« 新茶が間もなく始まるよ | トップページ | 牡丹の花 その2 »

2008年4月22日 (火)

野蕗の佃煮

2008_04_20_009syuku

牡丹、、、豪華だね!

日本の花の中で、もっとも豪華で大きい花は牡丹では?

牡丹の花は、朝、昼、日が落ちた夕方、晴れ、曇り、雨、、異なった姿を見せてくれる

2008_04_22_033syuku

この二つの牡丹、、同じ花です。

ジャガイモに追肥をやって土寄せをし、大根、小蕪、牛蒡の間引きをして、午後は茶畑の草を刈った。

茶園のはずれ岸に野蕗が出ている

5月連休を過ぎると硬くなるので、今が採り時、

夕方、山から帰宅、、、「うわ~ 仕事持って帰ってきた~」と妻の悲鳴!

まあ、、野蕗を料理するのはナベショーなんだけど、、、

太くて長いの、、2008_04_22_051syuku_2   2008_04_22_037syuku                            

太くて長いのは、皮を剥いて塩と重曹少々で茹でる、、、冷蔵庫に入れて保存すれば、煮物、散らし寿司、などいろいろ料理に使える

さて、細くて短いの、、、2008_04_22_040syuku_2                                      

少しずつ、丁寧に洗って、5~6センチに切る

そのまま、大きい鍋に入れて、醤油をかけて煮る、、、、、一度に入りきら2008_04_22_042syuku 2008_04_22_043syukuない      

煮えるに従い、嵩が減るので、どんどん鍋に入れる。

料理研究家なる人によれば、、、、

これの皮を剥く、、、一本一本?

重曹で茹でてアクを取る、、、、 蕗の野生的な風味がなくなり、ずるずるになるよ!

ナベショーは何もしない、、、そのまま、皮のまま、醤油で煮る、、、

好みによって、砂糖を入れる

だいぶ、煮えてきたぞ!2008_04_22_044syuku 2008_04_22_049syuku                                      

ちょっと足らないようだったら、醤油を足して、さらに混ぜながら煮る

ナベショーは、ここに山椒の実を少々加える、、、

出来上がり!2008_04_22_054syuku                                              

大鉢に山盛りいっぱい、、、、これビンにぎゅうぎゅう詰めると、2~3本になってしまう。

密栓して冷蔵庫で保存すると、一年以上は大丈夫!

昨日、摘んで,揉んで、作った新茶、、、で お茶漬け2008_04_22_064syuku                     

甘い香りの手作り新茶、野蕗の佃煮でお茶漬け、、

ちょっと贅沢すぎるかな!

美味しいお茶漬け、、何杯でもお代わりしそう!

野蕗の佃煮、、キャラブキとも言うが、おにぎりの中に入れても美味しいよ!

しかし、野蕗、、最近は誰も採らないな~、、、、

モンタは眠るのが仕事、、みたい、、

2008_04_22_060syuku

今日も応援クリック よろしくお願いします。

花・ガーデニング部門にエントリーしています。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« 新茶が間もなく始まるよ | トップページ | 牡丹の花 その2 »

コメント

山椒の香りのキャラブキ、もう、口の中にお味が広がりますぅ~!
して、お茶漬け?
日本人で良かった!って絶対思っちゃいますよね(^_-)☆

投稿: Bistrot DELICIOUS みほ | 2008年4月22日 (火) 23時26分

おやりになりましたね!

此方はまだ、、、今朝の様子では来週あたりかしら?
在来なので余計に遅いみたいです。

5月3日牧場のヒツジ祭りが終わらない事には、手も足も出ません。

投稿: やまんば | 2008年4月22日 (火) 23時48分

野蕗の佃煮。

立てばシャクヤク、座ればボタン、、
ふう~~ん、、美人も時間とか天候によって見え方違うのだろうか?

