« タイツリソウの花 | トップページ | リンゴの花 »

2008年4月19日 (土)

シロヤマブキの花

2008_04_19_190syuku

シロヤマブキ

ヤマブキという名前がついてるけれど、花びらが4枚、葉が向かい合ってつき、黒い実が生ることなど、黄色い山吹とは異なる。

純白の美しい花、緑の葉とのコントラストが美しい。2008_04_19_185syuku_2                       

2008_04_19_192syuku

2008_04_15_034syuku

山陰旅行から帰ってきて、14日に蜜蜂の箱を開けて検査した。

一つの箱で、新しい女王が育っている王台を見つけたので,巣分かれ(分蜂)されないように除去した。

以後、雨の日が多くて,気になっていたが、今日は朝から久しぶりに晴れて、蜜蜂は元気良く飛び回っている。2008_04_19_111syuku 2008_04_19_116syuku

さあ、どうなってるか、、、開けて検査した。

網を被り、蓋を開けると、上まで蜂がびっしり、、薫煙器で煙をかけると、静かになって、中にもぐりこむ2008_04_19_135syuku 2008_04_19_137syuku

端から順番に引き上げて観察する

二段の上段は、女王蜂が上がって来れない貯蜜エリア、、まだ半分くらいの蜜

上段の箱の巣脾枠全部を引き上げて観察し終わると、上段の箱を外して、横に置く

下段は女王蜂が産卵するエリア、同じように一枚ずつ巣脾枠を引き上げる2008_04_19_123syuku

これ、素手でやるんですよ!

最初の頃は手が震えて、脇の下に冷や汗! 

胸がどきどきと、動機が激しくなる、、、、

手袋をするそうですが、私の先生からは素手で作業をするように指導された。

蜂に刺されるのは、扱いが乱暴だから、、、蜂は人を刺して自らは死ぬ、、

蜂の死に至る痛みを、手に感じること、、、

そうして蜂をやさしく扱うことを身体で 学びなさいって!

この蓋された部屋、全部、もうすぐ孵化する働き蜂の幼虫が入ってるんですよ。

上のほうの大きいのは、雄蜂の部屋2008_04_19_153syuku_2

女王蜂は一日に1500~2000個の産卵をする。

この巣脾枠、表、裏、同じように蛹でびっしり、、、一体何匹の働き蜂が生まれるのだろうか?

やや! 新しい女王が育てられてる王台、、

大きいでしょう、、、、この中はロイヤルゼリーが満タン、女王蜂の幼虫が育っている2008_04_19_118syuku_2

一個じゃないよ!

ぞろぞろと、、、2008_04_19_129syuku 2008_04_19_163syulku

中央上にいるのは優れた産卵能力を有する女王だが、3年目になるので、可哀想だが新女王に更新しなければならない。2008_04_19_147syuku

一番、形の良い王台を一つ残して、他の王台を取り除く。

旧女王は蛹がたくさん入った巣脾枠3枚と一緒に、小さい巣箱に移す。2008_04_19_132syuku 2008_04_19_134syuku

新女王が誕生しても、雄蜂との空中交尾の際に、ツバメに食われてしまうなどのアクシデントに備えて

待機してもらうためである。

そのときは元の巣箱に戻して、産卵をさせ、再度,王台が出きるのを待つ

無事に処女王が産卵を開始し始めた時は、小さい巣箱の働き蜂は、もとの箱に合併させる。

旧女王は可哀想だが、、、、

3つの巣箱から除いた王台、、、

これを見逃すと、処女王誕生の2~3日前に、旧女王が群れの半分の働き蜂を引き連れて、巣を出てしまう

養蜂家にとっては大損害!

これが、取り除いた王台、、、、そして、、、中に入ってたロイヤルゼリー2008_04_19_169syuku 2008_04_19_178syuku

今回は3年目の女王の巣箱のみ、女王の更新作業を行ったが、

これからは週二回は巣箱の中を検査しなくてはならない。

蜂がびっしり重なり合ってくっついてると、王台を発見しそこなう事もある。

ロイヤルゼリー、、食べたことありますかhappy02

酸味があって何とも表現のしようのない味、、、蜂蜜を混ぜてやっと食べたよ!

今夕の料理

静岡パルシェの伸漁丸で買ったカラスカレイのムニエル2008_04_19_222syuku

店長さんのKさんのお勧めはホイル焼きだったが、ムニエルもなかなか美味しいですよ!

筍とワラビの入った散らし寿司2008_04_19_226syuku                                     

モンタ、、、居間の出窓から、外を監視  訪問者があると、ナベショーに知らせる!2008_04_19_219syuku_2

今日も応援クリック よろしくお願いします。

花・ガーデニング部門にエントリーしています。

 → 人気blogランキングブログランキング

|

« タイツリソウの花 | トップページ | リンゴの花 »

コメント

今日から、ちょっと読み方が変わりました。
ナベショーさんの声がナレータになって
頭に入っていきます。
たまにお顔も浮かびます。
ちょっと自慢?ですね。
明日は、れおぽんの写したもんたくんが登場しますよぉ~

投稿: れおぽん | 2008年4月19日 (土) 22時47分

蜂の基本的なこの時期の行動。。。すごくよく分かりました!!
勉強になります。。。
明日は、開拓地に行って、待ち箱をもう2つ追加で設置。。。
ナベショー先生の西洋蜜蜂も分封準備してましたね。。。
私の狙いの日本蜜蜂も????
巣箱に入ってくれることを楽しみにドキドキしながら待ちたいです!!

