。
人の出会いは一瞬で、しかも別れもいつかわからない。
技術や言葉以上に多くのものを学んで帰国する中国人研修生の方々。
ご自身のお嬢様方や里山ガーデンの花々をいつくしむように5名の
異国のお嬢さん達を可愛がられた、ナベショーさん。
素敵なお話、ありがとうございます。私も心が優しく、温かくなりました。
彼女たちの今後の人生に幸あれとお祈り申し上げます。

投稿: cchiyochiyo | 2008年3月28日 (金) 04時44分

すみません。6名の中国の方々でした。そそっかしい私。

投稿: cchiyochiyo | 2008年3月28日 (金) 04時46分

お父さん、定年退職しても、忘れ去らせれず、素敵な思い出ができてよかったね。
みんな、いつかは巣立っていく、そんな思いだったのかなあ。
”また、すぐに帰ってくるから、、、”見送りに来てくれたお父さんに約束した言葉。
駅のホームで涙を必死にこらえていた顔を思い出しています。

まだ、しばらくは帰れないけれど、毎日ブログで逢えるから。

投稿: LAの次女 | 2008年3月28日 (金) 05時13分

おはようございます
いい思い出ですね。
彼女たちにとって日本温かな国として心に刻まれたでしょうね。
長男は1年生のときに半年ほど中国の子と同じクラスになり、毎日一緒に遊んでいました。
2人ともことばはなく、笑顔だけでしたが(笑)

投稿: でつ | 2008年3月28日 (金) 06時42分

重ね重ね、なべしょーさんは地元では
伝説の人になってるに違いない。と思いました。
みんな地元に戻れば超エリートさんですね。
jk-uは小学校(2校とも)ご両親が中国の生徒さんと
たまたま同じクラスでした。
よく遊びにきたのでいつも気にしていました。
日本とは違っていつも危機感を持っていると感じたりもしました。
家庭内のしつけはものすごいらしいとも…先生からよく聞かされていました。
社会に出ても、逆境でも耐えられるように育てられていると思いました。

投稿: れおぽん | 2008年3月28日 (金) 07時57分

夫の経営している会社にも、
中国からの研修生を受け入れております。
4月にもまた面接をするために中国へまでまいります。
会社は寮生活なのでお食事も食堂での生活なのですが、
彼等は一切自炊すると言うので、
夫は、鍋釜お米までも用意してあげております。
一生懸命に生活している彼等のパワーはすごい、そして何より純粋であるとよくきいております。
我が家は大きな企業ではありませんが、
研修生を受け入れるということは同じです。
感動しました。

投稿: にりんそう | 2008年3月28日 (金) 08時32分

ナベショーさんは仕事を通じてたくさんの素敵な出会いが

ありますね~うらやましい~

マグロ君の職種ではないです~

そういう仕事・・してみたかったな~

ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年3月28日 (金) 09時22分

おはようございま~す♪ナベショーさま
春は別離 旅立ちの季節で 様々な人間模様がありますね。
うちの子も中国人の子と仲がよく オープンキャンパスに一緒に連れていきました。(車で片道3時間)
ほんとに何にでも真摯に対処し 見習えばいいのにと思ったものでした。

ところで べにふうき の嬉しい相乗効果♪
たまたま風邪で貧血検査もしてもらったのですが軽く二桁になってて なにもしてないのに不思議でしたが  
べにふうきを思い出し光明がさしたような幸せ気分でした。
意識して食事をつくっても なかなか改善されず なかば諦めていました。
食べるお茶は食べにくく こんなに効かなかったんです。

みなさ~~~ん べにふうきで貧血治りましたよ♪
と 広報で流しましょうか

投稿: キュリー | 2008年3月28日 (金) 09時33分

こちらに伺って2年余、最初の頃にこの研修生たちのお話を書かれてました。

その後も2~3度、折に触れ話題が出ましたね。
特に餃子の話などは、何度か出ました。

ナベショーさんにとっては、中国から預かった大事なお嬢さんたちであり、わずか数ヶ月で離れてきた娘たちのようであり・・・だったかと。

それぞれが大きな成長を遂げて故郷に錦ですね。

彼女たちは、これからもずっと日本を好きでいてくれる、そう思うと未来の光です。

投稿: ば~ば | 2008年3月28日 (金) 10時42分

ももさま
6人の研修生達、、これからも彼女達の今後の消息も聞く機会もあろうかと思いますが、元気で幸せになってほしいですね。
会社人生で、何らかの関わりを持ったり、面倒を見た若い人達のことは、ず~と何時までも心に留めて気になるものです。
クッキーは飛行機の中で全部食べてしまったんではなかろうか?