さて、大好物のフキの登場。
先日市販の長ーいフキを1束一度に炊いてモリモリと食べたところでした。キャラブキは、ここらでは細くて小さいのしかないので手に入ったらウチの母もむかずにそのまま佃煮にしていましたよ。野趣があっていいです。
新茶とお茶づけ、、、あ~贅沢~う!
こんな時間におなか減っちゃいました~!
誰も採らない、、、なんともったいない!!!

モンタくん、この満ち足りた顔、、
ご主人さま、ボク、しあわせ!!!

投稿: もも | 2008年4月23日 (水) 00時08分

なんと!!贅沢ですね~!!
新茶と野蕗の佃煮!
何杯でもおかわりできますよ!!私も!!

お酒を飲んだ後にこんなお茶漬けをいただければ最高なんでしょうね~。。。

投稿: koji | 2008年4月23日 (水) 00時49分

え?一年ももつのですか?
『旅館ナベ庄』の玄関で一袋200円で売っちゃおっかなぁ~
お金入れる缶カンを用意しとけばいいですよね。
朝ごはんに出して…『これ、よかったら、お帰りの時に…』
みたいな営業トークしておいて…

投稿: れおぽん | 2008年4月23日 (水) 00時51分

Kyarabuki uchidemo takimasu.
Yashuni tonde saikou ni oishii desune.

Botan no hana gousei desune. Kaorimo suteki desu.
Hanabira wo ofuroni ukabete botan buro mo shimasu.

Shincha no kisetu ga yatte kimashita.
Kotoshiha zehi nabe-sho-san no ocha wo
nomasete itadakitai desu.

Yoyaku shimashitayo. Hachimitu, yamamomo no jam nado nado. All reserved. Yoroshii desuka?

投稿: M.K. | 2008年4月23日 (水) 01時30分

はじめまして


野蕗懐かしいです、母が作ってくれました~
手が黒くなるんですよね~

投稿: tamirin | 2008年4月23日 (水) 09時32分

ご無沙汰していました。
美味しそうな蕗ですね。
私もいつも作っています、皮をむかなくっても柔らかくなるし、しゃきっとして美味しいですよね。
我が家では、ドライブがてらちょっと遠出しなければ、なかなか採れるようなところがないし、帰ってきてからすぐに作りたいので一日がかりの作業になってしまいます。
でも一年間蕗の香りを楽しめるので、がんばりますが今はまだ小さな葉っぱです!
お茶も間もなくのようですね、楽しみにしています!

投稿: chobingon | 2008年4月23日 (水) 09時36分

手作りの新茶に野蕗の佃煮・・・。
こちらまでおいしい香りが漂ってまいります。
日本人に生まれて幸せですよね。
でも、ナベショウサンだからこそこんな体験できるのでしょうか。
我が家にも毎年、庭につわ蕗がたくさん出ています。
生前の義母が若い蕗を取って、お料理してくれたこと思い出しました。

ボタン、もう咲いているのですね。
我が家はやっと蕾が色づいてきました。
これが咲き始めると、梅雨の走りのような雨の季節になるのです。
いつも、満開のボタンを見ては傘を差してあげたいと思うのです。

投稿: にりんそう | 2008年4月23日 (水) 10時04分

牡丹、咲いたんですね~。
見事です・・・座れば牡丹(あぁ、遠い夢)。

キャラブキの佃煮、私も皮を付けたまま煮込みます。

普通の大きな蕗は剥きますが・・・キャラブキは気になりません。
でも、ご飯が進みます・・・困りますね~。

投稿: ば~ば | 2008年4月23日 (水) 11時21分

はじめまして いつも 愉しく拝見しています
さてさっそくですが お構いなければ 教えてください
1年以上経ったお茶はどのような 楽しみ方がありますか

投稿: MZ | 2008年4月23日 (水) 15時01分

みほさま
いろんな茶漬けがありますが、この山椒の実の入ったキャラブキの佃煮の茶漬けは格別です。
ほんとに、日本人に生まれてよかった!