投稿: koji | 2008年4月19日 (土) 23時11分

白い山吹、大好きです♪
一昨日、ワンコと散歩してお写真を撮りましたが、何故か、この一枚だけが手ブレしてて( ̄^ ̄゜)
そお、種類が違うんですか・・

ナベショーさんの蜂のお話、とっても興味深いです。
最近、ニュース等でもよく蜜蜂の話をしてますね。そのたびに、ナベショーさんのこと、思い浮かべて聞いています。
王台、初めて見ました。
ロイヤルゼリー、市販のものとは見た目も違いますね。
胃がおかしくなったり、のどに炎症を起こした時に、ゆっくりと溶かしながら飲み込むのですが、決して美味しいものではないですね。
味、確かに例えるのは難しい・・
酸味があって、口の中にまとわりつく感じ・・で、あってますかね?^_^;
蜂蜜を採るのは大変な工程と作業ですね。

投稿: Bistrot DELICIOUS みほ | 2008年4月19日 (土) 23時15分

蜂蜜はおいしいけど、ローヤルゼリーは
本当に美味しくないですね。
かなり昔、父が生きていた頃
糖尿や他の病気が良くなるようにと
大枚はたいて買ってきましたが、
父は美味しくないといって
飲んでくれなかったものです。

私が試しに飲んだら、すっぱいような
腐ったような臭いと味で死にそうに
なりました。

蜂を素手で・・・。いろいろ
勉強になります。養蜂家ってすごい。

モンタちゃん、番犬ならぬ番猫ですね。
お勤めご苦労様です。

投稿: cchiyochiyo | 2008年4月20日 (日) 05時49分

れおぽんさま
お疲れさまでした。
雨の竹藪の急斜面、滑って尻餅つかなくて良かったね。
モンタは、やさしいお姐さんたちにたくさん遊んでもらってご機嫌です。

投稿: ナベショー | 2008年4月20日 (日) 06時25分

kojiさま
今はどんどん新しい働き蜂が誕生して、箱の中がいっぱいになってくると、巣箱の中の温度が上がり(分蜂熱)、王台を作り、旧女王は分蜂します。(昨年は2回、分蜂されました)
今は蜂蜜を採らねばならないので、分蜂されると困る。
だから、王台を取り除いて、女王の更新は5月末頃にします。
今回、一つの箱のみ、昨年更新できてなかったので、やってしまいました。
日本蜜蜂、、置き箱に入ってるかも、、楽しみですね。

投稿: ナベショー | 2008年4月20日 (日) 06時34分

みほさま
山吹と名前がついてるけど、黄色い山吹とは、別種なんです。
挿し木でも、種からでも容易に増やせますよ。
TVでも、しばしはやってますね。
分蜂した蜂、木の枝に塊になっていて、周囲をブンブン飛び回る、、すごいですね。
あれを箱持って回収に行くんです。
作業しながら、取り除いた王台を口に入れてロイヤルゼリーを食べますが、、、美味しくないですね。
舌を刺す様な酸味、まとわりつくような生臭い感触、、、そんな感じかな~?
でも、これを食べると女性は美しくなり若返るんですよ!

投稿: ナベショー | 2008年4月20日 (日) 06時43分

cchiyochiyoさま
同じ働き蜂も王台でロイヤルゼリーで育てられると14日で誕生し、女王になり、身体も大きく5~6年生きて産卵し続ける。働き蜂の幼虫は花粉と蜜で育てられて、21日かかって誕生し、身体も小さく、40日から2ヶ月の寿命。
ロイヤルゼリーは成長に必要な全ての栄養がバランスよく配合された最高の食物なんです。
酸っぱいような、、腐ったような、、いい表現ですね!
甘い蜂蜜と混ぜないと食べられません。
素手でやさしくやさしく扱われた蜂の群れはおとなしく、手袋して粗雑に扱われると怒りやすく荒々しい群れになってしまいます。
モンタ、、訪問者があると、ぱっと玄関に飛んでいきます。
実は、ドアが開いた瞬間に、外に飛び出す隙を狙ってるんですが、、、

投稿: ナベショー | 2008年4月20日 (日) 06時57分

ドラマだね。

投稿: LAの次女 | 2008年4月20日 (日) 07時58分

LAの次女さま
蜜蜂の群れは、その約5~6万匹が役割分担して群れの生存のために、必死に生きている、、、その知恵は人間の知恵にはるかに勝るし、人間の世界よりもはるかにフェアー、、、感動するよ!