投稿: ナベショー | 2008年3月28日 (金) 14時18分

ぞうさま
日本語検定一級合格、、これはすごいと思います。
6人の中で一級3人、後3人も2級、、
よく頑張ったと思います。
達者の喋ってるのはコテコテの播州弁、悪いのがいて、よからぬ言葉もだいぶ教えたみたいです。

投稿: ナベショー | 2008年3月28日 (金) 14時21分

cchiyochiyoさま
初めて受け入れる研修生だったので、トラブルが起きて不幸な結果にならぬように、試行錯誤ながら工場の方たちが、よくやってくれました。
国民性の違い、会社の状況変化への対応など、様々な問題もあったようですが、怪我や病気にならず全員元気に帰国できて良かったです。
この日本での体験が、彼女達の今後の人生に生かされれば幸いです。

投稿: ナベショー | 2008年3月28日 (金) 20時20分

LAの次女さん
まあ、、まだ3年だからね。
直接、かかわった人達、みんな会社にいるけど、もうだんだん、新しい人たちが増えてきて、大昔の人になり、そのうち忘れ去られるよ、、、
定年退職最後のことだったから、特別の思い出になった!
「また、すぐ帰ってくるから、、」といって4年間帰らなかったね~
そして、今度はもう一年経った、、、でもまあ、電話で話してるし、ブログ見てるし、、そのうちいつか、、、

投稿: ナベショー | 2008年3月28日 (金) 20時30分

でつさま
中国では反日感情もあるけれど、中国に進出した会社の多くはよくやってるし、日本に研修生として受け入れた会社も、彼らのために良くやってると思う。
こういう地道な努力が真の日中友好、相互理解に役立つと思いますね。
言葉が十分通じなくとも、心の通うものがありますね。

投稿: ナベショー | 2008年3月28日 (金) 20時36分

れおぽんさま
彼女達は、みな素直でひたむきで親孝行、親思い、
両親から愛されて、大切に育っているのでしょうね。
みんな料理が上手で、お弁当を作って持ってきてました。
日本の娘さん達、みんな料理できるかな~?

投稿: ナベショー | 2008年3月28日 (金) 20時46分

にりんそうさま
そうなんですか、、
経済的なこともあるかもしれませんが、みんな料理が上手で各自自炊するんですね~。
しばしば、彼女達の料理をご馳走になりました。
ほんとに一生懸命生活し、パワーはすごいし、真面目で純真、、私達日本人が教えられることも多かったです。
ご主人様もよく配慮され、お世話されてるように思います。
扱いが酷いところでは、逃亡なども起きるそうですね。

投稿: ナベショー | 2008年3月28日 (金) 20時55分

マグロ君さま
会社時代は仕事以外の人間関係はほとんど無いから、仕事を通じての出会いがほとんどですね。
まあ、信頼できる人か、気の合う人か、、、良く見えますから、自然に、定年退職後も付き合える人達は限られてきますね。

投稿: ナベショー | 2008年3月28日 (金) 21時02分

キュリーさま
これから若い人達は、お隣の韓国、中国、東南アジア、、などの同じ世代の若者達と、どんどん交流し、国際結婚も増えていくでしょうね。
みんな日本人以上に素敵に見えたのは気のせいでしょうか。
ベニフウキが抗アレルギーだけではなく、貧血が治る、、、素晴らしいですね!
マルミヤさ~ん
キュリーさんのコメント読んでますか~?

投稿: ナベショー | 2008年3月28日 (金) 21時10分

ば~ばさま
確かに強い反日感情があるようですが、日本に来て、日本の会社で数年間働いた若者達が、日本、日本人への悪い認識が変わり、好きになってくれる、、、そうあってほしいです。
数年前、研修生を受け入れてる会社、あるいは中国に進出した日本企業の人達が現地に認知され、理解されるようにように必死の努力してるのに、冷や水をぶっ掛けるような発言で日中湯関係をメチャメチャにした元首相、、、酷いものでした。

投稿: ナベショー | 2008年3月28日 (金) 21時19分

こんにちは。
中国からの皆様は、ナベショーさんのおいしいクッキーを持って、沢山の思い出と、知識を得て、母国に帰られたんですね。

中国の方は、とても、心が綺麗で、勤勉で、働き者の方が多いと思います。以前、TVのドキュメンタリーで、「なきながら生きて」というのが、ありました。TV番組で、あんなに心打たれたのも珍しい、よい番組でした。これも、中国の方の話でした。

日本に、まだ根強い偏見、差別意識があり、中国にまた、根強い反日感情があるのは、とてもとても、恥ずかしく、悲しいことです。
でも、こうして、草の根レベルではよき交流がなされていること、心温まります。

ナベショーさんの豊かさもまた、垣間見させていただいたように思います。

最近、いい本、ありましたか?
おすすめ、あったら、教えてくださいね!
モンタ!あいかわらずいい味だしてるよ!

投稿: きみどり | 2008年3月29日 (土) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シデコブシ 天女の羽衣 | トップページ | 淡いピンクの白い木蓮 »