投稿: ナベショー | 2008年4月23日 (水) 17時34分

やまんばさま
やりましたよ!
釜の温度があまり上がらないので、茶葉は蒸して、乾燥に釜を使っています。
摘んで、日干、室干萎凋、蒸して、揉んで、乾かして、、一日たっぷり楽しめます。
甘い香りの美味しいお茶でした。
今週末から始めようと思ってます。
今日は茶工場の掃除しました。

投稿: ナベショー | 2008年4月23日 (水) 17時40分

もも様
太陽の光線にも、柔らかい光、強い光、ギラギラした眩しい光、、いろいろあって、美人ほど、光によって美しさが影響されるようです。
一番美しいのは、雨上がりや夕方の斜めからの柔らかい光ですね。
キャラブキは、山の谷川などの側、日陰に生えてる細くて柔らかいのが一番美味しいです。
ほんとに誰も採る人いないようです。
知らないのか、、採って佃煮にする暇が無いのか、もっと美味しいものを食べてるからか、、、

投稿: ナベショー | 2008年4月23日 (水) 17時47分

kojiさま
毎食事、ご飯は少な目にして、最後に佃煮やお漬物で、お茶漬けを、、、、こういう食事のパターンになりました。

投稿: ナベショー | 2008年4月23日 (水) 17時51分

れおぽんさま
、、、となると、ナベショーは毎日山菜採りと佃煮作りで大忙し、、ブログなんてやってる暇はなくなるね~

投稿: ナベショー | 2008年4月23日 (水) 17時53分

M.Kさま
独特の蕗の風味がとてもいいですね。
牡丹の花びらをお風呂に、、それは良いですね。
最後に散り始める頃に花びらを取ればいいし、、良い香りです。
予約 確かに承りました。
ナベショーの新茶、蜂蜜、ヤマモモジャム!

投稿: ナベショー | 2008年4月23日 (水) 17時59分

tamirinさま
ようこそ!
昔はどこの家も、野蕗を採って佃煮にしましたね。
母が野蕗の佃煮を毎年送ってくれました。
母がいなくなってからは、懐かしくて、自分で作るようになりました。
手の指が黒くなりますね。

投稿: ナベショー | 2008年4月23日 (水) 18時07分

cyobingonさま
皮があるほうがしゃきっとして美味しいですね。
ほんとに一日がかりですね。
今年は、お茶の出来ない雨の日に、再度、山の中の谷川に生えてる蕗をとりに行こうと思ってます。
細くて長くて柔らかいのです。
これで一年分、、
今年は霜にも会わず、良いお茶がたくさん出来そうです。
ご期待ください。

投稿: ナベショー | 2008年4月23日 (水) 18時12分

ナベショーさんの記事観てると・・・

子供の頃、父や母が作ってくれたものを思い出し~

無性に食べたくなります~

かと言って・・・作り方知らないし~

聞いいとけばよかった~


ぽちっと!

投稿: マグロ君 | 2008年4月23日 (水) 19時01分

にりんそうさま
ツワブキも同じように佃煮に出来ますし、味も風味もおなじですね。
こんなこと、小まめにやる人、いないでしょうね。
やはり、母の影響かな?
牡丹は種類によって、咲く時期がかなり異なりますね。

投稿: ナベショー | 2008年4月23日 (水) 19時18分

ば~ばさま
キャラブキは細いので皮を剥くことは出来ないし、仮に剥いたら、ずるずるでつぶれて形をとどめないでしょう。
牡丹は、ほんとに美しいですね。

投稿: ナベショー | 2008年4月23日 (水) 19時23分

MZさま
ようこそ!
いつも見てくださりありがとうございます。
最近のお茶は、真空パックされてるので、未開封の袋を冷凍庫あるいは冷蔵庫に保存する限り、一年でも、二年でも、もっともっと品質に影響なく保存できます。
しかし、開封したら、一ヶ月以内に飲んでしまってください。(開封したのは、冷蔵庫に入れてはいけません)
たくさん、もらい物などの古いお茶がある場合、ガラスかプラ容器、ペットボトルに茶葉を入れて、水を加えて、冷蔵庫で数時間置くと、冷たくて美味しい水出し煎茶として飲むことが出来ます。 夏はそのような飲み方が簡単でお勧めです。
ペットボトルのお茶を買うより、はるかに安くお茶が飲めますよ。