投稿: ナベショー | 2008年4月20日 (日) 09時38分

生ロイヤルゼリー・・・若さと健康、美(?)の元と言いながら、息子が海外土産に買ってきます。

正直、私は敬遠したい・・・美しくならなくてもいい。

そう伝えたのに、またオーストラリアから買ってきたそうです(自分の母がよほどブスだと思ってるんでしょうね)。

蜂蜜をいっぱい混ぜたら、少しは食べやすくなるのですね(試すべきかなぁ)。

投稿: ば~ば | 2008年4月20日 (日) 11時32分

ば~ばさま
元気で長生きしていただきたいとのお気持ちからでしょう!
でも、そのままでは不味くて食べられない、、、
初めて口にしたとき、期待が大きいだけに、何!これ?って思いますね。
しかし、働き蜂がせいぜい1~2ヶ月の寿命なのに、ロイヤルゼリーを食べてる女王蜂は5~6年の寿命、、、すごい効力です。

投稿: ナベショー | 2008年4月20日 (日) 21時16分

シロヤマブキの花。

印象的な白ですね。
たくさん咲いているとひらひらと蝶でも舞っている様です。

蜂の死に至る痛みを手に感じること、、、
先生の言葉って大切ですよね。
身体で覚える、、、これも大変。。。
楽器も きっと同じ。刺さないけど、、、

窓辺のモンタくん、真剣ですね。

投稿: もも | 2008年4月20日 (日) 23時50分

ももさま
シロヤマブキ、、ほんとに白い蝶が舞ってるようですね。
理屈ではなく、身体で覚える、、、大切ですね。
今も、時々、突然蜂が荒れて、刺しに来ることがあります。
飼い犬に噛まれる、、で、可愛がって世話してるのに、何で?
と悲しくなりますが、気ずかないだけで、原因はこちらにあるのです。
養蜂人生50年の先生の言葉が、後になってじんわりわかってくることが多いです。

投稿: ナベショー | 2008年4月21日 (月) 19時49分

 こんにちは。王台一杯でいいですね。我が家の蜂はただいまトラぶっています。

 4月頭に女王蜂を確認して継箱を乗せたのはいいのですが、2週間後女王蜂を発見できず、雄蜂房があちこちに広がって困っています。

 昨秋に換王して順調に産卵していたのに、産卵異常か、それとも女王が亡失して、新女王が未交尾状態で産卵をやらかしているのか、はたまた働き蜂産卵か? 
 昨日巣箱を徹底的にチェックすると、ようやく働き蜂に取り囲まれ団子になっていた蜂王を発見。それも継箱の中。そして働き蜂同士が、合同もしていないのに喧嘩をしだして数千匹が巣門の前に…。

 女王蜂にも働き蜂が食いついて離れませんので危ないと思い籠に入れ巣に吊るしています。

 蜂王を入れ替えようにも、蜂不足で蜂王を分けてもらえない状態なのです。あ~王台を削除なんてもったいない。

投稿: CREAM HOME | 2008年4月22日 (火) 10時08分

CREAMさま
これは災難ですね。
今いる女王がすでに産卵能力を失っていて、働き蜂が女王として認知していないのかも知れませんね。
女王を除去し、産卵されて3日以内の卵がある巣脾枠をどこかから分けてもらって入れるか、一週間後に孵化しそうな王台を、他からもらってきて巣箱に入れてやるしかないと思います。
もう一群あれば、どうにでも救済策があるのですが、、、
私も一年目はアクシデントが次ぎ次ぎ起こって全滅したり、二年目もダニや病気で散々、一通りの可能なアクシデントが一巡して3年目、今3群です。
熊谷養蜂のHPを見ましたが、種箱の申し込みは、すでに終わっていますが、問い合わせて、無理でも種箱を一群購入出来ればいいのですが、、、

投稿: ナベショー | 2008年4月22日 (火) 13時00分

旧女王不要になったら分けてください!

投稿: CREAM | 2008年4月25日 (金) 01時00分

CREAMさま
女王の更新をするのは、5月末頃、、それまでCREAM様の群、放置できませんね。
3月に購入された健全な群をお持ちのようですから、直ぐにいろんな手を打たれたいかがでしょうか。
問題の群れ、二匹の女王がいるそうですね。
二匹の女王派の争いなら、いじめられてる一匹を除去して、エアサロンパスを巣箱にスプレーして両方の女王の匂いを消せば、互いの派を判別できず、仲良くするかもしれません、
残った女王が産卵を開始すればOK
それでも駄目なら、その女王も除去してしまう。
その後、王台ができればOK
しかし、王台が作られなければ、他の健全な群の巣箱から、産卵されて三日以内の卵がたくさんある巣脾枠を一枚、導入すれば、王台をつくり、やがて処女王が生まれるでしょう。
あるいは、二匹の王を処分して、今ある健全な群から女王を王篭に入れて導入する方法もあります。
女王の居なくなった健全な群れは、直ぐに王台を作るでしょう。
三月の導入された新たな群れ、10枚箱いっぱいになってれば、間もなく自然王台が作られると思いますが、その王台を導入する手もあります。
健全な一群があれば、いくらでも方法がありますよ。

投稿: ナベショー | 2008年4月25日 (金) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイツリソウの花 | トップページ | リンゴの花 »