投稿: ナベショー | 2008年4月23日 (水) 19時32分

マグロ君さま
僕の料理も全くの自己流ですよ。
焼く、煮る、揚げる、炒める、、味付けは醤油、味醂、お酒、塩、、、、その組み合わせて、ほとんどの料理は可能、、、塩と砂糖を間違えるか、焦がさないかぎりOK!
出来上がりの料理とその味さえ記憶してれば、全てOK!
マグロ君さまも、男の料理やって見たら、、、

投稿: ナベショー | 2008年4月23日 (水) 19時37分

はじめまして。
西洋ミツバチの記事をよく見ていますが今回、蕗があったのでコメントしてみました。
ミツバチを3月から飼い始めていて参考にさせていただいております。なにしろ新人です。

自分のところはハウスで栽培していて年に3回収穫する時もあってまた独特の苦味がありますが小学生にも食べてもらって土曜日には70名が収穫体験をします。
蕗の根のほうが紫色なんですがポリフェノールと言われていますよ。

これからもよろしくお願いします。

投稿: FZ250 | 2008年4月23日 (水) 22時06分

FZ250さま
ようこそ!
蜜蜂、、3月から始められたのなら、今は継ぎ箱もいっぱいになっていることでしょう。
5月連休明けには採蜜できそうですね。
今、一群だけなら、王台から処女王を育てて旧王との二群に増やされるとアクシデントの時の対処が出来ます。
ハウスで蕗を栽培、小学生の収穫体験、、きっと子供の頃の良い思いでになるでしょう。
蕗は、この独特の苦味というか風味が美味しいのですね。
重曹で茹でてアクだしすると茹汁が赤くなりますが、これポリフェノールの色ですね。

投稿: ナベショー | 2008年4月24日 (木) 12時14分

蕗の佃煮を作りたくて検索してたらここにたどり着きました。昔は祖母がよく作ってくれてまして、、そう 確かに祖母も一年もつ といってました。田舎を離れて20数年。先日実家の父に蕗を送ってくれるように頼んだんです(佃煮を作ろうと思って) 父の優しさなんでしょうね・・丁寧に皮をむいて アク抜きしたのを送ってくれました^^;  やはり 生の皮つきじゃないと ズルズルになってダメなんでしょうか??? 

投稿: なかつママ | 2009年5月 8日 (金) 13時14分

なかつママさま
優しいお父様ですね。
嫁いだ娘のために、たくさんの野蕗を一本一本皮をむいて、アク抜きまでして送ってくれる、、、
最初から醤油を入れて煮て行けば大丈夫でしょう。
4月の出始めの蕗は柔らかいので、皮をむかなくても柔らかいですが、GW明けの蕗は固くなってるので、皮をむいた方が柔らかいと思いますが、この皮をむくのは、途方もないほどの労力と根気を要します。
僕も、今日、雨上がりの山から野蕗を採ってきました。
ちょっと硬いようですが、皮をむくのは面倒なので、このまま洗って、切って、醤油で煮て、佃煮にしてしまいます。
アクも出さないようが、独特の蕗の風味があります。
お父様には、次回、何もしないでそのまま送っていただくようにお願いなされたらいかがでしょうか。

投稿: ナベショー | 2009年5月 8日 (金) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新茶が間もなく始まるよ | トップページ | 牡丹の花 その2 »